スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> ホームレスが増える?破産して路上生活者になったら?

ホームレスが増える?破産して路上生活者になったら?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務者にとって、路上生活者というのも絵空事ではありませんね。

 

だって、そのまま借金にまみれていても、いずれは家を無くし、家賃も滞納して住むところも無くなる、なんていうことも考えられるのですから。

 

家賃滞納-債務整理体験談

 

それに、一大決心をして債務整理をしたとしても、自己破産だと家は取られてしまいます。

 

そしたらやっぱりホームレス?なんて悲観してしまいますよね。

 

自己破産してホームレスになってしまう確率が、どれくらいあるかはわかりませんが、原因が貧困であることは明らかです。

 

路上生活している人だって、みんながみんな、借金を背負ってと言うわけではないでしょうし。

 

もしかしたら、病気になって働けなくなった上での路上生活かもしれません。

 

借金をかかえている人だって、ギャンブルに使い込んだなんていう人は今は少ないでしょうから、生活のために借りるんですよね。

 

国民の大半が「生活に不安をかかえて」いて、その中の数十パーセント以上の方が最低限の生活すら送れていないというこの現状。

 

その上、この間流れてきたニュースでは、"路上生活者のための「ホームレス自立支援特別措置法」が8月に期限を迎え、延長せずに失効する公算が大きいことが分かった。"ということ。(ヤフーニュースから引用)

 

どういうことかというと、この「特別措置法」というのは、ホームレス対策事業を動かしている源とも言える存在なので、無くなると、ホームレスに仕事を世話したり、数を把握したりということができなくなるのだそうです。

 

ただでさえ、倒産する会社は増え、貧困世帯も増加しているというのに、路頭に迷ってさらにホームレスが増えてしまうことになる、というのは安易に想像できますね。

 

スポンサーリンク

 

 

まあ、ホームレスと言っても、アメリカには、「自分自身の判断で家を持たない主義」という方もいらっしゃるようで・・・

 

ドキュメンタリーにもなっているので、ご存知の方も多いでしょうが、モデルで俳優業もこなされているナイスミドルの男性が、実はホームレスだった、という。

 

朝の身だしなみは公園のトイレで済ませ、シャワーは通っているトレーニングルームで借りられるし、寝るところはビルの屋上などですって。

 

「スポーツジムに通えるくらいなんだから、アパートの一室くらい借りられるのでは?」と思うのですが、彼にとっては「住むところ」は必要無いということなんでしょう。

 

まあ、ここまで割り切ってしまえば良いのですが、普通は住むところも無くなってしまえば、絶望感にさいなまれ、「もう人生おしまいだ」と思ってしまいますよね。

 

実際に、路上生活者の健康状態や精神状態は、かなり悪いらしいです。
 

自己破産した人だけでなく、貧困で住むところも無い人が、一定期間だけでも安心して住める場所があれば良いのですが・・・

 

今はNPO団体頼り、ということでしょうか?

 

もう、自分の身は自分で守るしかない時代だ、というのがよーくわかりますね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット