スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 多重債務救済広告にご用心!本当に頼れるところとは?

多重債務救済広告にご用心!本当に頼れるところとは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自分は多重債務ではないか?と自覚し始めると、まずどこか相談できるところは無いだろうか?と思います。

 

思うのですが・・・

 

借金という人に知られたくないことなので、ネットで調べるのですが、調べれば調べるほどどこに相談したらいいのかわからなくなる、という。

 

そう、情報があり過ぎるんです。

 

中でも、ひところは求人広告などでよくお目にかかっていた「多重債務救済します」の広告。

 

「何で求人広告に借金の相談しますとかってあるの?」と不思議に思っていたのですが、求人広告を見る=職を探しているということは、「お金がない人が多い」わけです。

 

求人広告を泣きそうな顔で見る女性

 

文章を読むと、「借金を抱えている方、ひとりで悩んでないでご相談ください」と書いてありますが、債務整理を取り扱う法律事務所でも無いし、NPO団体なら広告は出さないだろうと思うんですよね。

 

すべてが怪しいというわけではないかもしれないけど、わざわざ広告費をかけて宣伝するくらいだから、何かしら裏があると勘ぐったほうが良いでしょう。

 

ネットでも、同じような文章で多重債務者救済を全面に出した広告が目立つます。

 

中には、そのものズバリのネーミングで、実は闇金融だったとか。

 

確かに、もうどこからもお金を借りられなくなった人にとっては、「すぐにお金をお貸しします」という業者は、救いの神に見えるかもしれません。

 

だけど、そんなところで借りてしまっては、もう取り返しのつかないことになりますから。

 

「なるべく目立たないように」と思う気持ちはわかりますが、ここは公的機関に頼る方が良いでしょう。

 

各市町村で催している「多重債務無料相談会」とか、「法テラス」で相談するとか。

 

すでに債務整理を決心しているのなら、債務整理費用を立て替えてもらえる「法テラス」に直接相談に行く方が良いかもしれません。

 

いずれにしても、いきなり「自己破産しか無い」と言われることも覚悟の上で望む方が良いでしょう。

 

とは言え、こちらの気持ちを無視して、いきなり債務整理手続きに入るようなことにはなりませんから。

 

で、債務整理をする方向に気持ちが固まったとしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ここで問題になるのが、法テラスでの審査です。

 

お金の無い私たちにとって、債務整理費用を立て替えてくれた上に、費用そのものも安くなり、支払いは分割でできるという良いこと尽くめの制度なのですが、その分審査は厳格に行われます。

 

面談での審査になるのですが、現在の収入状況についてと、債務整理をした場合和解できる可能性は高いか?自己破産なら免責が降りるかどうか?ということを、細かいところまで聞かれるのです。

 

これは、収入制限が定められているためと、債務整理費用を貸すに当って勝算はあるのか?を確認するためなのですが、まず雰囲気が裁判所のように威圧感があります。

 

言葉遣いは丁寧て紳士的なのですが、「嘘を言ってもわかりますからね」と言わんばかりの勢いで聞かれますから、もうこうなったら正直に答えるしか無いのです。

 

ただ、あまりに緊張し過ぎて、数字を間違えて言ってしまったりということもあるので、できれば弁護士の方に同席してもらいましょう。

 

そうすれば、「ここでこう言ってください」などのアドバイスも受けられますから。

 

とにかく、費用の心配が無くなれば、あとは債務整理手続きを進めてもらうのみなので、気分がかなり楽になるんですよ。

 

「ここを乗り越えれば」と思えば、そんなに大変なことではないですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない