スポンサーリンク
Home >> 求職者支援制度の利用の仕方 >> 求職者支援制度の職業訓練体験談

求職者支援制度の職業訓練体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務から債務整理手続きをしている最中に失業してしまう、という経験をした私ですが、その時に「求職者支援制度があったら?」と何度思ったことか。

 

特に、手に職を持つことの大切さがわかり、職業訓練が受けられたら?と思っていたこともあり、余計そう思います。

 

とは言え、「基金訓練」と呼ばれていた時には、補助金目当てに参入してくる業者もあったりして、評判が悪いこともあったんですよ。

 

それと、受ける側の問題もありました。

 

ある一定の条件をクリアすれば、月に約10万円ほどの給付金が受けられるということで、職業訓練は二の次で、あまり真面目に受講せず、明らかに給付金目当てという人も増えたのです。

 

お金に目がくらむ-債務整理体験談

 

今は、条件も厳しくなり

 

◯受講者本人の月収は8万円以下であること

 

◯世帯月収が25万円以下でないといけない

 

◯世帯全体で所有している資産が300万円以下(今住んでいる家は含まない)

 

◯今住んでいる家以外の不動産を持っていない

 

◯職業訓練の受講日すべての出席(病気など特別な理由がある場合は、証明書提出すれば80%以上)

 

となっています。

 

特に原則全受講日に出席しなくてはならない、というのはかなりのプレッシャーで、「どうしても仕事を得るために何か資格を取得したいけど、お金が無い」という方で無いと、続かないと思います。

 

そのせいか、実際に職業訓練を受けたという方の体験談でも「基金訓練の時より、講師や授業の質、それと生徒のやる気が格段に違うように感じました。」という意見も。

 

講習期間も、受講する内容によって違ってきますが、3ヵ月〜1年程度と結構長く、全部の講座を受講するには、まさに気合が無いとダメですね。

 

受講日の時間割は?

 

朝9:00に授業が始まり、びっしり3時間の講座を受けます。

お昼休み50分をはさみ、午後にはまた2時間の授業と、ちょっとしたパート勤めと同じくらいの時間勉強するわけですから、慣れるまでは頭がクラクラしそう。

 

受講されているのはどんな人?

 

就職浪人のような若い方から、主婦の方や定年退職された方までバラエティーに富んでいるそうです。

中には、派遣社員で働いているけど資格を取って正社員になりたい、という方もいらっしゃるので、励みになりますね。

 

そうそう、「ひきこもりで一度も社会に出て働いたことが無い」という青年も居たそうなので、そういった場合も、面接にパスすれば受け入れてもらえるんだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

授業内容は?

 

パソコン関係のコースを受講された方の話では、「PCの入門編から始まってワード、エクセル、パワーポイントといったソフトの使い方を応用できるくらいまで習う。その他にもプログラミングの初歩まで教えてくれる。」ということ。

 

「パソコンは、ひとりに一台あり、個別指導という形で教えてもらうことが多い」そうなので、「あまり自信が無い」という方にとっても安心ですね。

 

とにかく、やる気さえあれば、楽しく続けられるのでは?と思います。

 

職業訓練の授業料は免除されますが、テキスト代については1万円程度かかるということです。

 

もちろん、訓練校にも地域差があったり、講師や受講生の熱心さも受けるコースごとに違うとは思いますが、給付金ももらえて職業訓練も受けられる、というのは魅力がありますよね。

 

職業訓練体験」ということで、1日どんな内容か実際に受けられるところもあるようなので、まずは体験してみてから決めても良いかもしれません。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:求職者支援制度の利用の仕方