スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> デビットカードなのに審査があるのはイオンだけ?

デビットカードなのに審査があるのはイオンだけ?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

ご存知のように、デビットカードは信用情報を参照しないので、唯一ブラックでも使えるカードとして知られています。

 

もともとは、「クレジットカード審査に受からない人用」というわけでもなく、「銀行口座にある預金の範囲内で利用できるカード」とか「お財布代わりに使えるカード」ということで登場したようなのです。

 

確かに、大手銀行が「ブラックの方でも申し込めますよ」なんて言わないですから。

 

結果的に、審査がないということで、私達も「使わせてもらっている」というのが本当のところ。

 

だから、「普段使うのはデビットカードで、値段が高い物を買う時には、リボ払いができるのでクレジットカードを利用している。」と使い分けている方もいらっしゃいます。

 

ネットショッピング-債務整理体験談

 

それと、昨今のネットでの個人情報流出問題を考えると、「ネットショッピングでは、デビットカードしか使わない」という方が増えているのも当然のこと。

 

不正利用はデビットカードでもありますが、銀行口座に常に使う分だけしか預けていなければ、被害は最小限で済みます。

 

これが、クレジットカードだと、100万円のショッピング枠が付いていたら、目一杯買い物された日にはどうしたらいいのやら・・・となってしまいます。

 

まあ、実際にはデビットカードでもVISAやJCBが保証してくれるし、クレジットカードならなおさら保証はされるのでしょうが、金額が大きいとショックも大きいですから。

 

それと、普段あまり使っていないクレジットカードだと、気づくのが遅くなって、気がついた時には大事に、と考えると怖いですよね。

 

と、話がそれてしまいましたが、私達ブラックでも便利に使えるデビットカード、最近は「審査に落ちた」という話もちららと聞こえてくるようになりました。

 

以前も記事に書いた「イオンデビットカード」の審査に落ちた、というのです。

 

スポンサーリンク

 

 

このカードは、他のカードと違い「銀行口座の残高不足であっても、10万円までは立て替えますよ。」というサービスが付帯しているので、審査時に信用調査もあるということなんです。

 

バックアップサービス」と呼ばれるシステムなのですが、例えば、5万円の商品を購入しようとして、デビットカード決済にしたのに、口座に2万円しか入ってなかった場合、商品金額の5万円分立替えてくれる、ということ。

 

この場合、口座残高2万円を引き落として、残り3万円分を補充してくれる、ということではなく、あくまでも「何らかの事情で即時引き落としができなかった場合、商品金額を立て替える」サービスなんですね。

 

確かに、口座にまだお金があったと思ったのに、数百円足りないという理由で、残高不足で買えないなんていうことがありますから。

 

だけど、「信用調査」と聞くと、債務整理をした人にとっては、ビクッとしてしまいますね。

 

そう。クレジットカードと同じく個人信用情報を参照するのは明らかなので、ブラックではまず審査に通らないでしょう。

 

「さすがにクレジットカードの審査よりは緩やか」なんていう噂も聞きますが、審査についてはどこの会社も公にはしていないのでわかりません。

 

では、他のデビットカードはどうだろう?と調べたら、どこもほぼ「無審査」ということにはなっています。

 

ただし、銀行口座を開く時に審査というか条件がある銀行もあるので、デビットカードを作る以前に口座が開けない、というケースはあるようです。

 

特に「お申込み内容によっては、デビットカードではなくキャッシュカードのみの発行になることもあります。」と申込書に書かれている場合は、なにかしらの条件があると思ったほうが良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査