スポンサーリンク
Home >> すぐにお金を作る方法 >> たった1日で5,000万円手に入れるには?

たった1日で5,000万円手に入れるには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済に追われていると、どうしても一攫千金ばかり求めてしまいます。

 

だいたい、欲しいものというのは、手に入れようと追いかければ追いかけるほど逃げてしまうもので、借金まみれになって「どこかでお金を貸してくれないか?」とか「宝くじで高額当選しないものか?」なんて思ってるうちは、一銭だって手に入らないものです。

 

なんて、悟ったことを言っていますが、少し生活に余裕ができたら、「この売場で一等出ました!」なんていうところを探して、せっとし宝くじを買ったりしてるんですけどね。

 

まあ、これはもはや「夢を買う」ということで、趣味みたいなものです。

 

本当に100万円でも当選した日には、喜ぶより先に「大丈夫か?何か悪いことが起きるのではないか?」と心配になるでしょう。

 

宝くじで大金を当てる-債務整理体験談

 

それが、1億円ともなれば、もう怖くて思考能力が無くなってしまいそう。

 

そう言えば、10年以上前のテレビドラマで、南野陽子さん出演の「一攫千金夢家族」というのがありました。

 

なかなか面白かったですよ。

 

普通の主婦3人組が、宝くじを集団購入するのですが、それがなんと、見事に一等1億円当選してしまうのです!

 

南野陽子さんの家族は割りと普通の家庭で、子供一人にサラリーマンの夫、生活にはそんなに不自由はしていない感じだけど、やっぱり不満はあるし、自由にできるお金は欲しいと思っている。

 

だけど、竹内郁子さん演じる主婦の家庭は、夫がギャンブル好きで日々の生活費にも苦労しているんですよね。

 

で、少し年の離れた若い主婦役の阿部美穂子さん宅は、エリートサラリーマンの夫と二人暮らしなんだけど、夫の潔癖症が嫌で嫌で、常々離婚したいと言っている。

 

そんな3人に降ってわいたような1億円というお金を、一体どうするのか?

 

お金をどうやって分けるのか?

 

コメディータッチなので、そんなに生々しい感じは無かったですが、大金を目の前にすると、やっぱり人間の本質というものが浮き彫りになるんですよね。

 

お金が無いと困るけど、大金が入っただけでは問題は解決しない。」ということがよーくわかります。

 

面白かったのは、食べるものを買うにも困っていた竹内都子さん宅が、大金を手にして買ったものの中に、豪華な噴水(だったかな?)があったこと。

 

結局は、あまり必要としないようなものを買ってしまう、というのはよくありそうで・・・

 

とは言え、3人で割ってもひとり3,333万円というのは、非常に羨ましい限りです。

 

スポンサーリンク

 

 

このドラマでは、さまざまな障害があって、なかなか換金できなかったけど、普通は、当選者発表の日から、一夜にして大金が手に入るわけですから。

 

まあ、そうそうないことなので、ドラマになるんですけどね。

 

一夜にして大金が・・・と言えば、外国の話ですが、「フリマで買った安物の指輪が本物のダイヤで、しかも19世紀の貴重な宝石ということで、5,000万円の価値があった」ということも。

 

このダイヤ、昔のものなので色がくすんでいて、いかにもおもちゃのダイヤという感じだったのだそうですが、たまたま宝石商が見て、価値に気がついたのだとか。

 

すぐにオークションに出品したら、約5,000万円で売れたそうですよ。

 

うーん、こんな棚ぼたならぬ「ガラクタだと思ったらすごいお宝だった」ということもあるんですね。

 

なんて、書いていたら、「明日までに2万円どうしても必要」ということが未だにある私にしたら、羨ましいを通り越して虚しくなってきました。

 

だけど、上を見たらキリがないし、毎日一生懸命生きていれば、もしかしたら、この数百分の一くらいでも良いことがあるはず。

 

そう思って生きていきたいですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法