スポンサーリンク
Home >> 過払い請求 >> 債務整理をして後悔?過払い金請求ができるのは・・・

債務整理をして後悔?過払い金請求ができるのは・・・

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務時代にさんざん悩んで決めたはずなのに、債務整理の手続きが進んでくると「債務整理は必要だったのか?」という疑問が沸いてきます。

 

まあ、実際問題もうどうしようもないわけですけど・・・

 

それでも、リアルの収入の他にも不安定ながらも副収入があると、もうちょっと何とか頑張れば返せるかもしれない、なんて淡い期待を抱いてしまうのです。

 

債務整理をしないで過払い請求だけにすると、少しはお金が戻ってくるので、それで当座はなんとかできるのでは?とか。

 

あっ、過払い請求ができるのは、2010年に施行された改正貸金法でグレーゾーン金利が禁止になる前にお金を借りていた人、という条件付きです。

 

もう7年も前のことだから、「10年以上借金生活を続けている」という場合には当てはまるかもしれませんが、ここ数年急に借金がかさんで、なんていう人は当てはまらないでしょう。

 

借金がかさんで頭をかかえる

 

ほとんどの借り入れを消費者金融から借り入れしていた方だと、「300万円の借金だったのに、過払い金を請求したら100万円まで減額しました。」なんていうことも。

 

こういう方にとっては、「債務整理よりも過払い金請求が先」で、上手く行けば債務整理すらしないで済みますから。

 

ブラックリスト入りするかどうかも、過払い金請求のみなら、原則として信用情報に傷はつかないみたいなので、その点でも安心です。

 

私の場合は、ひどい時には年利29.9%なんていう消費者金融から借りていましたから、十分当てはまるんですけどね。

 

結局、過払い金が発生するような消費者金融から借り入れをしたのは、債務整理を決心する数年前からで、銀行や信販会社からの借り入れも多かったので、「過払い金を請求しても焼け石に水」状態だったのです。

 

「現実は厳しい」ということを、嫌と言うほど思い知らされました。

 

だいたい、そんなに稼げるのなら、多重債務にはならないわけですから。(いばることでは無いですが)

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、最後まで「何とか借金を返そう」という努力はしたんです。

 

2つの仕事を掛け持ちしたこともありますが、心と体、両方が壊れかけてしまいました。

 

だからまあ、「債務整理するしかなかった」というのが本当のところ。

 

それでも、「あの時、もう少し頑張っていれば、借金を返せたんじゃないか?」なんていう気持に、時々なったりはします。

 

借りたものは返す、のが当たり前ですからね。

 

債務整理が良かったのか悪かったのかは、その後の生活にかかっていると言えるでしょう。

 

結局は、債務整理後の生活次第ということ。

 

もっと努力して、多重債務前の生活に、いや、それ以上の生活にならないといけない、と思っています。

 

ひとつ言えることは、多重債務になって、借金を返せるあてがまったくないのに、悶々と切羽詰った生活を続けることに何の意味もない、ということ。

 

それだったら、債務整理をして人生をやり直した方がずっといい、ということだけは、声を大にして言いたいです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:過払い請求