スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活に困っているのに生活保護を受けない理由は?

生活に困っているのに生活保護を受けない理由は?

JUGEMテーマ:借金返済
 

日本には生活に困っているのに生活保護を受けない世帯が非常に多い、ということなんです。

 

このブログでも、もうどこからもお金が借りられない状態になったら?債務整理か生活福祉資金貸付制度の利用を、ということを書いてきました。

 

そして、働けない状態になったり、生活の困窮度が増してくれば、一時的にでも生活保護を受ける、という選択肢を考えて欲しい、とも。

 

だけど、「どうしても生活保護だけは受けたくない」という方が多いのもうなづけます。

 

世間体が悪い」というのも理由のひとつなのだと思います。

 

都会ならともかく、田舎で「誰々さんの息子が、今年は就職で◯◯会社に決まったらしいよ。」という情報を知っているのが当たり前、というような社会ですから。

 

近所の人の陰口-債務整理体験談

 

お金に困っている」ことは口が裂けても言えない、というところがあるのです。

 

もしも生活保護を受けて、市の職員の方が出入りするようになれば、すべて丸わかりになってしまいます。

 

下手すれば、村八分のような扱いを受けるかもしれませんし、なにより「特別な目」で見られることに恐怖心すら感じるでしょう。

 

とは言え、私も経験したような「明日の食べ物も買うお金が無い」という状況になって、その上働き口が無い、病気で働けなくなった、ということになれば、生活保護を申請するということも考えなくてはならないのです。

そんな方のために、少し前に出版された本ですが、生活保護を申請するに当たっての「気持ちの持ち方」まで書かれているこの本をご紹介します。

本当に困った人のための生活保護申請マニュアル

タイトルの通り、「本当に困った人のための」なんですよね。

まあ、あまり安易な気持ちで申請する人も居ないかと思いますが・・・

審査が緩かったりすると、「そんなに困っているわけでもないのに」申請する人も居ますから。
 
仕事をしないでもお金がもらえる」と言う生活。
 
これって一見羨ましいようですが、一旦こういった生活をしてしまうと、なかなか抜けられないらしいです。

 

スポンサーリンク

 


生活保護を受けていても、「少しでも働きたい」と言う方も多いのですが、「少しでも収入があれば」打ち切られてしまう。

そしたら、本当に生活できなくなる。
 
だから、働くのを諦める。

こんな図式も働くようです。

これでは、何のための生活保護制度なのかと思いますが・・・

とは言え、借金苦のために自殺をする位なら、プライドを捨て、生活保護申請をして、なるべく早く無職から脱出するために行動を起こす、ということを考えた方が、前に進む原動力になるのではないか?と。

 

特に第3章の「相談員のあらゆる攻撃に対応する」で、生半可な気持ちでは申請できないんだ、ということがわかります。

 

だけど、その壁を乗り越えて初めて、行動を起こすことの大切さが理解できる、ということなのでしょう。

 

それと、第7章の「生活保護の開始はゴールではない」で、「生活を立て直した後の将来を見据えることが重要であること」を知ることができます。

 

どんな手段を取っても「生き延びる」ことを恥ずかしいこととせず、そこからどうやって立ち直るのか?を考えるのが、一番大事なんですよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?