スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 宝くじで3億円当選した派遣社員はどうなった?

宝くじで3億円当選した派遣社員はどうなった?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

宝くじで3億円当選 強運をつかんだ派遣社員の末路」という記事を読みました。

 

宝くじ高額当選と聞いただけでも反応してしまう私としては、「末路」という言葉にいささかの不安を抱きつつ読み進めてみましたが・・・

 

やっぱり、「宝くじを買うなんて愚の骨頂」というような内容でしたね。

 

確かに、お金持ちは宝くじは買わないだろうし、「買うだけ時間の無駄」と切り捨てるのもわかります。

 

だけど、庶民の夢としては「いつかは億万長者」という気持ちは持ち続けていたいんですよ。

 

そりゃあ、「買っても当選するのは交通事故に遭う確率よりも低い」とか「3000円買って必ずもどってくるのは300円だけ。効率悪すぎ。」とか言われれば、「そうなんだけど〜」とは思うのですが。

 

しかも、 控除率という、胴元にいくらお金が入るのか?という割合が、競馬やパチンコなどと比べても高い、ということ。

 

スマートボールにハマる男性-債務整理体験談

 

まあ、胴元と言っても、宝くじの場合は地方自治体であることが多いので、「寄付も兼ねている」と思えば良いのかもしれませんが・・・

 

それに、競馬やパチンコに行く、というのは多少でも興味が無いと敷居が高いし、ハマりすぎると依存症になる可能性もありますが、宝くじは購入するだけですからね。

 

で、購入した時から当選日までの間、「当たったら何に使おう?」とあれこれ妄想するのが楽しいのですよ。

 

だから、結局は自分次第なんだと思います。

 

とは言え、この「宝くじで3億円当選した派遣社員の末路」は、さもありそうで、ちょっと胸が痛みました。

 

真面目な派遣社員だった30代の女性が、3億円の宝くじに当選した途端、ブランド物を買い漁ったり、高級マンションまで購入してしまい、会社もサボるようになったとか。

 

3億円も持っていたら、真面目に働くのが嫌になる気持ちはわかります。

 

スポンサーリンク

 

 

たいていは、「生活のため」に嫌なことも満員電車も我慢して勤めているのですから。

 

そこまではわかるのですが、最終的には周りの人や友人も下に見るような態度で接し、気がついたら彼女の周りには「おこぼれにありつこう」とするお金に汚い人たち以外は寄り付かなくなった、という。

 

そして、なんと3億円もあった貯金も、仕事もせずに贅沢三昧していたら、あっという間に無くなってしまったのだそうです。

 

悪い男に引っかかったりしたら、加速度的に無くなるでしょうから。

 

そう言えば、宝くじで高額当選しても生活を変えないで、今までの仕事も真面目に続けている人は、身を持ち崩すこともあまり無いようですよ。

 

何億円というお金があっても、「あぶく銭」なんですね。

 

それをわかっていて、少しの贅沢にとどめておくか?生活を一変させてしまうか?で人生が狂うかどうかが決まってくるのかな?

 

庶民の夢」は夢だから良いのか?と考えると、悲しくなってしまいます。

 

一度借金を抱えた身としては、「人生一発逆転」の選択肢のひとつとして、有効であると信じたいんですけどね。

 

夢は夢として、現実もしっかりと見るということさえ忘れなければ、悪いことでは無いと思うのですが。

 

「そんな甘い考えだから、いつまでも貧乏なままなんだよ。」という声が、どこかから聞こえるくるような気もします。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!