スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 借金が無くなっても生きていくのが困難な時には?

借金が無くなっても生きていくのが困難な時には?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金を貸してくれるところ」とか「ブラックでも融資可能な金融機関」などを探している方が、依然として増えています。

 

無理も無いですよね。

 

日本経済についての朗報はどこからも聞こえてこず、不況に加速度をかけるような震災や洪水などの影響もあり、新たに倒産する会社が急増しています。

 

今後も、このままの状態が続く、あるいは悪くなると思われる経済状況で、借金が無くても生きていくのが困難な中、いわゆる「ブラック」と言われる人達は、もっと困難な状況にあると言えるでしょう。

 

「借金をしたのは自分なんだから、自業自得でしょ」と言われても仕方の無いことですが・・・

 

それでも、自営の仕事が急にうまく行かなくなったり、働き先の会社が倒産したり、また家族が借金を背負ってしまい止む無くなど。

 

今はギャンブルや無駄遣いで借金をする人は、ほんの少数になってきていると思います。

 

買い物三昧で借金を抱える女性

 

そうなると、「ブラックでもお金を貸してくれるところ」という情報を求めている方の、切実な思いが聴こえて来るようで、なんとか情報を提供したい、と思うのですが・・・

 

今のところ、世間一般で言う「ブラックリスト」つまり個人信用情報に事故履歴が載ってしまった方に、責任を持ってご紹介できるような金融機関はほとんどないということです。

 

唯一、地方在住者向けに存在するNPO団体が立ち上げている貧困者救済制度があるのですが、公的なものに近いようなら信用できるのでは?と思います。

 

それでも、誰もが利用できるわけではないので、民間の金融機関のように利用するのは難しいと思います。

 

私自身も、ブラックになってもなお生活は苦しかったので、本当に貸してくれるところは無いのか?とあちこち探し回りました。

 

もちろんネットで検索も。

 

もしかしたら、毎日「ブラックでも借りられる金融機関」など検索していたかもしれません。

 

当時は、まだ「もしかしたらここは大丈夫かも」というような金融業者があったのですが、今ではそういった会社もほとんど無くなってしまったようです。

 

スポンサーリンク

 

 

結局残っている「ブラックでも貸します」とうたっている金融業者は、「闇金」か「ソフト闇金」と呼ばれるような会社ばかりでしょう。


私も、ひとつひとつくまなく当たってみたわけではないので、100%信用できないとは言えませんが、まず避けた方が良いでしょうね。

 

すでに債務整理を終えた方でしたら、やはり「生活福祉資金」のような公的資金に頼るのが一番安心だと思います。

 

ただ、安心ではありますが、敷居は高いと認識した上で相談に行かれた方が良いですよ。

 

あとは「求職者支援制度」を利用して、給付金を受けながら職業訓練を無料で受講する、という方法もあります。

 

まあ、この方法もいろいろ賛否両論あるので、訓練校選びは慎重にされた方が良いと思います。

 

この制度自体が見直されるということもあるのかもしれませんね。

 

結局、何をするにも「自分次第」ということなのでしょうが、手っ取り早くお金を稼ぐ方法では、オークションなどで一時的にお金を作るということもあります。

 

以前も書きましたが、「こんなものが」というような一般の人にとってはガラクタのようなものが、高値で売れたりするのです。

 

とにかく何か行動を起こして、現状を打破するという気持ちが大切なんですよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい