スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 債務整理中でも借りられる中小の消費者金融は?

債務整理中でも借りられる中小の消費者金融は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」=闇金融かその他の悪徳業者という図式は、あながち間違ってはいませんし、債務整理までした人にとっては、そう思うほうが良いのです。

 

「もうどこからもお金が借りられない」と思うからこそ頑張れる、ということもありますから。

 

だって、債務整理を弁護士や司法書士の方にお願いすることに決めた時点で、「二度と借金はしない」と心に強く誓いますし、「もうこんな経験をするのはコリゴリ」と思うわけですが・・・

 

どうしても、債務整理後の生活がうまく行かないと、「どこかでお金が借りられないか?」となるのです。

 

ここで弱い人間だと自分を責めるのですが、結構そういった方も多いはず。

 

体が弱い女性-債務整理体験談

 

別に多数決をしているわけではないので、多いからって安心することではないのですが、債務整理後にどうしてもお金が必要になって「どこかで貸してくれないか?」となった場合に、まず自分を責めたり自暴自棄になりがち。

 

最悪のシナリオになることを防ぐためには、「弱いのは自分だけではない」と思うことが肝心です。

 

そうすることで、とにかく世間を騒がせたりすることからは逃れられます。

 

で、「本当に債務整理中でもお金を貸してくれるところはあるの?」ということですが、皆無ではないです。

 

だけど、そこには悪徳業者も巧みに入り込んでいるわけで、「区別がつきにくくなっている」と再三言っているのはそういうこと。

 

今や、ブラックになってなくても個人情報は漏れてしまう時代。

 

まことしやかに近づいてきて人を騙そうとする足音が、常に忍び寄っているのです。

 

「ブラックでもお金を貸してくれる業者」を探している人たちというのは、もっとも騙しやすい人たちでもあるので、できれば、そんな「飛んで火に入る夏の虫」みたいな状況に身をおくことは避けましょう。

 

それでも、どうしても今お金を用意しないと大変なことになる、なんていう場合。

 

家族の病気など生死に関わる時、仕事関係でどうしてもお金が必要な時などなど...

 

債務整理中とは言え、運命の女神は待ってくれません。

 

良いことも悪いことも運んでくるのです。

 

そんな時に、頼れる味方として、中小の消費者金融があるのも確か。

 

だいたい、一度ブラックという烙印を押されてしまった人は、一生お金を貸してもらえない金融業者もあるというのに、どうしてお金を貸してくれるのか?

 

スポンサーリンク

 

 

例えば任意整理中の場合、借金返済は続いているわけですが、金融業者への返済金額に利息は付きません。

 

しかも、月々いくらくらいなら無理なく返済できるのか?両者で話し合いを重ねた結果の金額なので、同業他社からお金を借りているケースよりも返済確率が高くなる、ということ。

 

また、お金を借りている途中で再度債務整理される可能性は低い、ということ。


自己破産の免責後であれば、借金はきれいになっていて、今お金を貸しても返済先が一社のみなので、多重債務よりもはるかに回収率は高い

 

これだけの理由から、債務整理中あるいは債務整理後であってもお金を貸してくれることがあるのです。

 

ただし、債務整理中の借り入れは、依頼している弁護士や司法書士を裏切る行為にもなりかねないため、その後の手続が進まなくなることが考えられます。

 

バレたら間違いなくふりだしに戻されてしまうでしょう。

 

それ以外にも、債務整理中にお金を借りることのリスクは大きいですから、「本当にどうしようもなくなった時」のための保険、くらいに考えておくのが無難です。

 

もしくは、勇気を出して依頼している弁護士さんなどに相談するとか。

 

任意整理中なら、月々の支払いを見直したり、自己破産に切り替えるなどの方法もありますから。

 

切羽詰まって闇金融から借りる、という判断をしてしまうのが一番怖いですものね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど