スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 年金収入だけでお金を借りることはできる?

年金収入だけでお金を借りることはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

この間、「無職ではお金を借りることができない」という記事の中で、「年金生活者や生活保護受給者の方も同じです。」と書いたのですが、それは規約によります。

 

生活保護を受けている人が借金をするのは、禁じられているようですが、年金受給者の場合、キャッシングやカードローンの会社が認めていれば問題は無いわけです。

 

要するに、規約上「月々安定した収入がある方」と書かれていても、年金受給者でもOKの金融業者もある、ということ。

 

それを「年金収入だけでは審査に受からないだろう」という考えから、勤務先などを偽って書いて申し込んではダメですよ、という話なんです。

 

今や、老後破産も他人事ではなく、年を取っているからこそ必要なお金もありますよね。

 

世間では「年金生活者になってまでお金を借りるのはいかがなものか?」と思うでしょうが、病気になったり、住んでいる家が老朽化して修理にお金がかかったりするのは、よくあることです。

 

本当は、若い頃からコツコツ貯めていたお金でやっと家を建てて、子どもたちを一人前にし、老体に鞭打って定年後まで働いても、残った貯金はごくわずか、なんていうことも。

 

そんな時には、生活福祉資金貸付制度も頼れますが、すぐにお金を返せるあてがあるのなら、民間の金融業者から借りる方が、申込みは簡単です。

 

年金収入のみでもお金は借りられる?

 

実際に「年金収入のみの方でも申込みはできます」というカードローン会社もあるので、当たってみても良いでしょう。

 

カードローンは、無担保・保証人なしのところがほとんどで、有名銀行や消費者金融が出している商品なので、その点では信用できますよね。

 

ただ、最近言われているのが、消費者金融以外のカードローンは、総量規制外のため借りられる金額も大きいので、「借り過ぎ」てしまう人が多発しているのだとか。

 

確かに、50万円借りようと思っていても、「審査の結果100万円までご融資できます。」なんて言われたら、「この際だから借りておこう」ということになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

特に年金受給者の場合、この先何があるかわからないのですから。

 

とは言え、「返せるのか?」という不安は常に付きまとうわけです。

 

通常、年金収入のみで生活している方も借りられるカードローンでは、年齢制限として65歳長くても70歳までになっているところがほとんどです。

 

早い話が、ローン返済中に亡くなってしまったら?というリスクがあるためです。

 

借りる方としても、同じ不安を抱えているわけで、この場合どうなるのでしょうか?

 

また、申込み時に年齢制限ギリギリだった場合、返済途中で年齢を超えてしまったら?

 

と思いますよね。

 

年齢を超えてしまっても、月々きちんと支払をしていれば、突然一括返済を迫られることはありません。

 

とは言え、その後は返済をするのみで、新たな借入や枠を増やすなどはできなくなるのです。

 

完済後は自動的に契約終了になるということ。

 

亡くなってしまった場合は、やはり配偶者や子どもが負債を相続することになってしまいますね。

 

ということで、年金収入のみで生活されている方でも、カードローンなどでお金を借りることはできますが、今後のことや返済できる見込みがあるかどうかをよく考えてから、申込みをするようにした方が良いと思います。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン