スポンサーリンク
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 国民健康保険料滞納で差し押さえ?そうなる前に減免制度を活用しましょう

国民健康保険料滞納で差し押さえ?そうなる前に減免制度を活用しましょう

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済に追われていると、もう自分の体のこともどうでも良くなります。

 

「働けるだけ働いて、病気になったらそこで終わり」とか「倒れるまで借金を返し続ける」なんて、人生諦めたような言葉しか出て来ないのです。

 

だから、国民健康保険についても、自分自身のことなら「病気になったらどうせ働けなくなって、そこで終わってしまうわけだから、払っても仕方がない」なんていう発想にまでなってしまうんですよね。

 

借金苦で倒れるまで働く

 

実際、国民健康保険料って高いですから、そこまで神経かやられてなくても、後のばしにしているうちに、どんどん延滞金や滞納したた保険料がたまっていく、という悪循環。

 

私も、多重債務時代は払えなかった時期があるのでわかるのですが、最初に督促状が来た時には、「なんとかして払わなければ」と思うんです。

 

自分の体は後回しだとしても、子どもや親のことを考えると、なんとしてでも保険証だけは確保しないといけないですから。

 

保険証-債務整理体験談

 

だけど、借金の返済、公共料金の支払い、子どもにかかるお金、食べるものを買うお金を優先させていると、どうしても手元には数千円しか残らず、「今月も支払えなかった」ということに。

 

そうこうしているうちに、催告書が送られてくるようになり、さすがにまずいとお金を用意しようとするのですが、そこに書かれている数字を見れば、すでに数十万円の支払い金額が書かれています。

 

もう目の前が真っ暗、というか、頭がクラクラして、その場で倒れそうなくらい。

 

しかも、「◯月◯日までに支払われなかった場合、差し押さえられることもあります。」なんて怖い一文まで添えてあったのです。

 

「もう少し早く市役所に相談に行けば良かった」とか「何で今まで放置してしまったんだろう?」という気持ちが沸いてきて、自分を責めるのですが、時すでに遅しですよね。

 

それでも、勇気を振り絞って、期限内に市役所に電話をして、相談に行きました。

 

こちらが悪いのですから、非難されることは覚悟の上で。

 

スポンサーリンク

 

 

ネットで調べると、「収入が低い場合は、減免制度が利用できることもあるので、家計状況を書いた紙を持参した方がいいですよ。」なんていう親切な意見が載っていたので、とりあえず、当時の家計簿から転載して持っていきました。

 

担当の方は、女性でしたがベテランの職員さんという感じで、最初は「怖そう」と思ったのですが・・・

 

最初に滞納したことを丁寧に謝り、「全額支払いたいのは山々だけど、今はこういった事情で支払えない」ということを正直に言ったら、「月々いくらなら支払えますか?」とおっしゃっていただけました。

 

「5,000円くらいなら」と言ったら、「それでは何年もかかってしまうので、最初は5,000円でもいいですが、徐々に増やしていきましょう」ということに。

 

現在は、国民健康保険料を滞納している世帯も増えているということなので、もう少し厳しくなっているかもしれませんが、「払う意志はあるけれど今は払えないので、毎月少しづつ返します」という気持ちを理解してもらえるようにすれば、すぐに差し押さえということにはなりません。

 

担当者の方も、「こうして足を運んでくださったのですし、家計状況もわかりましたので、支払期限が過ぎても差し押さえることはしません。」とはっきり言ってくださいましたから。

 

その上で、以下の書類が用意できれば、話は早いですし、減免制度が受けられれば、国民健康保険料自体が安くなるはずです。

 

◯収入を証明するもの(源泉徴収票や給与明細書、所得証明書など)

◯住民税課税証明書(非課税の場合も)

◯現在の家計状況を証明するもの(家計簿など月々の支払い金額が記載されたもの)

 

各地方自治体によって、判断の基準や持っていく書類なども違いますので、いずれにしても「まずは相談」ということになりますね。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法