格安で債務整理ができる?法テラスで頼んだ場合の費用は? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
格安で債務整理ができる?法テラスで頼んだ場合の費用は? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

格安で債務整理ができる?法テラスで頼んだ場合の費用は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「格安で」なんて書くと、なんだかバーゲンセールのようですが、債務整理費用は結構かかります。

 

それもこれも自分が撒いた種なので、そのための尻拭いをお願いするのだから、どんなに高くても文句は言えないのですが・・・

 

多重債務におちいってから債務整理を決心するまで、というのは、人生で一番「お金が無い」時期で、お金の悩みで命をおとすことさえあるわけですから、費用も少しでも安くできないものか?と思ってしまいます。

 

事実、「債務整理費用が無いばかりに、夜逃げを選択するしかなかった」ということで、人生を棒に振るようなことになるケースも多いのです。

 

借金苦で夜逃げ-債務整理体験談

 

そんな時には、やはり公的機関で相談するに限ります。

 

そう、債務整理を「法テラス」で相談する、ということ。

 

法テラスで債務整理の相談を行った際には、一定の基準を満たしている事を条件に民事法律扶助制度の適用となれば格安で債務整理をすることができます。


民事法律扶助制度の適用となる条件と算出方法は

 

◯申込者の月収に配偶者がいる場合は、その月収を加算した額が定められた基準以下である必要がある

 

◯単身者の場合182000円以下、2人家族の場合で251000円以下、最大で4人家族の場合で299000円以下となり5人目以降は1名ごとに30000円を加算して算出する

 

となっており、債務整理が必要となっている多くのケースでは適用の対象となるでしょう。


民事法律扶助制度の適用となれば法テラスで定められている債務整理費用となり、着手金と諸経費の実費が発生します。


任意整理の場合は債権者数で金額が決まり、着手金は1件の場合は32400円、2件の場合は48600円で、6件以上から分類が変わり、6から10件が151200円、11から20件が172800円、21件以上が194400円となり、それらの着手金に実費を加算したのが支払いが必要になる費用です。

 

法テラスでは、個人で弁護士などに相談した際に発生する減額報酬金が発生しないのも大きな要素です。

 

スポンサーリンク

 


自己破産では、司法書士へ依頼した場合は86400円、弁護士に依頼した場合は129600円から275657円に加えて実費や裁判所への予約金が発生します。


民事再生では、司法書士へ依頼した場合は108000円、弁護士に依頼した場合は162000円から324000円に加えて実費が加わりますが、法テラスでは住宅資金特別条項によって金額が上乗せされる事がありません。


さらに法テラスではこれらの費用を月5000円ずつの分割払いができるのも厳しい時期には大きな助けになりますね。


以上のようにさまざまな救済を受けられる法テラスは債務整理が必要になった方にはもちろんのこと、特に民事法律扶助制度の適用となる方におすすめの相談窓口です。

 

ただし、法テラスで先に債務整理の相談をして、弁護士を紹介してもらうことになっても、民事法律扶助制度の適用が受けられるかどうかの審査が終わるまで、債権者に受任通知を出すことができません。

 

したがって、その間に債権者から取り立ての電話がかかってくることは、充分に考えられます。

 

「せっかく債務整理の決心をしたのに、取り立ての恐怖を味わうなんて」と思うのでしたら、自分で弁護士を見つける必要はありますが、先に法テラスと提携している弁護士に依頼してから、審査を受ける形にした方が良いでしょう。


こんな記事も読まれています
2018.04.22 Sunday|-|-|-|-
Copyright © 格安で債務整理ができる?法テラスで頼んだ場合の費用は? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます