スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 主婦が自己破産する時は女性の弁護士の方が良い?

主婦が自己破産する時は女性の弁護士の方が良い?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

自己破産を決心する時というのは、本当に清水寺から飛び降りるくらいの覚悟が必要になります。

 

と言いますか、逆に安易に自己破産を選ぶようでは、その先も生活の立て直しは難しいでしょう。

 

特に主婦が自己破産を決心する時は、もう相当追い詰められているはず。

 

もし、夫に内緒の借金だったりしたら、もう毎日生きている心地がしないくらいだと思います。

 

借金苦に追い込まれている主婦

 

それでも、最初は生活費が足りないという理由で借りた借金が、どんどん膨らんで大きくなり、気がついた時には返せなくなったというケースは、思った以上にあるものです。

 

お金って、貯めようと思ってもなかなか貯まらないですが、出ていく時はいっぺんで、しかも待った無し。

 

一家の経済を担っているだけに、何もかも我慢し続けている主婦だからこそ、やりくりしてもどうにもならない事態におちいることは、恐怖しか無いのです。

 

たいていは、旦那さんのお給料が下がってしまったり、家族の病気が引き金となり、借金を重ねてしまうケースでしょう。

 

それでも、夫に借金のことは言えないのが辛いところ。

 

特に、毎日汗みどろになって働いてくれている旦那さんに、「生活費が足りない」とは言い出せないですよね。

 

だけど、一度借金をしてしまうと、少しくらいパートに出ても、焼け石に水となることが多いです。

 

ましてや、小さなお子さんを抱えていては、外に働きに出ることさえままならず。

 

今月だけ少しお金を借りよう」とお金を借りたはいいけれど、あてにしていたボーナスもカットされてしまい、なんて、だいたい悪い方向に向かってしまうのが常なのです。

 

そのうち、借金を返すために借金を重ねてしまうと、数百万円の借金を抱えることも珍しくは無い、ということ。

 

ここまで来れば、まず最初にすることは「誰かに相談する」です。

 

夫に相談するのが一番なのですが、「その前に専門家に相談したい」となった場合、弁護士事務所の戸を叩くのは、非常に勇気が要りますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

今は、ネットでも匿名で相談できる弁護士事務所があるので、メール相談してみるという方法もあります。

 

話を聞いてもらうことで少しは気が楽になり、旦那さんとも話し合うことができるかもしれません。

 

その結果、自己破産を回避できたら、それはそれで良いことですから。

 

ただ、もうどうしようも無い状態で、債務整理や自己破産をするしか無いと腹をくくったら。

 

依頼するのは、女性の弁護士の方が良いのでしょうか?

 

それは、依頼する人にも依りますが、やはり女性の方が話しやすいということはあるでしょう。

 

いきなり強面の男性弁護士だったら(私がそうだったのですが)、言いたいことも言えなかったりしますので。

 

結局、私の場合は、最終的にはとても良い弁護士さんに当たったと思ったのですが、ひとりで相談に行く場合、少しでも威圧感を感じない方が、相談しやすいと思います。

 

もし、女性の弁護士さんが居ない場合は、債務整理に長けたベテラン弁護士さんに依頼するという方法も。

 

これも、その弁護士さん次第ですが、経験豊富な分、こちらの話を引き出してくれますから。

 

いずれにしても、ひとりで悩みを抱え込まないということが大切です。

 

どうしても、悪い方にばかり考えが行って、精神的なダメージを負うばかりか、家族まで不幸にしてしまうかもしれないですよね。

 

いきなり法律事務所に向かうの勇気が出ない場合は、法テラスで相談するという方法もあります。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット