JUGEMテーマ:借金返済

 

このブログでも何度か書きましたが、ノーローンは、銀行系キャッシング会社であり、無利息期間が1週間あることで知られています。

 

無利息期間で言えば、1ヶ月という消費者金融もあるのですが、ノーローンのすごいところは、「返済すれば、また次の月には無利息で借りられる」ということ。

たいていの消費者金融では、たとえ無利息期間が1ヶ月あったとしても、「初回お借入時のみ」ということが多いのです。

 

だから、例えば30万円借りたとして、最初の1週間は利息が付かないため、無利息期間中に全額返済すれば、また翌月には1週間無利息で借りることができるというわけです。

 

ATMでキャッシングの返済をする-債務整理体験談

 

ただ、30万円も借りて、1週間で全額返せる人ってそんなには居ないのかな?

という気はしますが、「お給料はたくさんもらっているけど、思わぬ出費が続いてお金が無い。どうしても明日までに30万円必要だ」なんていう人が居たとすれば、クレジットカードのキャッシングよりはずっとお得なのでは?と思います。

 

まあ、お給料日が1週間以内だとすれば、ですけど。

 

私達のように、お金に困っていて「もうどこからも借りられない」なんていう場合の利用法としては・・・

 

○ノーローンでお金を借りる

○1週間の無利息期間のうちに、他の消費者金融からなんとかお金を借りて全額返済する

○他の消費者金融の金利がかさまないうちに、またノーローンでお金を借りる

ということ。

 

だけど、昔は「全額完済した次の月から」という縛りが無かったのでできたことなのですが、今は無理ですね。

次の月まで借りるとなると、23,4日分の利息は取られるわけですから。

 

いくら1か月分支払うより安い、と言われても、そもそも消費者金融から借り入れすること自体厳しくなった今となっては、「借りては返す」という方法すら使えません。

 

スポンサーリンク

 

 

だいたい、そんなことを考えているから借金体質が抜けないだ、と気づきましょう。

なんて、私が一番気づいてないのですが・・・

客観的に見て、ノーローンで借りるメリットというのはいくつかあります。

 

○キャッシングカードでも、利用金額に対して、ネットマイルやGポイントなどのポイントが付く

○新生銀行グループなので、銀行口座を持っていれば、ATMで返済することもできる

○即日振込みや24時間振込みにも対応している

 

など、結構お得なサービスがあるのですよ。

 

「じゃあ、喪明け後に利用してみようかな?」と思ったあなた。

審査についてはどうなのか?調べてみました。

 

残念ながら、大手銀行系消費者金融ということで、喪明け後にいきなり審査に受かるのは難しいかもしれません。

とは言え、他の信販系クレジットカードなどに比べると、審査も柔軟なため、「全く駄目」ということでもなさそうです。

 

いつも書いているように、キャッシングやクレジットカードの審査は社外秘で会社によって基準はさまざまですから、一概には言えないのですが、パートやアルバイトの人でも受かっているという口コミは多いです。

 

「過去の信用履歴を重視する」という点から「自己破産歴のある人はまず受からないだろう」と言われていますが、それでも債務整理後5年で審査に合格している人もいるのは確か。

 

ただ、いきなり危険を犯して申し込むのは無謀と言えるので、まずは、携帯のローン契約から始めるなど、一度信用履歴を積んでからの方が良さそうですね。