スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 消費者金融からお金を借りる理由は意外にも・・・

消費者金融からお金を借りる理由は意外にも・・・

JUGEMテーマ:借金返済

 

消費者金融からキャッシングしている人たちに聞いたアンケートでは、お金を借りる理由として意外な結果になったそうです。

 

○遊びやギャンブルに使うためのお金

 

○どうしても欲しいものがあるので借りた

 

○生活費が足りないため

 

の選択肢の中で、半数以上の方が「生活費が足りない」を選んだということ。

 

もっとも、私に言わせれば意外でも何でもなく、「今の世の中では当たり前じゃないの?」と思うのですが・・・

 

とは言え、消費者金融からキャッシングという時点で、すでに一般の信販会社からの借り入れができない状態なのか?と考えると、普通に生活している世帯では無い?ということも。

 

今までの常識では、消費者金融からお金を借りる時点で、ギャンブルにハマった人や低収入でお金にルーズな人を思い浮かべるのも仕方がないかもしれません。

 

ただ、今は若い人の間などでは、「スマホから借りやすいので」という理由で選ぶこともあるそうなので、消費者金融に対するイメージが変わってきた、ということも言えます。

 

私が多重債務におちいっていた時には、明らかに「消費者金融から借り入れをするようになったら危ない」という意識があったので、初めて無人契約機の前に立った時には、「ついに来るところまで来てしまったか?」と思いましたから。

 

未だにイメージ的にはあまりよろしくないところもありますが、バブル期にCMなど散々有名タレントを起用して、悪いイメージを払拭しようと努力した結果かどうか?以前よりは身近な気はします。

 

それに、大手銀行がキャッシング部門では消費者金融と提携するなどしたために、サラ金の時代よりは確実にランクアップしていますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

結果的には良かったのかどうかわかりませんが、キャッシングが手軽になった分、ギャンブルなどに手を出さず、節約を重ねてつましく生きているような一般の人々まで、お金を借りるようになったわけです。

 

で、この「生活費が足りなくてお金を借りるようになった人たち」は、もともとお金が足りないのだから、お金を借りた時点で「借金を返す」という出費がまた増えるという悪循環に。

 

こうなると、多重債務者になるのは早いですよ。

 

経験者が語っているので、間違いありません。

 

少し前の統計ですが、複数の消費者金融からお金を借りている人たちが、国内で約107万人居るということです。

 

この数字を見ただけでも「こんなに居るの?」と思ってしまうのですが、これは、なんと、その年に生まれた赤ちゃんと同じ数なんだそうです。

 

もう、びっくりを通り越して、「日本は大丈夫なのか?」とさえ心配してしまいます。

 

まあ、自分のことは棚に上げて、ですが。

 

こんなに「生活費が足りない人たち」が多いということは、これからもますます多重債務者は増えるわけで、どこかでこの負のスパイラルを断ち切らなくてはいけません。

 

何も、消費者金融で借金をすること自体が悪いことではなく、無利息期間などを賢く利用すれば損をすることも少ないのですが、「すぐに返せるあてが無いのに借りる」のがいけないんですよね。

 

となると、やはり「お金を作る」あるいは、「お金を借りたらすぐに返す」という意識が必要なのではないか?と思うんですよ。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない