JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金地獄におちいっていると、「宝くじで高額当選して、一気に借金返済!」という夢を何度も見るようになります。

 

かくゆう私も、もう何度も何度も見すぎてシュミレーションも完璧になり、「本当に高額当選しても大丈夫!」なんて変な自信まで付く始末。

 

そうおいそれと当たらないのが宝くじなのですが、一番身近で夢を見やすいんですよね。

 

「だけど、いくら借金を抱えていて二進も三進も行かなくても、今はまだ住むところもあるし、かろうじて水道・ガス・電気も使えている。すでにホームレスになっている人は、宝くじが当たったら?という夢も見ないのだろうか?」と思ったんですよ。

 

人生に絶望した女性-債務整理体験談

 

ただ、ホームレスになった状況にもよるし、すべての人達が、人生に絶望しているわけでは無いでしょう。

 

私の街にも、もう見かけるようになってから、かれこれ20年近く経っているホームレスの男性が居て、「どこで寝ているんだろう?」とか「家族は?」「この辺は冬も寒いからどうやって暖を取っているのか?」「逆に猛暑の時は?」と勝手に心配したり。

 

どうしても、見かけると気になるし、「もしかしたら、私も将来こうなってしまうのかも」と。

 

ある日、いつもよりこざっぱりしたこの男性が、大きな袋を抱えていたのです。

 

中には、食べ物や洋服などが入っていて、多分、NPOの方たちが配っているのかな?

 

いつもは、表情など伺いしれないような風貌をしていましたが、この日は明らかに嬉しそうな顔をして、楽しげでもあったんです。

 

この間記事に書いたような、「モデルでお金もあるけどホームレスの生活を楽しんでいる」という男性以外は、なりたくてなったわけではないと思うんですよね。

 

みんな、さまざまな理由があり、それしか選択肢が無かったのでしょう。

 

言えるのは、「日頃恵まれていない分、普通に生活できるありがたさがわかっている」のではないか?ということ。

 

だから、この日はとびきりの笑顔が出たんだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

それに引き換え、借金を抱えながらも必要最低限の生活をしているのに、文句や不満ばかり言っている自分が腹立たしくなりましたよ。

 

その上、「ホームレスが宝くじに高額当選したら?」という記事を読んだのですが・・・

 

その中には、

 

○宝くじで高額当選した数百万を、惜しげもなく仲間に1万円づつ分け、そのままスラム街に住み続けた男性

 

○なけなしのお金で購入した宝くじで1億円当選!自分の借金を返済し終わった後、残ったお金は全額ホームレス支援の団体に寄付した

 

○働きたくても事故で体の自由を失われ、止む無くホームレスになった女性は、友達から誕生日にもらった宝くじが見事に高額当選!でも、アパートを借りるお金を使っただけで、後は同じような環境に居る女性のために寄付した

 

などなど、もう、「宝くじで高額当選して、借金全額返済!余ったお金で好きなものを買う」なんて思っていた自分が情けなくなりましたよ。

 

「他人のためにお金を使うことができる人にだけ、幸運の女神は微笑む」は本当だったのですね。

 

この邪悪な気持ちを改めない限り、幸せな生活はやってこないんだな、と思い知りました。