JUGEMテーマ:借金返済

 

今はフリーローンもなかなか審査に通らない時代です。

 

一番審査が厳しいと言われる住宅ローンに通るのは、至難の業じゃないかと思う方だっていらっしゃいます。

 

だけど、やっぱり裏技と言うか、住宅ローンに通る方法にもいろいろあるんですね。 

 

「借金があっても住宅ローンの審査に通る方法」というレポートを読んだのですが、ビックリしました。

 

何がって、借金が500万円以上あったのに、住宅ローン審査に受かったというのですから。

 

何か特別な裏技でも使ったのかと思いましたが、正攻法でした。

 

だから、「方法」というよりは、この方が審査に受かった体験談ということですね。

 

収入もそう多くない上に、500万円以上の借金があるのですから、普通だったら「住宅ローンに受かる可能性はゼロ」じゃないかと思うでしょう?

 

借金を抱えていると住宅ローン審査に受からない?

 

だから、この方も何度も落ちていたそうです。

 

それでも諦めなかったのが、審査に受かった秘訣とも言えるのでは?

 

結局は、地道な努力ということ。

 

大手銀行の住宅ローンには断られ続けていたようですが、地元の銀行と付き合い始め、給与振込や公共料金の支払いなどをすべてその銀行に移したそうです。

 

もちろん、税金や公共料金の引き落とし時には、絶対に入金を怠ること無く、数年支払い続けました。

 

また、クレジットカードも発行してもらい、なるべく利用できる時は利用し、延滞は一度もないように心がけ事実一度も遅れたことはなかった。

 

当たり前のことのようですが、結構小さな支払いとかを忘れて、「引き落とし不能」なんてなることもありますから。

 

そんな努力が実って、ついに住宅ローン審査に受かったということなんですね。

 

属性の良し悪しは、収入だけで決まるわけではないので、この方の真似をすればすべての方が住宅ローン審査に通るとは言えません。

 

それでも、勇気が出る事例だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

個人信用情報を開示しておくと良い、ということも書かれていました。

 

自分の「個人信用情報」は1,000円ほどの手数料を支払えば、いつでも見られるんですよ。

 

今は、ネットでも見られるようになっています。

 

ネット上で、手数料をクレジットカードで支払う手続きをすれば、受付番号が送信されます。

 

その番号とパスワードを入力すれば、開示報告書がPDFファイルとして見られる、というシステムです。

 

「思ったより簡単じゃない!」と感じたでしょう?

 

自分の信用履歴がどうなっているか?ということを把握しておくと、審査に対する心構えも違ってきます。

 

残念ながら、著者の方は一度もブラックになったことはないそうなので、債務整理後事故履歴が消えた後のことを知りたい場合は、参考にならないかもしれません。

 

それでも、通ずるものはあるかと思うんですよ。

 

結局は、

 

○自分で信用履歴をコツコツと積み上げていく。

 

○信用情報を開示して、自分の金融情報を詳細に把握しておく。

 

○どうしても住宅ローンに受かるんだ、ということを念じ、強い覚悟で臨む。

 

こういったことが大切なんですよね。