JUGEMテーマ:クレジットカード

 

お金がなくても、毎月出ていく出費と言えば、税金と公共料金がありますね。

 

税金に比べたら、公共料金はある程度節約できるけど、これから寒くなる季節ですから、節約するのも限度があります。

 

この公共料金をクレジットカード払いにしたら、ポイントが付くので、月々200から300円も得をするという話。

 

もしかして、家賃もクレジットカード払いにできるところなら、毎月1,000円単位のポイントが貯まっていく、ということです。

 

家賃をクレジットカード払いにするとポイントが貯まる

 

使わない手は無いですね。

 

ポイント還元率にもよりますが、例えば、高還元率と言われているあるクレジットカードは1,5%もあるんです。

 

となると、電気代とガス代合わせて15,000円くらい支払っていたとして、ポイントが毎月225円も付くんですよ。

 

年間2,700円も得をする計算です。

 

その他にも、水道代や税金などカード払いにできるものは結構ありますしね。

 

家賃、電気代、ガス代、水道料金、固定電話料金、携帯代、市民県民税、年に一度の自動車税などなど・・・

 

ざあっと思いついただけでも、これだけあります。

 

みんな合計したら、月に500ポイント以上は貯まるはず。

 

一年で6,000ポイント、家賃もOKなら10,000ポイント以上も狙えます。

 

すべてカード払いにできるかどうかはわかりませんが、コンビニで支払えるものに関しては、クレジットカードチャージすれば、コンビニのカードに交換できるんですよね。

 

中には、クレジットカードチャージではポイントが付加されないケースもありますが、裏技としては使えそう。  

 

スポンサーリンク

 

 

貯まったポイントは、Tポイントやマイレージなら、かなり使える範囲も広いので、現金化できなくても困りません。

 

「だけど、ブラックだから、クレジットカードが持てないのよ」という声が聞こえてきます。

 

そうなんです。、わかりますよ。

 

クレジットカードが持てないと、商品の購入時に分割払いもできないし、何しろ、今時クレジットカードの一枚も持っていないと「訳あり」のレッテルを張られてしまいます。

 

まあ、そういった時には、VISAやJCBが付いたデビットカードで代用できるんですけどね。

 

デビットカードでも、楽天JCBデビットカードだと、ポイント還元率が1%なので、利用するだけでも結構貯まるのは嬉しいところ。

 

自分の銀行口座にあらかじめお金を入れておく必要はあるけれど、普段から使っている銀行であれば、多めに入金しておけば「残高不足」ということも、まず無いですから。

 

それに、さっきのコンビニのカードにクレジットカードチャージしてポイントゲット、ということもできるのです。

 

私も、税金を支払う時は、nanacoにチャージしてから支払っていたので、1万円の支払いで100ポイント付くのは嬉しかったですね。

 

自動車税の時なんて、3万円以上ですから、300ポイントも付いたんです。

 

ただ、残念なことに、数年前から、「コンビニやその他ポイントカードへのチャージについては、ポイント付加はされない」という規則に変更になり、この裏技は使えなくなってしまいました。

 

※他のコンビニカードやデビットカードでは、まだポイントが付くところもあるかもしれないのですが。

 

「公共料金をクレジットカード払いにして、ポイントゲット」の夢は、喪明け後のお楽しみになりそうですね。