スポンサーリンク
Home >> ブラックリストとは? >> 信用情報に傷がつくとキャッシング審査には絶対に受からない?

信用情報に傷がつくとキャッシング審査には絶対に受からない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

キャッシングの審査で、個人信用情報に異動という文字が登録されていると、ほぼ受かることは無いでしょう。

 

この異動というのが、いわゆるブラックリストの元と言うべき、事故情報だということ。

 

すでに債務整理を経験している方はご存知だと思いますが、支払いを滞納したり、債務整理をした場合は、間違いなくこの「異動情報」が登録されるのです。

 

自分でブラックであると認識している場合は、「あと5年はお金を借りられないな」ということがわかっているのですが、中には、知らない内に、信用情報に異動の文字があることも。

 

まあ、胸に手を当ててみればわかることも多いのですが・・・

 

キャッシング審査におちまくる-債務整理体験談

 

もし、あなたが、特に心当たりが無いのに、キャッシングやローン審査に落ち続けているのなら、個人信用情報を開示してみると良いでしょう。

 

個人信用情報は、郵送の他、ネットで申し込みをして、PDFファイルで受け取るという、オンライン方式もあるので、比較的簡単に行えます。

 

では、開示したとして、報告書のどこを見ればよいのでしょうか?

 

CICの場合、「お支払状況の返済状況欄」を見てください。

 

ここに「異動」と書かれていたら、その事実が発生した時点から、だいたい5年間は審査に通りにくい状態になっている、と考えるべきです。

 

ええ?寝耳に水ですか?

 

もしかしたら、過去にローンやクレジットカード、キャッシングなどの支払いが遅れたことはありませんか?

 

意外と忘れがちなのが、携帯やスマホの支払いなのですが、本体価格も通話料に上乗せされて支払っている場合、本体価格の部分は間違いなくローンを組んでいるので、滞納すれば「異動」と登録される可能性はあるのです。

 

CICでは、「返済日より61日以上または3ヶ月以上支払いが遅れたもの」という決まりがあるのですが、いつの時点で信用情報に登録されるのかは、各金融機関によって異なります。

 

考えてみたら、61日=2ヶ月となれば、かなり支払いが遅れているので、ブラックリストに載っても当然となるのですが、意外と結果的にそうなってしまった、ということも。

 

スポンサーリンク

 

 

例えば、クレジットカードの支払いって、利用する店によっては、かなり引き落とし日に変動があります。

 

その月の月末に引き落とされることもあれば、2,3ヶ月分まとめて引き落とすところもあるんですよ。

 

まあ、きちんと「何月何日にいくら買い物をした」と把握してる人は良いのですが、私のように大雑把な性格だと、「来月はこのくらいの引き落とし」とざっと計算した金額だけ入金しておいたりします。

 

そういう時に限って、先月引き落とされなかった分の金額も合算されていて「引き落とし不能」になってしまうとか。

 

そうなると、来月もまた同じことになる可能性が。

 

だけど、さすがに2回も引き落とし不能になると、慌てて、なんとかお金を工面して入金するでしょうから、その時は「セーフ」と思ってしまうんですよね。

 

と、そんな「うっかり」でブラックリストに載ったとしても、一度登録されてしまえば削除してもらうことはできません。

 

よく「ブラック情報を削除します」なんていう、怪しい業者を見かけますが、まず、そんなことは不可能です。

 

ただし、稀に、まったく身に覚えがないにもかかわらず、異動情報が登録されていることもあるので、そんな時には慌てずに、登録した金融機関に連絡することです。

 

調査の結果間違いであることがわかれば、速やかに削除してくれますから。

 

そんなレアなケースを除けば、一度信用情報に異動と書かれてしまえば、まず5年は新たにキャッシング審査に受かるのは難しいと言えます。

 

もちろん、債務整理後の場合、5年間は、ほとんどの場合、申込みの時点で却下されるということです。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?