JUGEMテーマ:クレジットカード

 

自社ブランドのクレジットカードと言うと分かりづらいかもしれませんが、ハウスカードと呼ばれたり、プロパーカードと区別する意味で、提携カードと言われたりしています。

 

たいていの小売店、販売店は、クレジットカード会社と加盟店契約を結び、手数料を支払っていますが、「ハウスカード」と呼ばれる自社で発行したクレジットカードなら、店側の利益やメリットがより多くなるのです。

 

では、具体的にどんなハウスカードがあるのでしょうか?

 

株式会社クレディセゾンとガソリンスタンドが提携している「出光まいどプラスカード」。 


ファミマTカード」は、コンビニチェーンファミリーマートの提携クレジットカードですね。

 

ハウスカードは審査に通りやすい?-債務整理体験談


他にも、ローソンPontaカードVISA 、 パルコカード 、ANA VISAカード など、さまざまな職種で発行されています。

 

自社発行のクレジットカードなのですが、実際には、提携しているカード会社が業務を行っているのです。

 

グループ企業のネットワークを持つ大規模小売店などが発行しているケースが多く、最近では種類も増え、それぞれに特徴や特典に工夫をこらしています。


自社発行のクレジットカードは、基本的にその店で使用してもらうことを前提としているため、契約者が増えれば増えるほど、店にとっては販売促進の効果を期待できるわけです。

 

キャンペーンや特典付与についても、決められた範囲の中であれば、自由に行なうことが可能なので、顧客にとっても魅力があり、積極的に利用してもらうことに繋がりますよね。


自社発行のクレジットカードのメリットは、それだけではありません。

 

クレジットカードの利用履歴と顧客情報が一度に手に入るので、より効果的な販促活動を行うことが可能になるということ。

 

最近では、レジにPOSシステムを採用し、商品の管理を行なっているところが多くなっていますが、このPOSデータから顧客情報がわかり、ハウスカードの売り上げデータからは、年齢、性別、住所、勤務先の人がどんな買い物をしたのかが事細かにわかることになります。

 

ダイレクトメールの送付においても、これまでの買い物の履歴を参考に、その顧客が興味を持ちそうな商品の情報だけを送付することができるので、無駄がなく、実質経費削減にもつながるのです。

 

スポンサーリンク

 


自社発行のクレジットカードを選択するお店が増えている理由が、なんとなくわかる気がしますね。

 

では、私達顧客にとってのメリットは何でしょうか?

 

提携クレジットカードを所有すると、例えば、ガソリンスタンドなら給油時にガソリン代が割引になるとか、洗車代が半額などのサービスが受けられることがあります。

 

デパートなら、500円〜1,000円分の商品券がもらえるとか。

 

一般的なクレジットカードの機能も使えるので、まさに、一粒で二度美味しいというようなシステムになっているので、所有する人が増えるのもわかります。

 

「だけど、審査はどうなの?厳しいんじゃないの?」という声が聞こえてきますが、提携しているカード会社の審査基準に準ずる、ということになりますね。

 

一部では、「ハウスカードの審査は通りやすい」という声もありますが、審査的には何ら変わらないということでしょう。

 

ただ、顧客の属性を考えて、その店でよく買い物をしてくれそうな層の人にとっては、「審査に受かりやすい」というようなことはあるのかもしれません。

 

それは、他の流通系クレジットカードにも言えることですね。