スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 借金が辛いから宝くじをダメ元で買ったら高額当選した話

借金が辛いから宝くじをダメ元で買ったら高額当選した話

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金抱えて辛い」と嘆いていた男性が、年末ジャンボ宝くじに高額当選した話を読みました。

 

いやー、でもこういうことって本当にあるんですね。

 

多額の借金を抱えていると、コツコツ頑張って働いて返すんだ、と最初はモチベーションも高く頑張るのですが、そのうち返しても返しても、働けど働けど(啄木風)、なかなか借金が減らないことに驚愕します。

 

本当に減らないんです。

 

何しろ、借金には利息というものが付き、長くなればなるほど増えていくような仕組みになっているのです。

 

だけど、稼いだお金をすべて借金返済にあてるわけにはいかず、大部分は生活費に消えてしまいます。

 

その中から、やっとの思いで捻出するお金ですから、たかが知れているのですが、それでも10円でも20円でも多く支払いを済ませようと必死。

 

だけど、ある日ふっとすべてが嫌になって、投げ出したくなる瞬間が来るんですよね。

 

家族が居れば、そんな感情にもふたをするのですが、それにも限界があります。

 

「当たらないよ」「そんなお金があるんなら返済に回した方がよっぽどいい」などという声が聞こえてきそうなくらい後ろめたさを抱えながら、宝くじ売り場をウロウロ。

 

宝くじで借金返済

 

「ここで一発当てて、借金なんて耳をそろえて返してやるよ!」なんて、競馬やスロットなどに走る人の気持もわかるほど、切羽詰まった状態で、それでも「このお金があれば食べるものを買えるのに」と、なかなか踏ん切りが付きません。

 

やっとの思いで口から出たのが「連番で10枚」。

 

これで当たったら奇跡です。

 

案の定、私は300円しか当たりませんでしたけどね。

 

考えてみたら、「借金で首が回らなくなっていたけど、ちょうど運良く宝くじに当たって全額返せました」なんていう体験談ってありそうで無いでしょう?

 

今までも書いてきたように、やっぱり宝くじって、徳を積んできた欲のあまり無い人が当選するのかな?と思い始めていたんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

そしたら、やっぱりいらっしゃるんですね、借金で辛くて死のうとまで思いつめていた人が、宝くじで1,000万円当てたというのです。

 

こういったブログって、正直「どこまでは本当か?」と疑ってしまうのですが、その方は、実際にみずほ銀行本店まで出向いた時のエピソードと、当選金引き換えのための書類、当選者がもらう「その日から読む本」、受領書の写真までアップされているので、信ぴょう性が高いでしょう?

 

蛇足ですが、この「その日から読む本」という冊子は、高額当選者しかもらえないために希少性があり、なんとヤフオクでも高値で(1万円くらい)取引されているもよう。

 

だいたい、この本を持っている時点でお金はあるでしょうに、どういった経緯で出品されたのか?

 

もしかしたら、当選金をすべて使い果たした後、売りに出したのかもしれません。

 

そんなことはどうでも良いのですが、この当選者の感想が物凄くリアルです。

 

普通、借金を抱えていて宝くじに高額当選したら、「やったー!これで借金が返せる!」と喜びの気持ちしか無いと思うのですが、やはり、実際に当たったら「こんな大金を手にして良いのか?」と不安になったそうです。

 

それと、換金まで当選くじを無くさないで持っている、という簡単なことまで、「できるのか?」と不安になるという。

 

なんとなく気持ちはわかりますけどね。

 

で、結局は無事に借金200万円は全額返済できて、親御さんに感謝の気持ちとして少し渡し、残りは少しだけ手元に残して、後は投資に回した、ということ。

 

「当選するまでは、当選したら借金返して、少しは贅沢な暮らしがしたい」と思っていたのだそうですが、漠然とつきまとう不安に正直に向き合って、無駄遣いするのは止めたそうです。

 

銀行の方に勧められた投資信託などの地道な投資に回して、今はほぼ普段どおりの生活をしているのだとか。

 

考えてみたら、200万円もあった借金が一瞬で返せただけでも、ものすごいラッキーなことですものね。

 

それ以外は自粛するというのは、賢明なんだと思いますよ。

 

それにしても羨ましい!というのが本音ですが・・・


lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!