スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> クレジットカードの現金化は危ない?

クレジットカードの現金化は危ない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

 

クレジットカードの現金化は危険です

 

クレジットカードを現金化する方法があるようですが、利用するには注意が必要です。

 

なぜなら、クレジットカードのショッピング枠利用して商品を購入した場合、支払いが終了するまで所有権は利用者にはありません。

 

完済までは商品の持ち主はクレジットカード会社となり、全額払い終わると所有の権利が移行するという仕組みだからです。

 

クレジットカード会社は、ショッピング枠で購入した商品の支払いが完全に済むまでは転売などを禁じているので、クレジットカードで商品を買っておいて、それを売却することは、許されないのです。

 

カード払いで発生した商品の払い込みが完全に終わっていないのに、手に入れた商品を質屋に持ち込んだり誰かに売ったりという現金化は、カードに定められている規約に反します。

 

質屋-ショッピング枠の現金化は危ない

 

もしこの方法を使ってクレジットカードのショッピング枠を現金化した方がいたとしても、その後の完済まで問題なくできるならぱ、トラブルに発展することなく話はこれで終わるのかもれしまん。

 

けれども、クレジットカードを現金化するほどの経済状況にあるという方が、借り入れたお金を確実に返しきれるのでしょうか?

 

最悪な場合には、自己破産などで返済ができなくなることも考えられます。

 

毎月の返済ができなくなった場合、クレジットカード会社から、支払いが完全に済んでいない商品については返却を求められる可能性もあるのです。

 

また、クレジットカードの現金化のような行為が、自己破産の手続き直前に行われていた場合には、詐欺罪として告発される可能性もありますから。

 

現金化することでクレジットカードを有効利用することは不可能ではないでしょうが、リスクも把握しておくべきです。

 

それに、業者によっては、「現金化」とうたっておいて、実際には、闇金融に個人情報を売るだけが目的の悪徳業者も居ます。

 

その上、法外な手数料を請求されて、拒否すると脅される、なんていうことも。

 

単純に、顧客にクレジットカード決済だけさせて、キャッシュバックはしないで、そのまま連絡がつかなくなる、なんていう体験談もあるようです。

 

最悪の場合、犯罪に加担させられるケースもあるので、気軽に手を出すことだけは止めましょう。

 

多重債務になって、お金が借りられなくなると、どうしても「このクレジットカードのショッピング枠をなんとか現金にできないか?」と思ってしまいますが、規約に反することだと言うことを、肝に銘じておきましょう。

 

よく、自己破産する前に、ショッピング枠でブランド物を買いあさり、片っ端から売って現金にする、という話を聞きますが、絶対にしてはいけません。

 

自己破産手続きをすれば、すぐに間近に大きな買い物をしたことはバレますし、信販会社から商品を返却してくれと言われることも多いです。

 

その時手元に無かったら?

 

自己破産できなくなるばかりか、裁判を起こされることだってあるのです。

 

お金が必要な時に借りられないと、焦ってろくでもないことを考えてしまいますが、一度冷静になってみましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない