スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> ブラックリストのデータを消してもらって融資を受けることはできる?

ブラックリストのデータを消してもらって融資を受けることはできる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理をすると、ブラックリスト入りするのはやむを得ません。

 

中でも、自己破産となると、7年から10年は、信用情報的には「暗い闇の中」と言えるでしょう。

 

自己破産したら真っ暗闇

 

「なんとかして、ブラックリストから名前を消してもらうことはできないのか?」と思いますが、迷惑をかけた金融機関では、半永久的にブラックリストに入ったまま、なんていう話も嘘では無いようなので、なかなか難しいですよね。

 

破産者が融資を希望する場合、データ消滅してもらうことはできるのでしょうか?

 

破産者に打つ手はあるでしょうか?

 

一定期間が経過すれば、信用情報機関の保有する情報から破産者の名前はなくなるので、それまで待つのも一案です。

 

ブラックリストに名前が乗る期間は、破産者の場合は7年〜10年ほどだ言うこと。

 

破産者という経歴が信用情報から消えれば、クレジットカードの発行やローンの手続きのための審査を受けられます。

 

ですが、ブラックリストから破産者の情報が消滅してからであっても、破産前と同様の信用があると審査で判断されるというわけにはいかないのです。

 

年間20万人という破産者が出ていますが、日本経済は依然として下向きで状況が良くなる兆しがありません。

 

銀行などは自衛措置として、自己破産者のデータなどを保管しているとも言われます。

 

ひとたび自己破産すると、今後は何かがあった時に2度目の自己破産を言いだすのではないかという理由からです。

 

中には、一度凍結された銀行口座を、元に戻してもらおうとしたら、いろいろ理由を付けて断られた、なんていう人も居るくらいで。

 

融資の申し込みをしても、審査で断られてしまうことが少なくないようです。

 

新しく融資を受けたいと思っても、破産者であるということが信用力を引き下げてしまいます。

 

とはいえ、破産者であっても融資を受けられたという人も少なくないようです。

 

ネットでは、破産者でも融資OKという金融情報が存在しています。

 

スポンサーリンク

 

というのも、今は、お金を貸す方も、生き残るのはなかなか難しい時代なので、「過去の信用履歴よりも、今の収入や社会的地位を優先させる」という金融業者も増えているのも事実。

 

現に、中小の消費者金融では、「過去に自己破産された方でも、審査可能です」と、明記しているところもあるのです。

 

どこかに破産者でも融資が受けられるキャッシング会社はないか、探してみるといいでしょう。

 

と言っても、「ブラックでも融資可能」ということを全面に出して、まるで甘い蜜を振りまいて、ブラックの人たちをおびき寄せるようなところに近づいてはいけません。

 

自己破産していても貸してくれる中小の消費者金融の名前を語って、堂々と宣伝活動をしている、闇金融も紛れていますから。

 

信用できる金融業者かどうか、貸金業の登録はきちんとしているのか?ということも含めて、十分調べてから利用するようにしましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット