消費者金融でお金を借りることのデメリット | 借金500万円抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
消費者金融でお金を借りることのデメリット | 借金500万円抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

消費者金融でお金を借りることのデメリット

JUGEMテーマ:借金地獄

 

消費者金融によるキャッシングのデメリットはなんでしょうか?

 

他の金融機関と比較した際に、若干金利が高くなってしまうことは、消費者金融によるキャッシングのデメリットだといえます。

 

キャッシングを、短期及び少額でする場合には、生活にさほど影響は、金利の高低を重視せずとも見られません。

 

長期や高額のキャッシングを検討している方にとっては、金利の利率は軽視しがたいポイントとなります。

 

月々の返済額も、金利が高ければ膨らみますので、経済面で苦しくなってしまうこともあるでしょう。

 

もうひとつ考えられるのは、キャッシングの金利が高ければ、返済額を元本に充当させるのも一苦労となってしまうということです。

 

借金を、返しても返しても、全然減らないと感じてしまうようになったら、悲劇の始まりです。

 

キャッシングの返済ができなくて泣いているサラリーマン

 

キャッシングを消費者金融によって行うことのデメリットを踏まえ、長期もしくは高額なキャッシングをするという場合には、しっかりと返済プランを立てましょう。

 

利用する場合には、消費者金融によるキャッシングのメリットだけでなく、デメリットもしっかり見比べた上ですることが重要です。

 

いろいろな金融機関で借り入れを行っていて、まとめローンを完全返済をするためにしたいという人もいるでしょう。

 

そういった場合は、キャッシングしている金額を、審査の甘い消費者金融で一括にまとめるという方法もあります。

 

ただし、審査が甘いと言っても、まとめローンになると金額が大きくなるので、消費者金融と言えども審査はそれなりに厳しくなります。

 

個人情報に関しても、消費者金融の方が根掘り葉掘り聞いてくる、ということもありますので、より金利の低い銀行系の金融機関でまとめられないか?検討してからでも遅くはないでしょう。

 

銀行系でお金を借りる場合は、消費者金融よりも審査が厳しくなるのは言うまでもありませんが、借入総額よりも、他社借入件数が多い方が、不利になると言われています。

 

一社でより多くの金額を借り入れできるということは、信用度も高いと評価されるのです。

 

いずれにしても、限度はありますが。

 

消費者金融で借りるにしても、銀行系カードローンなどでまとめるにしても、現在の自分の状況を考えて、どちらで借りたほうが返済しやすいか?判断することも大切です。


こんな記事も読まれています
2020.04.25 Saturday|-|-|-|-
Copyright © 消費者金融でお金を借りることのデメリット | 借金500万円抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます