スポンサーリンク
Home >> 宝くじ高額当選 >> 宝くじで23億円当たった男性が一番最初にしたいこととは?

宝くじで23億円当たった男性が一番最初にしたいこととは?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

23億円の宝くじに当選した男性、28年前の約束を守る

 

"23億円当選の米男性、友人と山分け 28年前の約束守る"
7/25(土) 12:45配信

CNN.co.jp

 

というニュースを見て、あなたならどう思いますか?

 

「美談やー」と思うか、「黙っていたらわからないのに。そもそも28年も前の約束、友達も覚えてないだろう」と思うのか?

 

借金地獄におちいっている方なら、「まず自分の借金を返して、余ったら友人のことも考える」ということになりますね。

 

ただ、「もし宝くじに当たったら二人で山分けしよう」と約束したのは28年前だけど、二人は釣り仲間で、毎週一緒に宝くじを購入していたということですから、内緒にはできないです。

 

すでに、家族以上の関係だったと考えると、すんなりと折半したのも頷けます。

 

受け取った当選金はいくら?

 

当選したのは、高額宝くじ「パワーボール」で2200万ドル(約23億円)だということ。

 

"2人は計1670万ドルを現金で受け取るオプションを選択し、それぞれ税引き後の約570万ドルを持ち帰った。"ということなので、すでに税金は支払われた後なんですね。

 

それにしても、税金で約1/3も持っていかれるのか?と思うと切ないですが、それぞれが約6億円ももらえると考えれば、日本のジャンボ宝くじ前後賞当てたのに匹敵しますから。

 

 

ここで、ちょっとネットでの反応を見てみると.....

 

○贈与税は発生しないの?

 

○当選金を折半にするにあたって、全くもめなかった?

 

○奥さんや親戚に恨まれたんじゃないだろうか?

 

○ふたりの友情関係がギクシャクしなきゃいいけど

 

○支払いを現金払いにしなければ満額もらえたかもしれないのに

 

○年を取ると、丸くなって独り占めしようという気持ちにもならないのだろう

 

○顔も名前も出ちゃったから、強盗に襲われるのでは?

 

○お金を使い果たした後、もめないのかな?

 

なんていう余計なお世話系の感想が多い中

 

○これぞ真の友情!何十年経っても約束を守るなんてなかなかできないよ

 

という方も。

 

本当にそうですよね。

 

口約束でしょうから、「当てたのは俺だ。」と主張すれば独り占めできたわけだし、当たったことを内緒にすることもできたでしょうから。

 

ここは、素直に「いい話や」と感動したいものです。

 

スポンサードリンク

 

 

だけど、「友達に分けると贈与税がかかるのでは?」と思いますよね。

 

これについては、共同購入者として申告すれば、贈与税は発生しないそうです。

 

反対に、当選金を、一度自分の名前で一括で受け取ってから友達に渡してしまうと、贈与税はかかります。

 

家族や親戚についても同じで、仮に父親が1,000万円当選して、妻と子供に100万円づつ渡したとしても、贈与税は取られてしまうんですよ。

 

ところで、タイトルの「男性が一番したいことは?」ですが、「友人と一緒に過ごす時間を増やしたいから、まずは旅行に行く」だそうです。

 

しかも、夫婦同伴で、ということですから、みんなが心配しているような「夫婦関係がぎくしゃくしないか?」ということは無さそうですね。

 

私達は、せいぜい「7億円当選したら何に使う?」を妄想して、ニヤニヤすることくらいしかできませんが・・・

 

とにかく、友人や家族を大切にして、日々まじめに暮らしていれば、こんなラッキーなことが降ってくるんだな、ということです。

 

生き方だけでも見習いたいですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:宝くじ高額当選