スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> ブラックでもまとまったお金を手に入れるには?
Page: 2/54  << >>

ブラックでもまとまったお金を手に入れるには?

JUGEMテーマ:借金地獄


借りては返すの繰り返し」は、まさしく多重債務者の日常を表わしているのですが、本当にそうなんです。

ある程度まとまったお金が入ると、あそこに1万、こちらに2万というように割り振って返していきます。

多重債務に陥る方は、銀行のおまとめローンが使えなかったり、クレジットカードの枠自体が少なかったりしますので、複数の消費者金融から少しづつ借入れする、という場合が多いでしょう。

多くても30万、少ないと10万と言う形で。

最初は、返済だけで、新たに借入れをすることはないのですが、もともとギリギリの生活ですから、借りたお金が底を付いてくると、また新たに借入れをするしかありません。

借金まみれ

だから、そんなに期間が長くなくても、ほとんどの名の知れた消費者金融から借入れをしていた、ということになるのです。

 

キャッシングカードのコレクションなんて、趣味が悪いにもほどがあります。

で、例えば5日までに返済のところに返すと、次に15日のところに返済。

そうこうしているうちに、生活費も足りなくなり、5日に返したところから借り入れ可能になった分を再度借入れする、そして生活費に回したり、次の返済に回したりという。

それ自体、もうどうしようもない状態なのですが、当の本人は、どうやって工面するか、とか頭に無く、とにかく借りられるところから借りてしまおう、と思うようになります。

新たな借入れを増やす時には、さすがに借金が増えたという自覚があるのですが、返したところからまた借りるという場合、なんとなく差し引きゼロで増えていない気がするのです。

そこが落とし穴ですね。

利息は毎日確実に増えていますから。

ただまあ、こういった形で回している人は、少なからずいらっしゃると思うので、この方法が使えなくなってからは、逆にどうしているのか?と思うくらい。

スポンサードリンク

 


債務整理をする人が増えたのかな?

消費税10%になる日も近いという今、貧困という言葉に現実的なものを感じている人も多いでしょう。

こうなったら、「一攫千金を目指す!」と思っても、宝くじで高額当選でもしないかぎり無理ですよね。

実際に、自己破産寸前の人が宝くじに当選して人生救われた、なんていう話もあるにはあるのですが・・・

調べてみたら、皮肉なことに、宝くじに高額当選した後に自己破産する人も多いんです。

それこそ、降って湧いた大金に「これでひと山当てよう」と、危ない事業に手を出したりするんでしょうね。

 

降って湧いた大金-債務整理体験談

と考えたら、結局は、「地道にコツコツ」しか無いのかな?

 

実際、宝くじに高額当選した人でも、会社を辞めず、日々の生活をほとんど変えずに、ささやかな贅沢をする程度、なんていう方の場合は、幸せに暮らされているようです。

 

うーん、それでは、一攫千金を当てた甲斐が無いのでは?と思う私は、まだまだお金に関する認識が低いのかな?

まあ、一攫千金とは言いませんが、オークションで数百円で買ったものが数万円で売れたりすることもあるので、こちらを狙ったほうが現金を手にする可能性は高いと言えます。

 

一歩一歩確実に歩み、時々大きなご褒美がある、というのが無難なのか?

 

庶民の夢は夢として見て、現実を生きるのが一番なのかもしれませんね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理をしたくない3つの理由とは?

債務整理をしたくない3つの理由とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理だけはしたくない?

借金地獄に陥っているのに、なんで債務整理しないの?と借金に縁のない方は思うでしょう。

すぐになんとかすればいいのに、と。

だけど、債務整理しない理由というものもあるのです。

まずは、世間体でしょうか?

債務整理というと、自己破産を思い浮かべます。

自己破産=一家離散、夜逃げ、職を失う、ホームレスになる、近所や親戚に知れて暮らしていけなくなる

家族-債務整理体験談

などなど、マイナーというか悲惨な言葉しか浮かんできません。

冷静に考えてみたら、収入の半分以上あるいは収入のほとんどを借金返済にあてている生活の方が悲惨この上ないのですが、どうしても避けたいと思ってしまうのです。

それに、一番大きな理由は、「恥ずかしい」「面倒」ということも考えられます。

借金自体が恥で、どうしても他人の目に晒したくない、という気持ちが強いです。

まだ多重債務になっていない頃、他の法律相談で弁護士事務所を訪れた際に、漏れ聞こえてきたのが借金の相談でした。

こんなになるまで、なんで放っておいたんですか?」という弁護士さんの声がして、その後切羽詰まった中年女性の「何度も相談に来ようと思ったんですが怖くて」という言葉が。

正直、「借金であんな状況になるなんて。自分は絶対、あんな恥ずかしいことにはならないようにしなくては」と思いました。

まあ、それが何年後かには自分の姿になってしまったのも皮肉なものです。

ただ、その場所に立たないとなかなか気持ちってわからないものだな、と思ったのは、本当に債務整理を相談に行く前に、この中年女性と同じ「漠然とした怖さ」に襲われたからです。

助けてもらうべき弁護士の方に罵声を浴びせられたら?

「こんなに借金総額に増えてしまっては、なすすべがありませんよ」

なんて、突き放されたら?

だいたいが、借金生活で気持ちは常に後ろ向きになっていますから、どんどん悪い方に考えてしまうのです。

そのうちに、どんどんどんどん利息はかさみ、借金は増えるばかり。

ある日、傷口に塩を塗るような気持ちで、1日あたりの利息を計算したら?

スポンサードリンク

 


数百円どころではなかったのです。

千円に近い数字。

1日1,000円としたって、1ヶ月で約30,000円

利息だけでですよ。

今思うと、よく返していけたものだ、と感心すらします。

結局、最後の方はほぼ利息だけ返してたんですよね。

だから、元金はずーっと減らないままで。

 

必死で働いて返していたものは、一体何だったのか?と思います。

 

もちろん、自分が借りたお金ですから「どうしても返すんだ」という強い意思は必要ですが、限度があるのも事実。

どこかで踏ん切りをつけなければいけないのなら、1日でも早い方が良いです。

弁護士費用のこともネックになるのですが、以前も書いたように分割で支払うことも可能ですし、「法テラス」に相談することもできます。

過払い金が発生する場合は、過払い金額で弁護士費用を補填することができるので、実質支払いしなくて良い場合だったあるのです。

債務整理を決心するのは勇気のいることだし、一日延ばしにしてしまうのもよくわかりますが、「このままの生活が続くわけがない」と思って、早めに判断した方が良いでしょう。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 借金の無料相談会ってどこでやってるの?電話やメールでもできる?

借金の無料相談会ってどこでやってるの?電話やメールでもできる?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務時代の苦しい生活については、何度も書いていますが、本当はあまり思い出したくないこと。

だけど、自分と同じような立場に居る方にとって、少しでもお役に立てばと思って書いています。

あの時は、1日を乗り切ったら今度は1ヶ月、年末になって「年が越せれば」と頑張ってやっと1年乗り切るという感じで、長いような短いような。

債務整理を決心した後も整理に入ってからも、苦しい生活は変わりませんでしたが、それでも「借金」という重圧が無くなっただけでも、肩の荷が少しは軽くなった気がしました。

今年もあと一ヶ月半くらい。

ついこの間まで暑い暑いと言ってたと思ったら、すぐに年末がやって来てしまうんですよね。


多重債務の方にとっても、年末は何かと出費も多く、ただでさえ生活するのが苦しい状態なのに、切羽詰った気持になってしまうことも多いでしょう。

不況とはいえ、街はクリスマスだのお正月だのと浮かれた雰囲気になってきますから、余計に「どうして自分だけ?」と思ってしまいます。



ただ、この時期に苦しいのは自分だけではないと思うと、少しは気分が軽くなるような気がします。

気休めかもしれませんが・・・

そんな多重債務の方に向けての債務整理無料相談会が全国各地で開かれる時期でもあります。

東京・大阪・名古屋などの大都市でも行われていますが、最近は地方都市や小さな町でも頻繁に債務整理の無料相談会が行われるようになりました。

意外と、お住まいの市報などをチェックすれば、債務整理の無料相談会が開催されているかもしれませんね。

借金の無料相談会 佐賀」とかで検索すると出てくると思います。

債務整理や多重債務相談会というのは、だいたい市や県の弁護士会などと連携していますので、直接弁護士や司法書士の方に相談することが出来ます。

だいたい時間は30分程度でしょう。

スポンサーリンク

 


債務整理の無料相談を受けたからと言って、そのまま債務整理を依頼する必要はないのですが、「きっかけ」にはなると思います。

多重債務で、生活が成り立たなくなったら、やはり一度相談されることをお勧めします。

また、最近では借金のために「うつ」など心の病気にかかる方も少なくないので、保健師さんによる心のケアのための指導も受けられることもあります。

最初は匿名で相談してみたい、と言う方には、インターネットのメールを使った無料相談もあります。

 

スマホでもできますよ。

こちらは、弁護士事務所や司法書士事務所の方がメールで相談に乗ってくださるようです。

すべてのところで匿名で相談できるわけではありませんが、最初は匿名でもOKというところも増えています。

 

直接話したい、という場合には、電話での無料相談を実施しているところを利用するのが良いでしょう。

どちらも、親身になって相談に乗ってもらえるので、「借金返済のために借金を重ねるようになった」方は、やはり早めの行動が必要になりますね。

その上で、副業などで何とか収入を増やす道も探した方が良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して