スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 自己破産したらどうなってしまうの?リアルな破産体験談
Page: 2/55  << >>

自己破産したらどうなってしまうの?リアルな破産体験談

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産したらいったいどうなってしまうのか?

非常に不安ですよね。

特に、多重債務になって「もうこの先このままお金を返せる見込みはない」という状況に陥っている方にとっては、すでに「自己破産」しか選択肢は残っていないような気がします。

それでも、「宝くじに当たりさえすれば」とか「一攫千金の方法は必ずあるはず」、「何かで起業して、一儲けすれば・・・」なんていう淡い夢を抱きながら、傷だらけの借金生活を続けるのです。

 

一攫千金の夢

私も経験しているからわかるのですが、この妄想のような考えが、いかにも「実際に起こりえるかのように」感じる瞬間があります。

まるで、蜃気楼のように見え隠れして。

実際に、数億なんていう、個人レベルではどうしようもない借金を抱えながらも、事業を起こして奇跡的に成功される方もいらっしゃいます。

ただ、そういった方は稀ですし、第一、借金を抱える前から事業をされていたか、しっかりとした準備をされていた方です。

「お金がないから」ということで、思いつきで事業を起こしても、すぐに成功するほど世の中甘くは無いです。

 

一攫千金-債務整理体験談

だから、「もう、これ以上借金生活を続けても仕方が無い」と判断したら、自己破産を含めた債務整理を一度考えた方が良いかもしれませんね。

自己破産したとしても、社会的な制裁はもちろんありますが、必要最低限の生活は送れます。

価値のある資産は、すべて取り上げられますが、原則として20万円以下の物品に関してはそのまま持っていることができます

日常生活品で20万円以上するものなんてあまりないですから、最新式の家電製品やオーディオ機器、車など以外は取り上げられることはないです。

 

あっ、どんなに古い建物でも、持ち家は間違いなく取られますが・・・

だいたい、誰か裁判所の人が家に来られて、家の中のものをひとつひとつ吟味していく、なんていうこともないので、わからないでしょう。

 

スポンサードリンク

 


とは言え、自己申告はきちんとしないといけないですけどね。

例えば、債権者の一人というか信販会社などが訴訟を起こした場合

これは、知り合いも経験しているので、割と頻繁にあるようですが、この場合には、裁判所の職員の方が家を訪問され、財産をかくしていないかどうか、調べられるそうです。

 

本当に、ある日突然訪ねてきて、家の外をくまなく点検されたそうです。

 

特に車かな?高級車に乗っていたらアウトだし、玄関とかでも、余裕のある生活かどうか?は判断できますものね。

まあ、一目見れば、「暮らしぶり」というのはわかるのだと思います。

プロですから。

だから、「言わなければわからない」ということで、債務整理を依頼する時に、いろいろ隠し立てをするのは、自分自身のためにもならないということです。

 

バレれば、自己破産できない、またはその他の債務整理手続きの申請がおりなくなります。

 

最悪の場合、罰せられるかもしれません。

自己破産の場合、免責を受けた後に作った財産は自分のものになるわけですから、免責後に死に物狂いで頑張るしかないですよね。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 借金苦でもなかなか債務整理に踏み切れない理由は?会社?家族?

借金苦でもなかなか債務整理に踏み切れない理由は?会社?家族?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

今まで何度も書いてきましたが、借金苦になっても、「借金はなんとしてでも返さなければならない」という強迫観念にとらわれたり、「今までの倍働けばなんとかなるはず」とがむしゃらに働いて体を壊したり・・・

 

なかなか、債務整理には踏み切れないものです。

 

自分で作った借金だから何が何でも返すんだ!」という気持ちは、あって当たり前だし、無くてはならない物なのですが、それで自分を追い込んでしまっては、結局借金は減らないし、家族にも迷惑をかけてしまいます。

 

では、借金の返済が難しくなり債務整理を行おうと考えても、中々実行まで踏み切れない原因は何でしょうか?

 

まず考えられるのは、債務整理を行うと誰かにばれてしまうのではないかということ。


会社でばれてしまうと「これが理由で解雇されるのではないか」や「出世の道が閉ざされてしまうのではないか」と考えてしまいます。

 

債務整理したら会社をクビになってしまう?

 

まあ、借金で首が回らなくなり、取り立ての電話が会社にまで来てしまえば、もっと立場は悪くなるんですけどね。

 

また、家族にばれたら「妻から愛想をつかされて離婚されてしまうのではないか」「子どもたちが学校でいじめられるのではないか?」といった不安に陥ります。


お金の問題、特に借金は会社の知り合いや友人どころか家族にも中々話しにくいのが現実です。

 

借金返済が苦しく、債務整理をしてすっきりしたいが周りには内緒にしたいと悩んでいる人が多いです。


また債務整理を行うと今後借金が一切出来なくなってしまうのではないかという不安もあります。

 

若ければ若いほど、将来、車や家を購入しようとした時に、ローンを組んだり借金が出来なくなることは、人生のネックになってしまうでしょう。


確かに一度債務整理を行うと、一定期間借金が出来なくなるのは本当で、「喪明け」後も審査に通りにくくなる可能性は高いです。

 

個人信用情報に事故情報が記載され、金融機関が参照した時に、債務整理をしたことや借金を滞納していた事実が、丸わかりになってしまうからです。

 

その為、お金を貸しても返済できない人だという判断が下され、審査を受けても落とされてしまうのは火を見るよりも明らかなんですよね。

 

スポンサーリンク

 


だけど、借金をそのまま放っておくと、こういった不安や悩み以上のトラブルが、舞い込んでくることになります。

 

さきほども書いたように

 

◯会社に借金取りたての電話がかかってくるかもしれない

 

◯借金滞納を繰り返していると、ある日突然裁判所から「借金全額支払うように訴えが来ている」というような書類が来る

 

◯なんとか借金を支払えていても、借金で借金を返している状態におちいり、生活費が底をつく

 

など、放置していることで起こるトラブルは、計り知れません。

 

そこまでになっていたら、思い切って専門家に相談した方が良いでしょう。

 

相談だけなら無料の所も多いですし、秘密を守った上で最適なアドバイスをしてくれます。


また、会社や家族にバレずに債務整理することは可能です。

 

会社の場合、給料の差し押さえなどが行われればバレてしまうことはありますが、事前に対処していれば大丈夫でしょう。

 

家族に対しても、債務整理を依頼した法律事務所に、連絡は必ず個人の携帯にしてもらい、郵送する書類がある場合個人名にしてもらうことで、バレないかもしれません。

 

とは言え、会社はともかく、家族にはできれば最初から正直に話し、一緒に再出発する道を模索する方が良いと思いますよ。

 

多かれ少なかれ、家族には迷惑をかけることになるわけですし、債務整理が孤独な闘いになれば、精神的にも参ってしまいます。

 

1日も早く借金苦から立ち直るためには、みんなで乗り切るという気持ちになることが大切ですよね。

 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理を決心したら。弁護士さんは怖かった?

債務整理を決心したら。弁護士さんは怖かった?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理を決心したら、まずは弁護士さんや司法書士の方との面談ですよね。

ただでさえ、「借金のことについての相談」で負い目があるのに、弁護士さんは、やはり怖い感じの方が多いです。(あっ、私がお会いした方は特にそうだったかも)

テレビに出演されている弁護士さんとはえらい違い。

弁護士さんは怖い?-債務整理体験談

当たり前ですが・・・

だから、気後れして、なかなか聞きたいことも聞けません。

と言いますか、初めての経験ですし、切羽詰まった状態で、精神状態も不安定ですから、「何を聞いたら良いか」さえわからないのです。

話をしてみれば、こちらの話はよく聞いてもらえるのですが、問題が問題なだけに、今までの身の上話をしてしまう人も多いからでしょう。

単刀直入に要点だけを話すように、という感じになります。

とにかく、今は債務整理をする方も多いですから、そんなにひとりに時間を取っていられないですからね。

それは、こちらもとってもよくわかるので、かいつまんで話そうとするのですが、あせればあせるほど、本質とは関係のないことを言ってみたり、肝心のことを言わなかったり・・・

ということで、家に帰ってから後悔する事もしばしばなんです。

だから、事前に質問したいことを調べておいたり、紙に書いて持っていくことをお勧めします。

自分が今まで借入れした明細なども必要になりますので、用意して行きます。

要は「自分で作った借金の整理を助けてもらうんだ」ということを忘れないように、ということですね。

スポンサードリンク

 


追い詰められて追い詰められて、最終手段として債務整理の相談に行くため、どうしても「駆け込み寺」のような気になってしまいますが、そうではないですから。

自分が逆の立場になればわかるんですけどね。

どうしても「助けてくれる人」のように頼ってしまいがちになります。

依頼してしまうと、お任せするしかない部分も多いのですが、自分でできることはして、予備知識も多少は頭に入れておくべきでしょう。

普通の精神状態ではないだけに、普段から気をつけておく必要はありますね。

とは言え、長丁場になりますので、ある程度の信頼関係は必要です。

私も、前半はギクシャクしていましたが、後半からは趣味の話とかも時々はさんでくださって、話しやすい雰囲気でした。

こちらが、正直に自分のことをさらけ出し、信頼する姿勢を見せれば、自ずと伝わるということです。

思い返せば、とても人情味あふれる良い弁護士さんだったんだなあ、と。

最初は、私があまりにも人任せで、自分のことなのに他人事のように話していたのだと思います。

 

それと、ある程度緊張しないで話せるようになった時に、弁護士さんがおっしゃったのは、「とにかく最初は厳しく接することを心がけています。中には、自分で何もせずに相手任せの方が多いから。ご自分の問題とわかってもらうためにも、そうしています。」ということ。

 

軽くパニックになっている頭の中を整理するためにも、厳しく接してくださって良かったと思います。

 

だから、最初の印象だけで、「他の人に頼もう」とかの決断を安易にしない方がいいですよ。

 

とは言え、あまりにもいい加減な態度なら、すぐに変更すべきですけどね。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して