債務整理を体験して | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。

自己破産後は地元の信用金庫に口座を作ると良い?口座凍結対策も?

JUGEMテーマ:借金返済

 
自己破産だけは避けたい」、債務整理を決心しても、そう思う方がほとんどでしょう。

だけど、現実には自己破産を選ばざるを得ない方が増えてきているようです。

やはり、任意整理で、少しでも借金を返す方向に持って行きたくても、債務整理後の生活のことを考えると、残債を支払い続けるのは難しいですからね。

私も、ネット収入が少しは増えていたので、何とか支払えましたが結構厳しかったです。

だけど、「自己破産」をしてしまったら、もう立ち直れないかと言えばそうではありません。

身近に自己破産をした方を知っていますが、その後は何とか持ち直して、今は会社を起こして軌道に乗せられています。

確かに、「ゼロからのスタート」とは言いますが、本当に辛く厳しい道だったと思います。



ただ、本当に「ゼロからのスタート」なのか?と言えば、多重債務時代に残した税金の滞納分があったり一度破綻している家計を立て直すことを考えれば、「マイナスからのスタート」と言えるでしょう。

私も、まだまだ「生活を立て直している」最中で、本当はくじけそうになっていたことも何度もあります。だけど、何とか普通の暮らしができているだけ、幸せなんですよね。

スポンサーリンク

 


自己破産した方は、その後5年から10年はクレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなかったりということがありますが、他の債務整理でも大きくは変わりません。

「金融ブラック」とか「金融事故者」という意味では同じですから。

それでも、やはり自己破産になると、クレジットカードが持てない期間が少し長くなるようです。

10年位を目安に考えた方が良いでしょう。

ただ、これも一概には言えないようで、「自己破産後5年でクレジットカードが作れた」という例もあるので、そう悲観することもないかと思います。

特に今は、消費者金融も経営難の時代ですから、ブラックでも貸してくれるところもあるようです。

ただし、条件が結構厳しいのである程度収入のある方向きとは言えますが・・・

いつも書いているように、「キャンペーンで大々的に宣伝をしているクレジットカード」や「女性をターゲットにしている大手スーパー系クレジットカード」などが作れる可能性も高いという情報があります。

キャッシング枠はゼロ」で申し込むというのが、裏技と言えば裏技かな?


DSCN0628.JPG / urbaning


この部分も「キャッシング枠が最初から10万付いてきた」なんていう方もいらっしゃいますから、「絶対に」ということではありませんが、かなり確率は高くなるでしょう。

他には、自己破産時にお付き合いしていた銀行系列のクレジットカードは2度と持てないと思ってください。

「絶対に」と言うことではないようですが、「ダメ」と思っていた方が賢明でしょう。

迷惑をかけたわけですから、仕方のないことですね。

大手の銀行や信販会社では、ブラックリストはデータベース化しているでしょうから、半永久的に保存されると思って間違いないかもしれません。

ここは割り切って、地元の信用金庫に口座を作って給与振込などで実績を作る、という方が良いと思いますよ。

 

もちろん、地方の信用金庫だからと言って、審査が甘いわけではありませんし、過去の個人情報はついて回ります。

 

だけど、より親密な対応が期待できますから、地道に預貯金を増やすところから始めれば、信用度がアップするのは早いかもしれない、ということです。

 

なにより、過去に迷惑をかけていない銀行であれば、実績も作りやすいということですね。

 

追記:迷惑をかけた銀行と言えば、債務整理の手続きをしている最中に口座凍結されることがあります。

たいていは、入金はできるけど出金や振込はできない、ということに。

私も焦りましたが、しばらくすれば、また使えるようになることもあります。

 

だけど、こんな時こそ、気持ちを入れ替えて、地元の信用金庫などにもう一度口座を開く、というのもアリでしょう。

心機一転、新しい金融機関でやり直す、ということです。

自営業の場合など、小回りが効くこともありますので、利用してみるのも悪くないかもしれません。


こんな記事も読まれています
2018.09.30 Sunday|-|-|-|-

金持ちはうつ病にならない?借金かかえてうつ病になってしまったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金持ちはうつ病にかからない?かどうかはわかりませんが、裕福な方は少なそうですよね。

 

まあ、精神疾患ですから、お金に余裕があってもかかる方はいらっしゃるでしょうが・・・

 

よく耳にするのが、うつ病で働けなくなって、借金を抱えてしまい自殺まで考える、というパターン。

 

債務整理を経験した私にとっては、とても他人事とは思えません。

 

多重債務からうつ病を引き起こす方は、非常に多いようですね。

 

これは、よくわかります。

 

あの多重債務で月々の支払いが困難になった時の、精神状態は尋常じゃありませんから。

 

電話の音に怯え、訪問者に怯え、来客の度に吠える犬の声にまで反応する始末。

 

なにしろ、過去に、

 

◯年金の未納分の催促

 

◯NHK受信料の取り立て

 

◯国民健康保険料滞納による財産差し押さえ事前調査

 

◯債権者に裁判を起こされたことで、裁判所からも財産を隠していないかの調査が入る

 

◯公共料金滞納で、電気代とガス代の取り立て

 

集金人の取り立て-債務整理体験談

 

を経験しているので、玄関を開けることさえためらわれる時期もありました。

 

だんだん外にでかけるのも怖くなり、おっくうになってきて、ますます引きこもりに。

 

何とか収入を増やさなくては、と思いながらも、あまりにも額が大き過ぎて、逆にやる気がなくなってしまうのです。

 

そのうち、開き直って、それがバネになってやる気を起こせば良いのですが、もうどーにてもなれという気持ちが強くなり、何にもしなくなってくる。

 

そうすると、どんどん気分も落ち込んで、泥沼に入り込んでしまうんですね。

 

気がついた時には「うつ病」と診断されていた、というようなことに。


もともとお金が無い上に、働けなくなったら、もうどうしようもありませんから、やはり精神的なケアは、自分でなんとか行っておくしかありません。

 

借金は必ず返さなければならないものですが、万が一返せなくても方法はいろいろあるのです。

 

事態が急に変わって・・・というような虫の良い話はありえませんが、生きていれば、良いことも向こうからやってきます。

 

とにかくマイナス思考になりがちな頭を、プラス思考に変えるように努力しましょう。

債務整理という道も残されていますし。

 

ただ、この債務整理をするにも気力が必要になってきますから、うつ病になってしまったりすると、難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

その場合は、まず借金無料相談会のようなところから始めるのが良いと思いますよ。

 

または、「法テラス」で相談するのです。

 

ここでは、3回まで弁護士が無料で相談に乗ってくれるので、どの債務整理方法が良いか?じっくりと探せます。

 

債務整理を弁護士に頼むことになっても、最低限の費用で受けてもらえますし、月々の支払額も数千円からなので、なんとか払えるのではないでしょうか?

 

すでに生活保護を受給している場合は、弁護士費用も無料になるので、助かりますね。

 

借金さえ無くなればうつ病が治る、なんて簡単なものではないですが、少なくとも今よりは状況は良くなると思います。

 

治療費に関しても、お金が無ければ「無料低額診療」を利用することもできるのです。

 

対応している病院などの医療機関は、ネットでも簡単に探せますから、「お金が無いから」と放置しないで、受診するところから、未来が見えてくるはず。

 

まずは治療を続けながら、お金の問題も解決していけば、「死ぬしか無い」と思いつめることも無くなるのではないでしょうか?


こんな記事も読まれています
2018.09.26 Wednesday|-|-|-|-

家族に内緒で債務整理をする方法は?借金で離婚?

JUGEMテーマ:借金地獄


債務整理も、うちのように自営業の業績が悪化して、いわば一家で債務整理ということになった場合は良いのですが、夫に内緒でまたは妻に内緒で借金を重ねていた場合、とても困ることになりますね。

特に専業主婦の方が、夫に内緒で借金をしていたということが多いみたいで、総量規制後は夫の収入証明書がないと、専業主婦の方がお金を借りたりクレジットカードを作ったりできなくなったために、慌てているケースも目立ちます。

最近は収入証明書が要らないクレジットカードも増えていますが・・・

確かに、「お金の問題」ってかなりデリケートですから、いくら夫と言えども、「借金している」なんていうことは言えないものですよね。

下手をすると、離婚の原因にも成りかねませんから。

夫婦喧嘩

妻が夫に内緒で借金をする場合、以前は高級ブランド品などをクレジットカードのローンで支払っていたケースが多かったようですが、今は「夫の収入だけでは暮らしていけなくて」という理由が多いみたいです。

不況の波が一般市民の生活レベルをガクっと落としてしまったと言う感じですね。

だけど、いくら夫の収入が少なくても、「しっかりやり繰りすれば、暮らしていけるはず」という、妻の内助の功を期待する考え方が、日本ではまだはびこっているわけで。

それゆえ、「夫の収入では生活費が足りなくて」ということは、言い辛いところがあるんですよね。

確かに、借金を重ねる人は、私も含めて「やり繰り下手」ということが言えるかもしれません。

ただ、そんな自分や、借金を重ねてしまった自分に嫌気がさしたり、すべてのことに自信がなくなって、「うつ」状態になる人もいるんですよね。

借金体質のリハビリ」はなかなかひとりでは難しいと思います。

スポンサードリンク

 


実態は違っても、パチンコやギャンブル依存症とある意味同じですから。

で、そういった方が、家族に内緒で債務整理ができるのかどうか、というとケースバイケースですが、出来ると思います。

弁護士さんや司法書士の方からの電話連絡は携帯にしてもらい、郵便物は事務所まで取りに行くか、どうしても郵送しなければならない場合は差出人を無記名にしてもらうとか。

だいたい、何か問題が無い限り、そう頻繁に連絡が来ることはありませんし、何かあれば面談の時に言ってくれますので、家族に内緒にすることは可能でしょう。

ただし、その事務所の方針や担当の方の判断で、受け入れてもらえないこともあります。

 

まあ、債務整理の手続きが始まって、しばらく経ってから、あるクレジットカード会社から裁判をおこされたことがあるので、その場合は郵便物でバレてしまいます。

 

ものすごく分厚い封筒が郵送されてきましたから。

借金と立ち向かうには、家族の協力が必要ですよ。」と言われたことがあるのですが、確かに、自分ひとりで孤独に闘うのには限界があるんですよね。

特に闇金融がらみの時なんかは、「ひとりでなんとかしよう」と思わない方が良いです。

いずれにしても、まずは相談ですね。

ひとりで悩んでいても、一歩も前には進みませんから。

 


こんな記事も読まれています
2018.08.25 Saturday|-|-|-|-
Copyright © 債務整理を体験して | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます