スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 普通の主婦がおちいった借金地獄は壮絶だった
Page: 2/56  << >>

普通の主婦がおちいった借金地獄は壮絶だった

JUGEMテーマ:借金地獄

 

この間、債務整理の相談で、意外と多いのが「生活費が足りなくてお金を借りたのが借金の始まり」だと書きました。

 

これを聞いた時に「やっぱりね」と思うか「へぇー?もっと特別な事情がある人が多いのかと思った」と感じるのか?

 

人それぞれで、今の生活や感じ方によっても違うのでしょうが、借金地獄を経験したかどうか?にもよると思います。

 

一度でも借金苦におちいった経験をしていたら、「そんなにお金を借りた感覚が無くても、あっという間に増えてしまう」ということがわかるんですね。

 

これから書くのは、生活費が足りなくて、カードローンでお金を借りた主婦の方がどうなったか?です。

 

生活費が足りなくてお金を借りた主婦

 

「最初は、今月のお給料が少なかったから、止む無くカードローンで借りたけど、すぐに返せる金額だった」というのですが、旦那さんの勤め先が傾きかけて、お給料が少ない月が続き、返済をしながらも、また新しいところから借りる日々が続いたとのこと。

 

奥さんもパート勤めをしていたため、「このくらいなら、月々の生活費を切り詰めればなんとかなく」と思っていたのです。

 

だけど、考えが甘かった。

 

食品偽装問題で揺れる中、パートで働いていた工場も偽装疑惑が浮上して、あえなく閉鎖されることに。

 

すぐに他のパートを探している時に、あろうことか、二人目の妊娠がわかったのです。

 

正直、その時は、嬉しいよりも困ったという気持ちの方が大きく、今思うと「次女に悪いことをしたな」と。

 

ただ、当時は、借金をどうするか?ということで頭の中がいっぱいだったので、新しい命の誕生を素直に喜べなかったそうです。

 

そうこうしているうちに、月々の返済額は10万円前後となり、とても主婦が一人で返済できる金額ではなく、自転車操業とはよく言ったもので、10万円の返済額のために、新たな借金までしていたのです。

 

スポンサーリンク

 

 

旦那さんにもなかなか言い出せずに、借金苦と戦う日々でしたが、子供のためにもこれだはいけないと、ある日意を決して弁護士事務所の戸を叩いたということ。

 

弁護士事務所では、借金の清算方法として一通りの債務整理の説明を受けましたが、ついに自己破産という言葉が弁護士の口から出てきた時は、奈落の底に突き落とされたような気分になり、自暴自棄になりかけたんですね。

 

一時は、「生まれてきても不幸になる」と思い、流産するような危険な行動を何度も取ったとか、「親子もろとも居なくなってしまえば・・・」なんていうところまで行ってしまったのです。

 

それでも、まだ見ぬ我が子のことを考えると、「とにかく生きなければ」と決意を新たにしたと言いますから、結局は子供に助けられたのでしょう。

 

家に帰って、旦那さんとも冷静に話し合った結果、「僕が気がついてやれなくて悪かった」とまで言ってくれて、「生まれてくる子と長女のためにも、一からやり直そう」と。

 

一度奈落の底まで落ちてしまうと、気持ちは楽になるもので、その上、ひとりで悩んでいた借金問題も、夫婦で解決できることになったのは大きいですね。

 

この方の場合、過払い金の返還も多少見込まれたので、結局は自己破産せずに任意整理で手続きをすることになったそうです。

 

書類作成の最中に、弁護士の先生から「もうクレジツトカードは使えませんから、この場でハサミを入れて使えなくしましょう」と言われた時には、「やっと借金苦から抜け出せる」と安堵したということ。

 

このように、普通の主婦が数百万円の借金を抱えることが、珍しいことではなくなったんだなー、と思うと、簡単にお金を借りられるのは怖いことでもあるんだと、誰もが認識するべきなのかもしれませんね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理費用が無ければ分割払いもできます

債務整理費用が無ければ分割払いもできます

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になってしまって債務整理を考えはじめても「債務整理をするとどうなってしまうのか?」「自己破産なんてしたら、子どもや孫の代まで影響するのでは?」と思い躊躇してしまいますよね。

 

私もそうでした。

 

特に自己破産なんてすると、「一族の恥」とまで思っていました。(一族というほどの家系ではないですが・・・)

 

大家族-債務整理体験談

 

だけど、実際は、生活自体はほとんど変わりません。

 

ただ、気持ち的に「借金を踏み倒してしまった」という自責の念にかられることはあります。

 

と言いますか、常にそういった気持ちはあります。

 

「勝ち組」「負け組み」で言うと、一生「負け組み」だと思ってしまいます。

 

それでも、アメリカでは自己破産しても大統領にまで上り詰めた人が居るように、日本でも自己破産した人が、実業家として大成功を修めたりということがあります。

 

くじけそうになったら、こういったことを思い浮かべるのがいいですね。

 

実際、「大金持ち」になるのは無理でも、努力によってなんとか「平和な家庭」を取り戻すことは可能なのです。

 

年を取ってから自己破産をされた方がいらっしゃるのですが、その時は「もうこれで人生は終わった」とまで思ったそうです。

 

それでも、子どもやお孫さんの顔を思い浮かべて清掃などの仕事をし、ゼロからなんとか暮らしていけるまでになったということ。

 

今では、お孫さんと一緒に穏やかに暮らしているということなので、良かったですよね。

 

とにかく、借金を増やしてしまった自分を責める気持ちはよくわかりますが、過去は取り戻せません。

 

それだったら、何とか少しでも前に進めるように、債務整理を選ぶということも考えてみてください。

 

何度も書いていますが、債務整理は自分ひとりでも手続きをすることは可能です。

 

確か、ネットで調べればそういった情報も出てきますし、費用もそんなにかかりません。

 

ただ、やはり時間と根気は必要になってきますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

でも、弁護士や司法書士のような専門家の方に頼んだ場合、いくらかかるかわからない、お金がないから頼めない、と言う方。

 

分割で支払うことも可能です。

 

最低で月々5,000円くらいからというところでしょうか?

 

これは、頼む事務所によって差がありますので何とも言えませんが、今は分割払いに対応してくれる法律事務所も多いです。

 

また、法テラスで相談すれば、債務整理費用を立て替えてもらうこともできます。

 

民事法律扶助制度を利用すれば、本人の収入次第では債務整理費用を安くしてもらうことも。

 

審査のための面談などもありますが、提携している法律事務所なら、逆に法テラスを紹介してくれることもあり、面談にも立ち会ってもらえます。

 

先に法テラスに債務整理の相談をした場合、弁護士を紹介してくれる制度もあるので、頼りになりますね。

 

立て替えてもらった費用は月々5,000円くらいの分割払いで返すことになります。(かかる債務整理費用によって金額が違うこともあります。)

 

とりあえずは、一歩進みましょう。

 

追記:法テラスで弁護士を紹介してもらった場合、唯一の欠点は、「弁護士が決まって、債権者に受任通知を出すまでの間は、取り立ての電話がかかってくる」ということです。

 

それがネックだと思うのでしたら、法テラスと契約している法律事務所を探して、先に依頼する方が良いでしょう。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理の無料相談に持って行くものは?債権者一覧表とは?

債務整理の無料相談に持って行くものは?債権者一覧表とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になってから債務整理を決心するまでというのは、人生でもう二度と経験したくないような辛い期間です。

 

とは言え、そのままにしておいても、後戻りするだけで事態は悪くなるばかり。

 

どこかで見切りをつける必要があるのですが、借金額が増えれば増えるほど、行動は遅くなるのは仕方のないこと。

 

ある日突然「じゃあ、今日相談に行こう!」とはならないものなので、事前にネットでいろいろな情報を仕入れておくのもひとつの方法です。

 

検索すると、高い確率で、実際に債務整理の無料相談を受けた方の体験談などが見つかるので、なるべく具体的な内容が書かれた文章を読むようにしましょう。

 

ネットで自己破産について検索する

 

中には、「自己破産したはいいけど、不幸になった。」なんていうネガティブなものもあるので、自分自身を鼓舞するためにも、なるべくポジティブにとらえている体験談を選ぶことが肝心です。

 

ではどこで相談すれば良いのでしょう?

 

手っ取り早いのは、市の広報などに載っている「法律無料相談」や「借金トラブル相談会」に参加すること。

 

私も、とっかかりはそうだったのですが、何も知らない状態で法律事務所に電話をするなんて、なかなかできることではありません。

 

もし、身近な人に相談できて、法律事務所を紹介してくれるということがあれば別ですが、何らかの形で開催されている無料相談会を利用するのが、入り口としては入りやすいのではないか?と思います。

 

他には

 

◯法テラスで相談する

 

収入制限があり、民事法律扶助制度が利用できるかどうかによって相談を受けてくれないこともありますが、国が設置している法律窓口なので相談しやすい

 

◯日本弁護士連合会が行っている法律相談を利用する

 

有料(30分5,000円くらい)である場合が多いが、ネットで予約できるところもあり、担当弁護士を紹介してくれることも

 

などがあります。

 

「市役所主催だと、近所の方に見られるかもしれない」というのであれば、こういったところを利用する方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

次に、無料相談会に持って行くものは?ということなのですが

 

◯身分証明書(顔写真付きを求められることが多い)

 

◯給与明細や現在の収入金額がわかるもの

 

◯預金通帳など

 

◯車や家を所有している場合、登記簿謄本や車検証など

 

◯借金やローンの督促状や差し押さえ通知書など

 

で、一番重要なのが

 

◯債権者一覧表

 

なのです。

 

とにかく、どこからいくら借金をしているか?いつから借りているか?支払状況は?ということが、ひと目でわかるように表にして持参していくと、話も早いというもの。

 

「とにかく借入先が多くて、表にするのに時間がかかる」という場合には、借入先と借入金額だけを書いた紙を持参して、後は貸金業者から郵送された請求書や領収書(最新のもの)を用意していく、ということでも良いでしょう。

 

ただ、ここで問題なのが、「書類がどこかに行ってしまって見つからない」というケース。

 

「お金を借りているのに、そんな馬鹿な」と思うでしょう?

 

多重債務にまでなってしまうと、どこからいくら借りているか?がわからなくなるだけでなく、書類の類がぐちゃぐちゃになって、もう何をどこにしまったか?でさえわからなくなることも。

 

だけど、最悪書類が見つからなくても、債権者の名前さえわかっていれば、弁護士側で取引履歴を取り寄せることはできるので、「書類を無くしたから債務整理できない」とはなりません。

 

それに、最初の借金相談では、これらの書類が揃わなくても問題無いことの方が多いので、とにかくだいたいの借金総額と借りている先の名称がわかれば大丈夫です。

 

まずは、「相談する」という第一歩を踏み出すことが大切なんですよね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して