スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 幸せはお金で買える?多重債務になってわかること
Page: 2/51  << >>

幸せはお金で買える?多重債務になってわかること

JUGEMテーマ:借金地獄

 

幸せをお金で買う」5つの授業 (中経出版)という本があるのですが・・・

 

多重債務になって初めてわかるお金のありがたみ、ということを踏まえて読むと、余計胸に刺さりますね。

 

要するに、「お金の使い方を替えると、幸せになれる」ということなんです。

 

「物欲に走るな」というのはよくわかりますが、一度借金に追われる生活をすると、物欲というより「食べるものを買う」とか「公共料金の支払をする」という消費活動だけでいっぱいいっぱいで。

 

でも、確かに、そんな生活では先が見えているというか、向上しないんですよ。

 

「お金さえあれば」そう思って生活している人が大部分だけど、だからこそ、「お金の使い方」についても考える必要があるということ。

 

ただまあ、結局今の「お金の無い状態」になったのは、自分のせいなわけで、ということは、「お金さえあれば」と思う人は、たとえお金があっても幸せにはなれないものなのかもしれません。

 

今現在、お金に困っていて、家賃を滞納したり税金や公共料金が払えなくなった人にとって、お金はのどから手が出るほど欲しいもので、お金さえあれば暮らし向きは楽になるでしょう。

 

喉から手が出るほどお金がほしい

 

でも「幸せか?」と聞かれれば微妙な気もします。

 

どうして借金を作ってしまったのか?」ということが大きな問題だから。

 

浪費して作ってしまったのだったら、浪費癖を直さない限り幸せにはならないし、事業に失敗したのなら、もう一度チャレンジする気持ちと周到な計画がなければ、また失敗する可能性は高い。

 

ということは、借金でお金に困っている人にとっては、現金よりもお金を生み出す能力を身につけることが大切なのかもしれません。

 

貧困にあえいでいる人には、お金を渡すのではなく「稼ぎ方」を教えた方が良い、ということなんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

この本で言うと、「お金は経験をするために使うことが大事」という部分なんですが、経験値を積まないと、いくら経っても成長しないのが人間なんです。

 

だから、自分のために役立つ「何か」を経験するためのお金はいとわない、ことが大切なんだ、と。

 

消費生活もままならないうちから、経験や知識を得るためにお金を使うのは非常に勇気の要ることですが、長い目で見れば、自分のためになること。

 

何も大金をつぎ込む必要は無く、少しづつでも消費以外にお金を回す癖をつけるようにすれば良いのかな?と勝手に解釈してしまいました。

 

お金はあればあっただけ幸せになれる、なんて錯覚してしまう位、借金生活はお金に対する考え方を単純化してしまいます。

 

結局、お金に対して常に冷静で、今お金があることに感謝しつつうまく回しながら生活していく。

 

その上で、少しでも生活が安定してより良くなるような使い道を考える、ということが幸せにつながるのかな、と思いますね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理したら幸せになってはいけない?

債務整理したら幸せになってはいけない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理すると不幸になる」ということでは決してありませんが、概して「最悪の手段」とされるのも債務整理ですよね。

 

特に自己破産なんてしようものなら、「人生終わり」という烙印を押されそう。

 

当然、そういった社会的風潮もありますが、それでも「幸せ」にはなれるのです。

 

幸せな家族-債務整理体験談

 

多重債務から債務整理と、あまりにもお金に縛られ、お金に困った生活を続けていると、何となく人格までゆがんでしまったような気がします。

 

そして、楽しいことや嬉しいことを封印してしまうのです。

 

債務整理さえすれば幸せになれるとは言いませんが、今までの生活を反省してきちんと立て直し、必要最低限の生活費を得て、ほんの少しの楽しみを満喫する、というのは「許される」ことなのではないでしょうか。

 

いや、もっと言えば、「億万長者になる」なんていう夢を見たって良いんですよ。

 

どうしてこんなことを書くのか?

 

私自身も経験していることなのでわかるのですが、多重債務になったり債務整理をしたりした人間は、もうその時点で「終わっている」ような気がして、自分自身を否定してしまうのです。

 

借金苦から「うつ病」になつてしまう人が多いのも、こういった経験が病気の引き金になるのかもしれません。

 

私も、寝ている時に何度もうなされたり、ちょっと良いことがあったら、「絶対にまた悪いことが起こるはず」と決め付けて、素直に喜べず、「自分がそんなに良い目に会うわけが無い」と思ってしまう。

 

趣味で行っていたこともする気が起こらず、楽しいこともすべて封印。

 

お金が無いということもありますが、少し余裕ができても「旅行に行く」なんていう考えは起こらないのです。

 

これでは、「うつ病」になっても仕方が無いですよね。

 

債務整理をしても、幸せになっていいんです。

 

スポンサーリンク

 

 

確かに、債務整理することでいろいろな方に迷惑をかけるわけですが、だからと言って、その後精神的に病んでしまっても、誰も喜びませんから。

 

債務整理をしたからには、「新たなスタート」と割り切って、初心に戻って一から頑張りましょう。

 

きちんと支払うべきものは支払い、自分の収入の範囲で楽しむ分には、誰からも文句は言われないのです。

 

稼げるようになれば、困っている人に寄付するなんていうこともできますよね。

 

お金は、生きていく上で必要なものですが、お金の使い方に失敗したからって、人生すべてに失敗したわけじゃないということは、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

なんて、自分自身にも言い聞かせているのですが・・・

 

決して「無理して笑おう」と言っているのではなく、泣きたい時には泣いた方が良いのですが、それでも「明日がある」と思っていないと生きていけないですよね。

 

家族を幸せにするためには、まず自分が楽しく生きなければ始まりませんから。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理をするとどうなってしまうのか考えただけで怖くなる?

債務整理をするとどうなってしまうのか考えただけで怖くなる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理をしたらどうなるのか?」ということは、ほとんどの多重債務者の方が気になるところでしょう。

 

多重債務から逃れたい、借金返済から逃れたい、1日でも早く元の生活に戻りたいなどなど・・・

 

ということで債務整理を決断するのですが、なかなか債務整理後の生活のイメージが沸かないのです。

 

特に「自己破産するしかない」と思われる方は、「人生の最終地点」が自己破産だと思ってしまうでしょう。

 

つまり、この世の終わり、ということ。

 

私もそう思っていました。

 

返せるうちは頑張ろう、と。

 

だけど、ひとりで稼げる金額というのは、やはり決まっています。

 

自営業者や起業をしている方は、すごく儲かる時期があるのですが、稼げない時もある。

 

儲け話-債務整理体験談

 

結局はトータルすると一生のうちで稼げる金額というのは、そう変わらないのではないか、と思えるんですね。(大金持ちは別として)

 

だから、夢を持っても無駄、ということではありません。

 

今、稼げていない人は、その分、これから稼げる確率が高いと思って頑張る、というのは大事なこと。

 

だけど、一般的な所得金額から考えて、明らかに「返せないでしょ」というような金額、(例えば20万円のお給料なのに10万円以上が借金返済にまわるというような・・・)になった場合は、債務整理を考えた方がいいです。

 

それでも返そうとすると、借りては返しの泥沼に入り込んでしまいますから、簡単には出られなくなってしまうんです。

 

債務整理も、精神的にかなりきつい部分もありますが、傷が浅いうちになんとかすれば、やり直すにも時間がそうかからなかったりします。

 

まあ、自己破産や債務整理についての悪い噂ばかりが目に付きますから、怖くなるのは当然のこと。

 

それでも、実際に任意整理をした立場から言わせていただければ、「多重債務の時に考えていた状況よりは穏やかに普通に暮らせる」ということです。

 

結局は、任意整理でもたとえ自己破産になっても、自分から吹聴しない限り、誰かに知られるということはほとんど無いのです。

 

だから、「現金のみの生活でひっそり」暮らしている分には、誰からもとがめられず、後ろ指刺されることなく生活していけるのです。

 

ただ、この「現金のみで」というところ、文章でサラッと書けばたいしたことがないように思えますが、現代社会において、クレジットカードも持てず、ローンも組めない生活というのは、本当に大変なことが多いです。

 

スポンサーリンク

 

 

生活に困らないだけの収入があるのなら別ですが、ほとんど「何もない状態」で望む債務整理ですから、その後の生活も苦しくなかなか立ち直る機会が得られない、というのが実情でしょう。

 

だけど、それもまた借金を抱えてしまったことに対する試練と考え、自分で何とかするしかありません。

 

債務整理後も必要なのは、やっぱり「お金」です。

 

お金が無いと何もできないし動けません。

 

やはり「稼ぐ力」を身に付けるしかないですね。

 

稼ぐ力さえ付ければ、多重債務生活から一気に借金を返して、今では月収100万円以上という方もいらっしゃいます。

 

羨ましい限りですが、それだけ努力を重ね戦略を練り、試行錯誤を繰り返せば実現することも不可能ではない、と考えると勇気が湧きます。

 

債務整理をするかしないかということよりも、「今の生活に見切りをつけて、新しいスタートをどれだけ早くきれるか?」ということにかかっている、と言えるでしょう。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して