スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理後でも組めるカーローンがある?
Page: 2/53  << >>

債務整理後でも組めるカーローンがある?

JUGEMテーマ:借金返済
 
債務整理後でもカーローンは組めるのか?」ということですが、原則としては組めないですよね。
ただ、車を購入するなんて一昔前には贅沢なことでしたが、田舎に住んでいると車がないと仕事にも行けないのです。

逆に、都内にお住まいで生活にゆとりのある方の方が、「駐車料金がばか高いし、維持費もかかるから」と言う理由で手放していらっしゃったり。

今は「どうしても車が必要」な人が所有している割合が高いと思うんです。

 
だけど、債務整理後していると「ローンで物を購入できない」ですから、カーローンも組めない。



債務整理までして、今さら「ローンで何かを購入しようと思うな」と言われそうですが、どうしても必要なものも出てくるわけです。

債務整理しても生活していかなくてはならないわけですから。

例えば、家電が壊れたなんていう場合も、「無くても不便だけど、なんとかなるもの」と「無いと生活していけないもの」がありますよね。

最悪、洗濯機が壊れても手で洗えますが、冷蔵庫が壊れたら?

すぐに買い物に行ける様な生活地域ならいいけれど、買い物も不便なところに住んでいたら、まず無理でしょう。

あとは、寒さ暑さに関係するものですね。

スポンサーリンク

 


一時、「クーラーは生活保護者世帯には贅沢」なんていう話も昔はありましたが、昨今のような猛暑では、しかも高齢者や小さい子どもが居る世帯では、命に関わる問題なのです。

実際に、クーラーがなくて、とか、電気を止められていて、と言う理由で、熱中症で亡くなった方もいらっしゃいますよね。

寒さについても同じで、ストーブや暖房器具が壊れてしまったら、もうどうしようもありませんから。

他に、多重債務時代に困ったのが、車の故障です。

一度、だましだまし乗っていた中古車が、途中でどうにも動かなくなり、結局そのまま廃車になってしまったことがあります。

車がないと生活していけない地域に住んでいますから、仕事にも行けなくて、本当に困りました。

そんな時に、自社ローンが組める中古車屋さんにお世話になったのですが・・・

今ではその自社ローンも辞められています。

理由は「あまりにも途中で支払いが滞る人が多いから」らしいです。

でも、今でも自社ローンを組めるところやブラックでも大丈夫というところもあるので、当たってみるのもひとつの方法ですね。

ただし、「ブラックでもOK」というのをやたらと強調しているような業者だと、ものすごく高い金利でローンを組まされることもあるので、要注意です。

自社ローンと称して、実はヤミ金融からお金を借りさせられていた、なんていうケースも稀にあるそうなので、気をつけなければいけません。

 

そういった店は、「紹介料」を受け取っていることが多く、そのために執拗に自社ローンをすすめてきたりしますから。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理すると生活はどうなってしまうのか?

債務整理すると生活はどうなってしまうのか?

JUGEMテーマ:借金返済
 
多重債務で、もう債務整理するしかないと思っても、なかなか踏み切れない理由のひとつが「債務整理するとどうなるのか心配で」ということですよね。

私もものすごく心配で、頭の中に浮かぶのは「家の中の家財道具それぞれに、差し押さえの札が貼られる」シーンでした。

さすがに、「今はそんなことはしない」とわかっていても、債務整理特に自己破産のイメージといえば、そういった光景が浮かんでしまいます。

債務整理をすると実際いはどうなるのかと言うと・・・

いきなりどうこうということはありません。

思ったよりも穏やかに暮らせるという感じ。

それでも、弁護士さんのところへは、最初のうちは何度も通いますし、書類を揃えたり銀行口座を過去2年までさかのぼって証明しなければならないので、それなりにすることはあります。

借金の督促」については、ほとんどの金融業者からは無くなりましたが、1社だけ何度か電話がかかってきました。

ただ、「ここで債務整理を始めました」ということで弁護士事務所の電話番号を告げたら、もうかかってこなくはなりましたが・・・

 

 

スポンサードリンク


結局、弁護士事務所や司法書士事務所に依頼した場合は、自分ですることはあまりないので、その点は助かりますね。

だから、その間に「できるだけ収入を確保する」ということに励んだ方が良いかと思います。

うちの場合は、債務整理と共に自営業もほぼダメになってしまいましたから、夫は失業状態になり、ハローワークに通う毎日でした。

この頃から基金訓練の制度があれば、生活費の貸付や給付金など受けられたかもしれないのですが、まだ基金訓練の制度がなかったので、生活は苦しかったですね。

あっ、この基金訓練ですが、求職者支援制度という名称に変わって、内容も結構変わってしまいました。

債務整理と夫の失業

求職中でも給付金が受けられる制度なので、ハローワークに行かれることがあったら、聞いたみた方が良いでしょう。

この制度についても賛否両論ありますので、ご自分の判断で決められることをおすすめします。

話を債務整理後の生活に戻しますと、どこからとも無くかぎつけた「闇金」からのDMが、ほぼ毎日届くようになります。

葉書で、1件普通の金融業社からのDMっぽいのですが、文面を読むと、「ブラックでも審査通ります」とか「○○様に50万円の貸付額をご用意しました」など書いてあるので、すぐにわかるんですよね。

「郵便配達の人は気づいているかも」なんて、ちょっと心配になったりということはありました。



それと、借金は無くなっても生活は依然として苦しいので、「闇金」とわかっていながらも「一度だけ借りて、すぐに返せば」なんて、気持が揺れることもありましたね。

ある程度やり過ごせば来なくなるので、それまでの「我慢」ということになります。

ただ、「これだけDMが来るということは、借りる人もいるんだろうな」なんて思いました。

そんな時には「苦しいのは私だけじゃないんだ」と思い、グッとこらえるしかありません。

債務整理直後は、ものすごく生活が苦しい日々になることもあるので、「ブラックでもすぐにお金を貸します」なんていう言葉に、心が強く揺り動かされることもあります。y

それでも、そこをくぐり抜ければ新しい未来もきっとあるはず、と思って頑張りましょう!

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> リボ払いは危険?多重債務になる前に

リボ払いは危険?多重債務になる前に

JUGEMテーマ:借金返済

 

ついつい借りすぎてしまうローン。

月々数千円と言う言葉に安心して、次から次へと買い物した挙句のローン破綻

 

どうしてなると思いますか?

 

まあ、人それぞれで理由は様々ですが、「リボ払いの落とし穴」というものもありますよね。

 

リボ払いの落とし穴-債務整理体験談

 

例えば10万円もする商品って、なかなかポンッと現金では買えませんが、「リボ払いなら月々5,000円で返せますよ。」と言われたら、「買えるかも」と思ってしまいます。

 

ええ?思わない?

 

しっかりとお金の管理ができて、将来のことも考えられる方は、「眼の前の欲しいもの」よりも、「一体いくら利息を取られるのか?」というところに目が行くでしょう。

 

もともとお金の無い生活をしていると、意外とどんぶり勘定になってしまう、という話は書きましたが、結構そういうところはあるんですよね。

 

いつもお金が無くてケチケチしているから、少しでもまとまったお金が入ると、何かを買ってしまう、とか。

 

だけど、たとえ今現金が10万円以上あったとしても、一回に支払う金額が少ないリボ払いを選んでしまうのが、借金体質の始まりなのかも。

 

今は、売り場で一括払いでクレジットカード決算しても、カード会社にWeb会員登録さえしてあれば、パソコンやスマホで、後でリボ払いに変更できるところも多いです。

 

それも、賢く利用すれば良いのですが、たいていの場合は、「とりあえずすべてリボ払いにしておこう」となって、月々の支払金額のみを把握し、総支払い金額に関しては無頓着になってしまう、ということ。

 

「そんなこと言っても、悪徳業者じゃなく大手銀行のクレジットカードを利用しているのだから、利息って言ってもそんなには取られないでしょう?」と思いますよね。

 

私もそうでした。

 

だけど、例えば20万円の商品を買って、月々5,000円のリボ払いで返した場合、あるクレジットカード会社のシュミレーションによると、3年3ヶ月かかって、総額は約25万円にも上るそうです。

 

まず、3年もかかることに驚きですが、5万円も大きく支払うことになると、その分何か結構高価なものが買えてしまいます。

 

しかも、商品によっては、3年も経てばすでに壊れている、なんていうこともありますよね。

 

パソコンなんかだったら、スペックも古くなっているでしょうし・・・

 

スポンサーリンク

 

 

でもなぜリボ払いがダメなの?ということですが、「月々の支払額をなるべく安く抑えようとするから」というのが理由です。

 

リボ払いの手数料は残高にかかる、という性質を考えれば、月々の支払額を安くすればするほど、残高がなかなか減らずに手数料が増えてしまう、という悪循環になっていました。

 

確かに、月々1万円だと、「ちょっとキツイな」となってしまうのもわかりますが、そのくらいなら、支払う期間も短くて済み、総額も約半分になるんです。

 

考えてみたら、借金返済金額が増えて、手元にお金が無くなると、もう、こういったわかりやすい手数料や利息計算も、放棄してしまう傾向がありました。

 

家電が壊れた時など、「とりあえず、月々の支払金額が少ないローンを選ぼう」としていましたから。

 

そんな繰り返しが多重債務にまで追い込まれた理由のひとつなのかな?とも思います。

 

今支払う金額をケチればケチるほど損をする」という法則は、何もリボ払いだけに限らない、ということも言えますね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して