スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 「借りては返す」の恐ろしさを経験したある女性の体験談
Page: 2/53  << >>

「借りては返す」の恐ろしさを経験したある女性の体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金地獄におちる」とか、「借金まみれ」などなど、お金を借りるということが当たり前の世の中になってもなお、多重債務にまでなってしまうのは、「特別な人」というイメージがあります。

 

私も、実際に任意整理を経験するまではそう思っていました。

 

「普通の主婦でローン地獄におちいる人って、よっぽど精神的にダメージを受けて買い物に走ったりした結果ではないか?」と。

 

だけど、自分で経験したからこそわかるのが、「誰だって借金地獄に落ちる可能性はある」ということ。

 

いや、「誰でも」というのは言い過ぎですが、しっかりとお金の管理をして、計画性を持って買い物したり、自分を律することができる、また突発的な出来事にも動じない強い心を持っている人。

 

そんな方なら、大丈夫でしょう。

 

ただ、「そういう人間にならないと回避できない」と思うより、「自分もいつ借金まみれになるかもしれないから、お金のことについて学び、管理できるようにしておかなければ」と危機感を持っていたほうが良いと思います。

 

少なくとも、私が一番後悔しているのは、「自分だけは大丈夫」という根拠のない自信があったがために、「借りては返す」の悪循環に陥っていたことです。

 

ローン地獄-債務整理体験談

 

ここで、私と同じような経験をされた方の体験談を書きますね。

 

"借りたものは返すのが当たり前とばかりに、カードローンの返済を他所からの借り入れで賄い、そんな自転車操業を繰り返しているうちに気がつけば負債総額が240万円にも。

 

月々の返済額は10万円前後となり、とても主婦が一人で返済できる金額ではなくなっていました。

 

まだ数十万円の借金であれば、主人に打ち明けることもできるけど、何故、こんなに借金まみれになるまで相談しなかったのかと悔みました。

 

既に金額が大きすぎたのです。

 

借金を打ち明けたところで、主人に立て替える資力がないことは分かっていましたので、本来は私が負わなければならない返済の苦しみを主人に一方的に味合わせるだけになるので、こうなってしまっては何もかも手遅れでした。

 

それでも何とかしたい、何とか自分の人生を取り戻したい一心で弁護士に相談。

 

弁護士事務所に伺い、借金の清算方法として一通りの債務整理の説明を受けたのですが・・・

 

その説明の途中、自己破産という言葉が弁護士の口から出てきた時は、「ついにこんな所まで来てしまった」という気持ちで、まるで弁護士事務所の一室が奈落の底のように感じました。

 

スポンサーリンク

 

 

そして説明が終わる頃には、「私は自己破産するんだ、させられるんだ」という恐怖で顔がこわばってしまったほど。

 

実際に、弁護士から提案された私の債務整理の手段は、任意整理というものでしたが、その時の恐怖は未だに覚えています。

 

その提案が何であれ、私はもう弁護士にすがるしかなく、半ば私の責任を押し付けるようにその場で債務整理を依頼しました。

 

そして書類作成をしながら、弁護士の先生に「じゃあ、もうクレジツトカードは使えませんからハサミを入れて使えなくしましょうか」と促された時、はじめて債務整理という形で自分の借金生活、いや借金まみれの人生にピリオドを打てたような気がしました。

 

クレジットカードにハサミを入れた時の感触は、任意整理の支払いが残り半分となった今も忘れられない苦い記憶です。"

 

ということ。

 

この経験談のように、特に贅沢をしたとかでなくても、「借りては返す」を繰り返していれば、借金総額240万円という金額になるのは、あっと言う間なのです。

 

いくらグレー金利が廃止になったとはいえ、通常は10%以上の金利がかかるのですから。

 

それに、今話題になっているカードローンだと、結構主婦でも貸してくれたりしますよね。

 

最初は気軽な気持ちで借りて、そのうち借り入れ枠が増えたら、だんだん気が大きくなって借りてしまう。

 

返せなくなっていることに気がついた時には、もう後戻りできない、という図式です。

 

この体験談を他人事と思うか、誰にでも起こりうることと思うかで、同じ道をたどってしまう可能性が相当違ってくると思いますよ。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 借金依存症の恐怖?多重債務だと気づいたら

借金依存症の恐怖?多重債務だと気づいたら

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金依存症になってしまったら?

 

一時クレジットカード破産が問題になった時に、買い物依存症の人がはまりやすいと言われていました。

 

本当に「病気だ」と診断するのは難しいと思いますが、消費者金融数社から借り入れをしていて、はっきりとどこにいくら借りているかも把握していない場合、すでに借金依存症になっていると思います。

 

私も多重債務時代は、そうだったと思えますから。

 

ただ、薬物の常習性と違って、まだ自分で判断はできます。

 

前者の方は、例えば誰かに逆恨みされて、故意に飲み物などに混ぜられたとした場合、それを何度も繰り返したとしましょう。

 

本人も気が付かないうちに常習者となり、悪化すれば自分の感情すらコントロールできなくなるそうです。

 

借金依存症も病気?

 

愛情も感じられなくなるとか。

 

怖いですよね。

 

周りの人や家族が、心配して病院に入院するように何度言っても、「自分は大丈夫だから」と頑固に繰り返すようになったり、中には暴力をふるう場合も。

 

借金の常習性も怖いですが、これは誰にされたものでもありません。

 

親の借金を背負う場合もありますが、その場合は、本人に借金癖が無いことが多いので、例えば親の借金のために本人が消費者金融から借り入れすることになっても、お金を借りずにいられないという状況にはなりにくいものです。

 

誰かが勝手にクレジットカードを利用したとしても、それだけで破滅に追い込まれるようなことはないですよね。

 

クレジットカードを使って買い物をするのも、消費者金融から借金を重ねるのも、すべて自分の意志なのです。

 

中には、お金があるにもかかわらず病的に繰り返すという方がいらっしゃるかもしれません。

 

それが本当の借金依存症ですね。

 

ただ、たいていの方はお金の問題が解決すればお金を借りることも無くなります。

 

問題はそこなのですが、多重債務に一度陥ってしまうと、お金を借りることに慣れてしまうのです。

 

お金が無くなれば借りればいい」という安易な考えが、頭の中を支配することになります。

 

スポンサーリンク

 


例えば、今月10万円の収入しかないのに、月々の借金返済額が5万円あるとします。

 

本来なら、差し引き5万円で生活しなければならないのに、不足分をどこかで借りようとするのです。

 

これには、「5万円では家族が飢えてしまう。公共料金も支払えない」という大義名分があるのですが、もしそこで10万円の借り入れができたとしたら?

 

多重債務者と言われている人のほとんどは、「収入が増えた」ような錯覚に陥ってしまうでしょう、

 

頭では「借金まみれ」ということはわかっていても、手元に20万円あるという事実の方が勝ってしまうのです。

 

もうこの時点で、立派な病気ですよね。

 

立ち直るにはカウンセリングを受けた方が良いレベルなのですが、幸い、まだ自分で立ち直れる余地はあります。

 

お金を借りなければ良いのですから。

 

いや、最悪借りたとしても、「どうしても返すんだ」という強い意志を持つこと。

 

それから、「まだやり直せる」という気持ちも必要です。

 

どうしても借金金額が多額になってしまうと、「もうだめだ」とか「身の破滅だ」と思ってしまいます。

 

そこでやけっぱちになってしまったら、もう前には進めません。

 

債務整理を決心するにしても、「もう一度人生を一からやり直すんだ」くらいの気持ちでいないと、結局また元の木阿弥に。

 

とにかく、「お金を借りる」から「少しでもお金を作る」という意識に変えない限り、そこから動けなくなりますよ。
 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理後に入院?お金はどうするの?

債務整理後に入院?お金はどうするの?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理後の生活というのは、闇に閉ざされた世界のように暗く苦しいイメージがあります。

 

それは半分本当で半分は違うと言えるでしょう。

 

昔はともかく、今は意外と普通に生活できると感じるのではないでしょうか?

 

だけど、内面的な葛藤と生活の苦しさはついて回ります。

 

真面目な人ほど、「借金を返せなかった」という後悔の念と格闘することになるでしょう。

 

精神的なダメージも放っておけない問題ですが、一番のダメージがほとんどの債務整理者が生活が困難なこと。

 

債務整理をすると、クレジットカードを所持したり分割で買い物することはできなくなります。

 

自業自得で仕方のないことなのですが、債務整理をしてもやっぱりクレジットカードは持ちたい、ローンで商品を購入したいというのが本当のところでしょう。

 

実際にクレジットカードが無くても生活されている方は多いですが、金銭的に余裕のある方がほとんどのような気がします。


結局、クレジットカードとかローンというのは、「欲しくてもお金が無い」と言う人のための救済措置として生まれたという見方もあると思うんですよ。


「今手元に10万円は無いけれど、月々1万円づつなら返せそう」ということなんです。


だけど、分割にすれば利息が付いて、結局はかなり高い買い物にはなる、それでも「今手元に商品が入る」ということを優先すれば、ローンを使いますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

まあ、最初は生活にどうしても必要なものだけを購入していたのが、「月々5,000円で頭金なしで手に入ります」なんて宣伝文句につられて、購入する場合もあるでしょう。


現代生活自体が、「ローン」や「クレジット」なしでは成り立たなくなっているんだと思います。


ただ、それでどんどん使い過ぎて、多重債務者になってしまうというのは、自業自得と言われても仕方のないこと。


だから、債務整理という最終手段を使ってしまった人への罰則としても、「ローンやクレジットカードの使用は、最低数年間はできませんよ」というのも納得できます。


納得はできるのですが、やはり「どうしても生活して行く中で必要なものさえ、手に入らなくなる」ということがあります。


そうなると、とても「生活の立て直し」どころではなくなるんですよね。

 

一度多重債務や債務整理を経験すれば、「ローンやクレジットを利用する」ということには、慎重になるのは当たり前のことで、ほとんどの方がぜいたく品を買おうとは思わないでしょう。

 

つましく収入の範囲内で生きていこう、と思うはず。

 

それでも、「突発的な出費」というのは避けられません。

 

私の場合は、債務整理直後に家人が入院したのですが、入院費がなかなか支払えなかったんですよ。

 

しかも危篤状態で、少しでも病院に行くのが遅れていたら、命の保証はなかったとくらいでした。

 

だからこそ、治療費や入院費はすぐに支払いたかったのですが、当時保険にも入ってなかったし、救急搬送されたので支払う金額もかなり高額になっていました。

 

入院費を心配する女性-債務整理体験談

 

もしクレジットカードを持っていたら、クレジットカード会社によっては、分割での支払いができるんですよね。

 

「こんな時にクレジットカードがあったら」と何度も思いました。

 

やはり、できれば、デビットカードのようなものを発行しておいて、ある程度の実績ができた人については、クレジットカードの取得が許されるような仕組みがあればいいですね。

 

「虫の良いことを」と言われるのを承知で書いていますが。

 

今のところ、多重債務でブラックになった人や債務整理後にお金を借りる場合は、ほとんど「闇金融」まがいのところでしか借りられないというのが現状です。


結局は悪徳業者の数を増やすことにもなりかねないと思うんですけど。

 

私の場合は、副業での収入と身内からの借り入れでなんとか支払えましたが、「お金がない時に病気になったら?」ということを考えただけでもゾッとする、という方も多いのではないでしょうか?



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して