借金のある夫に宝くじ高額当選したことは言う?言わない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ネットで見つけたのですが、「宝くじで1,000万円当たったのですが、借金癖のある夫には内緒にしておきたい。でも、今ある200万円の借金は返したいのでどうすればいいと思いますか?」という質問がありました。

 

宝くじで1,000万円当選なんて、そうそうあることではないし、本当に羨ましい話なのですが、そういった事情では、ちゃっちゃっと200万円の借金を返済することはできませんよね。

 

だいたい、ご夫婦ふたりに赤ちゃんが居るご家庭で、もともとは共働きだったのですが、今は奥さんは育児で働けず夫の収入に頼っている状態。

 

赤ちゃんの居る家族-債務整理体験談

 

まあ、専業主婦で小さいお子様が居れば当然のことなのですが、200万円もの借金があれば、「少しでもお金を作りたい」と思いますよね。

 

それで、共働き時代にコツコツ貯めていたお金から、宝くじを買い続けていたということ。

 

「当たらなくても、もし当たったら、家も買えるし子どもの教育費も貯められる」と思っていたそうですが、それが思いもかけずにドーンと高額当選したんですね。

 

なんでも、旦那さんは普通のサラリーマンだそうですが、ギャンブル好き。

 

と言っても、家庭を省みないほどのめり込むのではなく、お小遣いを貯めて使う程度なのだそうですが・・・

 

一度だけ、競馬で大穴を当てたことがあり、調子に乗って大金を注ぎ込んだのだとか。

 

結局外れてしまい、その損を取り戻そうとなんどか挑戦するも負けが続いて、借金が増えてしまった、ということです。

 

借金癖と言っても、今は奥さんがしっかりとお金の管理をしているので、200万円の借金を返してしまえば、借金はゼロになるらしいんですけどね。

 

奥さんとしては、とりあえず200万円の借金をすべて返済して、残りはすべて将来のため貯金に回したいと思っているのですが、夫に言えば反対されそうで、と。

 

スポンサーリンク

 

 

確かに、私だって、突然目の前に1,000万円転がり込んだら、借金を返した残り800万円については、「少しは贅沢しても良いのでは?」と思ってしまいます。

 

ましてや、一度ギャンブルにはまってしまった旦那さんなら、また大金を注ぎ込んでしまうかも、と心配になっても仕方のないこと。

 

回答としては、「実家から200万円借りたことにして借金だけは返し、宝くじに当選したことは黙っていた方が良い」という意見が多かったですね。

 

あとは、「宝くじに当選したことは言ってもいいけど、200万円当選したことにして、あとの800万円は黙って貯金しておく」という意見とか。

 

やっぱり、「正直に旦那さんに言って、その後の使い道についてはじっくり話し合う」という回答はほとんどなかったです。

 

自分ならどうするか?を考えると、「最初は夫に内緒にしておくけど、何かの折にバレてしまうかも」かな?

 

嘘つくのが下手なのと、お金のことって、夫婦間で内緒にしていても、なんとなくバレてしまうと思うんですよ。

 

そうなると、夫婦関係もギクシャクしてしまいますから、それなら最初からきちんと話したほうが良いのでは?と思いますね。

 

ただ、うちの夫も、ギャンブル癖は無いものの、まとまったお金が入ると気が大きくなるタイプなので、老後のことを考えると、黙って貯金しておいた方がいいのかな?

 

悩むところです。

 

なんて、そもそも私は宝くじに当たったことも無いので、ただの想像でしか無いんですけど。

借金を返しているのに全然減らない!どうしたらいいの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

突然ですが、あなたは今、何社から借金をしていますか?

 

ゼロ?もしかしたら5社以上でしょうか?

 

中には、「1社からしか借りてないのに、全然借金が減らないんだよ。毎月きちんと返しているけどね」という方も居るかもしれません。

 

では、借金返済をしているのに、なかなか借金が減らないのは何に原因があるのでしょうか?

 

それは、ズバリ、返済方法に問題があるのです。

 

多重債務者によく見かけるのですが、こんな借り方をしていませんか?

 

●返しても返しても借金が減らないパターン

 

Aさんは、テレビCMでよく見るという理由で、大手消費者金融から、50万円借りました。

 

年利は一般的な実質年率18%なので、そう高くないからすぐにでも返せると思ったのです。

 

月々の支払いも頑張って3万円にしました。

 

借金返済ATMでする-債務整理体験談

 

だけど、Aさんは、毎月3万円返済してもしばらくすると、またキャッシングで2万円を引き出してしまっていたのです。

 

3万円返済すると、2万円借りられる枠ができるので、ラッキーとばかりに引き出してしまったんですよね。

 

そうなると、返したお金は1万円のみということになります。

 

実質、1ヶ月に1万円を返済した場合、すべての借金を払い終えるのに、何ヶ月かかると思いますか?


また、完済した場合の返済額の総額はいくらなるか?を冷静に考えるとゾッとしますよね。

 

だけど、実際にはこのような人が、結構居るのです。

 

3万円でも利息を含めると、完済するのには時間がかかるのに、1万円では先が見えてこないです。
 

こんな時、大雑把に計算して、50万円借りて、月々1万円だから、大体4年とちょっとかなと思ってしまいがちですが、その大雑把さが落とし穴になるのです。

 

計算してみると、完済までには94ヶ月(7年10ヶ月)もかかり、50万の借り入れに対し約93万円も支払わなくてはならないんですよ。

 

びっくりですよね。

 

もうちょっとで倍額の100万円になるんですから。

 

この半分が、本来は支払わなくても良い利息だと思ったら、怖くなってしまいます。


だからと言って、「借金を払っても利息が増えてしまうんだから、いっそ払わないでいたらどうなる?」なんて考えてはいけません。

 

スポンサーリンク

 


●借金を3年間放置してみたらどうなる?

 

恐ろしいことですが、もし、消費者金融会社から借金300万円を借りて、3年間一度も返済しないでいたら一体いくらになるでしょうか?


クレジットカード会社でキャッシングを利用したケース

キャッシング額・・・3,000,000円  金利・・・18%  

 

この条件で3年間放置すると、利息が54万円×3年分=162万円になりますから、合計で462万円を支払わなければならないということ。

 

実際には、滞納途中でなんども督促状が来て、延滞遅延金も発生します。

 

また、滞納中に訴訟を起こされたら、お金を支払うだけでは済まなくなるのです。

 

まあ、よっぽどのツワモノでも無い限り、消費者金融やカードローンで借金をして、3年間1円も支払わないということは無いと思いますが、「支払いたくても支払えない状態」に陥ることは考えられます。

 

なので、キャッシングやカードローンを利用した場合は、「なるべく早く返済する」というのが鉄則です。

 

特に「返済したら借金できる枠が増えた」と喜んで借りてしまうようになったら、すでに多重債務の末期と考え、債務整理も視野に入れることが大切なのです。

 

キャッシング地獄から自分の身を守るには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

キャッシング地獄からあなたを守る方法」というレポートがあるのですが、本当に簡単にお金が借りられる時代だからこそ、正しい知識は必要ですね。

 

中に書かれているのは、「キャッシングの正しい利用方法」とでも言うべき詳細な内容です。

 

最初に「キャッシングを推奨するものではありません」と書かれていますが、この作者の方のポリシーとしては、「安易に借りないようにしましょう」なんですね。

 

安易にキャッシンクしてはダメ

 

私も、このブログでは同じことを言っていますが、それは私が借金で苦労したから。

 

安易に」と言われても、お金が足りないから借りるだけで、遊ぶお金を借りる人は、そんなにいないのかもしれません。

 

それに、「生活をしていれば借りなければいけない場面にも遭遇する」ので、そのためにも「賢くお金を借りるにはどうすれば良いのか?」について考えておきましょう、ということです。

 

これは大事なことですよね。

 

私も、多重債務に陥る前は、ローンで商品を買うことすらためらうような、と言いますか、ローンでは極力ものは買わないようにしていました。

 

自営で収入が安定していなかったということもありますが、やはり「キャッシング」を利用したり、お金を借りたりすることは「悪いこと」だと思っていたから。

 

確かに手元にあるお金の範囲で、物を買ったり消費するに越したことはないのですが、どうしても借りざるを得ない状況時のために、知識だけはあった方がいいですよ、というのはとてもよくわかるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

キャッシングやローンを使わない、という判断は正しいと思いますが、使わなくてもどういう仕組で、どのくらい利息が付いて、いつまでに返せば一番得か?などがわかっていれば、例え借りたとしても、少なくとも借金地獄におちいることは無いでしょう。

 

私の場合は、毛嫌いしていた分、本当に何も知らなかったので、知らず知らずのうちに安易な借り方をしていたのかもしれません。

 

ローンですら、特に高額な商品以外は使わないようにしていたわけですから、「消費者金融に手を出してはオシマイ」というような気持ちがありました。

 

だから、最終的に消費者金融で借りてしまった時点で、もうあまり利息のこととかも考えなくなってしまったような気がします。

 

当時は、まだグレーゾーン金利でお金を貸している業者が多かったので、29%とかで借りていたにも関わらず、です。

 

本当にどうかしていた、としか言いようがありません。

 

とは言え、借金を抱える前から、キャッシングに対する情報を少しでも仕入れていれば?と考えると、後悔しきりです。

 

現在多重債務に陥っている方も、まったくキャッシングに手を出したことがない方も、とりあえず知識だけは入れておいた方が良いかと思いますよ。

 

そう言えば、田舎から都会に働きに出てきた若者が、アルバイト先で先輩が普通にキャッシングしているのを見て、「借りてみようか」と。

 

で、そのうち、「お金って、こんなに簡単に手に入るんだ」という気持ちが強くなり、どんどん借金が増えてしまったとか。

 

なんと、その男性は「お金を借りたら利子が付く」ということすら知らなかったそうなんです。

 

無知というのは、本当に恐ろしいことなんですよ。

 

借金返済の裏ワザ」と言うことではないのですが、どんな借り方をすれば利息が少なく抑えられるか?ということを理解してから借りるだけでも、賢い利用の仕方ができそうですよね。

 

多重債務も、結局はお金に対する知識の欠乏から来るのかな、とも思います。