スポンサーリンク
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 借金返済のための副業は何が良いの?
Page: 2/11  << >>

借金返済のための副業は何が良いの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済のために、ネットでの副業を考えている方も多いと思います。

 

私もかなり救われましたから。

 

だけど、はっきり言って、そんなに生易しいものではないです。

 

よく聞く「10日で10万円」とか、「何もしないで100万円」とかは嘘です。

 

だって、そんなことができるんだったら誰でもするでしょう。

 

まあ、素人が最初に手を出してそこそこ儲かるのが、オークションだと思います。

 

ネットオークション-債務整理体験談

 

だけど、仕入れがネックになってくるんですよね。

 

しかも多重債務で借金を抱えていると、仕入れに回せるお金がなかなか出ない、という。

 

少しでもお金ができたら、借金返済と公共料金などの支払いや生活費に消えてしまいますから。

 

それでも、ほんの少しでも余裕ができたら、消費に使わずに仕入れに回す、という考え方をしていれば、少しづつ利益が出てくるようになります。

 

そうなると、仕入れのコツもつかめてきますから、好循環になりますね。

 

まあ、そこまでの我慢がなかなかできないのが、借金を抱えている身の辛さですが・・・

 

どうしても「早く収入を得たい」とあせってしまいますから。

 

ただ、ここで気をつけて欲しいのは、「少しでも早く儲けたい」と利益だけを追求すること。

 

今、「メルカリ」でも問題になっていますが、「現金を高く出品」したり、「妊娠米と勝手に名前を付けて販売する」などが流行ったことがありますね。

 

「法に触れなければなんでも良い」という考えでは、借金で自暴自棄になって犯罪に手を染める人と何ら変わりません。

 

ライブなどのチケット転売というのもありますが、現に捕まっている人も居るくらいダメなことなんです。

 

矢沢永吉さんのライブでは、すでに解決策が取られたそうですし、今後はもっと厳しくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

どうしても、「すぐに儲かる方法」とかばかり求めてしまうと、悪循環になってしまうばかりか、人生も滅茶苦茶になってしまう可能性だってあるのです。

 

とにかく、最初は副業と言えども修行するような気持ちで取り組めば、「案外うまくいくかも」と思うものです。

 

オークションだけをおすすめするつもりはありませんが、とにかく即金性があるのは事実ですから、とっかかりとしては始めやすいですよね。

 

最初に手にしたお金を元に、今度は自分のやりたいことで起業する、という方法もあります。

 

「どうしたらお客様のニーズに応えられるのか?」

 

ということをまず考えるようにすれば、怪しい副業情報に振り回されることも無いでしょう。

 

ネットの普及で複雑で生きにくい時代になりましたが、基本さえ押さえていれば、ブレることも無いということ。

 

実際に自己破産してしまったり破産寸前まで行った方でも、副業から会社を興して成功されている方もいらっしゃいますが、やはり地道にキャリアを重ねて来られた方が多いです。

 

一回お金で失敗しているからこそ、これからはじっくり腰を据えて頑張らないといけない、と自分にも言い聞かせています。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 借金の時効は借金返済の裏技になる?

借金の時効は借金返済の裏技になる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金は返さなくてはいけないものということはわかっています。

 

借りたものは返す」というのは、小学生でも知っていること。

 

だけど、どうしても返せなくなることが多いのも借金なんですよね。

 

借金を一度でも背負ったことのある人は、お金の重圧に耐えかねるという気持ちがわかるでしょう。

 

お金って、人を幸せにもするし不幸にもするんです。

 

お金がないから不幸になるつていうこもありますが、逆にあり過ぎて不幸になることも。

 

なんて、人生論を語っている場合ではないですね。

 

多重債務になって借金が返せなくなってくると、「このまま返さなかったらどうなるんだろう?」と思います。

 

私も、1,2ヶ月支払いが滞ったこともありましたが、すぐに電話がかかってきました。

 

借金取り立ての電話がかかってきた

 

このまま支払わなければ実家や親戚にも電話が行くかもしれない、とも言われ、怖くなって他のところから借りて返したりしていましたね。

 

そんな時に聞いたのが「借金の時効」という話。

 

借金にも時効ってあるんですね。

 

消費者金融やクレジットカード会社など一般の金融業者で借りた場合は5年だそうです。

 

「じゃあ、5年間雲隠れしていればいいの?」となりそうですが、そんな簡単なものではないんです。

 

たとえ5年間経って時効成立したと思っても、相手方に時効が成立したことを宣言しなければ成り立たないということ。

 

そして、その5年間に一度も返済しなかった事実も必要になるんですよね。

 

借金を返さないでいる人に、一度も督促しない業者なんてあり得ませんから、督促状や督促の電話を無視して暮らさないといけないわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

まあ、普通の人間だと、何年もの間、一度も借金を返済しないで平気な顔して暮らす、ということはできないと思います。

 

だからか、この借金の時効を経験して借金が消滅した、という話はあまり聞いたことがないと思いませんか?

 

多重債務にまでなってしまった方は、自分が使うためのお金をどんどん借りていくのではなく、借金が支払えなくなってその返済のためにまた他のところから借りるケースが多いですよね。

 

そして、雪だるま式に借金が増えてしまい、結局は破産という最悪のパターンになってしまうことがほとんどです。

 

それを考えたら、「返さない」という選択肢もあるのかな?とは思います。

 

少なくとも、1社だけだとしたら、迷惑をかけるところも少なくて済みます。

 

だけど、決して「踏み倒せ」と言っているわけではなく、「借金をして借金を返すくらいなら、督促におびえる方がまだマシ」という考え方もある、ということ。

 

とは言え、実際にこのようなことができる人はごく一部だと思うので、知識として「借金の時効もあるんだ」ということを頭に入れておくくらいしかできないでしょう。

 

本当は、債務整理を考えるべきなのですが、どうしてもできない事情があるケースもあるわけですから。

 

借金の時効を考えるよりは、「いかにしてお金を作って返済するか?」に頭を使うのが一番大事だということは、みなさんわかっているとは思うのですが。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 借金地獄から立ち直るためにキャッシングする?

借金地獄から立ち直るためにキャッシングする?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金地獄、それは経験した人にしかわからない底なし沼。

 

とは言え、もともとは自分が撒いた種ということが多いので、他人からしてみたら自業自得と思うでしょう。

 

それでも、「自らの浪費や金銭感覚の無さで借金をしたケース」と「家族や他人の事情で、借金を余儀なくされたケース」に分かれるのも事実です。

 

ここでは、前者のケースを想定しての話が多いですが、自分はお金も借りずに真面目に生きてきたのに、なんらかのトラブルに巻き込まれて借金を抱えてしまう人は相当辛いだろうな、と思います。

 

では、どちらの人が借金から立ち直るのが早いのか?と言えば、やはり後者の方でしょうね。

 

もともと借金体質ではないので、条件さえ整えば、今ある借金を返済した後は、「もう二度とお金は借りない」という強い意志を持ちやすいでしょうから。

 

二度とお金を借りない-債務整理体験談

 

で、借金体質の人が借金地獄から立ち直るには?なのですが、やはり長い時間を要します。

 

生活そのものを変えないと、なかなか立ち直れないということ。

 

よく言われるのが

 

◯ローンやクレジットカード利用代金も含めて、今現在いくらの借金を抱えているのか?を書き出して、細かい所までチェックする

 

◯新たに借金をしそうになったら、「本当に必要なお金か?」を真剣に自分に問う

 

◯家の中を徹底的に綺麗にし、不要な物はお金に替えて、お金の流れと清々しい気持ちを手に入れる

 

◯1日の時間の使い方を見直して、無駄な時間の使い方をしていないか?を考える←「タイムイズマネー」の考え方で、時間はお金と同じなのです。

 

などです。

 

結局、お金に対するルーズな部分を改めるには、自分自身を律するしか無いんですよね。

 

だけど、私を含めて、ほとんどの方は、「わかっちゃいるけど、なかなか生活は変えられない」と思うでしょう?

 

そうですよね。

 

何十年も同じような生活をしていれば、180度変えるのは至難の技。

 

多重債務を経験したり、債務整理後の苦しい生活を余儀なくされたりしたところで、人間の本質を変えるのは非常に難しいのです。

 

それでも、「なんとかしなきゃいけない」とか「自分を変えたい」という気持ちはあるはず。

 

これは、ある意味荒療治だし、誰にでも効く方法では無いと思いますが、ひとつの例として読んでください。

 

ショッピング依存症とも言える女性の話なのですが、最初はお給料が上がった分のお金で、「自分にご褒美」と、少し高価なアクセサリーや洋服を買っていたそうです。

 

それが、毎月コンスタントにクレジットカードを利用していることで、ショッピング枠が一挙に100万円になったということ。

 

自分のお金ではないけれど、「こんなに使えるんだ」と気が大きくなり、気がついた時には、ショッピング枠をほぼ使い切っていたとか。

 

スポンサーリンク

 

 

そこでやっと目が冷めて、もう必死でローン返済のために残業をこなし、休日にはアルバイトまでして、食事も質素で洋服も着たきりスズメのような生活に変えたら?

 

なんと、うつ病のような症状になってしまったんだそうです。

 

病気で働けなくなって、ローン返済だけが残るなんて、もうどうしたら良いかわからなくなりますよね。

 

だけど、その女性は、あろうことか、大胆な行動に出るのです。

 

なんと、「クレジットカードのキャッシング枠50万円を一度引き出す」ということ。

 

50万円の現金を引き出す-債務整理体験談

 

「借金が返せないのに新たに借金をするなんて、頭がおかしくなったの?」と思うでしょうが、そうではなかったんです。

 

目の前に現金を置くことで、気持ちを落ち着かせたかった」んですって。

 

結局、自分のお金ではないけれど、「今これだけのお金があるから大丈夫」と思うことで、なんだか月々数万円の借金に追われていることがバカバカしくなったとか。

 

もちろん、そのまま50万円を借りてしまえば、借金はどんどん大きくなってしまいますが、気持ちが落ち着いた時点で、すぐに一括返済し、今度は、「自分を甘やかす日」も設けながら、なんとか乗り切ったそうです。

 

ちょっと聞いただけで真似すると、非常に危険な方法ではありますが、たまには荒療治も必要なんだな、というのはわかります。

 

自分にとって一番良い方法は?」を考えながら、借金と向き合ったのが良かったのでしょうね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode