スポンサーリンク
Home >> 借金返済の裏ワザ >> ノーローンの無利息キャッシングは多重債務者の味方?
Page: 2/10  << >>

ノーローンの無利息キャッシングは多重債務者の味方?

JUGEMテーマ:借金返済

 

最初に断っておきますが、「無利息キャッシング」と言っても、初めてお金を借りる顧客に限って、最初の一週間は無利息になりますよ、ということです。

 

まあ、考えてみればわかりますよね。

 

公的資金の生活福祉資金でさえ、保証人を立てた場合は無利息で借りられることもありますが、原則低金利であっても利息は付きますから。

 

ましてや、民間の金融業者で利息がつかない、なんていうことは考えられません。

 

それでも、新規顧客獲得のために、無利息期間を設けている消費者金融はたくさんあります。

 

このノーローンのように「一週間無利息で何度でも」というところや、「最初の一ヶ月間は利息が付きません」というところも。

 

無利息キャッシング-債務整理体験談

 

これって、多重債務時代は非常に助かるシステムで、たとえ最初の1ヶ月だけでも利息が付かないというのは、返済金額が相当違うのです。

 

例えば、1万円づつ3社に借金返済をしているとすると、その頃はグレーゾーン金利ギリギリの29%なんていう消費者金融がザラでしたから、1万円で約3,000円の利息が付くわけです。

 

つまり、3社で3万円の元金に対して利息を約1万円も支払っていたんですよね。

 

それが、一社増えて4万円借りられたのに、利息はそのままの1万円ですから、気分的にも相当違っていました。

 

まあ、来月には全額返済できるような状況なら良いのですが、そういうわけには行かないので、結局、次の月からは利息はしっかり付くのですが、「一息つける」ような感じです。

 

だけど、私がそんなささやかな「得」を実感している時に、多重債務の方たち(私もですが)の間では、「ノーローンの一週間無利息期間を何度も繰り返していると、ほとんど利息を取られないで借り続けることができる」という悪魔の囁きのような噂が飛び交っていました。

 

スポンサーリンク

 

 

要するに、「一週間無利息で何度もご利用いただけます」を逆手に取って、一週間の期間内に他の消費者金融から借り入れをする→ノーローンに全額返済する→新たに借り入れをして、また一週間の期間内に他から・・・を繰り返すわけです。

 

そうなると、他で借りた分に関しては正規の金利が付きますが、一週間で返すのでそんなに利息は高くはならないのです。

 

まあ、実際には多重債務なので、そんなに簡単に他の消費者金融から借り入れってできるのものなのか?とは思いましたが・・・

 

それでも、実行した人は居たのでしょう。

 

その後、「何度でも」という条件が厳しくなり、今は例え1週間の無利息期間内に全額返済しても、翌月以降にならないと借りられないシステムになっています。

 

ちなみに、ノーローンは新生銀行グループの消費者金融で、カードローンではありません。

 

金利は4.9%〜18.0%で、50万円以下の借り入れでは、通常18%となっています。

 

なので、無利息期間を過ぎたら、即18%の利息が付くということを忘れないようにしなければなりません。

 

つまり、すぐに返せる場合は良いのですが、ある程度長く借り入れるつもりなら、利息は決して安くはないということ。

 

他の消費者金融もそうですが、無利息期間がある、ということだけで安易に選ぶことも無いようにしたいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 借金のある夫に宝くじ高額当選したことは言う?言わない?

借金のある夫に宝くじ高額当選したことは言う?言わない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ネットで見つけたのですが、「宝くじで1,000万円当たったのですが、借金癖のある夫には内緒にしておきたい。でも、今ある200万円の借金は返したいのでどうすればいいと思いますか?」という質問がありました。

 

宝くじで1,000万円当選なんて、そうそうあることではないし、本当に羨ましい話なのですが、そういった事情では、ちゃっちゃっと200万円の借金を返済することはできませんよね。

 

だいたい、ご夫婦ふたりに赤ちゃんが居るご家庭で、もともとは共働きだったのですが、今は奥さんは育児で働けず夫の収入に頼っている状態。

 

赤ちゃんの居る家族-債務整理体験談

 

まあ、専業主婦で小さいお子様が居れば当然のことなのですが、200万円もの借金があれば、「少しでもお金を作りたい」と思いますよね。

 

それで、共働き時代にコツコツ貯めていたお金から、宝くじを買い続けていたということ。

 

「当たらなくても、もし当たったら、家も買えるし子どもの教育費も貯められる」と思っていたそうですが、それが思いもかけずにドーンと高額当選したんですね。

 

なんでも、旦那さんは普通のサラリーマンだそうですが、ギャンブル好き。

 

と言っても、家庭を省みないほどのめり込むのではなく、お小遣いを貯めて使う程度なのだそうですが・・・

 

一度だけ、競馬で大穴を当てたことがあり、調子に乗って大金を注ぎ込んだのだとか。

 

結局、外れてしまい、その損を取り戻そうとなんどか挑戦するも負けが続いて、結局は借金が増えてしまった、ということです。

 

借金癖と言っても、今は奥さんがしっかりとお金の管理をしているので、200万円の借金を返してしまえば、借金はゼロになるらしいんですけどね。

 

奥さんとしては、とりあえず200万円の借金をすべて返済して、残りはすべて将来のため貯金に回したいと思っているのですが、夫に言えば反対されそうで、と。

 

スポンサーリンク

 

 

確かに、私だって、突然目の前に1,000万円転がり込んだら、借金を返した残り800万円については、「少しは贅沢しても良いのでは?」と思ってしまいます。

 

ましてや、一度ギャンブルにはまってしまった旦那さんなら、また大金を注ぎ込んでしまうかも、と心配になっても仕方のないこと。

 

回答としては、「実家から200万円借りたことにして借金だけは返し、宝くじに当選したことは黙っていた方が良い」という意見が多かったですね。

 

あとは、「宝くじに当選したことは言ってもいいけど、200万円当選したことにして、あとの800万円は黙って貯金しておく」という意見とか。

 

やっぱり、「正直に旦那さんに言って、その後の使い道についてはじっくり話し合う」という回答はほとんどなかったです。

 

自分ならどうするか?を考えると、「最初は夫に内緒にしておくけど、何かの折にバレてしまうかも」かな?

 

嘘つくのが下手なのと、お金のことって、夫婦間で内緒にしていても、なんとなくバレてしまうと思うんですよ。

 

そうなると、夫婦関係もギクシャクしてしまいますから、それなら最初からきちんと話したほうが良いのでは?と思いますね。

 

なんて、そもそも私は宝くじに当たったことも無いので、ただの想像でしか無いんですけど。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 一生お金に困らない法則?お金持ちは生まれつき?

一生お金に困らない法則?お金持ちは生まれつき?

JUGEMテーマ:借金返済

 

一生お金に困らない法則」なんて、あったら知りたいものです。

 

ただ、世の中には、一生お金に困らないどころか、お金持ちの家に生まれ、贅沢を贅沢とも思わずに一生を終える人も居るわけで。

 

なんとも羨ましい気もしますが、そういった家に生まれた苦労もあるのでしょうね。

 

こんな本を見つけました。

 

金持ち脳でトクする人貧乏脳でソンする人 一生お金に困らない55の法則 (PHP文庫)[本/雑誌] / 世野いっせい/著

 

筆者もきっと、生まれたときからお金持ちだった人?と思ったら、借金生活を経験されているとか。

 

なんでもアルバイトをしている時に、知り合いから会社を任されることになり、その後騙されて1,900万円もの借金を背負うことになったということ。

 

普通、一般人が一挙に1,000万円以上の借金を背負わされたら、もう立ち直れないですよね。

 

しかし、不動産事業で成功を収め、その後毎年3億円の収入を得ている投資家、ということですから、スケールが違います。

 

投資家-債務整理体験談

 

凡人には真似出来ない頭の構造をしているのでしょうが、もしかして考え方だけでも真似すれば、この何百分の一でも稼げるようになるかも。

 

なんて淡い期待で読んでみるのも良いのでは?

 

ここに書かれている「金持ち脳」というのも、この間書いた「お金に好かれる方法」と似通ったところがありますね。

 

結局は、毎日の習慣を改め、お金に対する認識を変えていかないと、貧乏人は貧乏人のまま、ということなのでしょう。

 

私のように、一度債務整理をしてお金に対する失敗を経験してしまうと、何事にも自信が無くなって、動けなくなるものです。

 

そうなると、もともと貧乏脳だったのに、ますます深みにはまってしまう、ということなのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

よく、「失敗をカテにする」と言いますが、「お金の失敗なんてまだマシ」くらいの気持ちで、前向きに進んでいかないとダメなんでしょうね。

 

もちろん、反省することは必要ですが、反省ばかりしていても進歩が無いですから。

 

一度「どうして借金を繰り返してしまったのか?」ということを、第三者的立場で分析する、というのは必要なのかもしれません。

 

そうすれば、「無駄な借金をせずに賢いお金の運用をするにはどうしたら良いか?」とか「理想的なお金の使い方は?」を考えるきっかけにもなりますから。

 

ただ、いつも書いているように、切羽詰まった状態で居ると、長期のビジョンで考えられなくなるんですよ。

 

どうしても、「明日のお金をどうするか?」「今月どうやって生活していこう?」という感じで。

 

一度、そういった考えをリセットしようと思うと、「じゃあ、とりあえず50万円ほど借りられれば」なんていうことになってしまいますから。

 

これでは、本末転倒ですね。

 

借金体質から抜け出し、お金と対等に向き合うこと、これが借金生活脱出の第一歩かな?



lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ