スポンサーリンク
Home >> 借金返済の裏ワザ >> お金に好かれる努力をすれば借金はどんどん減っていく?
Page: 2/9  << >>

お金に好かれる努力をすれば借金はどんどん減っていく?

JUGEMテーマ:借金返済

 

よく、お金を大切に扱う人のところには、お金が寄ってくると言います。

多重債務者はお金のありがたみがわかっているから、お金を邪険に扱うわけがない、と思いますが、実際はどうでしょう?

意外と、あまりにもお金が入ってきたと思ったらすぐに出て行くので、「大切に扱う暇もない」ということが多いのではないですか?

私はそうでした。

まあ、今もそんなに変わりませんが、借金をしないで生活できるようになった時は本当に嬉しかったのは確かです。

 

だから、お金が入ってきた時には、とても感謝しているんですよ。

 

でもどうしても「税金と公共料金を支払って、他にも必要な支払いを終えると、今月も食費と雑費がやっとなんとか捻出できるくらいかな?」と暗くなったりしてしまいます。

 

もうちょっと収入が多かったら?」なんていうことばかり考えてしまいますから。

 

これでは、「お金の神様」も居心地が悪くて居着いてくれないですよね。

 

お金に好かれる方法-債務整理体験談

 

ちなみに、「お金に好かれる方法」というのがいろいろあるのですが、よく言われるのが

 

◯お金に対して愛情を持つこと

 

愛情を持つというのは、私達のように常にお金のことを考えているという意味ではなく、お札や硬貨を大事に扱うとか、「来てくれてありがとう」という気持ちを持つということです。

 

お金がほしい」と思いながらも、入ってきたお金に対して心から感謝をする気持ち、というのはなかなか持てないものです。

 

スポンサーリンク

 

 

この辺からも意識革命をする必要がありそうですね。

 

また、

 

◯いつもポジティブな気持ちでお金と向き合う

 

これも大切なことだと思います。

 

「どうしてうちはいつもお金に困っているの?」と他人のせいにせず、「これだけあるのだから」とある範囲でできることを探すとか。

 

「今は我慢の時だけど、頑張って働いていれば、そのうちどんどんお金が入ってくるようになる」と考えるとかね。

 

◯お金を計画的に使う

 

◯自己投資に使うお金は惜しまない

 

◯自分のためだけでなく、他人のためにお金を使う

 

なども、耳が痛い話です。

 

「どうせ計画したって足りなくなるんだから」とどんぶり勘定になってしまったり、日頃ケチケチしているくせに、時々すごく気が大きくなって、無駄遣いしてしまう、なんていうことがありますから。

 

自己投資についても、消耗品は仕方なく買うのに、本や映画、勉強会などに参加する費用は惜しんでしまいがち。

 

将来のためになるようなものなら、少し高いかな?と思っても、お金を出せば、結局数年後には自分に返ってくるんですよね。

 

「他人のためのお金を使う」というのも同じで、「これだけしてあげたんだから」と見返りを求めるのではなく、常に他人のことを思い、人が喜ぶためにお金を使うことができれば、結果自分のところにもまた戻ってきてくれる、というわけです。

 

まあ、理屈はわかっても、なかなか実行できないものですが・・・

ほんの少しでも、お金と真摯に向き合って、お金の大切さをしみじみと感じれば、また違った付き合い方ができるはず。

 

今日から、ちょっと考え方を変えてみようかな?


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 借金をゼロにする方法とは債務整理?夜逃げ?

借金をゼロにする方法とは債務整理?夜逃げ?

JUGEMテーマ:借金返済

 

合法的に借金をゼロにする方法」というタイトルの本がありますが、こちらは弁護士の方が書かれているので、本当に合法的ですし、「賢い債務整理の仕方」と言っても良い方法についても書かれています。

 

専門家の選び方や相談の仕方や過払い請求に至るまで、事細かに書かれているので、参考になりますね。

 

ただ、少し古い本なので、過払い請求についてがとても参考になるのですが、今は過払い請求できる方も少なくなってきていると思います。

 

すでに、グレーゾーン金利廃止になって7年近く経っていますから、それ以前から借りている人という但し書きが付いてしまうので。

 

とは言え、10年以上前から借金を続けて、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

 

借金に悩む男性-債務整理体験談

 

そういう方にとっては、まさに「合法的に借金をゼロにする方法」が過払い請求ということになりますね。

 

まあ、借金総額の一部ということも多いでしょうから、「ゼロにする」というのは難しいのでしょうが。

 

借金を0にする方法っていうサイトとかもありますが、内容は似たり寄ったりということが多いようです。

 

債務整理をするか、過払い請求をするか、夜逃げをして時効を待つか。

 

「夜逃げをして」というのは、一般的にも知られていますが、住民登録をしないで生活するというのは並大抵ではありません。

 

子どもが居ても、お医者さんにも連れていけないし、学校にも通わせられないのですから。

 

ご近所からも白い目で見られたりして、挙句の果てにバレてしまったら、今までの借金を一括請求されてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 


中には、ものすごく時間をかけて、ありとあらゆる方法を駆使して借金を限りなく0にする方法とかもあるようですが、どうなんでしょう?

 

法に反することではないけど、限りなくグレーに近い方法とかもあって、実践する気にはなれないですね。

 

やはりすぐにはできないし、もともとは「返さなければいけないお金」ですから。

 

ただ、あまりにも借金の金額が多いと、「何とかできないだろうか」と思ってしまいます。

 

0にならなくても、半分にでもなれば・・・とか。

 

世の中には自分の知らない方法とかもあるようなので、知識として頭に入れるだけなら良いのかもしれません。

 

それに、「借金を無くす」ことも大事なのですが、それ以上に大切なのが、「人生を再起させること」なんです。

 

早い話が、自己破産をしてしまえば借金はゼロになりますが、その状態から立ち直るのは、ものすごく体力も気力も居ること。

 

今までのお金の使い方を反省し、今後の仕事や生活をどうするか?きちんとビジョンが見えてこないと、また泥沼に逆戻り、なんていうことになってしまいます。

 

家族を露頭に迷わせないためにも、「借金が無くなってからのこと」についても真剣に考える必要がありますね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 苦難の末借金2,000万円を返済した体験談

苦難の末借金2,000万円を返済した体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務生活に役に立つというか、勇気付けられる本のご紹介です。

 

多重債務者にとって、寒い冬が一番辛いと思いますが、近年の夏の暑さを乗り切るのも並大抵のことではありませんね。

 

最近は、暑さ寒さも彼岸までなんていう言葉も通用しないくらい、天候不良で寒暖の差が激しかったり、猛暑日が秋まで延々続いたり・・・

 

それでも、クーラーなんて付いていても電気代がかかるから使ったことがない、という方も多いでしょう。

 

我が家でも、多重債務で一番お金に困っていた時は、扇風機でさえ我慢していました。

 

さすがに、少しは使いましたが・・・

 

子どもが居たので、子どもにだけはという気持ちはありましたから。

 

それでも、お金がなくて電気代も払えず、室内で熱中症になって亡くなった貧困家庭の話など聞くと、とても他人事のような気がしませんよね。

 

落語家-債務整理体験談

 

で、この本ですが、2,000万円の借金を抱えた落語家さんの話です。

 

【中古】 借金2000万円返済記 /快楽亭ブラック【著】 【中古】afb

 

しかも借金をかかえただけでなく、離婚や除名、果ては心筋梗塞などの病にまで侵されて・・・という悲惨な話。

 

多分、借金を抱えている方でも、ここまでの不幸を背負い込む方は少ないでしょう。

 

そんな状況でも、自分の仕事をこなし、ちゃんと借金を返そうとする気持ちに感動してしまいます。

 

「結局は芸能人だから返せたのでは?」と思うでしょうが、落語家って、芸能人と言えども、修行時代や売れない時代はほとんど収入が入ってこないと聞きます。

 

まあ、「芸能人らしく、パーッとお金を使った時期」もあるみたいですけど。

 

それと、「闇金融からも借りていた」とか「競馬で当てて返そうとしたけど、一時は200万円までになったものが、一晩で10万円に下がってしまった」なんて笑えない話も。

 

一時は破門されそうになったり「自殺まで考えた」こともあるそうですから、もう「落ちるところまで落ちた」と言えるでしょう。

 

それでも、落語に対する情熱は失わず、この本が出版された時にはまだ借金は残っていたそうですが、今では、知人・友人からの借り入れ以外はすべて支払った、ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

闇金融絡みの借金もあったことから、何度も修羅場を経験されているのでしょうね。

 

まあ、私達一般人とは、入ってくるお金も違うとは思いますが、「一攫千金」を狙ってギャンブルで借金を返そうとしたり、住むところが無くなって友達の家を転々としたり、という場面では、なんとなく親近感すら感じてしまいます。

 

「ここまで行ってもなんとかなるんだ」と思えば、勇気も与えてくれますよね。

 

自営業でそれなりに夢もあって、一生懸命実績を積み重ねてきたつもりなのに、業績悪化でいろいろなところに迷惑をかけて破産してしまった、という経験をされた方もいらっしゃるでしょう。

 

そうなると、「お金を稼ぐ」ということだけにとらわれて、なかなか事業再建までは行かないことが多いです。

 

しかも、「夢ばかり追いかけていたからこうなってしまった」と自分自身や今までしてきたことを完全否定してしまう、という。

 

私も、それに近いことを経験しているので、「自分はダメな人間だ」とか「今まで何をしてきたんだろう?」と絶望してしまう気持ちはよくわかります。

 

でも、「お金のことと夢は別に考えるべきだ」と思いますね。

 

お金のことでは失敗したけど、してきたことは無駄ではなかった」と思いたい。

 

たとえ結果的にまた失敗したとしても、少なくとも今まで自分がしてきたことを全否定することの無いようにしたいものです。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ