スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 自己破産でホームレスになってもOK?800万円稼ぐホームレスの話
Page: 2/51  << >>

自己破産でホームレスになってもOK?800万円稼ぐホームレスの話

JUGEMテーマ:借金返済

 

ふと目にした海外の面白い話題についての記事で「ドバイには月収800万円稼ぐホームレスが居る」とのこと。

 

「ええ?年収でしょ?いや、年収でも多すぎる。10年で得られる金額とか」と、思ってしまいましたが・・・

 

どうも、本当の話みたいです。

 

ただ、調べてみると、1年前にも同じ話が載っていたので、話題になったのはだいぶ前のことなのか?

 

このブログでも、ニューヨークの街中で、モデルや俳優業をしながらホームレス生活を続けるダンディーな男性を紹介したことがありますが、この場合は「住むところを持っていない」だけで、職業はちゃんとしてらっしゃいます。

 

ドバイの場合、職業は「物乞い」だということにもびっくり。

 

だって、日本ではすでに見かけなくなっているけど、物乞いと言えば、海外に行った時に目にする、貧しい人々が食べ物や金銭をねだる姿を思い浮かべますから。

 

どんなにお金が無い人だって、「この人達よりはマシ」と思い、つい小銭をカップに入れてしまうくらい「かわいそう」な気持ちになります。

 

あっ、そうか。

 

ドバイには800万円稼ぐホームレスが居る

 

ドバイと言えば超お金持ちの国だから、物乞いに施しをする場合も、日本円で言うところの「諭吉」さんクラスの紙幣を、小銭のように振る舞うのでしょうか?

 

なんとなく、お金持ちの方が貧しい人には冷たくて、物乞いが居ても誰も見向きもしない気もするのですが、そんなことは無いんですね。

 

とは言え、当時は「物乞いのプロ」集団が増えてしまい、風紀上の問題もあり地元警察が動いて、59人もの人たちを逮捕したとか。

 

悲しいことに、逮捕された人たちはすべて外国人だった、という。

 

ドバイに行けば物乞いで生きていける」という夢を抱いて、はるばる異国からやってきたのでしょう。

 

ただ、最初からそんなに稼げるわけでは無いのでしょうから、物価も馬鹿高いであろうドバイで、どうやって暮らしていたのか?気になりますが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、未だにニュースになるということは、月収800万円では無いとしても、そこそこ稼いでいてるホームレスの人たちはまだ居る、ということなのでしょうね。

 

「物乞い」ということではなく、日本のように「空き缶を集めて売る」みたいな労働も伴っていれば、まだ良いのかもしれないと思うのですが。

 

とにかく桁が違う話で、月々数万の支払にも苦慮している私としては、羨ましいやら別世界の話のような感じです。

 

この日本でホームレスになった場合を考えると、ものすごく悲惨です。

 

まあ、考え方は人それぞれで、少し前にホームレスの実態みたいなテレビ番組を見たことがあるのですが、電化製品は一通り揃っているし、期限切れの食品をもらって、結構リッチな食事を取っている人も居ました。(中には高級食材も)

 

だけど、縄張り意識は強いらしいし、時々襲撃に遭うことも多いと聞くと、とても「自己破産で家を無くしてホームレスになっても大丈夫」とは言えませんね。

 

だいたい、自分の土地でも無いところに居つく、ということが違法ですから。

 

日本では、自己破産して家を取られたら、安アパートでもとにかく借りて、一生懸命働いて、少しづつでも良い環境のところに住めるように努力するしかありません。

 

話のネタとして、また「そんな人も居るんだ」ということを考えると、少しは気が楽になるという気持ちもしますが・・・


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 公共料金の滞納はどこまで大丈夫?

公共料金の滞納はどこまで大丈夫?

JUGEMテーマ:借金返済
 

多重債務生活も長く続けば続くほど、生活費の捻出すら困難な状況になり、公共料金も支払えなくなってしまいます。

実際に、私も数年にわたる多重債務生活で、電気・ガス・水道料金を滞納してしまったことがあります。

公共料金の滞納で一番怖いのが、「いつ止められるのか?」ということ。

特に、近年のように夏は猛暑で冬は寒い年にガスや電気が止められたら、すぐに命の危険を伴いますよね。



まあ、私も担当者ではないので、はっきり「ここまでは大丈夫ですよ。なんて書けないのですが、体験談として書かせていただきます。

多重債務時代もですが、債務整理しても直後とかは本当に生活が苦しいんですよ。

冗談じゃなく「明日の食べる物にも困る」状態が続いたことを覚えています。

そうなると、ライフラインである電気・ガス・水道などの公共料金も支払えない、なんていう状況に陥ってしまいます。

ましてや、国民健康保険などの税金はもっと支払えないですよね。

本当は、早い時期に公的資金に頼るなどすれば良いのですが、私もお勧めしながら、なかなか行けないでいました。

「とにかく、今月を乗り切ればなんとかなるんじゃないか?」

「もうひとつ仕事を増やせば、収入も増えるし」

という考えで、とにかく1ヵ月だけ滞納して次の月から支払おう、と思うんですね。

酷い時には、「ブラックでも貸してくれるところ」とか探して、そのお金で支払おうと思ったり・・・

スポンサードリンク

 


今となっては、それはしないで正解だったと思います。

それでも、ネットで検索すると、「ブラックでもお金貸します」的なサイトも多いので、ついふらふらっと借りてしまいそうになりますよね。

そこはやはり思いとどまるべきです。

公共料金の中でも、一番厳しいのは電気料金かな?

私の場合は1ヵ月も待ってくれなかったですね。

 

というか、ちょうど1ヶ月くらいで直接督促されたんですよ。

 

これも、地域によって違うと思いますが。

あと、ガス料金に関しては、都市ガスではないので、供給してくれるガス会社に拠ると思います。

プロパンガスの場合は、会社によって料金にも差があるほどですから、対応も違うでしょうね。

うちの場合は、最初は2ヵ月とかでも大丈夫でしたが、最近は少し遅れただけでも催促が来ます。

もしかしたら、ブラックリストに載ってしまったかも。

今はきちんと支払っていますが、当時は、ちょうど滞納したのが寒い冬の時期だったので、「今ガスを止められたら終わりだ」と怯えていました。

水道は1ヵ月くらいは大丈夫みたいですね。

とは言え、結局は滞納してしまうと、どんどん支払い金額が増えてしまうわけですから、早いうちに対処することをおすすめします。

今後はどんどん厳しくなりそうですし・・・

税金に関しては、滞納していても生活に支障はないと思ってしまいますが、「差し押さえ」などの件数は急増しているみたいです。

ある日突然「差し押さえ」されないためにも、早目に役所の窓口で相談された方が良いと思います。

いつも書いていますが、多重債務で公共料金すら支払えなくなったら、やはり債務整理を考える時期でしょう。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> お金が無くて公共料金が払えなくなったら

お金が無くて公共料金が払えなくなったら

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になると、本当にお金が無い状態が続きます。

 

こんな会話が聞こえてきそう。
 

今月、電気代を払うお金も無いの。すぐに止められる?
わからないけど、寒い時期に電気を止められたら大変だ。今月だけどこかからまたお金を借りようか?

 

これ、実話に近いです。

 

だって、収入の半分以上を借金返済に当てていたのですから。

まあ、「多重債務だけどお金に余裕はある」なんていう人は聞いたことが無いですが・・・

誰もお金があるのに好き好んで借金なんてしませんよね。

ここで「究極の選択」が始まるわけです。

借金返済も含めて、支払わなきゃいけないものを順に書き出していくのです。

払わないと困るのは?ということで最優先されるのが、「食費」です。

だいたい切り詰めるのもここからになりますが、必要最低限の貧しい食事でも、食べないと生きていかれないですから。

その次に公共料金ですね。

 

公共料金は、命の要と言う意味もあり、停められるとライフラインが閉ざされてしまうんですよ。

それでも、「そうすぐには止められないだろう」という変な確信があって、ついずるずると滞納、なんてことに。

私も多重債務の時に、インフルエンザにかかってしまい、約半月仕事ができなくて、公共料金が払えなくなってしまいました

とりあえず、来月回しにしていましたが、電話はすぐに督促状が来ます。

そして、何日までに払わなければ停止します。と明記してあるのですが、結構日数が短いです。

携帯電話も同じような感じで、こちらはやはり携帯にもメールで督促が来ます。

ガスは、都市ガスじゃないので、これは会社によって違うと思いますが、LPガスの場合は意外と電話したら待ってくれました。

ただし、LPガスの場合は業者によってかなり差があるみたいです。

少し遅れただけでも、すぐに担当の方が集金に来る場合もありますから。

水道は、2ヶ月目に督促状で、10日以内に支払わないと止める、と書かれていました。

スポンサードリンク

 


そして、電気。

こちらも2ヵ月目に督促状かと思いきや、督促状が来る前に、検針の方が突然訪問。

まだ○月分もいただいていないので、支払ってください」と言われ、「何日までに支払いがないと電気が止まりますよ」という紙を置いて行かれました。

正直、いきなりの訪問とは思っていなかったので、電気代が一番厳しいかもしれません。

いずれにしても、支払わない方がいけないのですが・・・

だけど、震災後の計画停電の時には「個別で電気を止めるのは難しい」ようなことを言っていましたが、滞納だと比較的すぐに止まるみたいですよね。

「一戸だけ止める」というのはできるのかな?

まあ、それでも2ヵ月目からは、何とかネットでの仕事ができるようになったから良かったのですが、公共料金すら支払えなくなったら、債務整理を考えるべき時が来たということでしょう。
 

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記