スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 宝くじに当たらなくても、一生お金に困らない生活をするには?
Page: 2/52  << >>

宝くじに当たらなくても、一生お金に困らない生活をするには?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務になって、毎日毎日お金のことばかり考えていると、「贅沢はしなくていいから、せめてお金の心配をしないで暮らせるようになりたい」と願うでしょう。

借金をしたことがなくて、支払いに追われるという生活をしたことがない方にとっては、「現実逃避」と思われるかもしれません。

事実「現実逃避」以外の何物でもないかもしれないのですが・・・

本人にとっては、そんなものではなく、真剣に「どうしたら、一生お金に困らない生活ができるか?」なんていうことを考えるようになります。

考えるというより「憧れる」の方が近いでしょうね。

マッチ売りの少女」が、マッチを摺って表れたごちそうや暖かい家庭に憧れるように。

マッチ売りの少女-債務整理体験談

そして、多重債務が進むと、「もうそんなことは望めないかもしれない」と諦めムードに。

諦めというよりは、もっと刹那的なのかもしれません。

一生お金に困らない生活というのは、何も宝くじに当たったりすることだけで得られるものではないですよね。

当たったら嬉しいですが・・・

「安定した仕事」を見つけることで、案外すんなりと望むものが手に入るかもしれません。

もちろん、そんなに世の中甘いものではないので、一度つまづいた人は、脇目もふらずにがむしゃらに頑張らないといけないのですが。

とにかく、何でも良いので、最初は「収入を増やすこと」を目標にする。

これについては、本当は「一生続けられる仕事」が良いのですが、悩んでいるうちに、またどんどん借金が嵩んでしまったりしますから、まずは、自分ができることで収入を上げられそうなことに挑戦しましょう。

いつもおすすめしているのですが、すぐにお金が必要な場合は、「ヤフオク」や「メルカリ」などインターネットオークションで不用品を売るか、リサイクルショップに買取ってもらう、などで、結構当座をしのげるお金が手に入ったりします。

スポンサードリンク
 

せどり」で手持ちの本を売るというのもアリですね。

宝くじに高額当選のような大金を夢見てしまうと、どうしても数百円の積み重ねは意味が無いような気がしてしまいます。

ましてや、多重債務の時期に、一度に数十万というお金を借りていた記憶があれば、なおさら、お金のありがたみに疎くなっているんですよ。

千里の道も一歩からと言いますが、大金に目が行ってしまう今だからこそ、地道に努力しないといけないんだと思います。

そんなこと言いながらも、私もまだまだ「一攫千金」という言葉に弱いのですが、やはり多重債務時代から債務整理と経験するうちに、かなり実直な考え方ができるようになりました。

 

宝くじに当って、一攫千金だ!」という夢を見るだけなら、誰にも迷惑をかけないですから良いのかな?と思いますよ。
 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 借金でうつ病になりかけました

借金でうつ病になりかけました

JUGEMテーマ:借金返済


借金をかかえていると、精神的なストレスは計り知れません。

自業自得と言えばそれまでなのですが、他人のために借金を背負い込む方もいらっしゃいますから、一概には言えません。

自分が原因で多重債務に陥った場合、辛いこともすべて「自分のせい」ということで自分を責めるため、内側へとストレスが溜まってしまうのです。

特に、「借金返済日」近辺になると、「今月もどうやって返していこう?」という思いで押しつぶされそうになります。

借金の返済だけでなく、公共料金の滞納、税金の滞納なども頻繁に起きるようになりますから、もうどれから払っていいのやら、パニック状態に。



「綱渡り人生」とよく言われますが、綱渡りどころか「糸渡り」みたいで、いつぷつんと切れてもおかしくなかった。

結局、その日1日を、なんとかつじつまを合わせて生きてきたのかもしれません。

本当は、こういう時こそ冷静になって、支払わなくてはならないお金を優先順位を付けて書き上げたり、今の収入で、どれ位の期間あれば完済できるのか、など計算しなければならないのですが・・・

多重債務になってしまうと、多分、5社以上からの借金となった時点で、すでに家計は破綻している状態だと思います。

それを認めたくなくて、借金を返すためにまた借金を重ね、精神的にもストレスを背負い込むわけです。

どこかで「我に返る時間」を作らないといけないのですが、無理でしょうね。

私もそうでしたが、「自暴自棄」の状態になる時期と、「なんとかなる」と何の保証も無い自信にすがっている時期が交互に来る感じなんです。

今思えば、その時すでにうつ病に近い状態までなっていたと思います。

 

いや、当時は国民健康保険料を滞納していて、お医者さんにもかかれなかったので、もしかしたら発症していたのかもしれません。

突然悲しくなって、大声で泣いたこともありましたから。

スポンサードリンク

 


逆に「宝くじが当たったら、一発逆転だ!」なんていうことを本気で考えたり。

「今日はダメだけど、明日になったらなんとかなるのでは?」とか。

いや、何か目標があって、それに向かってガムシャラに頑張っているのであれば「明日を信じる」のは必要なことです。

ただ、この場合は「明日を信じる」のではなく、「悪いことは明日回しにする」ということ。

今考えたくないから明日考える、というようになったら、かなりの重症でしょう。

自分で感情がコントロールできなくなったと感じた時点で、債務整理を考えるなどの措置をとった方が良いですね。

そのままの状態で居るのは危険ですから。

借金がなくてもストレスがいっぱいの現代生活ですから、何とか「最悪のケース」だけは避けたいですよね。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 必ず儲かる話は本当にある?

必ず儲かる話は本当にある?

JUGEMテーマ:借金返済

必ず儲かる話」とか「絶対に損をしない方法」なんて、もう眉唾ものだということはわかっているのです。

だけど・・・

世の中が不況になると、「必ず儲かる話」なんていうのも飛び交うわけで。

中でもブラックと言われる方たちにとっては、ものすごく甘い話にうつりますよね。

私も多重債務時代から、もう頭の中はお金のことでいっぱいで、他のことが考えられなくなっていました。

一時流行った脳内メーカーに例えると、もう99%は「お金」でできていたみたいな感じです。

そうなると「必ず儲かる話」なんていう甘い言葉にも誘われがちに。



「必ず儲かる話なんて、絶対に嘘」と思いながらも、ついつい見てしまい、騙されそうになるんですよ。

 多重債務や借金を抱えている方に共通するのが、「どうしてもすぐにお金を稼ぎたい」という強迫観念とも言える気持ち。

それは、想像をはるかに超えているでしょう。

確かに、お金がないと日々の暮らしはできません。

それが、お金がないところに持ってきて、収入のほとんどを借金返済に回さなければならないのです。

言わば、常にマイナスの状態で生活していると言うことです。

そうなると、今の仕事に1,2万上乗せしたところで、生活は変わりません。

いえ、決して1万2万をバカにするとかそういうことではなく、それだけでは、何も変わらないというのが現状なのです。

で、まずは「一攫千金」を狙います。

スポンサードリンク


やっぱり思いつくのが、「宝くじ」当選ですね。

インターネットだと、あちこちで見る「ネットで楽して大金を稼ぎませんか?」の文章に惹かれてしまいます。

すべて嘘とは言いません。

実際、私も少しはネット収入があるので、ちゃんと仕組みを作れば稼げることはわかっています。

ただ・・・

仕組みを作るのに時間はかかります。

でも、うまくすれば無料ですべてまかなうことも出来るので、ネットで稼ぐこと自体は否定しません。

むしろ、多重債務の方にもお勧めしたいくらいです。

でも、時間がかかるのが難点ですから、とりあえず勉強だけは始めておいて、ネットオークションなどで即金収入を得るのが良いでしょう。

必ず儲かるおいしい話」というのは「ない」と思ってください。

ただし、仕事としてちゃんとした手順を踏んで、2,3ヶ月頑張れば少しづつ収入は安定してきます。

簡単で楽ではありませんが、パートやアルバイトをしながら気長に勉強するつもりで始めれば、資格を取るよりは難しくないと思います。

まあ、資格にもよりますけどね。

結局は何かひとつ目標を決めて、そこに向かってがむしゃらに頑張れば、きっと明るい日差しが見えてくるということ。

「何わかりきったことを言ってるの?」と思われるでしょうが、結局はそこに行き着くと思います。

ブラックでも即金でお金を稼ぐ方法

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode