スポンサーリンク
Home >> 借金に関する法律 >> 主婦のへそくり事情と借金
Page: 2/4  << >>

主婦のへそくり事情と借金

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:借金返済

主婦のへそくり額が減っているということですが、本当はもっと切羽詰った状態だと思います。

今朝の「スパモニ」でも放送していましたが、総量規制後、所得制限が定められたために「新たな借り入れ」ができなくて、風俗に勤めている女性がインタビューされていました。

そして、総量規制で借りられなくなった主婦をターゲットにした「ソフト闇金」の話も。

「ソフト闇金」にはしる人たちは、思ったよりも多いということですね。

特に主婦の方が。

こちらのブログでも書いていますが、総量規制後、専業主婦の方が借入れを断られたり、現在借り入れをしている金融会社でも、新たな借り入れができなかったりということで、困っている方も多いのです。

特に多重債務だと、ただでさえ、もう借りるところがないのに、今借りているところからの「新たな借り入れ」 ができなくなると、本当にもうどこからも借りられない状況になるんですね。

そうならないためにも「債務整理」をしましょう、ということなのでしょうが、債務整理をするにもお金がかかってしまうと言う事実。

債務整理したからといって、その日から生活が良くなる訳ではありませんから、場合によっては多重債務の頃よりも悪くなるケースも。

まあ、私の場合は、総量規制の前に決断して本当に良かったとは思いますが、そうできない理由のある方もいらっしゃいますよね。

多重債務で、「夫が病気」とか「夫が失業中」なんていう方は、「ソフト闇金」に頼るしかない状況なのかもしれません。

ただ、やはり、利息が恐ろしく高いということを考えても、「無理な取立てがない」ということだけで、選んでは危険です。

総量規制で規制するだけではなく、公的資金の導入なども考えてもらいたいところです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律
Home >> 借金に関する法律 >> 借金が総量規制の限度額を超えていたら・・・

借金が総量規制の限度額を超えていたら・・・

JUGEMテーマ:借金返済

借金が限度額を超えている方に、なんて言っていますが、私も確実に越えていたわけで・・・

もっとも越えていなければ、多重債務者にはならなかったでしょうね。

当たり前ですが。

開き直って聞こえるかもしれませんが、だいたい借金をしないと、必要最低限の生活を維持できない世帯が、限度額内での借金で収まるわけが無い、と思うんですね。

しかも、だいたいの多重債務者が、「必要最低限の生活」さえできないような現状です。

それも自業自得と言われればそれまでですが・・・

高額医療は、総量規制の例外とされていますが、それは緊急の場合ですよね。

「生死に関わる病気」以外でも、放置しておけば重い病気に繋がる可能性のあることは起こり得ます。

例えば、以前、こちらのブログでもご紹介した「子どもの歯の治療放置」とか。

何でもかんでも病院に行くという風潮もどうかと思いますが、子どもの歯の治療は必要なものですからね。

でも、とりあえずはすぐに危険な状態になるわけではないので、後回しにされる。

これは、とても危ない状態ですよね。

子どもに罪は無いのに。

親として、ここまでになるのには、やはりかなり経済的に困難な状態であると推測されます。

今後、新たな借入れがままならなくなれば、こういった状況にも陥りやすいですよね。

そこまで考えて上での施行なのかな、と思いますが・・・

もちろん、借金は返さなくてはいけないもので、限度を越えた借金は破綻を引き起こすと考えられるのですが、いきなり切るというのはいかがなものかと。

今、総量規制の限度額を超えている方は、非常に不安だと思うのですが、今のままでは生活ができないと思ったら、やはり公共機関の法律相談窓口などで、相談されることをおすすめします。

ネットでも無料相談できるところがあるので、やはり闇雲に心配しているよりは、相談するのが早道でしょうね。

あとは「すぐに」というのはなかなか難しいのですが、ネットで収入を得る方法もいろいろとあります。

私もこれで救われました。

そういった情報を集めるのも、ひとつの道ですよね。

ただし、詐欺まがいの情報も多いので、あせって飛びつくのだけは止めましょう。
 

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律
Home >> 借金に関する法律 >> クレジットカードのショッピング枠規制は?

クレジットカードのショッピング枠規制は?

JUGEMテーマ:借金返済

総量規制で、クレジットカードのキャッシング枠は対象になるけれど、ショッピング枠は規制されない、という認識でしたね。

調べてみると、総量規制(貸金業法の改正)とは異なる、割賦販売法の改正というのが12/1に行われ、それ以降は、クレジットカードのショッピング枠についても、限度額が設けられるということです。

限度額については、年収や家族の人数、家賃や住宅ローン支払いのあるなしなどで決められるようです。

車や住宅のローンは除外されますから、それ以外の高額商品をローンで支払っている方などは、規制の対象になるでしょうね。

高額商品と言っても、ぜいたく品だけではないですから、どうしても生活に必要な家電など、壊れてしまって仕方なくローン払いにしている方など、困ることになりますよね。

それに、多重債務者とかでなくても、ボーナスを当てにしたりして、リボルディング払いやボーナス払いで購入していたものも、今後は買えなくなる可能性が出てきます。

これでは、経済がさらに悪化することになるのでは、と思ってしまいますが・・・

無理しない程度のローン払いならOKということにはならないのでしょうかね。

まあ、あまりにも簡単にローンで物が買えてしまうので、麻痺してしまうという考えも無きにしも非ずですが・・・

そして、キャッシングも含めて、お金に関しての考えが麻痺してしまった挙句が多重債務ということも言えるんですけどね。

ただ、いつも言っているように、贅沢をしたりギャンブルにのめりこんだりした人だけが、借金を背負っているわけではないので、その辺は少し柔軟に考えてもらいたいです。 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode