スポンサーリンク
Home >> 借金に関する法律 >> 主婦のへそくり事情と借金
Page: 2/8  << >>

主婦のへそくり事情と借金

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:借金返済

主婦のへそくり額が減っているということですが、本当はもっと切羽詰った状態だと思います。

今朝の「スパモニ」でも放送していましたが、総量規制後、所得制限が定められたために「新たな借り入れ」ができなくて、風俗に勤めている女性がインタビューされていました。

そして、総量規制で借りられなくなった主婦をターゲットにした「ソフト闇金」の話も。

「ソフト闇金」にはしる人たちは、思ったよりも多いということですね。

特に主婦の方が。

こちらのブログでも書いていますが、総量規制後、専業主婦の方が借入れを断られたり、現在借り入れをしている金融会社でも、新たな借り入れができなかったりということで、困っている方も多いのです。

特に多重債務だと、ただでさえ、もう借りるところがないのに、今借りているところからの「新たな借り入れ」 ができなくなると、本当にもうどこからも借りられない状況になるんですね。

そうならないためにも「債務整理」をしましょう、ということなのでしょうが、債務整理をするにもお金がかかってしまうと言う事実。

債務整理したからといって、その日から生活が良くなる訳ではありませんから、場合によっては多重債務の頃よりも悪くなるケースも。

まあ、私の場合は、総量規制の前に決断して本当に良かったとは思いますが、そうできない理由のある方もいらっしゃいますよね。

多重債務で、「夫が病気」とか「夫が失業中」なんていう方は、「ソフト闇金」に頼るしかない状況なのかもしれません。

ただ、やはり、利息が恐ろしく高いということを考えても、「無理な取立てがない」ということだけで、選んでは危険です。

総量規制で規制するだけではなく、公的資金の導入なども考えてもらいたいところです。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律
Home >> 借金に関する法律 >> 総量規制とヤミ金

総量規制とヤミ金

JUGEMテーマ:ニュース
JUGEMテーマ:借金返済

借金返済に日々頭を悩ませている人たちにとって、「総量規制」は今のところ、何の対策にもなっていなかったということが言えます。

確かに「借りる方が悪い」という理論が前提に合って、それでも借りてしまう人が急増してしまった世の中の背景にも問題はないか、ということがあるのですが・・・

総量規制は、「あまりにも安易に貸付を行う行為が、多重債務者を増やすことになる」という判断から施行されたのでしょう。

そのことだけを見ると、意義があるようなのですが・・・

結局は、「消費者金融」という「蜘蛛の糸」にしがみついていた多重債務者を振り落としてしまったような形になったのでは?と思います。

振り落とされてしまった多重債務者は、生活できなくなりヤミ金融に走る。

ただ、多重債務者もバカではないですから、みすみす取り立ての厳しい、明らかに「危なそう」なヤミ金には借りないですから。

そこで登場したのがソフト闇金というわけですね。

本当に、借金地獄に陥った人だけがわかることなのですが、「どうしてもお金が必要」となった時、目の前に貸してくれる業者があったら、どんなに利息が高くても借りると思います。

その時は「そんなに高いと返せない」とかそんなことはあまり思わないものなのです。

仮に思ったところで、「借りたい」という気持ちの方が上回っていますから。

借りる人の相談にまで乗っているという「ソフト闇金」は、今後まだまだ増えるのではないかと思いますよ。

やはり生活福祉資金だけでなく、早急に緊急貸付のような公的資金ができないかと思いますが、「悪用する」人が必ず出てくるから、難しいんでしょうね。

「<改正貸金業法>新種のヤミ金相次ぎ参入、被害も 施行半年」
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101216-00000096-mai-bus_all

 

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律
Home >> 借金に関する法律 >> クレジットカードの総量規制とローンの考え方

クレジットカードの総量規制とローンの考え方

JUGEMテーマ:借金返済
JUGEMテーマ:日記・一般

この12月に実施される予定のクレジットカードのショッピング枠規制ですが、厳密に言えば、「総量規制」にあたるものということになりますね。

と言うのは、クレジットカードのショッピング枠については、「貸金法」ではなく「割賦販売法」によって規制されるということになります。

法律の話になると、やたら難しくなり、一般の人は蚊帳の外のような言葉が多く出てきますが、やはり知っていないとあとで慌てることにもなりかねません。

私も、まだそんなに知識を得ているわけではないのですが、クレジットカードのショッピング枠については、なぜ総量規制の対象にならなかったのか?という理由がここにあるんですね。

規制される法律が違うため、クレジットカードのショッピング枠だけが、いわば「総量規制の抜け道」のようになり、ショッピング枠現金化業者が一斉に動き出したということです。

だから、というわけでもないのでしょうが、この割賦販売法についても、各世帯の収入によってある計算式を出し、その金額以上のローンは組めないように設定される、というのが今回の措置です。

割賦販売法ですから、同じようにクレジットカードのショッピング枠を利用しても、一括で返済すれば、規制されることはありません。

問題は、その計算方法ですよね。

これもやたらとわかりにくいんです。

これから年末にかけて、大きな買い物をクレジットカードのローンで支払う人が、一年で一番多くなる時期なのに、「使えない」なんていきなり言われたら、本当に困ってしまいますよね。

買うものが、切羽詰ったものじゃなければ我慢すれば良いのですが、壊れた電化製品など、この時期に買い換える予定の方も居るんじゃないのかな。

それと、一番の書き入れ時にローンが使えないために物が売れない、なんてなったら、商売している方は死活問題ですよね。

その辺はどうなるのか?

一番物が動くこの時期に何も規制しなくても、と思うのですが・・・


【関連エントリー】 総量規制、今日から | 800万の借金かかえた主婦の債務整理日記 - 貸金業法改正(総量規制)の問題点 | 800万の借金かかえた主婦の多重債務日記

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金に関する法律

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode