スポンサーリンク
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 国民健康保険料を滞納して、家に差し押さえの調査が来た経験談
Page: 2/12  << >>

国民健康保険料を滞納して、家に差し押さえの調査が来た経験談

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務だと、国民年金も払っていない人が多いと思います。(私もそうでした。払えないんです)

ただ、国民年金は、支払えない場合、免除願いの書類だけは出しておいた方がいいですよ。

数段階ありますので、年収によっては全額免除されます。

まあ、その分差し引かれるのですが、何も届けを出さないでいると、「未納」ということで、督促状が来ますから。

お金があっても支払わないなんていう人も増えていますので、今後は未納者に「財産差押え」などの強硬手段に出るとも言われていますよね。

差し押さえられて泣く男性

とにかく、放っておくと、何もいいことはないですよ。

同じように、国民健康保険も支払えない方が急増しているようです。

国民健康保険料って、高過ぎますからね。

他の税金が減っているのに、健康保険だけが増えるなんていうこともあったりして。

それに、税金は、前年度の収入を基に計算されるため、次の年に明らかに収入が下がっても、支払金額が減ることは無いですよね。

一番厳しいのがそこなのです。

うちも、支払えなかったので、市役所の窓口に行って、「分割」にしてもらいました。

住んでいる市町村によって違いますが、「月々いくらなら支払えるか」ということと、「支払う意思はある」ということを明確に伝えれば、すぐに全額要求されるようなことはないです。

とにかく、正直に今の状況を説明すること。

スポンサードリンク

 


別に「借金で首が回らない」なんていう必要は無く、「生活が苦しい」ことを具体的に説明するのです。

「支払えないものは支払えないんだから」なんて言ってはいけませんよ。

時々、市役所の窓口に行くと、職員の方と口論になっているのを見かけます。

 

自暴自棄になって、職員の方に暴力を奮ったり、火をつけたりなんて、事件も時々起こっているくらいです。

感情的になっても、税金が減ることは無いですから。

それに、職員の方だって、自分の一存で金額を動かせるわけは無いし、決まりに則って対応されているわけです。

とにかく「支払いたいけれど、今は支払えない」ということを伝えましょう。

保険証は、ひと月ごとになってしまいますが、支払う意思があるという誠意が認められれば出してくれます。

保険証がないと、お医者さんにかかっても全額負担ですから。

恥ずかしいかもしれませんが、きちんと説明することが大切です。

相談に行く際には、例え1万円でも良いので持っていく方が良いと思います。

数十万も滞納していると、「焼け石に水」なのですが、「払う気はある」という証明にはなります。

それに、収入が一定のライン以下なら、書類を出すだけで、国民健康保険料を減額してもらえることもあるのです。

そのことも合わせて聞いてみることをお勧めします。

少しでも安くなれば、返せるという気持ちにもなりますよね。

なんて、偉そうなことを書いていますが、国民健康保険料を滞納していて督促状や催告書が来ても、私もすぐには窓口に行けなかったのです。

 

放置するつもりは無かったのですが、「何を言われるんだろう?」と思うと、足がすくんで行けなかったんですよ。

 

で、差し押さえ寸前になり、家に職員の方が調査に見えました。

 

「何を言われるのだろう?」と怯えていましたが、家の様子と外をあちこち見ただけで、「資産価値のあるようなものは無いですね?」と念を押されて帰られました。

 

当時、家はボロボロで、車もひと目で年式の古いやっと動いている中古車だということがわかったため、「この家から取るものは無い」と判断されたのでしょう。

 

ただ、やはり、「本当に家まで来るんだ」と怖くなったのは覚えています。

 

それで慌てて市役所に相談に行ったのですから、悪いお手本のようなものなのです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 多重債務で国保を滞納すると年3万円も損をする?

多重債務で国保を滞納すると年3万円も損をする?

JUGEMテーマ:借金返済

 

突然ですが、国保など税金の督促状や催告書が送られてきてびっくり!

 

なんてことになった方いらっしゃいませんか?

 

うちも、催告書が最初に送られてきた時には、心臓が止まりそうなくらい驚きましたが、現に支払っていなかったので、仕方のないことですね。

 

催告書の金額にびっくりする

 

どうも、多重債務になると、借金より怖いものはないと思い込んでしまい、その他の支払いを甘く見てしまいがち。

 

まあ、甘く見る気は無くても、優先順位をつければそうなってしまう、というのが正解ですが。

 

特に、サラリーマンやパートで社会保険に加入されている方は良いのですが、アルバイトなどの非正規雇用されている方や自営業などだと、国民健康保険料が重くのしかかっています。

 

そもそも、そういった経済的弱者でも、きちんと健康保険を利用して医療機関が利用できるようにという計らいからできたものなので、ありがたいと思わなきゃいけないのかもしれません。

 

だけど、経済的弱者が加入するということは、支払える人が限られているということ。

 

例えば、お店が繁盛している個人事業主の方というのは、かなりの金額を支払っているのではないでしょうか?

 

うちも、自営の仕事がうまく行っている時には、「えー?こんなに払うの?」というくらいの金額を支払っていましたから。

 

それが、だんだん経営難になり、売上は減額減額になってくるのに、保険料は最初こそ安くなりましたが、その後はほとんど変わらずです。

 

一番少ない時でも年間20万円以上の国民健康保険料は支払っていたと思います。

 

収入が10万円足らずだった時もこのくらいですから、「支払えない」という方の気持ちは本当によくわかります。

 

私も、「いっそこのまま他の都道府県に引っ越してしまおうか?」と思ったほどですが、「逃げおおせる」と思わないほうがいいですよ。

 

と言いますか、税金から逃げられると思うほうがおかしいし、道理に反したことなのですが、多重債務でお金に困った生活を続けていると、そんな簡単なことも考えられなくなるのです。

 

たいていの方は、「支払いたいけど高すぎて支払えない。督促状が来ても支払えないので放置していたら、催告書が来てびっくりした」ということでしょう。

 

そこには、「◯月◯日までに滞納金額◯◯万円と延滞金◯万円の合計◯◯万円納付してください。期日までに支払えない時には、差し押さえなどの処分がある場合もあります。」なんていう怖い文章でちりばめられているのです。

 

と同時に、金額の多さに改めて見直すと・・・

 

そう。延滞金って何?ですよね。

 

スポンサードリンク

 

 

考えてみたら、借金も借りていければ利息が付くわけで、税金も支払いを怠れば、期限を過ぎた日から延滞料はかかります。

 

督促状が来た時点で、すでに手数料の100円は加算されていますから。

 

催告書には、この督促手数料もしっかりと加算されているので、「思った以上の金額で2度ビックリ」となってしまい、さらにおびえる、ということになります。

 

延滞金は年14,6%と決められていますから、年間20万円くらいの国民健康保険料で、なんと3万円弱の延滞金が発生するのです。

 

まあ「年間3万円損をする」というのは、こちらの勝手な言い分で、支払わない方が悪いのですが・・・

 

それに、今は、各地方自治体も税制減収で頭を抱えているところも多く、滞納者にも厳しくなっているというのがほとんどです。

 

ただ、民間と違って、無いところから無理やりむしり取るということはしないので、こちらが支払えない理由を真剣に話せば、分割にも応じてくれたり、収入が少ない人には減免制度の手続きもしてくれるはず。

 

なので、まずは、市役所の窓口に行って相談する、というのが一番良いでしょう。

 

催告書が届いてからだと、市役所に行くのも及び腰になってしまい、ズルズルと引き伸ばすなんていうことにもなりかねませんが、なるべく早いほうが良いのは確か。

 

滞納したまま引越してしまった」という方も、以前住んでいたところで相談すれば、分割払いにもしてもらえるそうですよ。

 

新しく引っ越した市町村では、新たに保険証を出してもらえるので、「このまま払わなくても大丈夫なのでは?」と思ってしまいがちですが、転出届で引越し先の住所は調べなくてもわかります。

 

放置しているうちに、滞納していたことすら忘れかけていたら、ある日突然数十万の支払いを求める催告書が郵送されてくる、なんていうこともあるのです。

 

それに、いつも書いていますが、国民健康保険料を滞納して保険証を出してもらえなくなると、自分や家族が困りますからね。

 

「それにしても国保料って、もっと安くならないの?」という気持ちはずっと持っているのですが、まずは、自分ができることからするしか無いですから。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 国民健康保険料を滞納するとすぐに差し押さえられる?

国民健康保険料を滞納するとすぐに差し押さえられる?

JUGEMテーマ:借金地獄


国民健康保険料を滞納してしまう、ということはよくあることです。

いや、本当は自分や家族のためにもいけないことなのですが、税金の中でも高い金額なので、どうしても支払えなくなるというのが本当のところ。

特に多重債務になってしまうと、「どこに借金を返して、月々いくら残って、支払いがいくら必要で」ということまで把握できなくなっていることが多いです。

もう目の前のことしかわからなくなり、「明日までに◯万支払わないといけない」「じゃあ、どこから借りるか?」という付け焼き刃の考えしか浮かんできません。

となると、税金に関してはもう目をつぶるしか無いということになってしまいます。

それと、借金を滞納した場合は「すぐにでも怖いお兄さんがやってくるのでは?」「執拗な取立てがあるのでは?」という恐怖が先に立ちますから、優先順位を先にしてしまうということもあります。

20150403_1058043.jpg

ただ、税金の場合、怖いのは「給料や貯金の差し押さえ」です。

考えようによっては、ヤミ金融から借金をして滞納してしまっても、相手も法律に違反した利息を取っていたりしますから、表立って法的手段に訴えることはできないことから、税金の方が怖いとも言えます。

だって、債務整理をすれば借金からは逃れられますが、税金からは逃れられないのですから。

それに、自治体は、地方税法で「督促状が発行された日から10日経っても納付されない場合、差し押さえなければならない」とまで定められているのです。

これだけでも、怖いお兄さんよりももしかしたら厳しいのでは?と思いますよね。

まあ、実際には、定められた期間が過ぎた途端に差し押さえられることは滅多に無いですし、ヤミ金融はもともと法律無視ですから、あの手この手で苦しめられることも考えられますから、どちらが怖いとかは言えないんですけど。

だからといって、軽く見てはいけません。

国民健康保険料の督促が来ても滞納を続け、催告書が来ても無視し続けていれば、差し押さえられるのは時間の問題と考えて良いでしょう。

また、差し押さえよりも怖いのは、保険証が発行されなくなればお医者さんにもかかれなくなり、最悪の場合は命にかかわることもあることです。

何度も書いているように、できれば催告書が来る前に役所に相談に行くしか方法はないです。

スポンサードリンク

 


その時、少しでも支払えるお金を用意できれば良いのですが、無くても、とにかく今の自分の経済状況を包み隠さず話すことに尽きます。

この場合、どうしてもオーバーに言ってしまったり、嘘をついてしまうケースもあるようですが、調べればわかりますから、正直に言いましょう。

できれば、収入を証明するものや家計の状況がわかるものなどを持参する方が良いです。

収入によっては、減免制度が利用できますから、国民健康保険料が2割から7割減額されるかもしれないのです。

 

国民健康保険料を安くする裏技はありますか?



その上で、「月々1万円くらいなら支払えます」とか「5,000円くらいならなんとか」と言えば、分納にも応じてもらえる確率も高くなります。

あとは、差し押さえと同じくらい怖いのが「延滞金」です。

すでに1年くらい放置していると、延滞金だけでもすごい金額になっています。

しかも、保険料を支払わない限りどんどん増え続けていくので、裏技として「延滞料を後払いにしてもらう」という方法もあります。

つまり、第二期の支払いと三期の支払いをする場合、第二期の支払い時には延滞料もプラスされるわけですが、それを第三期支払い終了まで待ってもらう、ということ。

受け入れてもらえるかどうかは交渉次第ですが、うまく行けば、延滞料が増えるのを抑えることができるので、ダメ元で言ってみるくらいに考えたほうが良いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法