生活福祉資金は借りられる? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
生活福祉資金は借りられる? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

債務整理後でも緊急小口資金なら借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後やブラックになってもお金を借りられるところを探している方は多いんですよね。

普通なら、「借金を返せなかったのに、まだ懲りないのか」と思うでしょうが、少し前までと「借金をする理由」が違ってきているので、一概にそうとは言えません。

借金の理由も、少し前ならギャンブルや投資などにお金を使ってしまってという方も居たのですが、今はほとんどが「生活するお金に困窮して」という理由でしょう。

実際問題、私の周りでも、急に夫が失業してとか、病気になってということでお金に困っている方は多いです。

借金があるのに病気になって

ましてや、債務整理をしたり借り入れブラックになっていたりする人にとっては、「どこでもいいから貸してくれるところは無いか?」とわらにでもすがる思いでしょう。

そんな方が、唯一頼れるのが公的機関なのですが・・・

住んでいる県や市町村によって、職員の対応がまちまちだったりで、借りられる方はあまり多くは無い、ということみたいです。

もっとも、あまり敷居を低くしては、借りたい人が殺到してしまったり、悪用する人が出てくるのは間違いないのですが。

すぐに貸してくれて公的に借りられるものとしては、社会福祉協議会の「緊急小口融資」が一般的ですね。

10万円までが限度なので、それ以上必要な場合は違う融資制度に申し込む必要があるのですが、多分、これが一番申し込みやすいでしょう。

よく話題にしている「生活福祉資金貸付制度」の貸付方法のひとつです。

スポンサーリンク

 


「明日食べるものを買うお金も無い」と言う場合は、ちょっと間に合わないのですが、場合によっては、割と早めに融資してくれるということもあるようです。

所得制限とか他にも条件があったり、「緊急性が感じられない」と判断されれば却下されてしまいますので、今の状況を包み隠さず話すしかないでしょうね。

借金で今はお金に困っているとは言え、少し前までは結構お給料も良くて、羽振りの良い生活をしていたなんていう方も居るはず。

そんな方にとっては、役所に行くことすらPRIDEが許さないような気持ちがある場合もあると思います。

もう少し、メンタルな面も含めて相談できる窓口があれば良いのですが、民間の団体とかがやらないと無理でしょう。

国や自治体の制度をすぐに変えるなんて、なかなかできないですものね。

 

まあ、「そこまで面倒見きれない」というのが本当のところですが、世帯主であるお父さんが、お金が無いのにプライドばかり高くて相談できずに居て、その間に子どもたちが食べる物も無く辛い生活を強いられる、ということは十分に考えられます。

自分で何とかするしかないのですけど。

相談と言えば、人の弱みに付け込んで、「もうどこからも借りられなくなったらご相談ください」と「借金返済の救済窓口」とうたっている業者にも注意してください。

よく求人広告のチラシとかに載っているでしょう?

ものすごい高金利でお金を貸す業者や闇に近い業者とかもあるみたいですから、気をつけないといけないですね。

「もうどこでもいいからお金を貸してくれないか」と思っている時には、悪質な業者にも引っかかりやすいですから。

 


こんな記事も読まれています
2018.08.23 Thursday|-|-|-|-

多重債務者でも公的機関で借り入れできる?借金相談を兼ねているところも

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務でもお金を借りられる公的機関としては、生活福祉資金が知られています。

 

2010年から保証人なしで借り入れられるようになったので、当時は窓口に借りたい人が殺到して大変だったとか。

 

窓口に人が殺到-債務整理体験談

 

ただ、いわゆる「コゲツキ」と言われる、借り入れした人が返済を滞ってしまうことが多いということなので、なかなか貸したがらなかったところが多いようです。

 

貸したがらないというと語弊がありますが、それぞれの自治体の社会協議会で予算があるでしょうから、あまりたくさんの人が来てしまえば、貸し渋りが起きるのは当然ですね。

 

誰だって、低金利で公的な資金が借りられれば、そこで借りたいですから。

 

それに、多重債務と自覚するくらいになれば、もうどこからもお金が借りられない状態ですから、国がというか自治体がお金を貸してくれるのは非常にありがたいのです。

 

だけど、もともとは高齢者や障害者の方のための生活資金貸付制度なので、働ける世代の借り入れそのものが難しいということもあります。

 

「体を壊していて今は働けない」となれば、たとえ生活福祉資金を借りられたとしても、返す当ても無いわけですから、生活保護を勧められるのは仕方がありません。

 

その生活保護にしても、今は受給したい人が増えているために、必要な人にまでまわっていないと言われています。

 

なのに、不正受給をして贅沢な暮らしを続けている、なんていう人も居るわけですから、世の中不条理です。

 

でも、今は職種を選ばなくても、仕事にありつけないご時世。

 

生活福祉資金だけではなく、とりあえず今必要なお金を貸し付けてくれる制度そのものが必要だと思います。

 

資本主義社会なんだから、仕事がなくなったり働けなくなった時のことも考えて、貯金をしておくべきだと言う考えもあるでしょう。

 

もっともだと思いますが、本当に食べる物にも困るような状態で、日々の生活を送っている人達も多いのです。

 

そんな人たちが、ある日突然働き口を無くしてしまったら、やはり先立つものはお金ですよね。

 

まあ、そういった時に安易に借りられるサラ金などに手を出してしまった結果が、多重債務ということにもなるのですが・・・

 

堂々巡り、水掛け論にもなってしまいますが、「今、生活が成り立たない人がすぐに借りられるお金」をなんとかして欲しいな、と思います。

 

スポンサーリンク

 

 

そんな中、盛岡、北上、釜石、八戸、青森を中心とした「消費者信用生活協同組合」は、頼りになりそうですよ。

 

さまざまな理由で生活していくことが困難な方の生活再建をサポートしてくれるということなので、当然多重債務者にも救いの手を差し伸べてくれそうです。

 

とは言え、あくまでもサポートということなので、その一環として「貸付」もしてくれるということ。

 

特に借金を抱えて悩んでいる、という方には、相談に乗った上で債務整理費用や当座の生活資金の貸付も可能だそうです。

 

ただ、お金を貸すことが目的ではないので、多額の借金を抱えている場合などは、まず債務整理を勧められるということもあるでしょう。

 

それは、生活福祉資金も同じで、「債務整理をしてから申し込んでください」と言われることも多いようです。

 

もっともな話ですけどね。

 

東京にお住まいの場合は「東京都多重債務者生活再生事業」がありますが、こちらも、相談窓口を経て、貸付の他、債務整理手続きのアドバイスを受けたり、家計の収支に関しての改善点を指摘してくれたりと、細やかな対応をしてくれるということ。

 

結局は、「どうして多重債務になってしまったのか?」という根本的なことを理解した上で、生活再建の目標を立てないと立ち直るのは難しいということなのでしょう。

 

追記:生活福祉資金の審査で「落ちやすい人」の特徴という記事を読みました。

 

○家計簿を付けたりレシートを保存するなど、家計状況を把握していない

○税金の滞納があったり、借金の金額が多い

○返済計画書に沿って返済できるかどうか不安な部分が見受けられる

○お金に困っているという緊急度がわかりにくい

 

ということです。

 

確かに、いくら公的資金とは言え、「返済できる見込みのない人」にお金を貸そうとは思いません。

 

また、「現在お金に困っているように見えない」となると、公的資金を利用する意味もありませんよね。

 

逆に、こういった点に気をつければ、生活福祉資金の審査に受かりやすいという目安にもなりそうです。


こんな記事も読まれています
2018.08.18 Saturday|-|-|-|-

無職の人が最速でお金を借りるには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金が全くなくて途方に暮れるというのは、ある日突然やってきます。

いや、本当はわかっていることなのですが、「その日」のために貯金をすることを怠っていたり、あるいはできなかったりということですね。

ありとキリギリスの話ではないですが、「職を失ったり、病気になったりすることは、人生で何度もあること。それを何の貯えもなしに乗り切ろうとするのがダメなのです」ということになります。

債務整理体験談-アリとキリギリス

ごもっとも、正論で、返す言葉も見つからないくらいです。

だけど...

人間ってなかなか目の前のことをこなすのに精一杯で、数年後のことや転ばぬ先の杖を考えることができません。

あっ、自分ができないからって、「人間」という大きなひとくくりで考えてしまうのは無謀ですね。

私と同じような人が、多分世の中にはたくさんいらっしゃるのではないか?ということで書かせていただきます。

ネットのQ&Aサイトを見ても、「現在無職で、4月からやっと就職先が見つかったのですが、失業してからハローワークに通いつめ、やっと仕事が決まった状態で、現在お金がまったくありません。どうしたらいいでしょうか?」という質問を見かけました。

独身の方なのですが、親に借りようにも現在生活保護を受けているほど生活に困っていて頼れない、ということです。

仕事探しの間に、家賃支払いや生活費などで失業保険も底をつき、とても貯えどころではないということ。

「どこかでお金を借りるにしても、無職だと貸してくれなくて困っています。」で質問は終わっているのですが、この方は本当に緊急性があると思うんですよ。

明日食べるものを買うお金もない」という状態だそうです。

いわゆる即日キャッシングでお金を借りるのが一番手っ取り早いのですが、万が一お金を借りられたとしても、その後のことを考えると不安ですね。

スポンサーリンク

 


現在無職でも、就職先が決まっている場合は、新しい就職先をキャッシング申請時に書くことで、もしかしたらお金を借りられるかもしれません。

現在の年収がゼロになるので、審査に受かるのは難しいとは言え、これから収入が入ることが決まっています。

その就職先での収入もある程度以上のものであれば、「お金を貸しても返してもらえる」ということなので、キャッシング審査に受かる可能性も出てくるのです。

ただし、どの程度の可能性かは、キャッシング会社の規約にもよりますし、申請者の他の属性にもかかってきます。

一番早くお金を手に入れる方法としては、この即日キャッシングにまさるものはないのですが、何しろ利息が高いですから、お給料が入ったらすぐにでも返せる金額、ということでなければ、就職後すぐに借金を抱えることになってしまいます。

公的資金ではどうでしょうか?

生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金があるのですが、貸付金額が10万円以下、市民県民税が年額4,500円以下の世帯となっているので、意外と敷居は高いですね。

しかも、申請して実際にお金がおりるまでの期間が、平均で7日から10日、遅いと2週間以上かかるそうです。

まあ、これも相談次第で、本当に生活がひっ迫していると判断されれば、3日ほどでおりることもあるそうですが・・・

いずれにしても即日キャッシングのような訳にはいかない、ということですね。

 


こんな記事も読まれています
2018.07.06 Friday|-|-|-|-
Copyright © 生活福祉資金は借りられる? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます