スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 多重債務者でも公的機関で借り入れできる?借金相談を兼ねているところも
Page: 2/11  << >>

多重債務者でも公的機関で借り入れできる?借金相談を兼ねているところも

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務でもお金を借りられる公的機関としては、生活福祉資金が知られています。

 

2010年から保証人なしで借り入れられるようになったので、当時は窓口に借りたい人が殺到して大変だったとか。

 

窓口に人が殺到-債務整理体験談

 

ただ、いわゆる「コゲツキ」と言われる、借り入れした人が返済を滞ってしまうことが多いということなので、なかなか貸したがらなかったところが多いようです。

 

貸したがらないというと語弊がありますが、それぞれの自治体の社会協議会で予算があるでしょうから、あまりたくさんの人が来てしまえば、貸し渋りが起きるのは当然ですね。

 

誰だって、低金利で公的な資金が借りられれば、そこで借りたいですから。

 

それに、多重債務と自覚するくらいになれば、もうどこからもお金が借りられない状態ですから、国がというか自治体がお金を貸してくれるのは非常にありがたいのです。

 

だけど、もともとは高齢者や障害者の方のための生活資金貸付制度なので、働ける世代の借り入れそのものが難しいということもあります。

 

「体を壊していて今は働けない」となれば、たとえ生活福祉資金を借りられたとしても、返す当ても無いわけですから、生活保護を勧められるのは仕方がありません。

 

その生活保護にしても、今は受給したい人が増えているために、必要な人にまでまわっていないと言われています。

 

なのに、不正受給をして贅沢な暮らしを続けている、なんていう人も居るわけですから、世の中不条理です。

 

でも、今は職種を選ばなくても、仕事にありつけないご時世。

 

生活福祉資金だけではなく、とりあえず今必要なお金を貸し付けてくれる制度そのものが必要だと思います。

 

資本主義社会なんだから、仕事がなくなったり働けなくなった時のことも考えて、貯金をしておくべきだと言う考えもあるでしょう。

 

もっともだと思いますが、本当に食べる物にも困るような状態で、日々の生活を送っている人達も多いのです。

 

そんな人たちが、ある日突然働き口を無くしてしまったら、やはり先立つものはお金ですよね。

 

まあ、そういった時に安易に借りられるサラ金などに手を出してしまった結果が、多重債務ということにもなるのですが・・・

 

堂々巡り、水掛け論にもなってしまいますが、「今、生活が成り立たない人がすぐに借りられるお金」をなんとかして欲しいな、と思います。

 

スポンサーリンク

 

 

そんな中、盛岡、北上、釜石、八戸、青森を中心とした「消費者信用生活協同組合」は、頼りになりそうですよ。

 

さまざまな理由で生活していくことが困難な方の生活再建をサポートしてくれるということなので、当然多重債務者にも救いの手を差し伸べてくれそうです。

 

とは言え、あくまでもサポートということなので、その一環として「貸付」もしてくれるということ。

 

特に借金を抱えて悩んでいる、という方には、相談に乗った上で債務整理費用や当座の生活資金の貸付も可能だそうです。

 

ただ、お金を貸すことが目的ではないので、多額の借金を抱えている場合などは、まず債務整理を勧められるということもあるでしょう。

 

それは、生活福祉資金も同じで、「債務整理をしてから申し込んでください」と言われることも多いようです。

 

もっともな話ですけどね。

 

東京にお住まいの場合は「東京都多重債務者生活再生事業」がありますが、こちらも、相談窓口を経て、貸付の他、債務整理手続きのアドバイスを受けたり、家計の収支に関しての改善点を指摘してくれたりと、細やかな対応をしてくれるということ。

 

結局は、「どうして多重債務になってしまったのか?」という根本的なことを理解した上で、生活再建の目標を立てないと立ち直るのは難しいということなのでしょう。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活福祉資金はおまとめローンには利用できない?

生活福祉資金はおまとめローンには利用できない?

JUGEMテーマ:借金返済

「お金を借りる」ということ。

これは、本当によく考えて、よっぽどじゃないとしてはいけないことなんだと思わなきゃいけないんですよね。

「何を今更」と言われそうですが、クレジットカードでのキャッシングやローン契約があまりにも簡単になってきた今、どうしても「借りるのが当たり前」になってくるのです。

多重債務になると、借金をするということに慣れてくるというか、麻痺してしまうようになるので、こうなるともう病気と言えるでしょう。

多重債務や債務整理でブラックになった場合、本当にどこからも借り入れできなくて途方にくれることがよくあります。



借金をしたことがない方にとっては「まだ懲りないのか」と思われそうですが、お金が無いと実際に生活していけないのです。

少しでも収入を増やしたいと思っても、とにかく「明日食べるものを買うお金もない状態」が続くわけですから、「手っ取り早くお金を借りる」ことしか思いつかないんですよね。

だから、パソコンや携帯で、一生懸命「ブラックでも借りられる甘い金融業者」などと検索して、とにかく少額でも借りられないか?と藁をもつかむ気持でいるわけです。

私も同じような状態になったので、気持はわかるのですが、やはりそんな究極の状態になる前に、公的資金を借りる相談をした方が良いでしょう。

一般的なものだと、生活福祉資金ですね。

書類を出すだけで、あとは審査にさえ通ればお金を貸してくれる民間の金融業者と違って、手続きは煩雑と言わざるを得ませんが、ここは腰をすえてチャレンジするつもりで申し込みましょう。

ただし、金利が安いあるいは無利子だからといって、「おまとめローン」のような使い方はできません。

多重債務で数社からの借入れがすでにある場合は、まずは「債務整理をしてから」と言われることが多いでしょう。

「お金を貸す」ことが目的ではなく「セーフティーネット」として、本当に生活に困っている人を助けることが目的なので、「とりあえず借りておこう」では却下されると思います。

あくまでも「生活を立て直すまでのつなぎ資金」ということなんですよね。

スポンサードリンク



だから、「現在いかにお金に困っているか」をアピールすることも大切ですし、「借りたお金は確実に返す」という心構えも審査の対象になります。

もし審査に通れば、単身世帯で月15万円以内、二人以上の世帯では月20万円以内のお金を最長1年借りられるので、当座の資金としては何とかなるでしょう。

返済期間は20年以内で、最初の半年は返済猶予期間が設けられています。

とにかく、半年間は返済もないので、なんとかしのげますよね。

実際、この金額以下の収入で暮らしている世帯も数多くいらっしゃると思うので、これだけあれば充分とも言えるでしょう。

とは言え、「借りたお金は返さないといけない」ので、自信のない方は「生活保護」という選択肢もあります。

生活保護に関しては、いろいろな問題が浮き彫りになっていますが、もしもの時に頼れるセーフティーネットがこれしか無いんですよね。

 

何も、安易な気持ちで公的資金や制度にしがみつけ、と言っているわけではなく、生きるか死ぬかの選択になったら?ということ。

要は、「苦しい時にどうにかしてでも生き延びる」手段として考えるのが大切なんです。

諦めてしまっては何もできません。

「もうダメかな」と思ったら、何とか次の日まで生きてみよう、と思う。そして、その次の日も・・・

諦めない気持が「運」を連れてくることだってあるのです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活保護の必要最低生活費にも及ばない収入で暮らしている人は多い

生活保護の必要最低生活費にも及ばない収入で暮らしている人は多い

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでも借りられる」というテーマの記事で、「結局頼れるのは、公的資金の生活福祉資金になるのではないか」ということを書きました。

 

だって、いつまでもあるかどうかわからない民間の金融業者に、頼ることもできないですから。

 

民間の金融業者で「ブラックでも融資OK」というところは、ほとんど疑ってかかったほうがいいですからね。

 

すべてが悪徳業者ということではなく、「自己破産経験者でもご融資します」というような正規の消費者金融もあるのは確かです。

 

だけど、大々的に「ブラックの人でも歓迎します」みたいなところは避けたほうが良い、ということ。

 

ただ・・・

 

この生活福祉資金に関しても、なかなか「すぐに融資してもらった」という体験談は出てこないようです。

 

「まったくあてにできない」ということはないのですが、根気よく担当者と相談することになります。

 

市役所で公的資金の相談をする

 

まあ、悪用されないためにも、仕方の無いことなのですが・・・

 

結局は諦めて、闇金融に走る方も多いようです。

 

だけど、そんなことをするのなら、最後の手段とも言うべき「生活保護」を考えた方が良いかもしれませんよ。

 

こちらも、最近では希望者が続出しているため、申請を受け付けてもらうことすらできないこともあるようですが・・・

 

もし、働く意欲があって、健康的にも問題が無いようなら、求職者支援制度を利用するという方法もあります。

 

しかし、生活保護費がいくらなのか?を調べてみたのですが、ある地方自治体での生活保護費が一人暮らしで6〜8万、二人で9〜12万ということです。

 

これは、家賃や医療費を差し引いた金額なので、例えば、家賃が8万円くらいのところに住んでいる方だと、一人暮らしでも16万くらいもらえることもある、ということですか。

 

それに、医療費はタダですからね。

 

スポンサーリンク

 

 

生活保護から抜けられない」という社会問題もあるようですが、わかります。

 

だって、多重債務時代は、30万円稼いでもその半分以上は借金の返済に回りますから、4人家族でも15万円以下で生活していましたから。

 

そこから住宅ローンを差し引いたらほとんど残りません。

 

そんなことを考えると、非常に複雑な気持ちになりますね。

 

今は、生活保護レベル以下の生活費で、生活している世帯はかなり多いと思います。

 

やはり、ブラックの人も、そうじゃない人も、これからは本気で稼ぐ力を身に付けないといけないでしょう。

 

そのためには技術を身に付けたり、副業で貯金を増やしたりする必要がありますね。

 

いつも書いているオークションなどで、少ない金額から稼ぎながら、少しづつ増やしていくという方法も有効だと思いますよ。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?