スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 多重債務者でも公的機関で借り入れできる?借金相談を兼ねているところも
Page: 2/12  << >>

多重債務者でも公的機関で借り入れできる?借金相談を兼ねているところも

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務でもお金を借りられる公的機関としては、生活福祉資金が知られています。

 

2010年から保証人なしで借り入れられるようになったので、当時は窓口に借りたい人が殺到して大変だったとか。

 

窓口に人が殺到-債務整理体験談

 

ただ、いわゆる「コゲツキ」と言われる、借り入れした人が返済を滞ってしまうことが多いということなので、なかなか貸したがらなかったところが多いようです。

 

貸したがらないというと語弊がありますが、それぞれの自治体の社会協議会で予算があるでしょうから、あまりたくさんの人が来てしまえば、貸し渋りが起きるのは当然ですね。

 

誰だって、低金利で公的な資金が借りられれば、そこで借りたいですから。

 

それに、多重債務と自覚するくらいになれば、もうどこからもお金が借りられない状態ですから、国がというか自治体がお金を貸してくれるのは非常にありがたいのです。

 

だけど、もともとは高齢者や障害者の方のための生活資金貸付制度なので、働ける世代の借り入れそのものが難しいということもあります。

 

「体を壊していて今は働けない」となれば、たとえ生活福祉資金を借りられたとしても、返す当ても無いわけですから、生活保護を勧められるのは仕方がありません。

 

その生活保護にしても、今は受給したい人が増えているために、必要な人にまでまわっていないと言われています。

 

なのに、不正受給をして贅沢な暮らしを続けている、なんていう人も居るわけですから、世の中不条理です。

 

でも、今は職種を選ばなくても、仕事にありつけないご時世。

 

生活福祉資金だけではなく、とりあえず今必要なお金を貸し付けてくれる制度そのものが必要だと思います。

 

資本主義社会なんだから、仕事がなくなったり働けなくなった時のことも考えて、貯金をしておくべきだと言う考えもあるでしょう。

 

もっともだと思いますが、本当に食べる物にも困るような状態で、日々の生活を送っている人達も多いのです。

 

そんな人たちが、ある日突然働き口を無くしてしまったら、やはり先立つものはお金ですよね。

 

まあ、そういった時に安易に借りられるサラ金などに手を出してしまった結果が、多重債務ということにもなるのですが・・・

 

堂々巡り、水掛け論にもなってしまいますが、「今、生活が成り立たない人がすぐに借りられるお金」をなんとかして欲しいな、と思います。

 

スポンサーリンク

 

 

そんな中、盛岡、北上、釜石、八戸、青森を中心とした「消費者信用生活協同組合」は、頼りになりそうですよ。

 

さまざまな理由で生活していくことが困難な方の生活再建をサポートしてくれるということなので、当然多重債務者にも救いの手を差し伸べてくれそうです。

 

とは言え、あくまでもサポートということなので、その一環として「貸付」もしてくれるということ。

 

特に借金を抱えて悩んでいる、という方には、相談に乗った上で債務整理費用や当座の生活資金の貸付も可能だそうです。

 

ただ、お金を貸すことが目的ではないので、多額の借金を抱えている場合などは、まず債務整理を勧められるということもあるでしょう。

 

それは、生活福祉資金も同じで、「債務整理をしてから申し込んでください」と言われることも多いようです。

 

もっともな話ですけどね。

 

東京にお住まいの場合は「東京都多重債務者生活再生事業」がありますが、こちらも、相談窓口を経て、貸付の他、債務整理手続きのアドバイスを受けたり、家計の収支に関しての改善点を指摘してくれたりと、細やかな対応をしてくれるということ。

 

結局は、「どうして多重債務になってしまったのか?」という根本的なことを理解した上で、生活再建の目標を立てないと立ち直るのは難しいということなのでしょう。

 

追記:生活福祉資金の審査で「落ちやすい人」の特徴という記事を読みました。

 

○家計簿を付けたりレシートを保存するなど、家計状況を把握していない

○税金の滞納があったり、借金の金額が多い

○返済計画書に沿って返済できるかどうか不安な部分が見受けられる

○お金に困っているという緊急度がわかりにくい

 

ということです。

 

確かに、いくら公的資金とは言え、「返済できる見込みのない人」にお金を貸そうとは思いません。

 

また、「現在お金に困っているように見えない」となると、公的資金を利用する意味もありませんよね。

 

逆に、こういった点に気をつければ、生活福祉資金の審査に受かりやすいという目安にもなりそうです。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 無職の人が最速でお金を借りるには?

無職の人が最速でお金を借りるには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金が全くなくて途方に暮れるというのは、ある日突然やってきます。

いや、本当はわかっていることなのですが、「その日」のために貯金をすることを怠っていたり、あるいはできなかったりということですね。

ありとキリギリスの話ではないですが、「職を失ったり、病気になったりすることは、人生で何度もあること。それを何の貯えもなしに乗り切ろうとするのがダメなのです」ということになります。

債務整理体験談-アリとキリギリス

ごもっとも、正論で、返す言葉も見つからないくらいです。

だけど...

人間ってなかなか目の前のことをこなすのに精一杯で、数年後のことや転ばぬ先の杖を考えることができません。

あっ、自分ができないからって、「人間」という大きなひとくくりで考えてしまうのは無謀ですね。

私と同じような人が、多分世の中にはたくさんいらっしゃるのではないか?ということで書かせていただきます。

ネットのQ&Aサイトを見ても、「現在無職で、4月からやっと就職先が見つかったのですが、失業してからハローワークに通いつめ、やっと仕事が決まった状態で、現在お金がまったくありません。どうしたらいいでしょうか?」という質問を見かけました。

独身の方なのですが、親に借りようにも現在生活保護を受けているほど生活に困っていて頼れない、ということです。

仕事探しの間に、家賃支払いや生活費などで失業保険も底をつき、とても貯えどころではないということ。

「どこかでお金を借りるにしても、無職だと貸してくれなくて困っています。」で質問は終わっているのですが、この方は本当に緊急性があると思うんですよ。

明日食べるものを買うお金もない」という状態だそうです。

いわゆる即日キャッシングでお金を借りるのが一番手っ取り早いのですが、万が一お金を借りられたとしても、その後のことを考えると不安ですね。

スポンサーリンク

 


現在無職でも、就職先が決まっている場合は、新しい就職先をキャッシング申請時に書くことで、もしかしたらお金を借りられるかもしれません。

現在の年収がゼロになるので、審査に受かるのは難しいとは言え、これから収入が入ることが決まっています。

その就職先での収入もある程度以上のものであれば、「お金を貸しても返してもらえる」ということなので、キャッシング審査に受かる可能性も出てくるのです。

ただし、どの程度の可能性かは、キャッシング会社の規約にもよりますし、申請者の他の属性にもかかってきます。

一番早くお金を手に入れる方法としては、この即日キャッシングにまさるものはないのですが、何しろ利息が高いですから、お給料が入ったらすぐにでも返せる金額、ということでなければ、就職後すぐに借金を抱えることになってしまいます。

公的資金ではどうでしょうか?

生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金があるのですが、貸付金額が10万円以下、市民県民税が年額4,500円以下の世帯となっているので、意外と敷居は高いですね。

しかも、申請して実際にお金がおりるまでの期間が、平均で7日から10日、遅いと2週間以上かかるそうです。

まあ、これも相談次第で、本当に生活がひっ迫していると判断されれば、3日ほどでおりることもあるそうですが・・・

いずれにしても即日キャッシングのような訳にはいかない、ということですね。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 公的資金が借りられないのは借金が原因?

公的資金が借りられないのは借金が原因?

JUGEMテーマ:借金返済

 

消費者金融のキャッシングなど、民間の金融業者からお金を借りられなくなると、公的資金に頼るしかなくなります。

 

だけど、普段生活していて、公的資金って、生活保護くらいしか思い浮かばないかもしれません。

 

それだけ、あまり浸透していないのですよね。

 

こちらのブログでも、時々ご紹介している生活福祉資金貸付制度は、1,5%〜3%程度の低金利で借りられ、保証人を付ければ金利ゼロなので、もう少し知られていても良いのですが。

 

今は、各地方自治体も財政難のところも多く、貸付をしても返済されないこともある生活福祉資金貸付制度を、大々的に知らしめるということは、しないのでしょうか?

 

いや、そもそも民間の会社では無いのですから、宣伝する必要がないというのが本当のところ。

 

では、なんで生活保護は有名になった?と言えば、給付だからということ。

 

生活保護費は返す必要が無いのです。

 

だから、貰い得とばかりに不正受給する人が増える。→ニュースになる→名前ばかりが印象に残ってしまう

 

と、こういうことでしょうか?

 

現に、世の中には、本当に働きたくても働けない人も多く、生活保護費に頼らないと生きていけない人も多いのに、世間一般のイメージは悪いものばかりなんですよね。

 

そうなると、生活福祉資金貸付制度にしても、たとえ無利子で借りられたとしても

 

○住んでいる地域の民生委員に「お金が無い」ことを知られてしまう

 

○市役所で相談していると、「お金に困った可哀想な人」という印象を持たれてしまう

 

○実際に現金がおりるまでに時間がかかる

 

○手続きが煩雑(提出書類が多い)

 

という負のイメージが強くて、お金に困っていても相談に行けず、止む無く闇金融からお金をかりてしまった、なんていうケースも後を絶たないのです。

 

実際はどうなのか?ということですが、体験談についても、両極端に分かれるくらい、「すんなり借りられた」「親身になって相談に載ってくれた」という人と「最初からこちらの話すら聞いてくれなかった」「横柄な態度だった」という感想が飛び交っているのです。

 

生活福祉資金貸付制度というのは、国のというか、厚生労働省の管轄なのですが、申し込み窓口は、都道府県や市区町村の社会福祉協議会となっているため、どうしても対応がマチマチになってしまうんですよね。

 

例えば、人口の多い市での対応では、相談に来る人も多いですから、ひとりに掛ける時間も少なくなってしまうでしょう。

 

相談に来る人の態度についても、お金を借りに来たとは思えないほど横暴な態度の人も居ると思います。

 

私が、国民健康保険料滞納の相談に行った時にも、「早くしろよ」とか「このままじゃ生活していけないって、何度言ったらわかるんだ!」と声を荒げている人も居ました。

 

お金が無いと気持ちが荒むのはわからなくも無いですが、担当者に凄むのはもってのほか。

 

職員の方だって、そんな相談者が続けば、対応もぞんざいになってしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

まあ、こういったケースは論外ですが、生活福祉資金貸付制度を利用しようとする人は、他の民間金融機関からお金を借りられないくらい切羽詰った状況なので、窓口の人に対応いかんでは、すごく落ち込むことになると思います。

 

では、最初の相談で、「残念ですが、お貸しできません」と断られる原因は何でしょうか?

 

もちろん、低所得者向けの融資制度なので、収入制限に引っかかるような人は借りられません。

 

その他高齢者が居る世帯とか、障害者世帯であるなどの条件があるのですが、

 

貸付を断られる項目のトップに来るのが

 

○現在複数の金融業者から借金を抱えた状態である

 

なんです。

 

となると、多重債務で「もうどこからもお金を借りられない」人にとっては、「生活福祉資金、おまえもか」ということになってしまうんです。

 

普通に考えれば、公的資金とは言え、貸付制度ですから、返せるあてが無いことには困ります。

 

多重債務者は断られて当然、となるでしょう。

 

だけど、「民間の金融業者から借りられないから来たんだよ!」ということなのですが・・・

 

その場合は、担当者の方にもよりますが、「先に債務整理を行ってからにしてください」となり、法テラスを紹介してくれたりするそうです。

 

債務整理後の貸付については、「返済できる定期収入があれば、それだけで審査に落ちることはない」ということですが、すんなりとは行かないと思ったほうが良いでしょう。

 

いずれにしても、最初からダメだと諦めず、ダメ元でとりあえず相談に行ってみる、という強い気持ちが必要なんだということですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?