スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活保護受給者が宝くじで1億当選したら?保護費は打ち切られる?
Page: 2/12  << >>

生活保護受給者が宝くじで1億当選したら?保護費は打ち切られる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

生活保護を受けている人が宝くじで1億当選したらどうなるのでしょうか?

 

宝くじに高額当選して狂喜乱舞の女性

 

そのままもらえる?それとも「生活保護を受けているのに宝くじを買うなんてけしからん」と取り上げられてしまう?

 

生活保護を受けている人がパチンコをするなんて、と問題になったことがありますよね。

 

実際に禁止になっている自治体もあるのかな?

 

確かに、国民の税金から出ていると考えれば、「パチンコをするなんて」と考える人が居るのもわかりますが、お国柄と言うか、海外ではそれほど問題にはならないみたいです。

 

「その人が国からもらったお金で何を買おうが問題は無い」と考える人が多いとか。

 

日本では、とてもそんな鷹揚な感じではないですね。

 

だけど、その割には不正受給が多いような気がします。

 

普通に車を所有していて、その車で通院していた女性が、タクシーで通っていたことにして、タクシー代まで受給していたとか。

 

受給途中で収入が大幅に増えたのに、まったく申告せずに、今までもと同じ金額をもらい続けていたり。

 

はたまた、高級車を乗り回すほどの収入がありながら、最初から不正に保護費を受給していたり、と。

 

定期的に、このようなニュースが流れてくるので、生活保護を受けている人自体の評判も悪くなってしまいますよね。

 

実際には、働きたくても働けない人も、世の中にはたくさん居るわけです。

 

病気療養中の方とか、介護や育児で外に働きに出られない、など。

 

また、非常に辺ぴな場所に住んでいて、「高齢の両親を置いて引っ越せない」という理由で、就職先も無い状態で、生活保護に頼るしか無いケース、などなど。

 

そんな人ほど、受給できていないのかもしれませんが。

 

で、受給途中で大金が転がり込むと言えば、やはり思いつくのは宝くじです。

 

「えー?生活保護を受けているのに宝くじなんて買えるの?」という疑問はあるでしょうが、今の所、特に禁止されているわけではないようです。

 

モラルの問題としてどうなの?と思うかもしれませんが、その辺の問題は置いておいて。。。

 

スポンサーリンク

 

 

実際に宝くじに当たったらどうなるのか? しかも、1億円とかの高額当選だったら? となると、興味は出てきませんか?

 

「どうせ、宝くじに当たったとしても、役所に取られてしまうのでは?」

 

「今までの保護費代プラスアルファは、返還させられるでしょう」と思ったあなた。

 

私もそう思ったのですが、例えば、サマージャンボ宝くじ1等に当たったとして、当選金額が8月20日に入金された場合、その日以降の生活保護は打ち切りとなります。

 

今まで10年以上支給されていたとしても、返還義務は無いということなんです。

 

さすがに1億円もあれば、生活保護が突然打ち切りになっても、生活に困ることはありませんから、OKですよね。

 

では、当選金額がいくらから打ち切りになるか?と言うと、世帯の生活保護基準額に6を掛けた金額以上、ということ。

 

10万円だったら60万円以上になります。

 

地方に住んでいる場合は、基準額も低いので、100万円の当選でも即打ち切りになってしまうこともあるんですよ。

 

宝くじで100万円当選したら嬉しいですが、生活保護を受給している場合は、一回の100万円で打ち切られると、その後の生活は苦しいなんてものじゃないでしょう。

 

かといって、宝くじに当選したことを申告しないで黙って居た場合、保護費が即廃止になるだけでなく、最悪の場合詐欺罪に訴えられることも考えられます。

 

となると、モラルの問題だけでなく、「宝くじを買うべきかどうか?」悩むことにもなりますね。

 

うーん、個人的には、宝くじで夢を買うくらいは良いのではないか?と思うんですけど。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 多重債務だと緊急小口資金の審査に落ちる?

多重債務だと緊急小口資金の審査に落ちる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

ブラックになるとお金は借りられない、それでもお金は必要になる。

こんなジレンマに胸が押しつぶされそうになっている方もいらっしゃるでしょう。

ブラックじゃなくても、お金が急に必要になったのに借りられない方は想像以上に多いと思います。

ではどうすれば良いのでしょうか?

通常の金融業者からはお金を借りられない、という場合大きくわけて2つの選択肢があると思います。

A「ブラックでも借りられる」というような、危険極まりない金融業者か、口コミで話題になっている「金融事故を起こしていても多重債務でも借りられる」という中小の消費者金融を探す。

B 公的資金に頼る

まあ、「自分でお金を作る」という選択肢もあり、実際はそれが一番良いのですが、この際「借りる」ということに絞って考えてみます。

Aに関しては、いつも書いていますが、中には「債務整理をした人でも貸してくれる」正規の金融業者が無いわけではないのです。

実査にお金を借りているという体験談も複数見られますし、嘘ではないのでしょう。

ただ、今はヤミ金融やソフト闇金などとの境目が不透明で、素人にはなかなか判断がつきません。

極端な話、借りる時は正規の金融業者だったのに、経営不振でなりふり構わなくなり、ヤミ金融さながらの経営に変わろってしまったなんていうところもあるくらいです。

だから、君子危うきに近寄らずということなんですよね。

となると、お金を借りる選択肢はBのみということになります。

なのですが、これがどうしてなかなかすんなりと借り入れができたという例が少ないわけで。

これは、公的資金ということでのハードルがあるのかな?と思うわけです。

どうしても手続きが煩雑になり、「緊急にお金が居るのに、こんなに手続きが必要なのか?」とうんざりしたり、条件が厳しい分、せっかく必要書類を用意出来ても却下されることもあるんですよね。



審査の基準についてははっきりしたことはわかりませんが、緊急小口資金を利用できる世帯については、条件がはっきり示されていますので、当てはまれば申請可能ということになります。

基本的には市県民税が非課税などの低所得者世帯であること。

具体的な世帯収入の数字まで明確に掲載されている市町村もあるので、各都道府県自治体のHPを参考になさってください。

見ると、気になる事が書いてあるのですが・・・

 

それは、「債務の返済のためにお金を借りようとする人」はお断りと書いてあることです。

多重債務で、明らかに収入と収支のバランスが崩れている場合は、「先に債務整理で借金を整理してから」ということになるんですよね。

多重債務者側からすれば、「債務整理するにもお金が無いからお願いしているのに」ということなのですが、貸す側からすれば、借金返済のためのお金は貸せません、ということでしょう。

スポンサーリンク

 


次に、どんな理由で貸付を受けようとしているのか?が問題となります。

急に入院や手術することになった場合など医療費がかさんでしまった時

給与が激減したり盗難に遭ったり紛失して、生活費が必要な時

滞納していた国民健康保険料などの税金を支払うことによる生活費の不足

自然災害や火災などの被災で生活費が必要な時


などと結構細かい事由が具体例として書かれています。

自身の都合ではない、何か突発的な出費が必要になった場合にのみ認められるということでしょう。

ハードルは高そうですが、公的資金の中では最も早く(通常は5日から2週間くらい)貸付が受けられるので、「どうしてもお金が必要だけど、どこからも借りられない」という時には検討してみる価値はありそうですね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 国からお金を借りるための方法?生活福祉資金の手引とは?

国からお金を借りるための方法?生活福祉資金の手引とは?

JUGEMテーマ:借金返済


生活福祉資金の手引き」という本があるのをご存知ですか?

公的資金は、だいたいにおいて評判は良くないんですけどね。

第一、緊急貸付を除いては「すぐにお金がおりない」という点があります。

また

原則保証人が必要(現在は保証人無しでもOKの場合がある)

低所得層に限られること

原則として障害者や高齢者が居る世帯を対象にしていること

などなど、条件も厳しいです。

それでも、多重債務になって「もうどこからも借りられない」とか、債務整理後にブラックになってしまい「どこもお金を貸してところがない」という状況になったら、考えてみても良いのでは?と思います。

世間的には生活保護ほど知られていないですよね。

スポンサードリンク

 


ブラックになってしまい「こうなったら、ヤミ金融でもなんでも貸してくれるところならどこでもいい」なんて自暴自棄になるくらいなら、公的資金も考えてみましょうよ、ということ。

さっきご紹介した「生活福祉資金の手引き」ですが、毎年出版されているようです。

定価だと3,000円程度ですが、以前は新しい年度のものは在庫切れで、一時は10,000円を超えていた時も。

 

今は「お取り寄せ」になっていますが、定価で購入できるようです。

 

生活福祉資金の手引(平成30年度版) [ 生活福祉資金貸付制度研究会 ]


中身は読んでいないのですが、「どうしたら生活福祉資金が借りられるのか?」という説明というよりも、書式の書き方などの説明が主なようです。

 

ある年度の目次を見てみると

 

◯生活福祉資金制度の概要について

 

◯借り入れ申込書などの記入例

 

◯特例つなぎ融資などについてのQ&A

 

◯生活支援対策の概要や申請書様式の一例

 

などとなっていました。

 

具体的な内容が知れるのは、ありがたいのではないでしょうか?

図解になっていたりすればわかりやすいのですけど、わかりやすさは求めていないのかもしれないですね。

あとは、生活保護についての本も結構人気があるみたいです。

How to本から、応援系、漫画でわかりやすく説明してくれる本などいろいろあります。

「仕事がないから、とりあえず生活保護を申請しよう」なんていう安易な気持ちで申請する、というのは論外ですが、突然無職になってしまい住むところも取り上げられて、ホームレスに。



なんていう人も実際に増えているのです。

事実、私が住んでいるところも、冬の時期は常に気温がマイナスになるような地域ですが、最近ホームレスをよく見かけるようになりました。

多重債務時代や債務整理後に食べることもままならない状態になった私にとっては、「明日は我が身」という気もします。

手遅れにならないうちに、なにかしらの心構えをしておくに越したことはないですよね。 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?