スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 自己破産後の生活の実態 車や家はどうなる?
Page: 2/36  << >>

自己破産後の生活の実態 車や家はどうなる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理をしたい、自己破産しかないのだけれど、その後の生活を考えるとどうしても踏み切れないという方が多いと思います。

 

自己破産後の生活とは本当はどのようなものなのでしょうか?

自己破産後の生活は悲惨なもの。

家も車も家具も財産すべて取り上げられ、職場にも居られなくなり、生活自体できなくなってしまう。



選挙権すら無くなってしまうかも。

家族はもとより、親戚にまでその影響は及び、みんなローンが組めなくなったりクレジットカードが持てなくなる。

などなど。

自己破産後の生活については、ありとあらゆるネガティブな情報が行き交っていますね、

すべてが嘘とは言いませんが、ほとんどが当たっていないと言えるでしょう。

まず、家と車は例外をのぞいて取り上げられてしまいます

これは合っていますね。

だけど、家はともかく、車に関しては、売ってもほとんどお金にならないような古い中古車の場合は、おとがめ無しということも多いです。

取りに行く費用がかかるだけ損、という考えですね。

ただ、それもローン支払い中の車だったりすると、また話は違ってきますので、「古いから大丈夫」とは思わない方が良いでしょう。

他の家財道具に関しては、20万円以上の価値のあるものは取り上げられることになっています。

これも、いちいち家に人が来て、「これはいくら」なんて鑑定されるわけではないので、まず取りあげられることはないのですが、明らかに高価なものを隠し持っていたりすれば、問題になると思います。

と言いますか、そもそも裁判所に提出する申立書に嘘の記述をすること自体に、問題がりますよね。

とは言え、よっぽど高価なものじゃない限り、中古品で20万円以上の価値のあるものは少ないと思うので、そう心配しなくても良いでしょう。

スポンサードリンク

 

 


自己破産すると、家族や親戚もローンが組めなくなる

というのは、ほぼ間違いということ。

個人信用情報はあくまでも、個人について記述してあるものなので、例え同居している家族でも、家族の履歴までは調べないし調べられないと思います。

ただ、審査が厳しいと言われている住宅ローンに関しては、同居している家族が自己破産していた場合に、断られるというケースもあるようですが、真偽のほどはわかりません。

選挙権については、まったくの嘘で、住民票や戸籍に載ることもなく、選挙権が無くなることもありません。

だから、自己破産しても、表向きは「普通の生活」が続けられると思って良いでしょう。

と言っても、ローンが組めなかったりクレジットカードが持てないのは痛いですが・・・

あとは、借金が無くなっても、一度破綻した生活は、なかなか元には戻らないということでしょうか。

それと、「破産者になった」とか「借金を返せなかったダメな人間」と自分自身で思い込んでしまう、というのが一番つらいことなのかもしれません。
 

もちろん、債権者や周囲の人に迷惑をかけたことは忘れてはいけないのですが、いつまでも引きずっていては、前を向いて歩けないですよね。

 

とことん反省をしたら、今度は脇目も振らずに前進あるのみ、と心に決める必要があるのです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 明日の生活費もないくらいお金に困ったら?闇金融が頭をよぎったら危険です

明日の生活費もないくらいお金に困ったら?闇金融が頭をよぎったら危険です

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理をしてもお金を借りたい、というのは、許されることではないということはわかっています。

ただ・・・

債務整理をした直後は、本当にお金がないのです。

どのくらいないかというと、「明日の生活費もない」という状態が続きます。

明日の食べるものが買えないということは、公共料金やその他の支払い、家賃、税金などなど・・・すべての支払いに困るわけです。

明日食べるものも無い-債務整理体験談

唯一の利点は「借金を支払わなくても良いこと」なんですが、これも、任意整理などでは支払い義務が生じます。

まあ、実際には債務整理を依頼してから、決着が着くまでには数ヶ月の期間がありますので、この間に何とか生活の建て直しをしろ、ということなのですが・・・

数ヶ月前に生活すべてが破綻し、ゼロどころかマイナスからスタートしている状況で、なかなか前に進むことは難しいのです。

「とにかく、当座のお金だけでもどこかで借りられないか?」と最初はそんなことばかり考える日々でした。

ただ、多重債務の頃と比べれば、「借金の催促」というものすごく精神的にダメージを受けるプレッシャーから開放されたのは、本当に何物にも変えがたい気持ちになったものです。

とは言え、「明日の生活費がない」という状態は、本当に経験した人でないとわからないことです。

私の場合は、少しでも副業での収入があったので、なんとかなりましたが、あの時無収入だったらと思うとゾッとします。

債務整理をしてブラックになった方が「ブラックでもお金を借りる方法を教えてください」と言われるのも、よくわかります。

今思うと、あの状況でよく暮らしていたものだと、自分でも感心してしまいくらいですね。

さて、何度も書いていますが、現在ブラックでも借り入れができるところ、というのは、残念ながら一般の消費者金融などでは難しいでしょう。

スポンサードリンク

 


一昔前は、「ブラックの方ご相談ください」という、中小の消費者金融がいくつかあったはずなのですが・・・

この不況で、そのほとんどの会社がなりを潜めてしまったようです。

そうなると、「ブラックの方でも融資できます」というような金融会社は、「闇」である可能性が高くなります。

本当に切羽詰った状態だと、「最悪ヤミでも貸してくれれば」と思ってしまいますが、そこは耐えてください。

今の状態よりも、もっと悪い場所に連れて行かれることになりますから。

というわけで、こちらでは、やはりいろいろと問題も提議されていますが、生活福祉資金貸付制度のような公的資金の借り入れをお勧めしています。

また、求職者支援制度を上手に使う、という方法もありますね。

条件が合えば給付金も受けられますから。

とにかく、「一歩でも前に進む」という気持ちでいないと、精神的に参ってしまいます。

たまには「現実逃避」もしながら、真剣にお金と向き合うことしかないんですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> アコムの不動産担保ローンは無職でもお金を借りられる?

アコムの不動産担保ローンは無職でもお金を借りられる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

以前も書きましたが、債務整理後に無職になった経験があります。

 

多重債務とか借金が無くても、またブラックじゃなくても、無職になるってよっぽどのことですよね。

 

もちろん、「働きたくなくて」という理由で仕事に就かない方を除いて、ですよ。

 

働く意欲がない無職

 

お金の問題が一番なのですが、みなさんどうやって乗り切っているのでしょうか?

 

無職でお金を借りるなんて」という非難も受けるでしょうが、突然職をなくしてしまったら、頼れるものはお金なのです。

 

不動産担保ローンなら無職でもお金を貸してくれるのかも、という考えもあります。

 

これは、持っている物件によるのですが、確かに資産価値の高い不動産を持っていれば、貸してくれるかもしれません。

 

それでも、借りる金額が大きいですから、審査も厳しいですし、無職ということで、最初にはじかれてしまうかもしれないのです。

 

それに、万が一支払いが滞ったら、大事な土地や先祖代々住んでいた家を取られるかもしれない、と考えると、安易な気持ちでは借りられないですよね。

 

不動産担保ローンの中でも、やはり消費者金融系なら借りやすいという情報もあり、一度アコムの不動産担保ローンに申し込んだことがあるのですが、案の定却下されました。

 

当時は無職では無かったのですが、収入もまだ少なく、その上不動産価値も低かったためにダメ元で申し込んだのですが、当然の結果に終わりましたね。

 

アコムの不動産担保ローンは、原則連帯保証人不要ということ、3000万円まで借入可能ということ、比較的柔軟審査ということが決め手になったのですが・・・

 

アコムに限らず、消費者金融系と言えども、相当な資産価値のある物件を担保にしないと、無職でお金を借りるのは難しいと思いますよ。


総量規制後は、お金が借りられない人が増えていますから、無職でお金を借りるのは至難の業でしょう。

 

王道の方法としては、「アルバイトや派遣の仕事に就く」ということでしょうか。

 

まあ、アルバイトした時点で無職では無くなるのは当たり前なのですが、派遣社員など、とりあえず登録した時点で、働く意志は認められるということ。

 

実際に働かなくては意味がないのですが、どうしてもお金が先に欲しい場合、登録してすぐに、キャッシングの審査に申込むという方法もあります。

 

スポンサードリンク

 

 

もちろん、いつ登録したのかはバレバレなので、審査に落ちる確率も高いわけですが、無職よりは当然有利です。

 

キャッシングのために登録だけする、というのは言語道断ですが、本格的に仕事にはいる前に、もしかしたらお金が借りられるかもしれません。

 

そして、借りてしまったからには、一生懸命働いて返すしか無いですから、仕事にも身が入るというわけです。

 

派遣社員って、ある程度の仕事内容は知らされていますが、行ってからどの部門に回されるのか?を簡単なテストを受けて決めることが多いのです。

 

だから、「座ったままできる仕事」だったはずが、「ほぼ一日中立ちっぱなし」なんていうこともあり得る、ということ。

 

なので、「1週間も経たないうちに辞めてしまう人もけっこう居る」んだそうです。

 

どんな仕事でも楽な仕事は無いですから。

 

借金返済のために何が何でも働かなければ」という気合があれば、数ヶ月間なら頑張れるかもしれませんから。

 

一時的に投資で儲ける」なんていう方法もありますが、そもそもお金が欲しい時に、ピンポイントでうまい具合に儲けられるのであれば、相当腕がある人ですよね。

 

それならば、お金を借りる必要は無く、投資家として稼げると思います。

 

そうそう、いつも書いている「ネットオークションで稼ぐ」という方法も、道を極めれば、長期的な収入になるのです。

 

不用品をうまく売れるようになれば、自分で仕入れた商品を売ってみる。

 

そこそこ利益が得られるようになれば個人事業主として登録できますから、これで無職では無くなります。

 

その上、少しばかりの資金も手に入っているでしょうから、その資金を元手に、少しづつ増やしていけば、借金を返すスピードも早くなるでしょう。

 

このように考えれば、無職になってもすぐにお金を借りることも可能だと思いませんか?

 

「返せるあて」ができてから借りる、というのが一番の条件ではありますが。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活