自己破産後の生活は悲惨?お金が無くて債務整理できない時には?

JUGEMテーマ:借金返済

 
債務整理をすれば、ブラックになってしまい、生活すべてが一変してしまうのでは?

特に自己破産の場合はもっと悲惨なのでは?

借金がすべて棒引きになる代わりに、何か恐ろしいことが待っているような恐怖感があります。

私も「自己破産しか道はない」と言われた時には、得体のしれない不安感にさいなまされました。

これから、私たちはどうなってしまうのか?」と。

多重債務の時には、「この借金さえ無くなれば、なんとかもう一度生きていけそうな気がする」と思っていたのですが、実際に債務整理を決意するとなると、話は違います。

結局、ギリギリのところで副業がうまく回るようになってきたので、任意整理で少しでも借金を返すことができましたが。

だからと言って、自己破産を選択したら「なにもかも終わり」という考えは持つ必要はないでしょう。

周りには自己破産を余儀なく選択させられた方もいらっしゃいますが、「思ったよりも悲惨ではなかった」ということです。

まあ、その方は、自己破産したにも関わらず、その後、ご自分の会社を立ちあげて成功されていますので、もともとの心構えが違うのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 


ただ、一昔前と違って、自分から言わなければ周囲にもバレることはないようです。

それだけでも、精神的なダメージは大分違いますよね。

自己破産したことが、周囲にすぐにわかってしまうのであれば、今まで住んでいたところには絶対に住めませんし、子どもが学校でいじめられたりしますから。

具体的には、ローンやクレジットカードなどの信用取引が全くできなくなることが一番の制裁ということになるでしょう。

制裁なんて書くと、穏やかではないですが、金銭的な信用を失くしたわけですから、当たり前の措置だと思います。

それでも、法的な決まりというわけではなく、あくまでも、金融関係者に対して「この人物は、金融事故を起こしました」ということを明白にするだけなのですが、厳しいことには違いが無いですね。

今の世の中、どんなに節約して生きていても、現金では足りないシーンが出てきます。

病気になった時や、冠婚葬祭の時、また子どもの教育費など。

教育資金については、奨学金制度を利用すれば、ブラックでも関係なく借りられるようですが、通常の教育ローンは使えません。


最悪、子どもが進学すること自体諦めざるを得ない、なんていうことにもなります。




まあ、今はアルバイトをして学費を稼ぎながら学校へ行く、なんていう子どもも多いですから、もしかしたら、その方が子どものためにはなるかもしれません。

親としては情けないというお気持ちはよくわかりますが、できる限り貯金をして、それでも足りなければ、自分でなんとかさせる位の気持ちで居たほうが良いでしょう。

「反面教師」という言葉もあります。

自己破産と言う選択も、子どものためにも今はこれで良かったんだ、これから親として出来るだけのことをしてあげれば良い、と思うしか無いんですよね。

 

追記:「実際問題として、自己破産してもお金が無ければ生きていくことさえできないのでは?」という質問を見かけました。

 

確かに、多重債務の時って、食べ物を買うお金すら無いのですから、弁護士費用は出せないし、債務整理したところで生きていけない、という方も多いでしょう。

 

私の場合は、アルバイトや副業の臨時収入で、なんとかしのぎましたが、全く働けない人もいらっしゃると思います。

 

そんな時には、とりあえず自己破産をしてから、生活保護の申請をするのがベストですね。

 

スムーズに行かないことも多いですが、法テラスで相談するなどして、とにかく今の泥沼から抜け出す努力をすることを第一に考えることが大切です。

 

無職でもお金を貸してくれるところはある?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

無職でもお金を貸してくれるところはある?」ということですが、どうなのでしょう?

 

8月も残り少なくなってきました。

 

今も「残暑という名の酷暑」が容赦なく襲ってきます。

 

お金が無いと、エアコン代もケチるので、どうしても体調がすぐれない日が多いです。

 

お金と健康は反比例するというのは、本当ですね。

 

それでも、債務整理後の生活が苦しいとはいえ、エアコンのある生活ができているだけでも幸せです。

 

世の中には「明日の生活どうしよう?」と悩んでいる方もたくさんいらっしゃるのですから。

 

無職でもお金を貸してくれるところ知りませんか?」とか「仕事をしていなくてもローンが組める金融業者はありますか?」という質問をよくいただきます。

 

無職の方が増えている事実が、これだけでもわかるというもの。

 

確かに、日本でも失業率も増えていますし若者が職にあぶれる時代ですから、ある程度の年齢になればなおさらでしょう。

 

若い人はアルバイトなどで、フリーターとしてなんとか働けたとしても、中年以降になれば、アルバイトの口もあまりないです。

 

私の知り合いは、50代で失業しましたが、地方ということもあり、ハローワークに行ってもほとんど仕事らしい仕事がなかったそうです。

 

あったとしても、時給750円とか。 お子様が二人いらっしゃいましたから、とてもそんな金額では暮らしていけないですよね。

 

それでも、まだあるだけましというような状況です。

 

ハローワークで「その金額では暮らしていけません」と言ったら、シルバー人材を紹介されたとか。

 

シルバー人材の方がまだ時給が高いというんです。

 

皮肉なことに。

 

スポンサーリンク

 

 

定年退職後は、シルバー人材で第二の人生を始められ、今までのキャリアを活かせる仕事に就いている方も多いので、否定するつもりは無いのですが、雇用条件など、扶養家族が居る状態では、厳しいのは確かです。

 

その方は、結局農業で起業されて、今ではなんとか軌道に載せられたようです。

 

ただ、当時はまだ起業する人に割と積極的にお金を貸してくれましたが(日本政策金融公庫など)、今はそうじゃないですからね。

 

結局お金を借りられるのは、あまりお金に困っていないだろう大企業のサラリーマンや公務員の方など。

 

低所得者は、総量規制以降、お金を借りることもままならなくなりました。

 

ましてや、無職の人がお金を借りようと思ったら至難の業でしょう。

 

もしかしたら、ブラックの人よりもむずかしいかもしれません。

 

と言うより、こちらで質問される方は、ブラックなのに無職になってしまったケースも多いです。

 

それでも、担保となる不動産を持っている場合には、不動産担保ローンなどは組める可能性はあります。

 

無職だと保証人が必要になるとは思いますが、不動産に十分価値があると判断されれば、借りられるのではないでしょうか?

 

誰も好んで無職になるわけではないのに、また無職だからこそお金が必要なのに、と思いますが、現実は厳しいと言わざるをえないですね。

債務整理中簡単に楽にお金を作る方法はある?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務時代は、言ってみれば「気持ちの中がゴミ屋敷」のような状態で、もう何を考えたら良いのか?どうすれば良いのか?わからない混沌とした状態です。

ゴミ屋敷-債務整理体験談

もっと言えば「狂っているのではないか?」というくらい、生活がぐちゃぐちゃになってしまうんですよね。

それに比べたら、債務整理中の生活は、以前も書いたように「思ったより穏やか」です。

債務整理を弁護士や司法書士の方に依頼してしまえば、後の日常生活は以前とそう変わらないです。

だけど・・・

生活が苦しい状態が続く方が多いですね。

債務整理しても貧しい生活

「どうして?借金は、債務整理の手続きを始めた時点で、取り立ての電話もストップするんでしょう?だったら、借金の分だけ楽になるはず」

という言葉が聞こえてきそうですが、実際は、多重債務時代と変わらないか、かえって生活が厳しくなったような気さえするのです。

それは、多分、「お金が借りられないから」ということになりますね。

結局は、多重債務時代に「お金を借りること」が日常茶飯事になり、お金を借りられない=生活が苦しい、と言うことになってしまうんですね。

まあ、多重債務時代は、やはりもっと悲惨でしたが・・・

それでも、「まだ新たに借入れができるかもしれない」という気持もありました。

それが、悪循環になる「元」となるんですけどね。

本当に「借金」は、ギャンブルなどと同じで依存症になってしまう危険性が大です。

いや、多重債務になった時点で、すでに依存症なんですよね。

スポンサーリンク


それだけではなく、債務整理を依頼すると、すぐに弁護士費用などが必要になってきます。

自営業者の場合だと、予納金として50万円くらい用意しなければならないことも。

これだけでもかなりの金額になりますから、弁護士費用は分割にしてもらえるのですが、予納金はそういうわけには行きません。

 

生活保護を受けている場合は、分割にしてもらえるケースもあるようですが・・・

この他に、生活費の捻出もとなると、本当に「お金がいくらあっても足りない状況に」なります。

だけど、もうどこからも借りられない・・・・

債務整理中に簡単に楽にお金を作る方法」なんていう本があれば買いたいくらいの気持ちなのですが、そんなものあるわけないですよね。

あるとしたら、違法なことかごく短い間だけ通用するものだけ。

そんなことは、頭ではわかっているんですけど、どうしても短絡的になってしまうのです。

結局は、生活を立て直せるかどうかは「自分次第」ということでしょう。