スポンサーリンク
Home >> 債務整理体験談 >> 債務整理したあと1日でも早く立ち直るコツとは
Page: 2/99  << >>

債務整理したあと1日でも早く立ち直るコツとは

JUGEMテーマ:借金返済
 

 

債務整理したら人生終わり?

 

 

多重債務の時は、「債務整理さえすれば、ばら色の未来が見えてくるかもしれない」、という思いと、「債務整理をしてしまったら、もう人生終わりだ」という思いが交差していました。

それと、「自分で借りたお金なんだから、どんなことをしてでも返さなければいけない」という強迫観念と。

その頃は、自己破産しか選択肢がないような感じでしたから、「破産者」としてのレッテルを貼り付けながら一生生きていくのか、と思っていましたね。

さすがに、昔のように、家中に「差し押さえ」の紙を貼られるとか、隣近所から後ろ指を指されるということはないですが、なんとなく「暗い人生」のような気がしていました。

と同時に、「債務整理をすれば、すべてが振り出しに戻れる」「やり直せる」という希望も持っていました。

債務整理をしてみた感想は意外にも・・・


で、実際に任意整理をしてみた感想は?

意外と生活は変わらない、ということです。

まあ、そうですよね。

債務整理をしたからと言って、借金が大幅に減っただけで、収入はそう変わらないですし・・・

特に、私の場合は、債務整理中に夫が失業状態に陥ってしまったので、多重債務時代よりも生活が苦しい時期もありました。

「もう、どこでもいいから、ブラックでもお金をかしてもらえるところはないだろうか?」と必死になって探したり・・・

とは言え、「借金」という重圧が亡くなった分、精神的にはかなり楽になったというのが本当のところ。

正直、任意整理しても残債を返していかなきゃならないですし、多重債務時代に滞納していた税金を月々いくらかづつ支払わなきゃならない。

だから、そんなに生活が楽になったわけではないのですが、私の場合は、「もう借りられない」ということで、逆に「今度はどこから借りよう?」と常に考えていたプレッシャーから開放されたみたいです。

 

アコムやアイフルなどの看板を見るたびに思うこと


街で消費者金融の無人契約機の看板を見る度に、「もう借りなくていいんだ」と安堵している自分が居ます。

スポンサードリンク

 

 

 


実際、「少しでも審査の甘い消費者金融」を捜し求めて、無人契約機のはしごをしたこともありますから。

その頃は、テレビで消費者金融のCMを見るのでさえ苦痛でした。

お金を貸してくれるところなのに、見るのも嫌って。

何か屈折していますよね。

生活はまだ苦しいですが、アルバイトとネットでの副収入でなんとか補填できます。

節約をしながら何とか暮らしていく、という考え方で行けば、「借りては返し」という生活をしていた頃に比べて気分的には楽ですね。

まだまだ「完全な生活の立て直し」までには時間がかかりますが、今が精神的には一番落ち着いているかもしれません。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談
Home >> 債務整理体験談 >> 公共料金や税金を滞納するとブラックリストにのる?

公共料金や税金を滞納するとブラックリストにのる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

お金が無くて税金が払えない

 


借金地獄に陥っている時には、税金が支払えなくて滞納したこともしばしばでしたが、今だったら、支払えないものだらけかも。

もしかしたら、生きていたかどうかも定かではありません。

借金苦で頭を抱える男性

それほど厳しい世の中になっているのです。

ただ、借金地獄に陥っている人は、私達の時よりも確実に増えていると思います。

表立っては、総量規制以降、世帯収入の1/3までしか借りられなくなったので、消費者金融からの借入金額は少なくなったか模様に言われています。

現実には、どこからもお金が借りられず、ソフトヤミ金からお金を借りる人も増えているということ。

公共料金や税金を滞納している人は急増しているようです。

特に税金は、各地方自治体自体が財政難というところも多く、未納問題に頭を抱えているところでしょう。

 

 

税金を滞納したらブラックリストにのるの?


そんな中「税金を滞納して、給料を差し押さえられました。ブラックリストに完全にのってしまいますよね。」という質問が。

結論から言いますと、税金の支払いは国の機関、普通は役所関連が執り行っているものなので、いわゆるブラックリストには載りません

ブラックリストについては何回か書いていますが、個人信用情報機関である、JICC、CIC、KSCに事故情報や延滞情報が載っている人のことです。

税金や公共料金は、金融機関からお金を借りたりローンを組んだりするわけではないので、滞納しても個人信用情報機関に載ることはないのです。

スポンサードリンク

 

 

 


だからといって、安心してはいけませんよ。

税金を納めることは、国民の義務になっているので、収めないのは犯罪を犯したと同じとみなされます。

税金を滞納し続けると、家財や給料の差し押さえも


まあ、捕まることはありませんが、家財やお給料の差し押さえというのは、割と頻繁に行われます。

この質問者さんも、お金が無くて、国民健康保険料を滞納していたそうです。

督促状が来て、それでも無視していたら催告書が届き、支払い命令として書かれていた金額の大きさに恐れおののき、何も対処ができなかったそうです。

そりゃあそうですよね。

日々暮らしていくお金もないのに、いきなり数十万支払えと言われても。

だけど、役所にしてみたら、再三督促しているのに、一向にらちが明かないのですから、もう最終手段の差し押さえをするしかなかったのです。

そうならないためにも、とにかく早めに、なるべくなら催告書が届く前に、役所に出向いて相談してください。

収入が少なくて、とても支払えそうにない場合は、分割払いにも応じてもらえるはずです。

 

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談
Home >> 債務整理体験談 >> 自己破産すると健康保険証が使えなくなる?

自己破産すると健康保険証が使えなくなる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

自己破産すると、さまざまな制約を受けるのは事実です。

だけど、未だに「選挙権が無くなる」とか「健康保険証が使えなくなる」という話がまことしやかに伝わっているんですね。

選挙権が無くなるというのは、全くのデタラメです。

健康保険証については、個人の自己破産であれば取り上げられることはありません。

ただし、会社が倒産して自己破産した場合、社会保険に加入していれば、そのまま使うことはできなくなります。

選択肢としては

◯国民健康保険に切り替える手続きをする

◯社会保険を任意で継続するための手続きをする

の2種類あります。

国民健康保険に切り替えるのが一般的ですが、社会保険の任意継続保険者となることで、保険料が高くなることは避けられます。

手続きをしてしまうと2年間は継続しなければならないので、今後の仕事のことを考えてから決めたほうがいいですね。

個人で自己破産をしたのにも関わらず「健康保険証が使えなくなった」という声を聞くことが多いのは、単純に国民健康保険料の滞納があり支払えなくなったためだと思います。

私もそうでしたが、多重債務に陥っている時には、借金の支払いで頭が一杯で、公共料金やら税金の支払いを忘れてしまうことが多々あります。

頭を抱える-債務整理日記

というよりも、優先順位を付けると、どうしても税金関係が後回しになり払えない、というのが正解でしょうか。

特に国民健康保険料は高いので、一度滞納してしまうと、2期分、3期分まとめて支払うのは至難の業になってしまい、そのうち延滞遅延金も発生するので、どんどん金額が膨れ上がってくるのです。

まるで、借金が新たに増えたように。

督促状が来ても「支払えないから」と後回しにしているうちに、催告書が来て、それでも支払わなければ、保険証の発行はストップされてしまいます。

それでも、市役所の窓口に行って相談すれば、分納で対応してくれることもあるんですけどね。

滞納が悪質ではないと判断されれば、1年ではなくなりますが1ヶ月有効の保険証も出してくれますから、本当に「保険証が使えなくなる」前に相談に行きましょう。

あと、「自己破産すると会社を辞めさせられる?」という噂も根強いですよね。

これについても、破産したことは官報に載りますが、ほとんどの一般人が読むことは無いため、会社の人に知られることは無いのです。

それでも、小さな田舎町とかだと、自己破産したことは、どこからともなく知れ渡ってしまう、ということはありますよね。

スポンサードリンク

 


また、破産手続きをしても、行き違いで督促の電話が会社にまでかかってくる事もあります。

私が知っているケースだと、さっき話題にした国民健康保険料を滞納していて、悪質と判断された挙句、会社のお給料を差し押さえられる、ということがあったそうです。

案の定、会社にバレて、居心地が悪くなり、辞めることになったそうですが、自主的に辞めるのはともかく、会社から「辞めろ」と言うのは不当解雇に当たりますので、辞めさせられることはないです。

ただ、破産したのをきっかけに、左遷させられたりすることはあるかもしれませんが。

いずれにしても、選挙権を失ったり保険証を取られたり、また勤め先を失ったりすることは無いのですから、あとは前を見て歩き始めるしか無いですね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談