スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産すると賃貸契約の保証会社審査に通らない?
Page: 2/26  << >>

自己破産すると賃貸契約の保証会社審査に通らない?

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産すると◯◯できないという都市伝説のような話が蔓延しています。

確かに、破産者に対して社会的制裁はいろいろあります。

賃貸契約についても、すんなりいかない場合も多いでしょう。

それでも、自己破産した場合、持ち家なら売却して債権者にそのお金を渡さなければならないので(当然のことですが)、賃貸契約ができないと住む所もなくなってしまいます。

よく言われるのが、賃貸契約自体は問題なくできるけれど、保証人が立てられなくて保証会社に依頼した場合、審査に受からないのではないか?ということ。

そのことが原因で、「破産したら賃貸契約もできなくなる」と言った間違った情報が流れるわけです。

では、実際に保証会社の審査に落ちたり、入居を断られたケースはあるのでしょうか?



それは保証会社によるのです。

もし、保証会社がジャックスやオリコ、セディナといった信販系の会社なら、個人信用情報を参照すると思われるので、審査に落ちる確率が非常に高いでしょう。

ローンやクレジットカードの審査と同じと考えられるからです。

ただし、自己破産していても免責から5年〜10年経っていて、個人信用情報から事故情報が消えてからなら、受かる可能性は高いです。

信販系の保証会社以外では、家賃等専門の保証会社があります。

他のクレジットカードやローンは取り扱っていないということですね。

この場合は、原則として個人信用情報を参照しないので、入居審査に受かる可能性は高くなります。

家賃系保証会社は、不動産屋と深く関わっていることが多いので、審査基準に関しても信販会社とは違ってきます。

クレジットカードやローンの場合の審査基準より「家賃を支払っていけるのか?」あるいは「借り主の人柄は信用できるのか?」を重視するでしょう。

だから、今まで家賃の滞納はしてなかったか?勤務先はちゃんとした会社か?というところを見るのではないかと思います。

スポンサードリンク

 


中には、書類がきちんと揃っていて、信頼できる人だと認められれば、ほとんど審査なしで通ることも多いということもあるようです。

ということから、信販系の保証会社よりも家賃系保証会社が付いている物件を選ぶ方が良いということになります。

いずれにしても、100%入居審査に受かる保証はありませんが、逆に古くて辺鄙な物件であれば、借りられる可能性も非常に高くなると思うので、その辺は妥協するという考え方もありますね。

 

現に、駅から非常に遠く、古い物件を借りた知人の場合、すんなり入居審査に受かっています。

 

というより、審査自体無かったのではないか?というくらい、スムーズに事が運んだみたいですよ。

 

借り手があまり居ないので」と言われ、恐る恐る暮らし始めたらしいですが、交通の便が悪い以外は特に難があるわけではなく、むしろ、周りに何も無いので広々して住みやすい、と言うのです。

 

虫の襲撃には遭うそうですが・・・

 

まあ、「ものは考えよう」ということです。

また、保証会社に頼らないで、自分で保証人を頼むことができれば、金融関係の審査はほとんど無いと思うので、一番良いということ。

とにかく、物件の選り好みを最小限に抑え、信販系の保証会社に依頼しなければ、自己破産していてもほぼ問題なく賃貸物件は借りられるのです。

自己破産すると家も借りられなくて苦労する、と思い込んでいては何も進みませんよ。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産後の生活の実態

自己破産後の生活の実態

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理をしたい、自己破産しかないのだけれど、その後の生活を考えるとどうしても踏み切れないという方が多いと思います。
 

自己破産後の生活とは本当はどのようなものなのでしょうか?
 
自己破産後の生活は悲惨なもの。

家も車も家具も財産すべて取り上げられ、職場にも居られなくなり、生活自体できなくなってしまう。



選挙権すら無くなってしまうかも。

家族はもとより、親戚にまでその影響は及び、みんなローンが組めなくなったりする。

などなど。

自己破産後の生活については、ありとあらゆるネガティブな情報が行き交っていますね、

すべてが嘘とは言いませんが、ほとんどが当たっていないと言えるでしょう。

まず、家と車は例外をのぞいて取り上げられてしまいます

これは合っていますね。

だけど、家はともかく、車に関しては、売ってもほとんどお金にならないような古い中古車の場合は、おとがめ無しということも多いです。

取りに行く費用がかかるだけ損、という考えですね。

ただ、それもローン支払い中の車だったりすると、また話は違ってきますので、「古いから大丈夫」とは思わない方が良いでしょう。

他の家財道具に関しては、20万円以上の価値のあるものは取り上げられることになっています。

これも、いちいち家に人が来て、「これはいくら」なんて鑑定されるわけではないので、まず取りあげられることはないのですが、明らかに高価なものを隠し持っていたりすれば、問題になると思います。

と言いますか、そもそも裁判所に提出する申立書に嘘の記述をすること自体に、問題がりますよね。

とは言え、よっぽど高価なものじゃない限り、中古品で20万円以上の価値のあるものは少ないと思うので、そう心配しなくても良いでしょう。

スポンサードリンク

 


自己破産すると、家族や親戚もローンが組めなくなる

というのは、ほとんど当たっていないということです。

個人信用情報はあくまでも、個人について記述してあるものなので、例え同居している家族でも、家族の履歴までは調べないし調べられないと思います。

ただ、審査が厳しいと言われている住宅ローンに関しては、同居している家族が自己破産していた場合に、断られるというケースもあるようですが、真偽のほどはわかりません。

選挙権については、まったくの嘘で、住民票や戸籍に載ることもなく、選挙権が無くなることもありません。

だから、自己破産しても、表向きは「普通の生活」が続けられると思って良いでしょう。

と言っても、ローンが組めなかったりクレジットカードが持てないのは痛いですが・・・

あとは、借金が無くなっても、一度破綻した生活は、なかなか元には戻らないということでしょうか。

それと、「破産者になった」とか「借金を返せなかったダメな人間」と自分自身で思い込んでしまう、というのが一番つらいことなのかもしれません。
 

もちろん、債権者や周囲の人に迷惑をかけたことは忘れてはいけないのですが、いつまでも引きずっていては、前を向いて歩けないですよね。

 

とことん反省をしたら、今度は脇目も振らずに前進あるのみ、と心に決める必要があるのです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理しても起業して稼ぐことはできる?

債務整理しても起業して稼ぐことはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理を決心しても、「じゃあ、その後どうして食べていく?」となるのは、特に自営業の場合です。

 

会社員の方でも、債務整理をしたことにより、会社に居づらくなったなんていうこともありますよね。

 

自己破産をしても、基本的には会社や近所の方などに知られることは無いのですが、会社の場合、金融業者から取り立ての電話がかかってきたなどでバレることも多いです。

 

また、借金返済が滞っている場合や国民健康保険料などの税金滞納で、お給料が差し押さえされたらしたら?

 

自己破産したことで、会社を辞めさせられることは無いですし、それを理由に解雇するのは違法なのですが、「会社に居づらくなって辞める」ことは充分考えられます。

 

すぐに転職できれば良いのですが、昨今の就職事情では、よほどのキャリアが無い限り、即戦力として雇ってくれるところは少なくです。

 

転職を考える男性-債務整理体験談

 

現に、大卒の方でも、なかなか就活が思うようにいかず、40歳を過ぎてもアルバイトで食いつないでいるケースもあるくらいなんですから。

 

「いっそ、裸一貫でいちからやり直すためにも、起業できないだろうか?」と考えるのも無理もないことです。

 

安易な気持ちで「起業して稼ごう!」というのでなければ、これを気にチャレンジする、というのもOKだと思うのですが・・・

 

何しろ、経済的に破綻した身で、果たして起業できるのか?と。

 

債務整理をしたからと言って、起業してはいけないという法律は無いのですが、何しろ「お金が無い」のです。

 

スポンサーリンク

 

 

あっ、自己破産の場合は一時的に資格が制限されて、警備員などの仕事ができなくなることがありますが、免責が下りれば解除されますから。

 

だけど、「お金がない」件に関しては、ブラックになってしまうと、どこからもお金を借りることができないので、生活が苦しい上に事業資金も自分で用意しないといけなくなります。

 

唯一頼れそうな日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)でさえ、信用情報機関であるCICに加盟しているので、信用情報から事故情報が消えてからでないと無理でしょう。

 

ただ、他の民間の金融業者よりは、個人の起業に融資すること自体は柔軟だと思うので、事業内容や売上の見込み、将来性などを充分にプレゼンできれば、希望はあるかもしれません。

 

とにかく、当たって砕けろ、ですよね。

 

「だけど、喪明けまでとても待てない」という場合には、よっぽど自信のある企画ならば、スポンサーを募るという方法もあります。

 

逆に、「お金を出しても良い」という人が現れるくらいの企画なら、うまく行く可能性も高いのでは無いでしょうか?

 

理想としては、喪明け前の5年から7年のうちに、アルバイトやパートの仕事をしながら起業の準備をしつつ、お金を貯めておくことなんですが・・・

 

「鉄は熱いうちに打て」ということわざにもあるように、もしお金の問題がなんとかクリアできるのなら、「債務整理でみんなに迷惑をかけた身で起業なんて」と尻込みしない方が良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい