スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理中なのに車のローン審査に受かることがある?
Page: 2/31  << >>

債務整理中なのに車のローン審査に受かることがある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理中のローンでの買い物はできない」というのは周知の事実です。

 

だけど、実際には受かっている方もいらっしゃるんですよね。

 

「ローン審査って一体どうなってるんだ?」と言いたいところですが、どの世界にも何かしらのカラクリはあるわけです。

 

特に車のローンは、クレジットカードのショッピング枠を獲得するよりも、金額が高いだけに敷居は高そうですが、クレジットカードの審査に落ちたにも関わらず、車のローンに受かったというケースもあるんです。

 

ディーラーで車を買う-債務整理体験談

 

うーん、一筋縄では行かないローン審査ですが、やはり、審査を受ける方の属性と申請のタイミング、それに審査基準に合っているかどうか?が重要なんでしょう。

 

例えば、任意整理中のある男性の話

 

任意整理の手続きを終え、現在残債を返済中なのですが、どうしても車のローンを組まなければならなくなったとのこと。

 

仕事がらみで使うので、ある程度のクオリティーを満たす車となれば、とても現金では買えないですから。

 

「車は必須」ということを見越して、任意整理する時に車のローンは入れなかったそうです。

 

当然、ローンは支払い中で、もうすぐ完済するそうですが・・・

 

果たして、この状態でローン審査を通過することはできるのでしょうか?

 

普通に考えてNo.ですよね。

 

私もそう思いました。

 

だけど、大方の予想を裏切って、審査に通ったということなんです。

 

この方、年収は500万円以上ですが、勤続年数は少なく、転職後数年しか経っていなかったということなのですが、いわゆる引く手あまたの技術を持つ職業の方だったということ。

 

家が持ち家ということも影響しているのかもしれません。

 

それと、ちょうど、新車を売り出し中のキャンペーンをしている最中に、ディーラーローンに申し込んたということもあるのかな?

 

債務整理はしても、過去に滞納したことが無かったというのも高評価を受けたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

とにかく、無事にローン審査に通り、残債完済後には、なんとカードローンの審査にも通ったとか。

 

多分、この男性の場合は、すべてが良い方向に行った結果とラッキーなことが重なっての合格ということなんだと思います。

 

ただ、司法書士の方によると、「債務整理中でもローン審査に受かるケースは時々ある」ということなので、まんざら嘘でも無さそうです。

 

とは言え、どこのディーラーでも、信用情報よりも属性を重要視するか?と言われればそんなことは無く、「信用情報に事故情報が載っていれば、他の欄は見ないでローン申請を却下する」という信販会社も多いのは確か。

 

専門家の意見も、「受かる」「いや受からない」と真っ二つに分かれるくらい、混沌としているのです。

 

まあ、「すべては、信販会社の判断に委ねるしか無い」ということですね。

 

言えるのは、私のようにごく普通の収入で個人情報に事故歴がある場合は、債務整理中のローン審査にはほぼ確実に受からないということ。

 

「実際に受かっている人が居るから」という淡い期待だけで、闇雲にローン審査を申し込んでしまうと、二重三重に信用情報を汚してしまうことになり、下手したら一生ローンが組めない身になってしまうかもしれません。

 

できれば、「喪明け後5年から7年待って、クレジットカードやローン審査を申し込む」ということは、守りたいですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理後通りやすいカードはこれだ?

債務整理後通りやすいカードはこれだ?

JUGEMテーマ:クレジットカード


クレジットカードの審査について、とりわけ債務整理後(いわゆる喪明け後)の審査については、どうしても「先に情報を仕入れたい」という気持ちが大きいです。

「どうせ審査に落とされる」というマイナーな気持ちを抱えていますから、少しでも可能性の高いカード会社に申し込みたいのが人情。

「例えどんなカードでもいいから、まず最初にクレヒスを積むクレジットカードを手に入れたい」んですよね。

調べてみると、審査が比較的甘いという噂がある「アコムマスターカード」が浮上してきます。

クレジットカードで支払う-債務整理日記

確かに、信販会社や銀行が発行しているクレジットカードに比べて、消費者金融系のカードは敷居が低く感じます。

だけど、一度多重債務を経験した方、たくさんのクレジットカードに申し込みをした方なら経験があると思いますが、消費者金融系のカードは、往々にして個人情報を根掘り葉掘り聞かれます。

私の場合は、一応信販系だったにも関わらず、巷で消費者金融系に近いと評判だった、ある女性専用カードの申し込みをした際、実家のことをあれこれ聞かれました。

現在の収入や持ち家かどうかなど、結構細かく聞かれました。

普通、本人についてこれらのことを聞かれるのは仕方が無いとして、実家や親戚関係まで聞かれるのは、「ちょっとなー」と思いますよね。

ただ、この時は、他からのキャッシング枠増資を断られた後で、かなり切羽詰まった状態だったので、答えてしまいました。

さすがに親戚関係までは言いませんでしたが、こちらが答えれば、すべて丸裸にされてしまうのではないか?というような勢いでした。

債務整理の手続きをした時にも、督促ストップされるはずが、ここだけは一度だけですが督促電話がかかってきて、そのまま親のところにも連絡しないか?ハラハラしました。

さすがにそれは無かったですけど。

スポンサードリンク

 


消費者金融系がすべて同じとは言いませんし、実際もっと簡単な手続きのところもありました。

でも、クレジットカードを作るにあたって、ネットだけで完結し、書類の郵送も無し、収入証明書も不要、在宅確認の電話さえかかって来なかった、なんていう銀行系クレジットカードもあることを考えれば、その点は厳しいと言わざるをえないでしょう。

それに、審査が甘いと言われていても、落ちる人は居るのです。

「アコムマスターカード」に限らず、独自の審査基準で、もしかしたら過去に個人信用情報に事故歴があっても通りやすいところがあるかもしれませんが、「ここなら必ず通る」という保証は無いということ。

審査が緩いと言われているところはプライバシーを守りにくいことがある、ということ。

 

特に、中小の消費者金融は、ブラックでもお金を貸してくれるところもあるようですが、その分、根掘り葉掘り個人情報を聞かれることも多いと聞きます。

そういったことを理解した上で、「少しでも審査に通る可能性が高いのなら、申し込んでみよう」と言う気持ちで居ないと、最初から心が折れることになるかもしれません。

債務整理後にクレジットカードを申し込むのは、あくまで慎重にし、生活立て直しの第一歩にふさわしいスタートをきりたいものです。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理中に新規銀行口座、キャッシュカードは作れますか?

債務整理中に新規銀行口座、キャッシュカードは作れますか?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理中はローンやクレジットカードの利用はできません。

住宅ローンなどで迷惑をかけた銀行口座は凍結されることもあります。

「それじゃあ、もう社会人として終わってしまうの?」という疑問が沸きますが、そうではありません。

確かに、今やクレジットカードを所有しているということは、社会人として必要不可欠な気がします。

例えば、仲間で食事に行った時、あるいは会社の接待で少し高級なレストランに行ったとしましょう。



クレジットカードのみでしか支払えないお店というのは少ないのでしょうが、現金での支払いがカッコ悪いというような場面もあったりします。

カッコ悪いというのは語弊がありますが、世間的にちょっと値段の張る支払いはクレジットカードで、という風潮はありますよね。

まあ、お金をあることを見せびらかしたい人が、財布からやおら札束を出して、「釣りはいらない」というケースもありますが、今やあまりスマートではない。

となると、「クレジットカードを持てない理由でもあるのでは?」なんて勘ぐられたりします。

本当に訳ありあったりすると(ブラックだったりすると)、もうそんな何気ない場面でも、そわそわドキドキしてしまうわけです。

人によっては、というか私もそうなのですが、その時点で自分を卑下してしまうことにもなりかねません。

多分、自分が気にしているほどには、他人は気にしていないのでしょうが...

ただ、そんな感じなので、銀行口座に対しても「新しい銀行口座も作れないのではないか?」と考えてしまうのです。

確かに、私も仕事の取引先が変わった時に「○○銀行の口座をお持ちでなかったら、作っていただけますか?その方がスムーズですから」と言われ時、困った記憶があります。

新規の口座開設も断られるのではないか?」という不安が頭をよぎったからです。

だけど、調べてみたら、債務整理をしていても、たとえ自己破産であっても新規の銀行口座開設には何ら問題がなかったのです。

スポンサードリンク

 


ものすごくホッとしたのですが、イザ口座開設の書類を取り寄せてまた新たな壁を発見しました。

銀行口座を開設する書類の中に「間近の公共料金など領収書の原本」というものがあったのです。

その頃は債務整理したばかりで、本当にお金がなく、公共料金も1ヶ月遅れが普通で、なんとか止められる前にやっと支払を済ませていたという状況でした。

とにかくどれかひとつでもすぐに支払いをしなきゃ、と思ったのですが、前月の公共料金や税金の支払いを済ませたばかりで、手元にはほぼお金は無し、次の収入が入るまでにもまだ間があるという有り様。

ほんの少し残っている現金を支払いに回してしまったら、明らかに食べるものを買うお金も無くなります。

ということで、苦渋の選択で新しい仕事の方をキャンセルしました。

もう、この時は本当に泣きたい気分でしたね。

とは言え、私のような状況でなかったら、また大手銀行ではなく街の信用金庫とかなら、そこまでの書類を求めてこないところも多いので、なんら問題なく新規の銀行口座も作れるということです。

 

ただし、口座悪用の防止という意味で

 

◯すでに同じ銀行の他支店に口座がある場合

 

◯あまりにも住んでいるところから遠く離れた場所で口座を作ろうとした場合

 

には、断られることもあるそうです。

 

だから、もし断られても「ブラックだからだ」と悲観しないで、「何か他に問題は無いか?」を先に考えた方が良いでしょう。

 

まあ、迷惑をかけた銀行だった場合は、口座開設を断られることもあるようなので、「ひとつの銀行にこだわらない」というのが、鉄則かもしれませんね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン