スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> カーリースは自社ローンでもできる?月々1万円のマイカーリースは?
Page: 2/31  << >>

カーリースは自社ローンでもできる?月々1万円のマイカーリースは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自社ローンで中古車のカーリースができます」という情報を見つけました。

 

自社リース」とも呼ばれているようです。

 

というか、以前からあったのでしょうが、私の検索網には引っかからなかっただけかな?

 

とにかく、多重債務になって借金を抱えていたり、自己破産して車を取り上げられてしまったりした方にとって、「車をどうしよう?」というのは悩みの種なのです。

 

しかも、うちのように、仕事に使っている場合は特に。

 

あっ、その上、田舎で車が無いと病院や買い物にも行けないような地域に住んでいますから、なおさらです。

 

車本体もそうですが、車検費用や税金、自動車保険などなど、お金がかかるのも頭の痛いところ。

 

自社ローンで中古車のカーリース

 

ブラックでもカーリースはできる?

そんな悩みを解決するのが、カーリースなのかな?と思い、一時期必死で調べたことがあるんですよね。

 

だけど、リース契約というのが、そもそも信販会社と契約を結ぶもので、ローンが組めないようなブラックと呼ばれる身では無理だったのです。

 

当然、個人信用情報は参照されますから、その時点でアウト。

 

私が調べた時は、まだ、カーリースというのは、法人向けが主流だったということもあり、個人でしかもブラックでは難しいという結論に至ったのでした。

 

まあ、「新車が半額で乗れる」というシステムが人気で、こちらは完全に個人向けだったのですが、何しろ新車ですから、高くて手が出ません。

 

もちろん通常のローン審査もありますから、お話にならないんですけど。(お話にならないのは、ローン契約さえできない私の方なのですが)

 

自社ローンも使える?

 

中古車のカーリースがあったら。」「しかも自社ローンできたら」と思っていたのですが、今は、そういったサービスもあるみたいですね。

 

ただ、実際に使ってみたわけではないので、おすすめできるサービスかどうかはわかりませんが、探している方にとっては嬉しい情報かも。

 

何しろ、税金や車検費用が込みとなったプランですから、あの悪夢のような「今月車検だけど10万円くらいかかる費用はどうしよう?」という悩みが無くなるわけです。

 

自動車税も上がりましたから、同じ時期に重なると出費が大変なことになります。

 

自動車税と言えば、古い車に乗っていればいるほど、「エコカー減税」などの優遇が受けられず、税金も今後はもっと上がりそうな気がします。

 

確かに、排出ガス規制という面でも、古い車に乗り続けていると、環境を汚していると言われても仕方がありません。

 

とは言え、「新車は書いたくても買えない」というのが、本音なのですが・・・

 

しかも、ブラックだと、車検費用をローンにするということもできないですから。

 

スポンサーリンク

 

ということで、中古車リースで自社ローン可(実際には破産しているような方でも柔軟な対応ができますよということ)の会社のホームページをのぞいてみました。

 

まず、1年目と2年目がカーリースという形になり、3年目から自分の所有になるということ。

 

うーん、中古車だと、走行距離にもよりますが、3年も乗ると結構ガタが来ますからね。

 

3年目に自分のものになってもなー、という考え方もあるでしょう。

 

次に、月々の支払いですが、車検と税金込みで2万円〜3万円の費用になる車が多かったです。

 

車種は選べるそうですが、あまり数は多く無さそう。

 

それとも、お店に行けばあるのかもしれませんが・・・

 

結局どっちがお得なの?

 

月々2万で年間24万円ですから、車体価格込みだとお得なのかな?

 

でも、車検は2年に一回だし。

 

あっ、税金は毎年だけど、故障したらやっぱり修理費用は自分持ちなんですよね?

 

なんて思ったら、微妙な気もしてきました。

 

ただ、試みとしては悪くないかな?というのと、そのお店に気に入った車種があって、「今すぐにでも乗りたい」ということであれば、とりあえず問い合わせてみても良いのでは?

 

ただし、自社ローンの制度自体、まだ確立されていない部分もあり、中古車店によってもマチマチで、中には悪徳業者も混ざっています。

 

なんて考えると、下手に手を出さない方がいいかな?と思ってしまいますね。

 

追記:最近は、「月々1万円で乗れるマイカーリース」という広告をよく目にします。

 

中古車の場合もありますが、ほぼ新車なので、「その他諸々の費用も含んで、月々1万円は安いよね!」と飛びついてしまうでしょう。

 

確かに、自動車って、任意保険は別にしても、重量税、車検、修理代、メンテナンス、オイル交換、タイヤ交換などなど、車体以外にかかる金額が、ものすごく高いんですよ。

 

ならば、「すべてコミコミでがいいんじゃない?」と思うのは当たり前のこと。

 

だけど、大抵の場合、「月々の支払いは1万円だけど、ボーナス払い5万円が前提」だったりするんです。

 

たくさんボーナスをもらっている会社に務めているのならまだ良いでしょうが、ボーナスの度に5万円はキツイです。

 

住宅ローンも組んでいて、ボーナス払いにしている人はなおさらですよね。

 

だけど、その分を月々の支払額に加算すると、月の支払額は、2万円近くになってしまい、「結構高いじゃん」ということに。

 

まあ、慈善事業じゃないですから、会社側が損しないようになっているんですよ。

 

それでも、メリットはたくさんありますから、「車検時にまとまった金額が出ていくのは困る」とか、「自分ですべて手配しなくていいんなら、手数料支払っても良い」という場合には、検討されても良いのでは?と思います。

 

要するに、「カーリースするとはどういうことなのか?」を十分理解した上でなら、後悔することも少ないのでは?ということ。

 

逆に、「全部付いてこの金額はお得」とばかりに、契約書もしっかり読まないで決めてしまうと、後悔することになるでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理後でも審査に通るのは自社ローンだけ?

債務整理後でも審査に通るのは自社ローンだけ?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理後の生活は苦しいことが多く、私自身も、あまりの生活の苦しさに根をあげそうになったことが何度もあります。

これは、経験されたことがない方にはわからないかもしれませんが、本当に「生活が一度破綻する」ということは、こんなにも厳しいことなのか、ということを身をもって体験するわけです。

それでも、「自業自得」と思って受け入れようと思うのですが、実際の生活をどうやって回していけば良いのか、思案に暮れるというのが本当のところ。



債務整理後はキャッシングはおろかローンを組むことだってできない、こんなことはよくわかっているはずなんです。

「借金を返す、というルールを守れなかった」わけですから。

それでも、今までは現金代わりに使っていたクレジットカードや、高額商品を購入する時には利用していたローンが、ある日突然使えなくなったら・・・

やはり生活に支障はきたすんですよね。

特に、「分割払い」ができないというのは、貧乏人にとっては致命的なことです。

高額商品と言っても、今さらぜいたく品を買おうなんていう気持ちは全くないのですが、電化製品など生活にどうしても必要なものが壊れたら、とても一括払いでは買えないんですよね。

電化製品はまだいいとしても、うちのように電車も通っていない田舎では、車は必需品です。



急に動かなくなったら、もう買い換えるしかないのですが・・・

ローンは組めないし。

ということで、また性懲りもなく「ブラックでも借りられる金融業者」とかを探してしまうのですが、安心して借りられるところなんてないですよね。

そこで浮上してくるのが、「自社ローン」で購入できる中古車店です。

確か、電化製品でも自社ローンが使えるところもあったと思います。

中には、「ブラックの方でもご利用できます」と大々的に広告を打って、法外な金利でローンを組ませたりする業者もあるようですので、利用する際には、よく契約内容を確かめましょう。

スポンサーリンク



一番安心できるのは、非常に単純な方法ですが、「個人的に分割にしてもらう」ということ。

日ごろから近所で買い物をするようにしたり、車の修理も近所の修理工場で頼むようにしていれば、信頼関係が生まれますから、「分割で」と言えば、「残りの支払いはいつでもいいよ」ということになることもあります。

最初からそういったことを当てにして付き合うというのは、非常にいやらしいですが、そうではなく、結局は「無くした信用」を回復させるのも「人間関係」からなのかな、と思うんですよね。

というアナログな方法が一番おすすめなのですが、ネットでの通販だと「PayPal支払い」というのもあります。

クレジットカードをあらかじめ登録しておかないといけないのですが、ブラックでも取得できる「VISA(JCB,MASTER)デビットカード」でも問題ありません。

ただ、対応しているお店があまりないことと、分割払いにしてくれるお店はさらに少ないことを考えると、今のところはあまり現実的ではないですね。

少ない収入の中から少しづつ貯めて、突然の出費に備えるしかないということでしょうか。

 

追記:最近は、自社ローンを取り扱う中古車店も増えてきて、安心できるお店も多くなってきました。

 

実際に自社ローンで車を購入された方の体験談も見ることができるので、いろいろ検索したりして、信頼できるお店を見つけることが大切です。

 

その上で、電話で見積もりを依頼したりすれば、対応が良いか悪いかでも判断できますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産しても国の学資ローンなら借りられる?

自己破産しても国の学資ローンなら借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

家の経済状況が子どもの将来を左右する、ということは以前から言われています。

家が貧しくて学校に行けない」というのは昔の話だと思ったら大間違い。

また、今もそんな子どもが増えているとか。

NHKの番組でも「若者の貧困層が増えている」と言っていましたが、学校に行きたくても行けず、アルバイトを掛け持ちして生活費を工面している若い人が、あまりにも多くて驚きました。

「どんなにお金に困っても、子どもにだけはちゃんとした生活をさせてあげたい」というのは、どんな親でも願うことです。

それが、少し歯車が狂ってしまっただけで、満足にご飯も食べさせてあげられなくなるのです。

必死に頑張って、生活費だけは確保できたとしても、今度は教育費という難問が待っています。

多重債務でも自己破産でも、子どもの学費だけはなんとか捻出したい、と思うのが親心でしょう。



ただ、実際には「明日食べるための生活費」に消えてしまい、なかなか学費にまではお金を回せないのですが・・・

よく学費や給食費を滞納する親の話が出ますが、そうせざるを得ない場合もあるということ。

払えるのに払わない親も居るみたいですが・・・

親の借金のために進学を諦める子どもも増えていますね。

「そうはしたくないのだけれど・・・」と思いながらも、目の前の生活費でいっぱいいっぱいの親御さんも多いことでしょう。

特に自己破産した人にとっては、「教育ローンに限らず、もうどこからもローンが組めない状態」なのは間違いないですから、学費の工面は、まさに至難の業とも言えます。



もし、夫婦の片方だけが自己破産したのなら、ローンを組む人の収入や属性などが審査基準を満たしていれば、問題なく審査に通るケースがあるということです。

「個人信用情報」に関しては、それぞれひとりひとり独立した情報ですから、仮に夫の名前で教育ローンに申し込んだ場合、妻が自己破産した直後でも審査に影響は出ないと言われています。

その逆もしかり、ですね。

ただ、「保証人を付けてください」ということになって、夫婦間で保証人になったりすれば、当然わかってしまいます。

スポンサーリンク



うちのように、自営の業績が悪化して生活が成り立たなくなり、夫婦ともにブラックになってしまった場合には、教育ローンを組むことは非常に困難になってきます。

唯一「日本政策金融公庫」(旧国民生活金融公庫)は、独自の審査を行っているので、「個人信用情報」は参照しないと言われています。

 

ちなみに、この公的ローンを説明すると

 

日本政策金融公庫の教育一般貸付は、国の学資ローンと見なされている公的機関による教育ローンで、昭和54年に発足してから、現在に至るまでこの学資ローンはのべ410万人の人が利用しています。

 

この学資ローン融資を受けたい場合、これらを取り扱っている金融機関か、日本政策金融効果、国民生活事業の支店に行くことになります。

 

平成21年8月から制度が使いやすくなり、不景気の世の中でも教育が受けられるような制度なのです。

 

これまでは、子ども1人についての利用限度額が200万円でしたが、これが300万円以内となり、返済期間も10年以内だったものが、平成21年8月からは15年以内に延長されました。

 

より利用しやすい学資ローンへと制度が拡充されています。

 

また、平成20年10月の改正により、国会審議や政改革推進法で融資の対象も変わりました。

 

以前は世帯の年間収入が990万円、事業所得者は世帯年間所得770万円以内の人でしたが、現在は1190万円までが上限となっており(子供の人数に応じて制限される)、大幅に借りられる金額が増えています。

 

用途の拡大も行われ、学校施設へ納める教育費の他にも教材費や教科書費用として使えますし、住居費やパソコン経費として借りたお金を使用することもできます。

 

また、国の学資ローンは、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金と重複して利用が可能になっています。

ただし、審査は厳格ですし、「ブラックであることを明かさなければ」という条件付きです。

嘘をつくわけではなく、あくまでも「聞かれなければわざわざこちらからは言わない」ということになりますね。

 

まあ、聞かれたら、正直に話すしか無いのですが・・・

あとは、奨学金制度を利用することなどでしょうか?

今の子どもは、結構回りも「学費は出してもらうけど、生活費は自分で工面する」なんていう子も多いみたいなので、その辺は結構しっかりしているみたいです。

 

とは言え、「働いたら自分でしっかりと返すから」と思っていても、今は高学歴でも自分の望む職種に就けないこともあります。

 

お給料も思うような金額はもらえず、結局は奨学金の支払いがおろそかになり、自己破産しか方法が無いというケースも増えているようです。

 

「それでは八方塞がりなの?」と思うでしょうが、「子どもに教育を受けさせたい」という気持ちは、純粋なもののはず。

奨学金についても、「返済不要にしては?」という意見も根強く、実際に動き出している教育機関もあります。

 

だから、「ブラックだから」と諦めないで、相談できるところがあれば相談してみる、という気持ちが大事だと思いますよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン