スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> ブラックでも家電量販店で分割払いはできる?
Page: 2/39  << >>

ブラックでも家電量販店で分割払いはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

大手家電量販店のヤマダ電機が、住宅ローンの貸付を開始していたんですね。

 

住宅ローンって住宅金融公庫などしか知らなかったので、びっくりしました。

 

でも、オリンピック金メダリストでマラソンランナーの高橋尚子さんが、住宅部門のCMに出演されていたり、ヤマダ電機は以前から、住宅やリフォームも手がけていたんだ、と思うと、そんなに驚くことでも無いのかもしれません。

 

今は、電化製品も、「お店で確認して一番価格の安い通販で買う」という人も多いので、家電量販店も家電販売だけでは、なかなか経営が苦しいんだろうなーと思います。

 

かくゆう私も、この間電子レンジが欲しくて、わざわざ近所のヤマダ電機に見に行きましたが、店員さんにあれこれ質問までして、親切に教えてもらったので、「もう買ってしまってもいいかな?」と思いつつ保留。

 

家に帰って、通販で調べたら、やっぱりそちらの方がかなり安かったので、「ごめんなさい」と思いながらも買ってしまいました。

 

通販-債務整理体験談

 

だって、店舗を持たない分、人件費もあまりかからないし、通販の方が安く売れますものね。

 

とは言え、「実物を見ながら決められて、すぐに持って帰れる」という利点はありますが。 

 

それと、ヤマダ電機のような大きな家電量販店だと、独自のクレジットカードを発行していたり、低金利ローンが組めるのは魅力です。

 

あと、実店舗は無いけど、ジャパネットたかたとかね。

 

審査も結構柔軟だし、金利も安いとなると、「自社ローンなみに使える?」と思ってしまうのですが、それはちょっと違うようです。

 

スポンサーリンク

 

 

独自のローンとは言え、審査をするのは信販会社ですから、通常のローン審査に通らない人は、利用することは難しいということ。

 

ブラックではダメなのです。 なんとなく、「家電量販店とかホームセンターのクレジットカードは作りやすい」という風潮があるのですが、審査が甘いというのとはちょっと違うかな?

 

確かに、銀行系や信販系クレジットカードよりは敷居が低そうですけどね。

 

それに、ブラックになってしまうと、たとえ家電が壊れてしまってもすぐに買い換えることができないため、「分割払いができたらなー」と思っているところに、「月々3,000円でこの商品が手にはいります」というCMが流れてきたら、「もしかしたら買える?」なんて希望をいだいてしまいます。 

 

テレビを見ていると、「誰でも分割払いができる」なんて思い込んでしまいそうですが、しっかりと審査はありますから。

 

「ハッ、そうだ!私はブラックだから分割では買えないんだ」と我に返ったり。

 

そのせいか、ネットで検索していても、「ジャパネットたかたのローンはブラックでも利用できますか?」なんていう質問をよく見かけます。 「

 

使えれば良いんですけど、ダメなんですよ」としか答えられないですね。

 

ジャパネットたかたの場合、「セディナ」という信販会社がローンの審査をするので、他の信販系ローンと同じでそこそこ厳しいですから。

 

唯一利用できるのは、「自社ローンで対応」という小さな電気店などですが、中には悪徳業者も隠れているようですよ。

 

よーく吟味してたら利用するようにしてください。

 

近所でほそぼそと営んでいるような小さな電気店で、ダメ元で「分割で支払うことは可能ですか?」と交渉してみる、という方法もありますね。

 

何を隠そう、洗濯機が壊れた時に、一度、近所の電気店で、無理やり3回払いにしてもらった経験があります。

 

こういう時は、「近所のよしみだから」と言ってくださる店はありがたいです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> ホームレスが年収9,000万円に?自己破産後ホームレスにならないためには?

ホームレスが年収9,000万円に?自己破産後ホームレスにならないためには?

JUGEMテーマ:借金返済

「誰だって波瀾爆笑」を見ていたら、麒麟のお二人が出演されていました。

 

麒麟と言えは、このブログでも何度か書いているように、田村さんは中学生でホームレスになったんですよね。

 

で、その体験を「ホームレス中学生」という本にして、その後映画やドラマになったりして一躍時の人に。

 

一時は、年収が9,000万円だったと言いますから、どんな経験も活かし方次第なんだな、と思いました。

 

確か、お父さんが借金を抱えて自己破産した挙げ句、お父様に「解散」と言われて、公園に住むようになったという話です。





田村さんのお父さんも苦渋の選択だったのでしょう。

 

なんでも、大手製薬会社にお勤めだったお父様が大病を患い、仕事をクビになってしまって、突然収入が途絶えたのだということ。

 

病気になられる前は、病気の奥様の看護をされていたということですから、会社も休みがちだったのだと思います。

 

当時は、大手企業でも働けなくなったら即クビ、なんていうことも多かったのでしょうね。

 

住んでいたマンションも取り上げられ、自暴自棄になってしまったお父さんの気持ちを考えると、とても他人事とは思えません。

 

無責任と思われる態度も、「とにかくこの事態から逃げ出したかった」と考えるとわからなくも無いのです。

 

とは言え、当時まだ中学生だった田村さんを含め、行くところも無く公園でホームレス生活を余儀なくされる、という結果になってしまったのは、親としての責任を果たしていないと言われても仕方が無いですね。

 

今は治安もあの頃より何倍も悪くなり、子どもがそんなコトしていたら命の危険も高くなります。

 

だから、家族がいれば、自己破産しても「どこかお金を貸してくれるところはないのか」といろいろ探し回るのも当たり前と言えば当たり前なのです。

誰も、ある程度余ったお金がある状態で自己破産を選んだりしませんから。

スポンサーリンク



有り金をすべて借金や生活費に当ててしまい、それでも足りない分は新たな借金をしてでもなんとか回していた生活。

言ってみれば、砂のお城なので、なにかあればすぐに崩れてしまいます。

あとに残るのは、小銭くらいのものでしょう。

「本当に、どこでもいいからお金を貸してくれないか?」と叫びたいくらいの衝動に駆られます。

ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」については、何度か書いていますが、ほとんどが怪しい業者なのは言うまでもありません。

ただ、その中にも正規の金融業者はあるわけで、実は自己破産免責決定済みの人は比較的借りやすいのでは?、という噂もあります。

ただし、信用が全くない状態なので、借りられるのは5万から10万くらいで、保証料が数パーセントかかるケースがほとんどだとか。

そうなると、差し引きすると、数万円しか借りられないということになりますね。

しかも、審査は結構厳しいとか。

それでも全く借りられないよりは良いのでしょうが。

狙い目は総量規制以降、お金を貸したくても借りる人が少なくなった中小の消費者金融という話もあります。

だけど、最近まで正規の金融業者だったのに、経営難からソフト闇金化しているところもあると聞きますから、見定めは難しいですね。

「どうしてもお金を借りないと生きていけない」という状況で無い限り、手を出さないほうが良いかもしれません。

 

いや、公的資金や保険金などの契約者貸付制度、また失業中なら求職者支援制度などが使えないか?もう一度吟味してからでも遅くないでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> 「ブラックでも作れるクレジットカード」を検索してみてわかった意外な事実

「ブラックでも作れるクレジットカード」を検索してみてわかった意外な事実

JUGEMテーマ:借金返済

 

ひさしぶりで「ブラックでも作れるクレジットカード」について検索してみました。

今も情報を求めている方は多いですね。

いや、「今だからこそ」というべきでしょうか?

たいていの方は、「ブラックではクレジットカードが作れないのはわかっている。だけど、何か方法があるのではないか?もしくは、作れたという体験談でもあれば教えて欲しい」ということなのでしょう。

だけど、中には「VISA(JCB)デビットカード」の存在すら知らない方も居るということに驚きました。

 

※他にマスターカードもあります。

と言っても、考えてみたら他のクレジットカードのように、あまり大々的に宣伝はしていないかもしれません。

特にネットでの広告は、広告主がお金を払って自分で出すものと、他の人が紹介して、そこから注文や登録があれば紹介料が発生するものがあります。

クレジットカード関係は、この紹介料も高価ですから。

中には数万円というものまであるので、皆こぞって紹介するんですよ、企業も個人も。

だから、クレジットカード関連の広告をよく目にするわけです。



それに、会社側から見ても、クレジットカードの顧客とデビットカードの顧客では前者の方を獲得したいのは当たり前ですよね。

ローンを組んだり、ボーナス払いにしたりと、顧客にとっても便利なサービスがたくさんありますが、会社側にしてみても、信用できる顧客が手数料を払って利用してくれる、しかもクレジットカードを保有している期間は長いとなれば、大事にして当然。

ただ、デビットカードの場合は即時引き落としが原則なので、ローン支払いの焦げ付きはまず無い、ということから考えると、この制度も持ちつ持たれつなのかな?とも思います。

まあ、ブラックになってしまうと、「VISA(JCB)デビットカード」はありがたく使わせてもらえるカードと感謝することが多いですけど。

スポンサーリンク

 


とは言え、人間とは欲ばりなもので、「クレジットカードが持てない」となると「どうにかして持つことができないだろうか?」と駄々っ子のように欲しがるところがあります。

実際、お仕事によっては、本物のクレジットカードが無いと仕事に支障がでることもあるでしょう。

そんな方がすがるのが、「このクレジットカードならブラックでも作れた」という情報です。

今のところ、「新しくオープンしたショッピングモールのカード勧誘カウンターで、運良く某ショッピングセンター系のカードが作れた」という情報が多いです。

あとは、「外資系のクレジットカードを任意整理完済後2年ほどで作れた」という情報も。

いわゆる喪明けで作れたというのは、某ネットショッピング系のクレジットカードが多いですね。

だけど、やはり審査は水物ということで、同じ属性でも受かる時と落ちる時がありますし、ましてや、現在ブラックということであれば、高確率で落ちると思っていた方が良いです。

報われないかもしれない努力を延々と続けるくらいなら、ブラックで無くなってから正々堂々と審査を受けるほうが、精神衛生上も良いということになりますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode