スポンサーリンク
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> カーリースした車が故障したら修理代は?
Page: 2/10  << >>

カーリースした車が故障したら修理代は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもカーリースできる可能性はある、ということは以前書いたことがあります。

 

無審査のカーリースがある?

 

まあ、ブラックでもリース契約できる業者が少ない上に、信用情報を参照しなくても、「リース料金を支払えるのか?」「大事な車を貸しても大丈夫?」ということでの審査はあるので、なかなかハードルは高いと思いますが。

 

で、めでたくカーリースの審査に通ったとして、「借りた車」である以上、さまざまな問題が浮上してきます。

 

真っ先に考えるのが、「故障したらどうするの?修理費は全額持ってくれる?」ということ。

 

中古車に乗り慣れている私にしたら、車の故障は日常茶飯事で、下手したら、数万円から10万円以上の修理費がかかることも。

 

カーリースした車の修理代はどうなる?

 

多重債務時代は、食べるのがやっとだったので、本当にお金の捻出に頭を悩ませていました。

 

修理代を支払うために、新たに借金をしてしまったり。

 

「いっそのこと、手放してしまったら?」と思うのですが、こんな田舎に住んでいては

 

○車が無いと、まず会社に出勤できない(駅まで徒歩で2時間以上かかるうえ、ほとんど電車が来ない)

 

○お医者さんや買い物にも行けない

 

○そもそも車を使った仕事をしている

 

ということで、家電と同じように必須アイテムなのです。

 

ならばカーリースでと考えたのですが、うちの場合は審査でダメでした。

 

スポンサーリンク

 

 

とは言え、お金が無いのに車が必須という我が家にとっては、自動車税や自賠責保険、車検費用なメンテナンス代金までリース会社負担で、しかも月々決まった金額で車に乗れるというシステムは、とても魅力的だったんですよね。

 

ただ、調べてみると、リース会社によって「どこまで負担してくれるか?」というのはかなり違うのだそうです。

 

大きく分けて、メンテナンスリースとファイナンスリースがあるのですが、メンテナンスリースの場合だと、オイル交換やバッテリー交換、またタイヤ交換までもが無料になるところもあるとか。(契約年数によっては有料で年に何回という制限はあるそうです)

 

対するファイナンスリースだと、自動車税などの法定費用の他は自己負担というところがほとんどで、中には法定費用ですら自己負担という会社もある、ということ。

 

「カーリースは、借りているだけなので、車にかかる費用はすべてリース会社が持ってくれる」なんて、安易に考えて契約すると、「こんなはずじゃなかった」となってしまうでしょう。

 

で、修理費用についてですが、かなり細かく別れている会社が多いので、ケースバイケースかと。

 

メンテナンスリースの場合、本人の過失が原因でのトラブルでは無い限り、上限はあるにせよ、ある程度の負担はしてくれるケースがほとんどです。

 

その場合、たいていは、専用の修理工場や整備業者が指定されているので、「故障?」と思ったら早めにリース会社に連絡することが大切です。

 

走行中だと、どうしても「早くなんとかしなければ」とJAFを呼んだりしてしまいますが、違う修理工場で応急処置をしてもらった場合、修理費用の補償が無いばかりか、最悪の場合損害賠償にまで発展することもあるそうなのです。(逆に指定工場以外で修理してもOKのところも)

 

まあ、そこまでに発展することは少ないとしても、いくら新車を借りたとしても、車に故障は付き物なので、契約時には、細かいところまで確認しておく必要がありますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> ブラックでも分割払いができるという自社ローンの実態は?

ブラックでも分割払いができるという自社ローンの実態は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでも分割払いがしたい」というのは、何もわがままなことばかりではないのです。

 

債務整理をすると、社会的制裁を受けることは重々わかっていても、金額が張るもので、どうしても必要なものを購入する場合、分割払いができないと困るということ。

 

だいたい、多重債務から債務整理を経験することなんて、そうそう無いと思うのですが、そんな究極にお金が無い時に限って、家電や車が壊れることがあるのです。

 

まあ、一時は冷蔵庫、洗濯機、テレビ、電子レンジなどすべてが壊れ、必要最低限の生活には必要の無いテレヒと電子レンジは諦めて、なんとか冷蔵庫と洗濯機だけリサイクルショップで確保しました。

 

使い古した家電-債務整理体験談

 

それでも、どんなに安くても数万円はするので、痛い出費ですよね。

 

それに、新品とは言わないまでも新しい家電を買った方が、熱効率も良いし環境にも優しいから、電気代を考えても結局はお得なのですが。

 

分割払いができれば、もうちょっと良いものが買えるのに」なんて思ったりします。

 

車にも言えることで、10年落ちならまだ良い方で、もっと古い車をタダ同然で手に入れても、修理代はかかるは自動車税は高いは燃費は悪いはのデメリットだらけ。

 

まあ、自業自得で、使えるだけでも感謝しないと、ということもわかっているのですが・・・

 

そんな時に利用できる便利なローンとして自社ローンがあるのですが、なかなか実態がわからないというのが正直なところ。

 

実態なんていうと、悪い業者ばかりなんじゃないか?と思われるかもしれませんが、最近は、取り扱っている業者の数も増え、一概には言えなくなってきているようです。

 

もちろん、「他の信販ローン審査に通らないブラックの人が利用する」ということで、あくどい商売をしているところがまったく無いとは言えませんが・・・

 

ネットでいろいろ調べてみたら、「中古車店に問い合わせてみました」という記事がありました。

 

やはり実際に体験された方の感想は参考になりますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

まず、「自社ローン可」と書いてあった中古車店に電話してみたそうです。

 

「理由があって、普通のローンは通らないと思うのですが、自社ローンだと金利は高くなりますか?」

 

「いえ、金利はいただいていません。うちは貸金業ではないので、利息は取れないんですよ。だから、分割回数も最長で24回くらいとなっています。ただし、保証人は立ててくださいね。」

 

ということ。

 

しかも、保証人の審査は結構厳しいみたいです。

 

やはり、とりはぐれが無いように、保証人は必須ということなんですね。

 

店によっては、「保証人が立てられなければNG」というところと「保証人無しでも可。ただし保証会社で保障を受けるので、手数料が支払総額の15%くらいかかる」というところも。

 

やはり、相手も慈善事業ではないので、利息が付けられない分車の価格に上乗せしたり、保証人必須だったり、また保証会社利用のための手数料を取られたりするのは、仕方の無いことなのでしょう。

 

中には、「車の価格も50万円くらいまで。分割回数も12〜15回払いくらいに限定。保証人必須」と厳しい条件のところもあったということです。

 

どこが良くてどこの中古車店がダメ、ということではなく、ブラックの方に分割払いで商品を売るとなると、それだけのリスク回避が必要ということなのだと思います。

 

ただし、「分割で売ってくれるだけまし」というこちらの気持ちを利用して、廃車寸前の車を高く売りつけようとする業者や、実は闇金融を紹介するだけという悪徳業者も混ざっている、ということは、頭の隅に入れておいたほうが良いでしょう。

 

追記:「ブラックでも家電ローン」で調べていたら、「家電のショッピングローンに受かりました」という方が。

正社員で年収400万ということですが、借金を100万円抱えていて、しかもローンの滞納中とのこと。

だからと言って、ショッピングローンの審査は甘いということでは無いですし、逆に審査は厳しいはず。

それでも、家電の場合は、お店の成績とかもあるので、今の属性が良ければ審査に受かることもあるようです。

少なくとも、「ブラックでローンが組めないから」と怪しいところでお金を借りるよりは、落ちることを覚悟でローン審査を受けてみる方が100倍いいですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> 車のローン審査でも借り入れ件数が問題になる?カーシェアリングは?

車のローン審査でも借り入れ件数が問題になる?カーシェアリングは?

JUGEMテーマ:借金返済

「借金があっても車のローンは組めるのか?」というご質問ですが、借金の金額によりますよね。

それと、いくつの金融業者から借り入れをしているのか、ということ。

借金とひと言で言っても、いろいろなパターンがありますからね。

多重債務と自覚している方は、たいてい5社以上からの借り入れはあると思います。

そうなると、なかなか新しい借り入れは難しいんですよ。



クレジットカード会社もそうですが、ローンの審査などでも、総借り入れ金額よりも借り入れ件数を問題にすることが多いと聞きます。

一見、総借入額が多い方が不利のように思えますが、例えば2社から100万円借りている人と、5社から100万円借りている人を比べたら、明らかに前者の方が評価されるでしょう。

ということは、借入れ件数が少ない方が新たなローンは組みやすいということ。

確かに、金融業者1社につき50万円も借入れができる、という時点で、信用度は高いですよね。

あちこちからバラバラに借りている人は、信用されにくいということです。

そういえば、私が多重債務になったのも、大手の金融機関から借入れができなくなってきてからだと思います。

大手信販会社のクレジットカードで増資を依頼していたのですが、断られ、しかたなく金利の高い消費者金融に。

だけど、最初の枠は10万円でした。

それでは全然足りないので、また他の消費者金融からお金を借りての繰り返し。

気が付いたら、金利の高い消費者金融からの借入れがどんどん増えていた、というわけです。

これでは、借金を返せなくなっても不思議ではないですね。

金利だけでも、ものすごい金額になっていましたから。

スポンサーリンク



あっ、話が飛んでしまいました。

 

車のローンについてですが、他に借金があっても、比較的通りやすいところが多いような気がします。

私の周りで、5社くらいから借金をしている人でも、車のローンは組めていましたから。

まあ、少し前の話なので、現在はどうかわかりませんが・・・

それに、自動車販売店や信販会社によって違うと思います。

ただ、ローンが組めるかどうか心配する前に「その車は、生活するのにどうしても必要ですか?」ということを考えてみてください。

多重債務にまでなっている方なら、ただ「車があると便利だから」という理由だけで、ローンを組もうとは思わないでしょうが、新たに借金を増やすことには変わりはありません。

「どうしても車がないと生活ではない」ということであれば、「他からも借りているので」と正直に話してみることです。

年収などにもよりますが。案外すんなりローンに通ることもあるかもしれません。

あとは、独自ローン(自社ローン)を組める販売店を探すという方法もあります。

 

新しいところでは、カーシェアリングという方法も。

 

賃貸物件のルームシェアと同じように、複数の利用者で車を共有するシステムです。

 

車の所有者はカーシェアリング事業者ということになりますが、会員になれば、使いたい時に利用できる制度になります。

 

具体的に必要な金額は、会員登録料、月額料金、使用料(会社によって1日単位や時間単位など。月額使用料制のところも)とガソリン代など。

 

「しょっちゅう車に乗るわけではないけど、時々必要」という方には良いかもしれませんね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど