スポンサーリンク
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> 車のローン審査でも借り入れ件数が問題になる?カーシェアリングは?
Page: 2/10  << >>

車のローン審査でも借り入れ件数が問題になる?カーシェアリングは?

JUGEMテーマ:借金返済

「借金があっても車のローンは組めるのか?」というご質問ですが、借金の金額によりますよね。

それと、いくつの金融業者から借り入れをしているのか、ということ。

借金とひと言で言っても、いろいろなパターンがありますからね。

多重債務と自覚している方は、たいてい5社以上からの借り入れはあると思います。

そうなると、なかなか新しい借り入れは難しいんですよ。



クレジットカード会社もそうですが、ローンの審査などでも、総借り入れ金額よりも借り入れ件数を問題にすることが多いと聞きます。

一見、総借入額が多い方が不利のように思えますが、例えば2社から100万円借りている人と、5社から100万円借りている人を比べたら、明らかに前者の方が評価されるでしょう。

ということは、借入れ件数が少ない方が新たなローンは組みやすいということ。

確かに、金融業者1社につき50万円も借入れができる、という時点で、信用度は高いですよね。

あちこちからバラバラに借りている人は、信用されにくいということです。

そういえば、私が多重債務になったのも、大手の金融機関から借入れができなくなってきてからだと思います。

大手信販会社のクレジットカードで増資を依頼していたのですが、断られ、しかたなく金利の高い消費者金融に。

だけど、最初の枠は10万円でした。

それでは全然足りないので、また他の消費者金融からお金を借りての繰り返し。

気が付いたら、金利の高い消費者金融からの借入れがどんどん増えていた、というわけです。

これでは、借金を返せなくなっても不思議ではないですね。

金利だけでも、ものすごい金額になっていましたから。

スポンサーリンク



あっ、話が飛んでしまいました。

 

車のローンについてですが、他に借金があっても、比較的通りやすいところが多いような気がします。

私の周りで、5社くらいから借金をしている人でも、車のローンは組めていましたから。

まあ、少し前の話なので、現在はどうかわかりませんが・・・

それに、自動車販売店や信販会社によって違うと思います。

ただ、ローンが組めるかどうか心配する前に「その車は、生活するのにどうしても必要ですか?」ということを考えてみてください。

多重債務にまでなっている方なら、ただ「車があると便利だから」という理由だけで、ローンを組もうとは思わないでしょうが、新たに借金を増やすことには変わりはありません。

「どうしても車がないと生活ではない」ということであれば、「他からも借りているので」と正直に話してみることです。

年収などにもよりますが。案外すんなりローンに通ることもあるかもしれません。

あとは、独自ローン(自社ローン)を組める販売店を探すという方法もあります。

 

新しいところでは、カーシェアリングという方法も。

 

賃貸物件のルームシェアと同じように、複数の利用者で車を共有するシステムです。

 

車の所有者はカーシェアリング事業者ということになりますが、会員になれば、使いたい時に利用できる制度になります。

 

具体的に必要な金額は、会員登録料、月額料金、使用料(会社によって1日単位や時間単位など。月額使用料制のところも)とガソリン代など。

 

「しょっちゅう車に乗るわけではないけど、時々必要」という方には良いかもしれませんね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> ブラックでも作れるクレジットカードの種類と比較

ブラックでも作れるクレジットカードの種類と比較

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでも持てるクレジットカードは本当にあると思いますか?

債務整理してブラックになると、ないとわかっていても「もしかすると」という期待を持ってしまうものなのです。

本当は、ブラックになると、クレジットカードはもとより、ローンも組めないはず。

だから、「クレジットカードは持てないもの」と諦めているとは言うものの、もしかしたら持てるのでは?と考えてしまうのです。

実際、ブラックでも持っている人も居るという不可解な事実もあるわけです。

ただ、やはり分割払いができる通常のクレジットカードをブラックの方が持つのは、ほとんど不可能に近いということは言えるでしょう。

そんな私達にとって強い味方なのが、クレジットカードではないけれど、一括払いの「クレジットカードのように」口座から引き落としにしてもらえるVISAデビットカードです。

 

JCB、マスターカードも選べるところが増えてきました。

ただし、自分の銀行口座にお金を入れておく必要がありますし、口座残高以内での買い物しかできません。

それでも、いちいちお金を銀行から引き出して現金で支払う、という手間と手数料を考えれば、ものすごく助かります。

ただ、VISAというのが付いているので、どうしても「お金が無くてもカードを持っていれば、商品が購入できるのではないか?」とか「もしかしたら分割払いができるの?」なんていう誤解が生まれてくるのです。

スポンサーリンク



VISAデビットカードについてまとめると

VISA加入店での一括払いの商品購入時のみ「VISAカード」として利用できる。(ただし、デビットカードであるという理由で、利用を断られる場合もアリ)

●現在自分の口座に入っている金額内でしか利用できない。

商品購入と同時に瞬時に引き落とされる(稀に、1ヶ月後とかに引き落とされる場合もあるので注意が必要です。)

●原則として、ブラックだろうが自己破産者だろうが、無職でも専業主婦でもカードを作ることは可能

●当然分割払いはできません

とこういったところでしょうか。

他にブラックでも作れるクレジットカードの情報と言えば、海外の銀行口座を作って、そこでクレジットカードを取得するというものです。

結局、個人信用情報は国内だけで通用するものなので、その隙間を付いた方法と言えるでしょう。

とは言え、実際にクレジットカードを取得するにのは、結構長い道のりと諸費用がかかると言われています。

海外クレジットカード代行業者などもありますが、中には悪徳と言われるようなところもあるようですので、注意が必要です。


オマーンの銀行 / 31o5


ブラックでもクレジットカードが欲しい、という裏には、「キャッシングでお金を借りたい」とか「ローン払いで商品を購入したい」という気持ちがあるのではないかと思います。

現在のところ、そのどちらかでも満たすブラックでも持てるクレジットカードというのは、ほぼないと言えるでしょう。

「お金を借りる」だけなら、ブラックでも貸してくれる消費者金融は存在するようですし、「ローンを組みたい」のなら自社ローンや独自ローン対応のお店があります。

ただ、残念なのは、一部の業者についてよからぬ噂を耳にすることがあるので、契約は慎重の上にも慎重を期して行動することが大切です。
 

追記:現在、クレジットカード所有者でも、使いすぎを防ぐためにデビットカードを持つ人も増えてきました。

私達としては、デビットカードの市民権を得たようで嬉しいですね。

その分、トラブルも増えたためか、即時引き落としができないシステムになっているお店では(ガソリンスタンドや高速道路など)、利用できなくなっているところがほとんどです。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> こうすれば債務整理後でも電化製品が分割払いで買える?

こうすれば債務整理後でも電化製品が分割払いで買える?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後の生活は、穏やかではありますが、決してゆとりがあるとは言えません。

 

そりゃあそうですよね。

 

家計が破綻して債務整理をするのですから、お金があるわけがないのです。

 

多重債務の時には、「この借金さえ無くなってくれれば」と思ったものですが、借金が無くなっても苦しいのは同じ、と言う感じです。

 

ただまあ、「取立てからの恐怖」と「利息を含めた借金の金額が日々増大することの恐怖」からは脱出できるのだから贅沢は言えません。

 

実際、「穏やか」にはなるのですから。

 

ただし、「貧乏」を肌で感じるのは、債務整理が終わってからになるかもしれません。

貧乏な漫画家-債務整理体験談

 

まあ、多重債務時代は麻痺していたところもあります。

 

今までは、借金に追われながらも、生活費も借金でまかなっていたような部分もありましたから。

 

それに、クレジットカードが使える限りは、ローンで物が買えますよね。

 

債務整理をすると、ご存知のように、5年から10年はクレジットカードが持てませんから、ローンで買い物ができないのが結構きついのです。

 

債務整理をした後なのに、ぜいたく品を買おうなんて思いません。

 

だけど、最低限必要な電化製品などは、ローンが組めないと本当に困ってしまうのです。

 

多重債務になってからと言うもの、生活費、特に食費以外の出費はことごとく抑えますから、どんなに小さな電化製品でも買い換えることはできません

 

修理に修理を重ね使ってきました。

 

結果、洗濯機は時々すごい音を立てたり、電子レンジはたまに煙を出したりしていたのですが、それでも、その都度修理して使っていたのです。

 

だからこそ、一気に壊れるなんていうこともあるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

テレビなどは我慢すれば良いことですが、冷蔵庫や洗濯機などは困ります。

 

しかも高いですから、ローンを組みたいところ。

 

ヤフオクなどで調べると、「自社ローンOK」というところもたまに見かけますので、そういったところではローンを組めるかもしれません。

 

ただし、中には「足元を見て」ものすごく高い金利をふっかけられることもありますので、慎重に判断してくださいね。

 

オークションと言えば、中古の家電など、タイミングが合えば、安くて良い物が手に入ることも。

 

ただ、新し目なのはそれなりに高くなりますし、ボロボロだと、送料の方が高くなって、来た途端に壊れるなんていう悲惨なことにもなりかねません。

 

気をつけなればいけないのは、壊れた家電を捨てる時にも、リサイクル料と手数料で、数千円取られるということ。

 

家電量販店で引き取ってくれるものもあるので、あらかじめ確かめておくと良いでしょう。

 

あとは、意外と街の電気屋さんなどで交渉すれば、「分割払い」にしてくれる可能性もあります。

 

日頃から修理を頼んだり、比較的安価なものは量販店で買わないで、電気屋さんで買うようにしたりしていれば、ある程度は信用してもらえますよね。

 

2,3回払いが限度でしょうが、「ダメモト」で頼むということもできますね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど