債務整理後の借金 | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
債務整理後の借金 | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

債務整理後、緊急小口資金が借りられた例はある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後の借入先として、生活福祉資金の緊急小口資金というものがあります。

生活福祉資金にはいろいろな種類の支援制度があるのですが、緊急小口資金が一番早く対処してくれるということで、あてにする方たちも多いです。

だけど、この資金のことを調べないで知っている人の方が少ないんじゃないかな?

ブラックになって、もうローンも組めないしお金も借りられないから現金のみの生活を頑張ろうと思うんです。

いや、お金が借りられなくなったからというよりも、「もう借金はコリゴリ」という気持ちのほうが強いかな?

とにかく、債務整理を決心した時にすでに「現金のみの生活」という覚悟はできているもの。

ただ、自分の意志通りに生活は回っていなかないもので、月々の収入が思うように確保できなかったり、病気などで予期せぬ出費が重なることも多いです。



人間って弱いもので、債務整理した人はその前の多重債務時代に、借金まみれになっていることがほとんどなので、お金を借りることに慣れてしまっています。

それに、債務整理直後の生活というのは、非常にバランスの悪い場所に家を建ててしまったように不安定で、いつ倒れるかもわいらない状態ですから、何か小さなトラブルがあれば、簡単に崩れてしまうのです。

言ってみれば、崖っぷちにやっとつかまれるくらいのところで生活しているようなものだから、いつ真っ逆さまに落ちるかわかりません。

そんな時にお金が無くなったら?

スポンサードリンク

 


また元の木阿弥と言われようと、「ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」を探すでしょう。

で、どこからも借りられなくて途方に暮れるんですよね。

そんな時には公的資金で、ということで浮上するのが生活福祉資金なのですが、対応が地方自治体に任されているため、窓口担当の方によってはかなり差が出てくるようです。

調べたところ、すんなりと短期間でお金を借りられたという方は少ないようです。

まず、どんな方が申し込めるのでしょうか?

市民税を支払っていること
○現住所に6ヶ月以上居住していること
○保険証を所有していること
○必要な書類を提出できること
○多重債務者でないこと


など、ハードルとしてはあまり高くないように思えます。
だからと言って、簡単にお金が借りられるか?と言えば、そうではないようです。

あまりに簡単だと悪用される危険性があるからでしょうが、申請時に緊急性が感じられないと申請自体認められないし、認められたとしても通常はお金がおりるまで1週間くらいかかるということ。

条件にあるように、多重債務者では借りられませんし、債務整理後でも審査に落ちることは十分に考えられます。

結果、「頼れない資金です」と言うつもりはありませんが、簡単にお金が借りられるという気持ちで申請してしまうと、断られる可能性は大でしょう。

今切羽詰まった経済状況を説明するとともに、返済の意思をアピールするなど、強い気持ちで臨む必要がありそうです。

本当は、もう少しハードルが低い借り入れ制度があると良いのですが、現段階では難しいということでしょうか。

 

追記:「緊急小口資金を申込んだのに断れた」という方の手記を読みました。

 

会社が倒産した直後に病気になり、手術を伴う入院になったそうですが、入院費用が払えず。

 

無職なので、当然民間の金融業者からはお金を借りられなくて、市役所で緊急小口資金の申請をしたそうなのですが・・・

 

「病院の窓口で入院費を支払った後で、申請に来てください」とのこと。

 

「その費用が払えないのに」と絶望的な気持ちになったそうです。

 

このように、各都道府県によっても、また担当者によっても、かなり対応が違ってくるので、もしかしたら、何度も足を運ぶつもりで相談に行く方が良いのかもしれませんね。

 


こんな記事も読まれています
2018.03.01 Thursday|-|-|-|-

親が自己破産しても学資ローンは借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済


父親が自己破産しても子供の学資ローンは借りられますか?」と聞かれました。

ものすごくその方のお気持ちがわかります。

お金がなくて一番困ることは、贅沢できないことでもなく、欲しい物が手に入らないことでもありません。

それは「家族を守れなくなること」なんです。

特に子どものことは、何としてでも守らないとと思うでしょう。

教育だって、人並みには受けさせてあげたい。

だけど・・・というジレンマに一生懸命耐えなければいけない、という。

債務整理をしても、たとえ自己破産するまでに追い込まれたとしても、自分のことはともかく子どもには不自由な思いはさせたくないと思うのが親心です。

ただ、結局は親がお金に困ってしまうと、どうしても子どもに影響が出るのは確かで、給食費が支払えなかったり学費が払えなかったり、また塾や習い事をさせてあげられなかったり、ということは出てきます。

お金がなくて食べるのにも困る」という状況になったら、やむを得ないことなのですが、親としてはとても辛いことです。

特に、債務整理前後に、子どもの進学時期に重なった場合、どんなに優秀であっても進学を断念させなければならなかったり・・・

これは、子どもの将来にも関わってくることなので、一番心が痛む決断になります。

今はお金が無いけれど、将来は返すアテがあるという場合には、教育ローンの利用も考えられます。

だけど、いつも書いているように、親がブラックになってしまえば、ほとんどのローンは組めませんから、教育ローンも例外ではありません。

民間の銀行や信販会社が取り扱っている教育ローンは、他のローンと同じように、申請時に「信用情報機関」に問い合わせて内容を参照しますので、まずブラックだと落とされます。

スポンサードリンク


「信用情報機関」に債務整理をしたことの記述、いわゆる「事故情報」が残っているうちは、通らないと思って間違いはないでしょう。

これは、民間に限らず、国の教育ローンに対しても、同じことが言えるようです。

「子どもの教育のために使うお金なのに」と一見理不尽に思うこともあるでしょうが、これも債務整理をしたことへの社会的制裁のひとつなのでしかたのないことなんですね。

それに、子どものために借りるとは言え、実際に借りるのはブラックである親御さんなわけですから、一般のローンとなんら条件は変わらないということ。

もし、どうしてもお金を借りてでもなんとか進学させてあげたい、と思うのでしたら、奨学金制度を利用された方が良いでしょう。

親が自己破産しても学資ローンは組める?

ご存知のように、奨学金制度の場合、ごく一部の優秀な生徒しか借りられないというイメージがあります。

学校によっては、優秀な生徒は金利がほぼゼロだったりしますが、一般の生徒に関しても通常よりは低い利率で奨学金を貸してくれる制度もあるようですから、諦めないで聞いてみた方が良いですね。

確かに、多重債務時代や債務整理前後は、はっきり言って「生きるか死ぬか」まで追い込まれていますので、子どもの将来のことまで考えられないことが多いです。

それでも、きちんと考えてあげないと、親も子もダメになってしまう可能性が高いです。

奨学金の場合は、子どもが将来返済するという形になるので、親がブラックでもほぼ審査には関係ないだろうと言われています。

大変な時期だからこそ、きっちりと子どもの将来のことまで考えてあげたいですよね。

 

追記:女優の真矢ミキさんが、高卒認定試験にチャレンジして、5教科で合格点をあげられたというニュースが。

宝塚って高卒にならないというのがびっくりしましたが(今は資格が与えられるそうです)、50歳を過ぎての挑戦に頭が下がります。

親が自己破産して学校に行けなかったという方にとっても、勇気がもらえる出来事ですね。


こんな記事も読まれています
2017.09.18 Monday|-|-|-|-

自己破産者になると消費者金融でも借りられなくなる?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産者がお金を借りる良い方法はありませんか?」と聞かれました。

自己破産者なんて、ちょっと自虐的な言い方ですが・・・

わかるんですよ。

多分、この質問された方も「ブラックになるとお金は借りられない。ましてや自己破産すればなおのこと無理」だということはわかっていると思います。

それでも「どうにかしてお金が借りられないものか」と思ってしまう気持ちが。

昔に比べたら、今は自己破産してもそんなに悲惨なことではない、という認識もできてきました。

芸能人の方でも「自己破産しました」と発表するくらいですからね。

とは言え、人生における大きな挫折には違いありません。

私が債務整理を依頼した弁護士さんも、「自己破産の場合は、どうしても精神的なダメージが大きくなる」とおっしゃっていました。

それと、「夫婦喧嘩が多くなり、離婚するケースも増える」とも。

確かに、渡しの場合も、自己破産ではないものの債務整理しましたから、多重債務から債務整理中・直後の精神状態は異常でした。

夫婦仲も険悪になっていた時期もあります。

「相手のことを思いやる」とかできる余裕もないんですよね。

当然喧嘩の原因も「お金」という、本当に悲しい話です。

「お金の切れ目が縁の切れ目」って本当なんだなー、と思ったり。

あっ、話が逸れてしまいましたが・・・

要するに精神に多少なりとも異常をきたしているので、お金が借りられない状態なのにも関わらず、まだお金を借りようとしてしまうのです。

スポンサードリンク


それと、借金が無くなっても生活を立て直すまでは、本当に生活が苦しい状態が続きますから、どうしてもお金が必要になるシーンが多いんですよね。

で、気がついたら「ブラックでも借りられる消費者金融」とかを延々と探している、という。

自己破産しても借りられる可能性のあるところを整理すると

●生活福祉資金貸付制度など公共の貸付制度

●失業されている場合は、求職者支援制度を利用する

●ネットで「ブラックでも借りられる正規の消費者金融」を探して、危険を承知でそこで借りる

●仕方がないので、闇金融やソフトヤミ金などで借りる

くらいですかね。

当然、3番目と4番目の選択肢はおすすめできません。

それでも、もうそれを選ぶしかないくらい追い詰められている方もいらっしゃると思います。

大手の消費者金融ではダメでも、街金など中小の消費者金融、例えば◯イワとかなら借りられるという情報があるのも確かです。

しかも、一番お薦めできそうな1番目の選択肢については、「なかなかお金を貸してくれない」という話ですし。

そういったことを考えると、一時的でもいいから、ブラックになった人にでもお金を貸してくれる金融機関があれば、と願わずにいられません。

非現実的な話にはなりますが、「ブラック保険」のようなものがあって、債務整理したら月々いくらかづつ収めていくとか。

あっ、でも不公平感が否めないし、誰が管理するのか?という問題もありますね。

第一、「自分はブラックです」と言っているようなものだから、利用者も少ないだろうし・・・

なかなか上手くいかないもんです。

こんな記事も読まれています
2016.12.31 Saturday|-|-|-|-
Copyright © 債務整理後の借金 | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます