スポンサーリンク
Home >> ブラックリストとは? >> ブラックリストに載ると家族に影響が出るものなの?
Page: 2/5  << >>

ブラックリストに載ると家族に影響が出るものなの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックリストに載る」というと語弊がありますが、債務整理をすると信用情報に傷が付くことは確かです。

 

債務整理を決心する時、まず自分のことよりも家族のことを考える、という方が多いのではないでしょうか?

 

家族にはどれくらいの影響があるのか?ということは、最も知りたいことのひとつですよね。

 

その前に、債務整理を決心した時、どんな心境だったのか、振り返ってみると。

 

多重債務から逃れ債務整理への一歩を踏み出すと、目の前に解放感が広がっているのは事実です。

 

借金でがんじがらめになっている人

 

借金まみれの生活からの解放感

 

債務整理をすると、その罪悪感とは裏腹に味わうことができます。

 

長年の重圧から解き放された時は、やはり「やっとこれで深呼吸ができる」くらいの気持ちになれました。

 

今まで呼吸していることすら忘れていたような、下手すると、生きている実感さえないままに、毎日を何とか過ごすことしか考えられられなかった毎日。

 

取り立ての電話や葉書に怯える毎日や、お金をどうしよう?と考えるだけの日々。

 

それを紛らわすためにも、また借金を少しでも減らすためにも、ヘトヘトになるまで頑張って働いていました。

 

スポンサーリンク


あの頃「楽しみ」と言えるものがあったのかどうか?

 

多分なかったでしょうね。

 

テレビでお笑い番組を見ても笑えなかったですから。

 

いや、テレビを見る電気代すら惜しんでいました。

 

楽しみどころか「平穏な気持ち」でいられる日の方が少なかった毎日。

 

債務整理を決心した日のことははっきりと覚えているのですが、その前の記憶がはっきりしないくらい、日々の暮らしに追われていたのだと思います。

 

「思い出したくない」という気持ちもどこかにあるのでしょうが・・・

 

債務整理した途端に、ハッと我に返るような、何かで頬を打たれたような、そんな気持ちになったのを覚えています。

 

ただ、そんな解放感に浸る間もなく、「これからどうしよう?」という不安もあるのは事実。

 

生活の不安に加えて、家族への影響も考えますよね。

 

「私がブラックになってしまったら、子どもにも親にも影響が出るのではないか?」ということはずーっと考えていました。

 

ブラックリストに載ると家族に影響が出る?

 

ネットで調べると、影響が出るというのは少数派でほとんどは「本人がブラックになっても家族には影響はほとんどない」ということだったので、少しホッとしました。

 

実際に債務整理をしてどうだったか?

 

今のところは影響は出ていないです。

 

親のクレジットカードも無事ですし、子どもも新規に作れています。

 

確か、住宅ローンなどの審査が厳しいローンの場合には、親がブラックだと影響がでることもあるようですが。

 

以前も書いたことがありますが、自己破産された方の20歳そこそこのお子さんが、何の問題もなくクレジットカードを取得されています。

 

正社員ではなくアルバイトでしたが、大丈夫だったみたいですよ。

 

審査が比較的甘いと言われている流通系のクレジットカードでしたが、ブラックが影響するとしたら作れないはずですから。

 

全く影響が出ないと言ったら嘘になるでしょうが、普通に生活する上では問題がないと思います。

 

それよりも、やはり一日でも早く生活の立て直しを考えた方が良いということですね。?



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?
Home >> ブラックリストとは? >> ブラックリストに載ると絶対にお金は借りられない?

ブラックリストに載ると絶対にお金は借りられない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックになるとお金が借りられなくなる、というのは常識のようになっていますが、どうしてそうなのか?ということは意外と知らないですよね。

 

ブラックでも融資OK、というように、通常金融関係の文章で使われる「ブラック」というのは、「ブラックリストに載った人」のことです。

 

ブラックリストについては、これまでも何度か書いていますが、ここで一度整理してみましょう。

 

●ブラックリストというのは通称で、「この人はお金を返さなかった要注意人物」という顧客リストは存在しない。

 

●「個人信用情報機関」に登録されている「事故情報」「異動情報」「延滞情報」のうち、「事故情報」(延滞情報)のことを指す。

 

●しかしながら、債務整理時にローンを組んでいた銀行や信販会社には、ブラックリストのようなものは存在し、永久に消えないと言われている。


●延滞情報に載るのは、クレジットカードやローンの支払いが3ヶ月間支払いが延滞した場合で、その後支払いを完済しても数年は事故情報が消えないこともある。

 

●債務整理をした場合、「事故情報」は5年から10年は消えないとされている。

 

●ブラックリストに載ると、ほぼすべてのローンやクレジットカードの申し込みはできなくなる。

 

ざあっと書いてみましたが、こんなところでしょうか。

 

私も、多重債務時代に「ブラックリスト」というと、まるで犯罪者のように「借金を返さなかった要注意人物」という感じで、個人名や住所が書かれたリストがずらずらっと並んだ書類があるものと思っていました。

 

犯人を言い当てる探偵-債務整理体験談

 

だけど、考えてみれば、全国すべての金融機関で支払を延滞したり、ローンを返せなかったりした人をリストアップしたら、とんでもない数になってしまいますよね。

 

とてもひとまとめにして管理できるものではないでしょう。

 

それに、どこが管理するのか?ということも問題になってきます。

 

だから、金融に関する取引履歴が、個人ごとにきちんと整理して登録されているということなんですね。

 

スポンサーリンク

 

 

個人信用情報がそれです。

 

だからと言って、ブラックリストに載ることには間違いないので、リストがないからと言って安心することではないのですが・・・

 

とにかく、この個人信用情報がすべてのカギを握ると言って間違いないでしょう。

 

ほぼすべての金融機関は、ローンやクレジットカードの申請を受けると、この情報機関の内容を参照します。

 

その時に「事故情報」があればアウト、ということは火を見るより明らかですから。

 

もっと言えば、たとえ事故情報がなくても、クレジットカードなどの利用履歴や申し込み履歴によっては、審査に落ちることも十分考えられるのです。

 

私のように債務整理経験者にとってはあまり見たくない「個人信用情報」ですが、やはり一度は開示してみて、自分の信用度をチェックしてみる必要はあるのかもしれませんね。

 

あと、「もうすぐ喪明け?」という時も、「もう5年経っているから大丈夫」ということではなく、きちんと事故情報は消えているのか?を確認する必要があります。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?
Home >> ブラックリストとは? >> ブラックリストって?過払い請求でも載るの?

ブラックリストって?過払い請求でも載るの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

そもそも「ブラックリスト」って何だろう?と思いますよね。

 

こちらのブログでは何度か書いているのですが、「個人信用情報機関」というところで金融事故扱い者として登録されるということです。

 

まあ、そう書くとなんだか非常に厳しい扱いを受けるみたいですが、ただ「個人信用情報」に事故情報が記載されるというだけです。

 

と言っても、ピンと来ない方もいらっしゃいますよね。

 

私の場合、弁護士や行政書士の方に債務整理を依頼した時点で、信販会社から「個人信用情報機関に事故情報が載ります」というような内容のはがきが送られてきました。

 

弁護士-債務整理体験談

 

どこの会社でも送られてくるのか?現在でも行われているのか?は不明ですが。

 

あなたの信用はもうないですよ」というようなことがはっきり書かれていた、ということなので、これがまさにブラックリスト入りした証明なのか?と思いますね。

 

一時は、自己破産などの債務整理だけでなく、過払いを請求しただけでもブラックリストに載ってしまうということで、過払い請求自体をためらう方がいらっしゃいました。

 

確かに、すでに借金を完済している方が、「払いすぎた分のお金を返して欲しい」という請求をするだけなのに、ブラック扱いされるのは不条理です。

 

過払い請求の場合は、事故情報ではなく「契約見直し」情報になるのですが、いずれにしても、「何か金融トラブルがあった」という記載があれば、新規でのクレジットカードやローン契約に支障があることが考えられますから。

 

なので、2010年以降に見直され、「契約見直し」情報の登録が廃止されたのです。

 

とは言え、私のように、債務整理を考えていて、その前に過払い請求でいくらか戻ってこないか?という場合は、完済前なので、しっかりと信用情報に記載されます。

 

それは仕方がないですね。

 

スポンサーリンク

 

 

だから、ブラックリストに載るか載らないか?というのは、借金の完済前か後か?で決まるということです。

 

このブラックリスト、という個人信用情報の事故情報が載っている5年から10年の間が、いわゆる「喪に服す」時になるわけです。

 

何も自虐的に言っているのではなく、本当に、「一からやり直すつもりで」「大事な人を亡くした時のように神聖かつ反省の意味も込めてつつましやかに」生きる、ということですね。

 

わかってはいるのですが、なかなかそんな穏やかな気持にはなれず、「あとどこくらい経てばクレジットカードが持てるようになる?」とか「債務整理中にお金を貸してくれるところは無いだろうか?」と思うことも。

 

実際に、パソコンやスマホで検索してみたことも1度や2度ではないので、本当にお恥ずかしい話ですが。

 

そんな我々を見透かすように、甘い蜜を餌に、「ブラックでもお金を貸しますよ」と言ってくる悪徳業者も多いですから、身を引き締めないといけないですね。

 

闇金融のえじきにならないためにも。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?