ブラックリストに載ると家族に影響が出るものなの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックリストに載る」というと語弊がありますが、債務整理をすると信用情報に傷が付くことは確かです。

 

債務整理を決心する時、まず自分のことよりも家族のことを考える、という方が多いのではないでしょうか?

 

家族にはどれくらいの影響があるのか?ということは、最も知りたいことのひとつですよね。

 

その前に、債務整理を決心した時、どんな心境だったのか、振り返ってみると。

 

多重債務から逃れ債務整理への一歩を踏み出すと、目の前に解放感が広がっているのは事実です。

 

 

借金まみれの生活からの解放感

 

債務整理をすると、その罪悪感とは裏腹に味わうことができます。

 

長年の重圧から解き放された時は、やはり「やっとこれで深呼吸ができる」くらいの気持ちになれました。

 

今まで呼吸していることすら忘れていたような、下手すると、生きている実感さえないままに、毎日を何とか過ごすことしか考えられられなかった毎日。

 

取り立ての電話や葉書に怯える毎日や、お金をどうしよう?と考えるだけの日々。

 

それを紛らわすためにも、また借金を少しでも減らすためにも、ヘトヘトになるまで頑張って働いていました。

 

スポンサーリンク


あの頃「楽しみ」と言えるものがあったのかどうか?

 

多分なかったでしょうね。

 

テレビでお笑い番組を見ても笑えなかったですから。

 

いや、テレビを見る電気代すら惜しんでいました。

 

楽しみどころか「平穏な気持ち」でいられる日の方が少なかった毎日。

 

債務整理を決心した日のことははっきりと覚えているのですが、その前の記憶がはっきりしないくらい、日々の暮らしに追われていたのだと思います。

 

「思い出したくない」という気持ちもどこかにあるのでしょうが・・・

 

債務整理した途端に、ハッと我に返るような、何かで頬を打たれたような、そんな気持ちになったのを覚えています。

 

ただ、そんな解放感に浸る間もなく、「これからどうしよう?」という不安もあるのは事実。

 

生活の不安に加えて、家族への影響も考えますよね。

 

「私がブラックになってしまったら、子どもにも親にも影響が出るのではないか?」ということはずーっと考えていました。

 

ブラックリストに載ると家族に影響が出る?

 

ネットで調べると、影響が出るというのは少数派でほとんどは「本人がブラックになっても家族には影響はほとんどない」ということだったので、少しホッとしました。

 

実際に債務整理をしてどうだったか?

 

今のところは影響は出ていないです。

 

親のクレジットカードも無事ですし、子どもも新規に作れています。

 

確か、住宅ローンなどの審査が厳しいローンの場合には、親がブラックだと影響がでることもあるようですが。

 

以前も書いたことがありますが、自己破産された方の20歳そこそこのお子さんが、何の問題もなくクレジットカードを取得されています。

 

正社員ではなくアルバイトでしたが、大丈夫だったみたいですよ。

 

審査が比較的甘いと言われている流通系のクレジットカードでしたが、ブラックが影響するとしたら作れないはずですから。

 

全く影響が出ないと言ったら嘘になるでしょうが、普通に生活する上では問題がないと思います。

 

それよりも、やはり一日でも早く生活の立て直しを考えた方が良いということですね。?

独自のショッピングローンとは?無料で家電が手に入るサイトがある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務でもうどこからもお金を借りられない時、冷蔵庫が急に壊れてしまったので、分割で買えないものか?と調べたんですよ。

 

この時はすでに、クレジットカードのショッピング枠もほぼ無い状態で、新たにクレジットカードを作るなんて無理でした。

 

まあ、作れたとしても、自分で自分のクビを締めるようなものなんですけどね。

 

だけど、夏場に冷蔵庫が壊れると、もうどうしようもありません。

 

中の食品はどんどん腐っていくのですから。

 

ご近所の方に、冷凍庫の中の物だけは預かってもらったりしていましたが、どうしても早急に必要なんです。

 

ショッピングローンで冷蔵庫は買える?-債務整理体験談

 

普段なら、ヤフオクなどで、中古家電を見つけて現金で購入していたのですが、そんな悠長なことはしてられません。

 

いや、一応探してはみたのですが、そんなに都合よく安くてすぐに発送してくれるような物はありませんでした。

 

で、ネットで大手ショッピングモールなどをくまなく探していたら、結構あるんですよ。

 

独自のショッピングローンで分割払いができる店が。

 

ちなみに、ショッピングローンというのは、カードを使わないで分割決済ができるシステムで、主に少額の商品取引に使われるようです。

 

少額と言っても、分割払いするのですから、お店によっては「総額3万円以上から承ります」とか「1万5,000円以上の商品からご利用できます」という規定があることも。

 

確かに、1,000円の商品を3回に分けて支払うなんて言われたら、困りますものね。

 

だから、少額と言っても、3万円から10万円前後の商品でよく利用される支払い方法、と理解しても良いでしょう。

 

私が利用しようとしたお店では、ショッピングローンの規定として、

 

◯消費税・送料を加えた総額3万円以上の商品についてご利用になれます。

 

◯月々のお支払金額が3,000円未満になる分割方法はお受けできません。

 

◯審査は信販会社を通して行われます。

 

◯審査に通らなかったお客様については、別のお支払い方法をご提示します。

 

◯無職の方(専業主婦を含む)の場合、保証人を立てていただくことがあります。

 

と書いてありました。

 

スポンサーリンク

 

 

何となく、クレジットカードを発行するわけではなく、一度きりの分割払い契約なので、「審査が甘い?」なんて思ってしまいますが、信販会社が審査を行うので、個人信用情報の参照はあるでしょうし、他のローン審査とあまり変わらないようです。

 

とは言え、100万円単位の契約をする車のローンと比べたら、審査は緩やかである、と考えられるでしょう。

 

で、当然ながら、このショッピングローンに申し込んだことも、個人信用情報には登録されますから、「ここでダメだったから他のお店の審査を受けてみよう」なんて、軽い気持ちで「次行ってみよう!」をしていると、痛い目に遭うかもしれません。

 

なぜなら、一度目に審査に受からなかったということは「成約していない」ことでバレてしまうので、そこからまだ日にちが浅いうちに次の申込みをしたとなると、「他で断られたから来たんだな」と思われてしまいます。

 

しかも、2社目まだまだしも、3社目以降だったら?

 

もう完全に「ブラックリスト入りしている人」という認識を持たれてしまいますね。

 

過去に滞納の履歴があるとか、債務整理したことがあるなど。

 

一度限りの分割契約なので、申し込みやすい雰囲気はありますが、審査に受かりやすいかどうかは、また別問題と言えるでしょう。

 

ただ、「クレジットカードを作ってしまったら、ショッピング枠いっぱいまでまた使ってしまいそう」なんていう時には、多重債務にならないためにもショッピングローンの利用は有効だと思いますよ。

 

追記:今回の冷蔵庫のように、ものすごく急ぐ場合には使えませんが、今はオークションではなく「無料で差し上げます」のようなものも多いんですね。

特に、家電の場合はリサイクル料がかかるので、捨てたとしても結構お金と手間がかかるわけですから。

それと、「どうせ捨てるのなら、まだ動くから使ってもらったほうが」と思う人も多く、ネットで探すとたくさんヒットします。

中には、「無料」で人寄せをして良からぬことを企む人も居るみたいなので、注意が必要ですが、運が良ければ、「型は古いけど、かなりきれいな状態のものが無料で手に入る」なんていうこともあります。

お金が無ければ無いなりに根気よく探せば、思わぬお宝が手に入るかもしれませんよ。

ブラックリストって?過払い請求でも載るの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

そもそも「ブラックリスト」って何だろう?と思いますよね。

 

こちらのブログでは何度か書いているのですが、「個人信用情報機関」で金融事故扱い者として登録されるということです。

 

まあ、そう書くとなんだか非常に厳しい扱いを受けるみたいですが、ただ「個人信用情報」に事故情報が記載されるというだけです。

 

と言っても、ピンと来ない方もいらっしゃいますよね。

 

私の場合、弁護士や行政書士の方に債務整理を依頼した時点で、信販会社から「個人信用情報機関に事故情報が載ります」というような内容のはがきが送られてきました。

 

弁護士-債務整理体験談

 

どこの会社でも送られてくるのか?現在でも行われているのか?は不明ですが。

 

あなたの信用はもうないですよ」というようなことがはっきり書かれていた、ということなので、これがまさにブラックリスト入りした証明なのか?と思いますね。

 

一時は、自己破産などの債務整理だけでなく、過払いを請求しただけでもブラックリストに載ってしまうということで、過払い請求自体をためらう方がいらっしゃいました。

 

確かに、すでに借金を完済している方が、「払いすぎた分のお金を返して欲しい」という請求をするだけなのに、ブラック扱いされるのは不条理です。

 

過払い請求の場合は、事故情報ではなく「契約見直し」情報になるのですが、いずれにしても、「何か金融トラブルがあった」という記載があれば、新規でのクレジットカードやローン契約に支障があることが考えられますから。

 

なので、2010年以降に見直され、「契約見直し」情報の登録が廃止されたのです。

 

とは言え、私のように、債務整理を考えていて、その前に過払い請求でいくらか戻ってこないか?という場合は、完済前なので、しっかりと信用情報に記載されます。

 

それは仕方がないですね。

 

スポンサーリンク

 

 

だから、ブラックリストに載るか載らないか?というのは、借金の完済前か後か?で決まるということです。

 

このブラックリスト、すなわち個人信用情報に事故情報が載っている5年から10年の間が、いわゆる「喪に服す」時になるわけです。

 

基本的に、ローンを組んだりクレジットカードが持てない日々が続くんですよね。

 

何も自虐的に言っているのではなく、本当に、「一からやり直すつもりで」「大事な人を亡くした時のように神聖かつ反省の意味も込めてつつましやかに」生きる、ということです。

 

わかってはいるのですが、なかなかそんな穏やかな気持にはなれず、「あとどこくらい経てばクレジットカードが持てるようになる?」とか「債務整理中にお金を貸してくれるところは無いだろうか?」と思うことも。

 

実際に、パソコンやスマホで検索してみたことも1度や2度ではないので、本当にお恥ずかしい話ですが。

 

そんな我々を見透かすように、甘い蜜を餌に、「ブラックでもお金を貸しますよ」と言ってくる悪徳業者も多いですから、気を引き締めないといけないですね。

 

闇金融のえじきにならないためにも。