スポンサーリンク
Home >> 債務整理費用について >> 借金苦でもなかなか債務整理に踏み切れない理由は?会社?家族?
Page: 2/5  << >>

借金苦でもなかなか債務整理に踏み切れない理由は?会社?家族?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

今まで何度も書いてきましたが、借金苦になっても、「借金はなんとしてでも返さなければならない」という強迫観念にとらわれたり、「今までの倍働けばなんとかなるはず」とがむしゃらに働いて体を壊したり・・・

 

なかなか、債務整理には踏み切れないものです。

 

自分で作った借金だから何が何でも返すんだ!」という気持ちは、あって当たり前だし、無くてはならない物なのですが、それで自分を追い込んでしまっては、結局借金は減らないし、家族にも迷惑をかけてしまいます。

 

では、借金の返済が難しくなり債務整理を行おうと考えても、中々実行まで踏み切れない原因は何でしょうか?

 

まず考えられるのは、債務整理を行うと誰かにばれてしまうのではないかということ。


会社でばれてしまうと「これが理由で解雇されるのではないか」や「出世の道が閉ざされてしまうのではないか」と考えてしまいます。

 

債務整理したら会社をクビになってしまう?

 

まあ、借金で首が回らなくなり、取り立ての電話が会社にまで来てしまえば、もっと立場は悪くなるんですけどね。

 

また、家族にばれたら「妻から愛想をつかされて離婚されてしまうのではないか」「子どもたちが学校でいじめられるのではないか?」といった不安に陥ります。


お金の問題、特に借金は会社の知り合いや友人どころか家族にも中々話しにくいのが現実です。

 

借金返済が苦しく、債務整理をしてすっきりしたいが周りには内緒にしたいと悩んでいる人が多いです。


また債務整理を行うと今後借金が一切出来なくなってしまうのではないかという不安もあります。

 

若ければ若いほど、将来、車や家を購入しようとした時に、ローンを組んだり借金が出来なくなることは、人生のネックになってしまうでしょう。


確かに一度債務整理を行うと、一定期間借金が出来なくなるのは本当で、「喪明け」後も審査に通りにくくなる可能性は高いです。

 

個人信用情報に事故情報が記載され、金融機関が参照した時に、債務整理をしたことや借金を滞納していた事実が、丸わかりになってしまうからです。

 

その為、お金を貸しても返済できない人だという判断が下され、審査を受けても落とされてしまうのは火を見るよりも明らかなんですよね。

 

スポンサーリンク

 


だけど、借金をそのまま放っておくと、こういった不安や悩み以上のトラブルが、舞い込んでくることになります。

 

さきほども書いたように

 

◯会社に借金取りたての電話がかかってくるかもしれない

 

◯借金滞納を繰り返していると、ある日突然裁判所から「借金全額支払うように訴えが来ている」というような書類が来る

 

◯なんとか借金を支払えていても、借金で借金を返している状態におちいり、生活費が底をつく

 

など、放置していることで起こるトラブルは、計り知れません。

 

そこまでになっていたら、思い切って専門家に相談した方が良いでしょう。

 

相談だけなら無料の所も多いですし、秘密を守った上で最適なアドバイスをしてくれます。


また、会社や家族にバレずに債務整理することは可能です。

 

会社の場合、給料の差し押さえなどが行われればバレてしまうことはありますが、事前に対処していれば大丈夫でしょう。

 

家族に対しても、債務整理を依頼した法律事務所に、連絡は必ず個人の携帯にしてもらい、郵送する書類がある場合個人名にしてもらうことで、バレないかもしれません。

 

とは言え、会社はともかく、家族にはできれば最初から正直に話し、一緒に再出発する道を模索する方が良いと思いますよ。

 

多かれ少なかれ、家族には迷惑をかけることになるわけですし、債務整理が孤独な闘いになれば、精神的にも参ってしまいます。

 

1日も早く借金苦から立ち直るためには、みんなで乗り切るという気持ちになることが大切ですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理費用について
Home >> 債務整理費用について >> 債務整理費用は分割できる?取り立ての電話が来ないようにするには?

債務整理費用は分割できる?取り立ての電話が来ないようにするには?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理を簡単なことと考えるのはマズイと思います。
中には、「クレジットカードで、限度額ギリギリまで使ってから自己破産すればいいんだ」なんていう人も。

これは「違うだろう?」と思いますよね。

借金うんぬん以前に、人間としての人格を問われてしまいます。

それに、支払えないことがはっきりしているのにクレジットカードを使ったということがわかれば、自己破産しても免責を受けることはできなくなります

そんな考えでは、自己破産してもまた借金まみれになってしまいます。

ただ、多重債務に陥って、もう身動きが取れなくなったり、通常の日常生活が送れなくなっていたら、債務整理を考えてるべきではないでしょうか?
 

債務整理で、一番手っ取り早いのが「特定調停」。

「借金を返す気はあるけれど、今のままの返済額ではどうしてもやっていけない」という人が、債権者と話し合いの結果、返済条件の軽減などをしてもらうというものです。



早い話が、借りているところ金利が非常に高ければ、「過払い請求」ができるので、実質借金の金額も大幅に減るというものですね。

これは、高い金利のところで、何年も借りている人には有利ですよ。

実際、計算してみると、借金額よりも過払い請求額の方が多くなるケースもあるんですから。

ただ、特別調停はまだ費用が安いですが、任意整理や民事再生、自己破産などの債務整理となると、数十万円単位でお金がかかります

「お金が無くて借金をし、それが返せなくて債務整理をするのに、そんなに支払えない」と言う方がほとんどでしょう。

私も、債務整理する時には、費用のことが気がかりでした。

スポンサードリンク

 


でも、一括支払いが困難な場合は、分割に応じてくれる弁護士事務所や司法書士事務所が多いです。

一月5,000円くらいからだと思いますが、それは各事務所によって違います。

最初に相談してみた方がいいですよ。

分割払いに対応していても、最初に言われなければ「一括払い」にされてしまうこともありますから。

そうそう。

もともとの年収が低くて、債務整理費用もそんなに支払えないという方は、「法テラス」で相談すれば良いでしょう。

申請書類を出して通れば、少ない金額で、しかも分割払いで債務整理費用を返していくことが可能になります。

このように、至れりつくせりとは言いませんが、お金のない人にはそれなりの対応策が用意されていますので、むやみに怖がることはないということですね。

 

追記:ただし、法テラスを利用するための審査を通らないと、弁護士を選出してくれないため、審査に通るまでの間は債権者から取り立てがあるかもしれません。

 

弁護士に依頼すれば、受任通知を債権者に出してくれるため、取り立てはすぐに止まるのですが・・・

 

取り立ての電話におびえる日々というのは、経験したことがありますが、生きている心がしないものです。

 

だから、「すぐにでも安心したい」場合には、法テラスと契約している弁護士に直接申し込みをして、その後法テラスを利用するという形の方が良いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理費用について
Home >> 債務整理費用について >> 債務整理費用は借りられる?手元に全くお金が無くても債務整理した方法

債務整理費用は借りられる?手元に全くお金が無くても債務整理した方法

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務に陥っていても、「費用がかかるから」という理由で債務整理を躊躇することってありますよね。

というか、ほとんどの方が費用の点でも引っかかっているのではないでしょうか?

「債務整理をしようにも、弁護士や司法書士に支払うお金が数十万単位で必要なので、依頼するのは無理だ」と決めつけていませんか?

いや、私もそうだったからわかります。

「今、借金返済で食べるのにも困っているのに、いくらのちのち借金が無くなるからって、数十万もとても用意できない」と思います。



弁護士事務所や司法書士事務所によっては、「着手金さえ少し支払ってくれれば、あとは分割で大丈夫」というところも少なくないのですが、どうしても敷居は高く感じてしまいます。

「どうしてもお金が借りたいのに借りられない時」でご紹介している公的資金である生活福祉資金貸付制度でも、実は債務整理費用を借りることはできます。

生活全般に困難を抱えている人という条件がありますが、その中の「一時生活再建費」に公共料金の立て替えや債務整理費用が含まれているのです。

生活福祉資金と言うと、どうしても生活費の貸付が頭に浮かびますが、それだけではないんですね。

実際に、どの程度の収入や支出があると「生活全般に困難を抱えている」という基準に当てはまるのか?については、各都道府県にある社会福祉協議会によって違ってくると思います。

また、担当者の方の判断によっても、当然差は出てくると思うので、「このくらいの収入ならOK」ということは言えないのですが、「借りられるかもしれない」と思うだけでも心強いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 


それと、以前から書いている「法テラス」で、債務整理費用を立て替えてもらうという方法もあります。

れっきとした公的機関なんですよ。

実際には、民事法律扶助制度を利用するということになるのですが、本人の収入によっては、債務整理費用そのものが安くなることもあります。

立て替えてもらった費用は分割で返すことになりますが、月々5,000円程度で済むことが多いです。(かかる債務整理費用によって違ってきます)

「法テラスってどこにあるの?」と言う方、あまり知られていないのですが、全国の主要都市には相談窓口があります。

ネットで検索すると出てきますので、結構近場で相談できますよ。

直接法テラスに行って債務整理の相談をすることもできますし、登録している弁護士や司法書士の事務所で相談した場合は、事務所を通して申請することもできます。

 

「弁護士や司法書士の探し方さえわからない」なんていう場合でも、まずは相談に行くという選択肢でも良いのではないでしょうか?

借金を抱えてもうどうしようもなくて、債務整理しようにも費用がない、なんていう場合、最悪の場合「夜逃げしかないか」と悲観的になってしまいますが、そうではないのです。

結局は、「借金をどうしかしよう」という強い気持ちが後押しすると思うんです。

もし、債務整理費用が用意できないという理由だけで迷っているのでしたら、こういった方法もあるんだ、ということを知れば、前を向くこともできますよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理費用について