どうしても、「すぐに」お金が必要になる時ってありますよね。

多重債務でなくてもあります。

そういった時は、やはり「借りる」のではないでしょうか?

考えてみれば、「借りる」行為。

これ自体は悪いことではないのだけれど、今お金がないから借りるわけで、のちのち返せる見込みのある人は少ないのでしょうね。

だけど、「今何とかなれば・・・」と思って借りてしまう。

借りる時には、「返せないかもしれない」という気持ちよりも、この時さえ乗り切れば何とかなる、と信じているんですよね。

でも、冷静に考えれば、今足りないわけだから、将来的に「何とかなる」確率は非常に低いのですが・・・

多重債務なんて、なりたくてなる人は居ないでしょう。

まずは、少額から借りて、返せなくなって、また借りて・・・

の繰り返し。

持っているクレジットカードの限度額で何とかなっている時はまだいいけど、そのうち、消費者金融に手を出す。

借りてみると、消費者金融も、他の金融機関とそう変わりませんからね。(金利以外は。)

その金利も、今や結構低くなっていますから、余計借りやすくなっている。

ということは、多重債務者も増えるということ。

まあ、借り入れの条件は厳しくなっているから、以前ほどではないのかな?

でも、この日本で、まともに生きていこうと思えば、恐ろしく安い賃金だけでは無理なんですよ。