国民健康保険料を徹底的に安くするには?

JUGEMテーマ:借金地獄
債務整理をして、なんとか借金地獄から抜け出せたと思ったのに、その後に怒涛のごとく押し寄せてくるものがあります。

税金や公共料金の滞納分です。

公共料金も、最近は電気やガス料金値上げなどで支払いはますます厳しくなるばかり、なのですが、どうしてもライフラインなので止められては生きていけません。

お金の無い中でも、なんとか工面して督促状が来たら最優先で支払いに行くでしょう。

だから、債務整理時にはそんなに溜まっていないことが多いのでは?

それに比べて、税金は支払わないと生活していけないという実感が薄いため、そしと金額的にも結構大きいために、どうしても後回しになってしまい、気がついたらすごい金額になっていたということになるのです。



特に高いのが国民健康保険料ですね。

このブログではしつこいくらいに何度も言っていますが...

いくつかの巷で言われている裏技についても解説しましたが、ほとんど使えるものは無いでしょう。

唯一使えるのが、「減額申請」ではないでしょうか。

減額方法や金額については各地方自治体によって違ってきますが、通常、減額される割合が70%、50%、20%と段階的に決められているようです。

基準となるのが前年度の世帯所得と加入者数で、単純に年収300万円以下とかで計算するのではないんですね。

ただ、国民健康保険料が支払えない世帯というのは、収入もそんなに多くないわけですから、どこかには引っかかるかもしれません。

「たった2割安くなっても」と思うでしょうが、年間20万円支払わなきゃいけなかったものが16万円で済むと考えれば、かなり違ってきます。

それがもし50%だったら?

相当楽になりますよね。

あとは、災害や病気で生活が非常に困難になった、またお給料が大幅に下がったなんていう場合には、最大、保険料自体免除されることがあります。

これは、自分自身で申請しないと誰もやってくれないので、収入が少ない場合にはされた方が良いと思いますよ。

国民健康保険については、借金でもうどうしようもなくなり、夜逃げ同然で引っ越しをした人が、「保険に加入していないから医療が受けられなかった」ということで、重症になっているケースが多いと聞きます。



国民健康保険加入は国民の義務となっていますが、結局は病気になった時に守ってくれる制度でもあるんですね。

ただまあ、それにしても高過ぎるという気はするのですが...

自営業の場合は、特に「高い」ということを実感するでしょう。

ならばどうするか?

法人化するという案もあります。

会社を設立して社会保険に加入するという方法だと、相当節約できるようですが、ひとりでコツコツ自営の仕事をされてきた方にとっては敷居が高いかもしれないですね。

スポンサードリンク


それに、社会保険加入のためのハードルもクリアしなければなりませんから。

あっ、国民健康保険料を安くする裏技的な方法がありました。

保険料の安い市町村に引っ越すという荒業が。

突拍子もないことのように思いますが、なんと一番高い市町村と安いところでは、年間20万円くらい違うそうですよ。

もし、一番高いところにお住みであれば、考える価値はありそうですね。

しかも、自己破産で家を失った場合、新天地に選ぶ候補として、国民健康保険料が安い市町村という条件を入れれば、希望も増すというものです。

私の場合は、任意売却で思ったより早くに家が売れたため、引越し先を決めるのに1週間しか猶予がありませんでした。

だから、国民健康保険料のことまで考える余裕は、全く無かったですけどね。

破産しても国民健康保険料は払うの?

JUGEMテーマ:借金返済
今年は、7月に大幅な食品の値上げがあり、ボーナスを補填しても家計のやりくりが・・・と頭を抱えている方も多いことでしょう。

7月と言えば、分厚い税金の支払い請求書が来る時期でもあります。

借金背負っても債務整理をしても、たとえ自己破産であっても支払わなきゃいけないのが税金ですね。



破産すると、もう何もかもすべて失って破滅してしまう、という気がします。

実際に自己破産された方に聞くと「それほどでもなかった」と言われますが、心情的にはそれ以上のものがあったのかもしれませんね。

と同時に、自己破産すると何もかも取られてしまう代わりに、「今まで滞納していたお金もすべて支払わなくていい」なんて、都合の良いことを考えていませんか?

例え破産しても、支払うべきお金は存在します。

と言いますか「借金」以外の滞納分は棒引きにはならないですよ。

タイトルにもあるように、国民健康保険料などの税金、公共料金、NHK受信料などの支払いは債務整理をしても減らないです。

逆に、滞納分の延滞金が付く分、高くなってしまいます。

私もそうでしたが、多重債務に陥っていると、食べるのに精一杯、いや食べることさえままならない状態が続きますから、税金や公共料金を滞納してしまうことはよくあります。

わざとではないんですけど、優先順位を考えると、どうしても後回しになってしまうんですよ。

公共料金も、滞納しがちにはなりますが、「ガス・水道・電気」が止められると、生きていけなくなりますから、ある程度溜ったらどうにかお金を捻出して支払うのですが・・・

税金となると、「支払いの義務がある」というのは頭ではわかっていながらも、なかなか払えない状態が続きます。

特に国民健康保険料は高いですからね。

スポンサードリンク


収入がどん底で、やっと食べていかれるかどうかの時代でも、確か1回の保険料は2万円近かったと思います。

「どうしてこんなに高いの?」と悲鳴を上げたいくらいでした。

それでも、国民健康保険料を支払わないと保険証がもらえません。

国民健康保険料

「私は健康だから大丈夫」と思っても、家族が居ればそうも行きませんし、自分だっていつ何時病気になるかもわかりません。

保険証がないとお医者さんにも行けませんから。

私も、一時保険証がなくて医者にかかれず、危ないところだったという経験があります。

国民健康保険料は、滞納すると督促状が来て、それでも支払わないと催告状が来ます。

もともと1回分が高いですから、滞納分の合計を見ると、目の玉が飛び出るくらい高くてめまいがしそうになるんですよね。

しかも「一括で支払ってください」というようなことが書かれているので、恐ろしくてなかなか相談にいけないのですが、市役所の相談窓口に行くと、分割での支払いにも応じてくれます。

まあ、こちらの経済状況などいろいろ聞かれますが、それは仕方の無いこと。

今の状況を、包み隠さず言えば、小額からの分割払いにも応じてくれますので、やはりできるだけ早めに相談されることをおすすめします。

また、経済状況によっては、保険料が安くなる場合もあるので、そのことについても聞いてみた方が良いでしょう。
 
条件に合えば、簡単な書類を提出するだけで、国民健康保険料が安くなりますよ。

債務整理したら国民健康保険料の滞納分はどうなる?

JUGEMテーマ:借金返済

確定申告の時期が近づいています。

すでに準備はお済みの方もいらっしゃるでしょうが、なかなか面倒なことなので、ついつい後回しにしてしまいますよね。

確定申告と言えば、所得税もさることながら、自営業の場合は国民健康保険料が気になります。

とにかく、収入に対して支払う金額が高い!

国民健康保険料って、各自治体によって違いますので、当然安いところも高いところもあるのですが、一番安いところでもそんなに楽ではないんだろうなと思います。

だけど、税金はどんなことがあっても支払わなきゃいけないことになってます。

多重債務であろうが、債務整理をしようが、それが自己破産だったとしても。

前にも書きましたが、多重債務から債務整理をする期間というのは、生活が破綻しています。

もう食べる物もあまり無いような生活。

公共料金も支払えず、電気・ガス・水道も止められる寸前、なんていう方も珍しくないでしょう。



私もそんな感じでしたから、税金も滞納しがちで、一番高いと思われる国民健康保険料は特に支払いたくても支払えない状態でした。

よく「引っ越ししたら、以前住んでたところの税金滞納分は支払わなくてよくなるよ」なんていう方がいます。

本当にそうでしょうか?

調べてみたら、たまーにそんな経験をされている方もいらっしゃるようですが、たいていは、新しい引越し先に滞納分の催告書が送られて、延滞金も含めるとものすごい金額の請求書が入っているのです。

つまり、どこに引っ越しても逃れられないということ。

健康保険証については、各自治体で個別に対応することになっていますので、新しい引越し先では、通常の健康保険証が発行されることになります。

スポンサードリンク


普通、健康保険料を長年滞納していると、最初は短期保険証が発行されます。

要するに、1ヶ月有効の保険証を渡されて、切れたらまた取りにに来てくださいというもの。

結局、分納手続きをしている人がほとんどなので、1ヶ月分保険料(実際にはもともとの保険料よりかなり安い金額)を支払えば保険証も出しますよ、ということなんです。

一見厳しいようにも思えますが、そうでもしないと、度々市役所に足を運ぶことなんてないですから、仕方のない事かもしれません。

それよりも、「少ない金額で、今まで通りに保険証を発行してくれるのだからありがたい」と思わなければいけないですよね。

国民健康保険料の滞納がもっと長くなって、なんの音沙汰もないとなると、健康保険証の代わりに資格証明書というものが発行されるのです。

こうなると厄介ですよ。

お医者さんにかかる時に、この証明書を提出すると、その場では医療費10割全額負担を要求されます。

あとで7割返還されることになるのですが、この中から滞納分の金額が少しづつ差し引かれるので、実質返ってこないこともあり得るというもの。

だから、ここまでの処分をされないためにも、支払う意志はあるけれども、すぐに滞納分全額は支払えない旨を市役所に誠心誠意伝えることが大切です。