スポンサーリンク
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> おまとめローンの落とし穴と体験談
Page: 3/1239  << >>

おまとめローンの落とし穴と体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金まみれになり、「もう債務整理しか方法が無い?」となった時、「ひとつにまとめられないか?」という考えが浮かんできます。

 

おまとめローンや借金一本化という言葉が流行り、多重債務の人がこぞっておまとめローンに飛びついた時期もありますね。

 

確かに、銀行に100万円のローン支払いがあり、別の信販会社のカードでキャッシングが50万円、その他消費者金融にも合わせて50万円の借金がある場合、「合わせて200万円、どこかでまとめて借りた方が良いのでは?」となるでしょう。

 

どういった経路で消費者金融にまで借り入れをしたのかはわかりませんが、銀行でまとめて200万円借りた方が、金利的にも低くなるでしょうし、返済期日もひとつの方が管理しやすくなります。

 

ただ、消費者金融から借り入れをした理由が、「もうどこからも貸してくれなくて、審査の甘いところを探した」ということなら、おまとめローンの審査に受かる可能性はあまり無いでしょう。

 

おまとめローンの審査に落ちた-債務整理体験談

 

どう考えても、50万円の借金より200万円の借金をするほうが、審査が厳しくなるのは当たり前です。

 

おまとめローンの審査に受かった方の体験談でも、「ローンやキャッシングについての知識があまり無く、その都度借りやすいところからお金を借りていた。消費者金融は無利息期間があるということだけで借りた」というような人が多かったのです。

 

つまり、銀行や信販会社の審査に余裕で通るような状態なのに、たまたまお金が足りない時に、あちこちから借りてしまっていた、ということ。

 

お金を借りた理由も、「手元に現金が無かったから」なんていうことも。

 

もともと生活費が足りなくて、仕方が無く借金をして、そのお金が返せなくて、また借金を重ねるというような人は、審査に受かる確率はぐんと下がります。

 

ある調査によると、おまとめローンの審査に受かった人の平均年収は約430万円だということ。

 

逆に、審査に落ちる人の平均年収は約300万円で、申込み時の借金総額は共に200万円くらいと同じくらいなのに対し、借入件数が収入に比例して多かったそうです。

 

一見、「多重債務者の強い味方」のように感じますが、やはり借入金額が多くなると、属性が良くなくては借りられないということがよーくわかります。

 

年収の他に、持ち家かどうか、勤続年数は?勤務先は?家族は?など厳しくチェックされた結果、「返済可能」となれば、めでたく審査に受かるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

で、無担保で審査に受からないとなると、不動産担保ローンをすすめられたりします。

 

これはこれで、どうしてもお金を借りたい時の最後の砦としてはアリなのですが、「普通に毎月返していれば、家を取られることは無い」と簡単に考えていては、痛い目にあいますよ。

 

間違いでは無いのですが、月々の支払いが遅れたりすることって、長い人生の中では「よくあること」なのです。

 

特に、今のように震災や自然災害が多発していると、家は無事だったとしても、突然職を無くすことだってありますよね。

 

そうなれば、「震災で無事だったのに、家を担保として取り上げられるかもしれない」ということ。

 

それに、不動産担保ローンでは、手続き時に手数料として数十万円の費用がかかってしまうので、支払えなければ借金に上乗せされることもなります。

 

最初から新たな借金を背負うようなことになってしまうんですよ。

 

それでも、おまとめローンを利用したことによって、

 

○新たな借金ができなくなるので、節約する習慣が付いた

 

○返済期日がひとつになり、しかも口座から引落されるので、管理が楽になった

 

○金利が今までより安くなり、借金総額が大幅に減った

 

という方もいらっしゃいますから、自分にとってメリットはあるのかどうか?を重視して考えるようにしてください。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法