スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックだけどどうしてもお金を借りたい時には?
Page: 3/23  << >>

ブラックだけどどうしてもお金を借りたい時には?

JUGEMテーマ:借金返済

 

どうしてもお金を借りたい、という言葉の中には、「借りられないけどお金を借りなきゃ暮らしていけない」という思いがあります。

 

「お金って働いて得るものだよ。借りるものではないよ」と言われるのは承知の上。

 

それでも、いますぐにお金が必要なら、借りるしか無いという気もちが生まれるのは仕方のない事なのかもしれません。

 

例えば、生活保護を受けている方

 

必要最低限の暮らしが保証されているとは言え、どうしてもお金が足りなくなることもあるでしょう。

 

そんな時にはどうするか?

 

まずは社会福祉協議会に所属するケースワーカーの方に相談するのが良いでしょう。




生活保護を受けているということは、必要最低限の収入も確保できないということですから、安易に金融業者から借金するのは危険です。

 

と言いますか、生活保護を受けていることがわかったら審査にも落ちるでしょうし、それを承知で貸してくれる金融業者は闇か闇金融に近いところだということです。

 

債務整理などをして、ブラックになってしまった方についても同じことが言えます。

 

「ブラックでも貸してくれるところなんて、街金か闇金融しかないよ」とよく言われますが、では街金と闇金融とは違うの?と思いますよね。

 

違うとも言えるし違わないとも言える、というのが本当のところなのでしょうか。

 

いや、明らかに違うのですが、街金というのは、もともと小規模経営の金融業者です。

 

もちろん貸金業の登録をしていないと違法になりますから、きちんと登録はしているはず。

 

景気の良い時には、結構良心的な金利でお金を貸しているところもあったと聞きます。

 

それが、不況になり、大手消費者金融でも経営難になる時代。

 

スポンサーリンク


もともと顧客の属性があまり良くない、すなわち収入が少ない人達が借りるのが街金ですから、どうしても借りたお金を返せない人が続出します。

 

当然やっていけなくなり、そのまま闇金融まがいの経営に落ちてしまうこともあるそうです。

 

そうなると、表向きは普通の消費者金融で内情はソフト闇金、というような構図が出来上がるので、素人目にはまったく判断がつかなくなります。

 

また、優良顧客には規定の金利でお金を貸し出し、借金の回収が見込めないような客には他の闇金融を紹介して紹介料を取るところも。

 

別のところでは、「これだけ借金があるのならもう債務整理すべきですよ」と親切ごかしに言って、弁護士や司法書士から紹介料をもらうというシステムになっていることもあるそうです。

 

中には、ちゃんとした街金もあって、「ブラックでもお金は貸すけど、身元調査はさせてもらいますよ」というところもあるということですが。

 

そういった中小の消費者金融を探すのは至難の業と言えるでしょう。

 

それでも、もしどうしてもお金を借りなければいけなくなったら、自分で納得の行くまで口コミを探して信用できそうな中小の消費者金融を探すか、生活福祉資金貸付制度などを利用するしか方法はなさそうです。
 

追記:最近では、中小の消費者金融でも、評判の良いところも増えてきています。

 

「他社借入件数が多くても貸してくれた」とか「自己破産経験があるのに、5万円借りられた」など。

 

過去の履歴よりも今の属性を評価してくれる金融業者が多くなった、という背景もあるので、丁寧に探せば、ブラックでもお金を貸してくれるところは見つかりそうです。

 

ただ、くれぐれも、悪徳業者には引っかからないように気をつけてくださいね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ヤミ金融の魔の手から逃げる方法は?

ヤミ金融の魔の手から逃げる方法は?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

ヤミ金融から借りることの恐ろしさ

 

お金を借りるも地獄、借りられないのも地獄、という生活になってしまうのが多重債務です。

 

最初はまだ「返せる」と思っているのですが、借金は利息とともにどんどく膨れ上がるのが現実。

 

正規の消費者金融でお金を借りても、「返しても返しても、なかなか借金が減らない」と思うくらいですから、ましてやヤミ金融で借りた日には、恐ろしいことになるのは目に見えています。

 

だいぶ前のニュース記事で、年200%以上の金利で貸付業務を行っていた闇金融が摘発されたというものがありました。

 

貸す方も貸す方だけど、この条件で借りる人が居ることに驚愕します。

 

まあ、金利は知らされないで借りてしまった可能性が高いですが。

 

まず考えられるのは、「他の金融業者から断られた人」いわゆる「ブラック」と呼ばれる人ですね。

 

多重債務でも重症で、すでに数社の消費者金融から借金を重ね、街金というところからも借りてしまっている人。

 

お金を借りる-債務整理体験談

 

となると、もうどこからもお金を借りるところはなくなってしまいます。

 

何度も書いていますが、ブラックになってしまうと、負の連鎖とでも言いましょうか、借金を絶つということがなかなかできず、お金が足りないと、ついまたどこかから借りてしまうことになるのです。

 

例えば、債務整理の手続きを初めて少し経つと、とても正規の金融業者とは思えないところから、「50万円お貸しします」なんていうDMが送られてきます。

 

 

債務整理直後は特に危ない

 

債務整理後は「もう二度と借金はするまい」と思っていても、お金が足りないシーンが出てきます。

 

これは、本当にどこかで誰かが見ているのでは?というくらい、今まで起きたことがないようなことが重なり、予定外の出費が連続することがあるのです。

 

家族の病気、災害、勤め先の倒産、車の事故、などなど、一生に何度も起こらないようなことが、弱り目に祟り目と言いましょうか、お金が無い時に限って次々と襲いかかることがあります。

 

スポンサーリンク

 


ただでさえ、「明日食べるものを買うお金も無い」なんていう時に、このひとつでも起こったら、もう対処できないのではないでしょうか?

 

それでも、どこにも頼れない。

 

せめてお金があればなんとかなるのに。

 

どこか貸してくれるところはないか?

 

こんな時にグッドタイミングで「ブラックでもお金をお貸しします」という金融業者が現れたら?

 

ついふらふらっと借りてしまう人も居るでしょう。

 

一度でも、こういう状況を体験した人は、借りてしまった人を笑うことなどできないのです。

 

 

公的資金を利用する方法も

 

冷静に考えたら、公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用するなど、他にも方法が無いわけではないのですが、もう冷静に考えられなくなっているんですね。

 

そんな人間の心の隙間を付いた事件なのかな?と思います。

 

このニュース記事の闇金融も、表向きは商品販売ということなので、騙された人も多いのかもしれません。

 

古ぼけた店の片隅で、密かに営業している非正規の金融業者もあるみたいで、いわゆる「口コミ」で、高金利なのにも関わらず、店を訪ねてくる人が絶えないとか。

 

ニーズがあるということなんですよ。

 

ヤミ金融も、ソフト闇金という形であったり、常にその形態を変えて営業しているということですので、お金の無い時だからこそ、十分に気をつけたいですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 消費者金融の口コミはあてにならない?

消費者金融の口コミはあてにならない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

消費者金融は、昔はサラ金と言われて、できれば借りたくない金融業者のひとつになっていましたが、今は違いますよね。

 

銀行と提携したことも大きいと思いますが、何より、バブル期にCMをバンバン流してきたことにより、馴染みやすくなった、ということがあります。

 

それでも、今も銀行や信販会社からお金を借りるよりは、後ろめたさを感じるという方もいらっしゃるのは事実です。

 

ただ、大手消費者金融の場合には、グレーゾーン金利廃止以降は金利もあまり他と変わらなくなり、サービスの点においても遜色ない場合がほとんどなので、闇雲に借りるのではなく、無利息期間などを利用して賢く借りる分には、そう悪くはないと思います。

 

消費者金融からお金を借りられた-債務整理体験談

 

では、消費者金融を選ぶとき、どんなところにこだわって選びますか?

 

やはり会社の認知度や審査の甘さ、また金利の低さなどでしょうか?

 

中には、スピード重視で、申し込みからどれくらいでお金が手元にはいるのかということで、消費者金融を選ぶ人も居るでしょう。

 

そんな時に頼りになるのが口コミですね。

 

パソコンやスマホで検索するだけでも、実際に借りたことのある方の体験談を探すことができます。

 

中には、具体的に

 

●申し込んで何日くらいで借りられたかということ

 

●自分の年収や職業まで公表してくれて、「入社1年目ですけど30万円借りられました」という書き込み

 

●社員の対応が良かったか悪かったか?個人情報はどこまで聞かれるのか?ということ。

 

●支払いが遅れた場合、いつまでなら待ってくれるのか?というようなこと。

 

など、包み隠さず教えてくれる書き込みまであるので、とても参考になりますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

このように、消費者金融の広告や宣伝サイトなどではわからない、メリットデメリットが見えてくるのが、口コミの良さなんです。

 

大手消費者金融で低金利で貸してくれるところでも、実際にそこでお金を借りてみると、対応が意外と悪かったとか、審査に時間がかかりすぎる、なんていうデメリットも出てきたり。

 

まあ、今や、商品を購入する時でも、ネットの口コミを見ておくということは、半ば常識なところもあるので、当たり前だと思う方も多いでしょうけど。

 

では、消費者金融の口コミはどこを見るのが良いのでしょうか?

 

ネット上にはいろいろなサイトがあり、消費者金融を比較しているサイトなどもたくさんあります。

 

ただ、中にはいい加減にランキング形式にして申し込みを促すだけ、というようなサイトもあるので、「消費者金融の口コミはあてにならない」と言われることも。

 

なので、中身をきちんと確認する必要があります。

 

評判の良い消費者金融口コミランキングといったもので、実際に利用した人の声を、できるだけ忠実に載せているようなサイトなら、参考にしても良いのではないでしょうか?

 

どうしても、金利の安さや認知度、審査の通りやすさなどが気になると思うのですが、細かな対応や、自分が欲しているサービスが得られるかどうかも、重要なポイントになります。

 

また、債務整理後の場合は、審査の際に、過去の履歴よりも今の信用情報や属性などを評価してもらえるところか?というのが、非常に重要になりますよね。

 

そんな時には、同じように債務整理を体験した方のブログや口コミを参考にする方が良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない