スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 住宅ローンを抱えながら債務整理するのは難しい?
Page: 3/31  << >>

住宅ローンを抱えながら債務整理するのは難しい?

JUGEMテーマ:借金返済

 

住宅ローンと言えば、以前「債務整理をしても住宅ローンは組めるのか?」というテーマについて書いたことがあります。

担保があればブラックでも貸してくれる?

読んでいただけばわかるのですが、自己破産をしても不動産担保ローンならお金を貸してくれるかも、という考えは、実際にはかなり厳しいと言わざるを得ないでしょう。

だけど、その前に「住宅ローンを抱えながら債務整理をする時はどうすれば良いの?」という問題も発生するのです。

住宅ローンを抱えながらの債務整理は、やはり時間がかかります。

債務整理の中で、一番手っ取り早いのが、単身者で賃貸に住むサラリーマンの方の自己破産だそうです。



特に高価なものさえ手元になければ、差し押さえられることもありませんし、自営業ではないので管財人を付ける必要もなし。

ということで、ギャンブルや投資、浪費などで作った借金でなければ、割とすぐに免責はおりるでしょう

やはり問題は持ち家の方。

任意整理を選択した場合は、家はそのまま残しておけるので、当然住宅ローンもそのまま払い続けることになるのですが、自己破産になると、当然持ち家も没収されます

競売にかけられることになるのですが、その前に「任意売却」という形で、売りに出すことも可能です。

と言いますか、今はこの「任意売却」の方が主流でしょう。

スポンサーリンク



家を取られる事には違いは無いのですが、やはり競売という形より、自分で売りに出す方がいいですからね。

 

自己破産にまで追い込まれていて「世間体」も何も無いのですが、やはり競売だとひと目に付きやすいですし、「家を取られる」という気持ちが強くなります。

任意売却を扱っている不動産会社に依頼し、契約時に弁護士の立会いの下売買契約が行われるのです。

ただ、不動産会社に依頼してしまえば、特にすることはなく、そんなに大変ではないということです。

売り出しに関しても、通常の新聞チラシに入っている不動産物件のひとつとして扱われますから、仮に近所の方が見ても「引っ越すのかな?」程度でしょう。

訳ありで売りに出したとは思われないのではないでしょうか?

まあ、何でもかんでもうわさ話にしてしまうような近所のおばさんにかかれば、あることないこと言われそうですけどね。

そんなことを気にしていては、これからの生活を立て直すことなど到底できませんから。

住宅ローンの負債に関しては、売れた金額から支払われることになります。

 

実際に、任意売却で家を手放すことになってからわかったのですが、私が頼んだ不動産会社って、今まであまり聞いたことがないなと思ったんですよ。

 

そしたら、ほとんどがこういった訳あり不動産を取り扱っている会社でした。

 

社長さんいわく「闇金と掛け合うこともよくある」んだそうです。

 

で、よくよく周りを見渡せば、突然店を閉めたような店舗や普通の住宅に、この不動産会社の立て札が。

 

「あー、ここも訳ありで家を手放したんだな」と、ちょっと他人事では無い複雑な気持ちになりましたけど。

債務整理をしなくても、住宅ローンの支払いが滞り、持ち家を手放す人が増えている今、任意売却を選択する人も増加しているでしょうね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産して自宅を失っても引越し代を出してもらう方法がある?

自己破産して自宅を失っても引越し代を出してもらう方法がある?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産なんていう言葉は、ごくごく一部の間でしか使われていなかったと思うのに、最近は私の周りでもちょくちょく聞くようになりました。

それに、会社が民事再生の手続きを行うケースも非常に増えていますよね。

「こんなお馴染みの大企業が」というようなところでも、経営難が重なれば潰れてしまう時代なんです。



私が多重債務でもう自己破産しか道はないのか、と思っていた頃には、まだそんなにはなっていなかった気がします。

不況の泥沼からなかなか抜けられなかった時に、追い討ちをかける様な大震災や自然災害で、私たちの生活も本当に苦しくなったと言えるでしょう。

もしかしたら、多重債務に数年間苦しんだ後に債務整理を決断した私たちは、まだ「考える猶予」があっただけましかもしれません。

とにかく「自己破産」を選択せざるを得なくなった方々にとって、「自己破産後どうなってしまうのか?」ということは、とても心配なことですよね。

最悪の事態とも言える状態になるのは確かですが、それでも昔のことを思ったら、今はそんなに不自由は強いられないということです。

「何もかも取り上げられる」というイメージはありますが、資産価値のあるもの、例えば家や車、高級家具や電化製品など一般的な評価価値が20万円以上のものについては、差し出さなければなりません。

だから、逆に持ち家でもなく車も持ってなくて、他にめぼしいものもない、なんていう方にとっては「何も取られない」も同然なんですね。

まあ、「自己破産しても今までと同じような生活が送れる」というだけで、精神的な不安や罪悪感は付きまといますけど。

とりあえず、住むところが取り上げられないだけでも感謝すべき、ということでしょう。

スポンサードリンク



あっ、持ち家だった場合は、当然取り上げられます。

でも、破産申告をした時点ですぐに取り上げられるということはありません。

一応今住んでいるわけですから、任意売却という形で売りに出し、売れたら売却したお金を債権者で分配することになります。

なかなか売れなかったら競売ということになってしまうのですが、その場合でも、即刻退去ということにはならないようで、多少の猶予は認められます。

ただ、もう人手に渡ったわけですから、のんびり住んでいるわけには行きませんけど。

私の知り合いも、売れてから退去するまでの期間が2週間しかなく、ものすごくあわてて賃貸物件を探したりしていました。

とにかく、「すぐに出て行け」と言われないだけでもありがたいと思わなきゃいけないんだと思います。

新しい住まいで再スタートをきる」くらいの気持ちでいた方が良いんですけど・・・

現実はそんなには甘くないですね。

引越し-任意売却

ただ、任意売却の場合は、競売と違って債権者に売却益が分配されるので、交渉次第では引越し代金を出してもらえる可能性があるのです。

 

自己破産でも競売ではなく自分で家を売ることができます

これは大きいですよね。

慣れ親しんだわが家からすぐに出て行かなきゃいけない時に、引越し代金数十万円はきついですから。

まあ、交渉次第なので、最悪出してくれないということもあるのですが、ある程度の金額で売れた場合は、最低でも10万円は出るのでは?と思います。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産すると家族名義のクレジットカードまで取り上げられる?

自己破産すると家族名義のクレジットカードまで取り上げられる?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

債務整理、特に自己破産すると、家族をお持ちの方は、自分自身のことよりも、まず「家族はどうなるのか?」が心配になると思います。

 

私も、自己破産と聞いて、一番最初に頭に浮かんだのが、「もうこれからここには住めなくなるんだよ。お前たちとも一緒に居られなくなる。ごめんよ」と父親が家族に言い、「お父さん、これから僕達どうなるの?」と涙でくしゃくしゃになった顔で小学生くらいの子どもが聞く、という場面です。

 

まあ、「ドラマの見過ぎ」と言われればそうなのですが、借金と聞けば怖いお兄さんがちゃぶ台を足でひっくり返し、ドスの利いた声で取り立てる、という図が浮かんだり。

 

また、借金のかたに娘が連れて行かれる、なんて悲惨な図しか想像できないんですよね。

 

挙句の果てに、破産すれば、家もお金も家財道具一式何もかも無くなる、という。

 

そんなことはドラマの中だけのこと、というか、今はドラマでも、こんなシーンはほとんど見ませんけど。

 

あっ、でも、前回の朝ドラ「まんぷく」では、萬平と福子の家に差し押さえ業者(なぜか真一さん)が来て、家財道具にいちいち札を貼っていましたね。

 

あの時代は、玄関にも貼られたりしたので、「この家は破産したんだな」ということがわかったものです。(萬平さん一家は破産ではなかったですが)

 

テレビドラマ-債務整理体験談

 

とは言え、自己破産とすれば、家族には多大な迷惑がかかることは、借金を抱えていなくても想像はつきます。

 

特に、子どもが小さいと、もろ影響を受けますから。

 

では、ある程度大きくなっていた場合、すでに別居して独立している子どもなら、親の自己破産で影響を受けることは無いのでしょうか?

 

親が自己破産したら子どものクレジットカードは使えなくなる?ということも心配になります。

 

このことについては、何度か書いたことがあるのですが、個人信用情報というのは、世帯ごとではなく個人ごとに作成されるものなので、親がブラックになっても子どもの個人信用情報に傷がつくことはありません。

 

これは、同居している成人した子どもについても、同じことが言えます。

 

スポンサードリンク

 

 

例えば、お父さんが自己破産の手続きをした場合、その時に所有している家族名義のクレジットカードについては、そのまま利用できるということ。

 

まあ、当たり前と言えばそうなのですが、なんとなく使えなくなってしまうような気がしますよね。

 

ましてや、夫が自己破産手続きをした場合、妻が自分のパート収入で申請して取得したクレジットカードであったとしても、一緒に取り上げられるのではないか?と思ってしまいます。

 

この場合も、妻が個人で申し込んだクレジットカードならば、取り上げられることは無いのです。

 

ただ、夫のクレジットカードの家族会員だった場合、契約者はあくまでも夫なので、破産申請した途端に使えなくなってしまいます。

 

つまり、誰の信用力で作ったクレジットカードなのか?が問題になる、ということです。

 

では、夫が自己破産手続き中、または免責後5年以内に、妻が新規でクレジットカードを作る場合はどうでしょうか?

 

原則としては、問題無く作れるはずですし、妻に支払い能力があれば審査にも受かるはずです。

 

だけど、審査に関しては、「絶対」ということは無く、家族の自己破産が原因で審査に落ちた、と思われるケースもあるようです。

 

◯同居している家族の場合、新規にクレジットカードの申し込みをすると、「もしかしたら、破産者が利用するために家族名義で申し込みをしている?」と疑われることがある。

 

いわゆる「名義貸し」なのでは?と思われるかもしれない、ということ。

 

これは、親が自己破産した場合、同居している子供名義でクレジットカードを申請する時にも疑われることです。

 

でも、私の知り合いは、自己破産直後にお子さんが比較的大手の銀行のクレジットカードに申し込みをして受かっているので、そう心配することは無さそうですけどね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode