スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産した後で宝くじ当選!当選金はどうなるの?
Page: 3/31  << >>

自己破産した後で宝くじ当選!当選金はどうなるの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「自己破産した後で例えば3億円の宝くじに当選したら、当選金はもらえるの?」という質問を見つけました。

 

借金のある身だと、どうしても「宝くじに当って借金を返す」ということを、一度や二度は考えてしまうでしょう。

 

実際に、借金返済のために、食べるものを買うお金を削って宝くじを購入していた、なんていう方も居ますから。

 

確かに、事業が失敗して、億という数字の借金を背負ってしまった場合など、どんなに一生懸命に頑張っても自力で返するのは困難です。

 

ならば、一攫千金の夢を!ということで、せっせと宝くじを購入するという気持ちもわかります。

 

宝くじで一攫千金!-債務整理体験談

 

私も、多重債務時代には、お金も無いのに「ここの売り場で高額当選者が出た」と聞けば買いに行き、「この袋にくじを入れて保管するだけで高額当選間違い無し」なんていう怪しげな開運グッズにまで手を出した時期がありますから。

 

その後、あまりにも当たらないので、今ではほとんど買っていませんが、統計によると、「長年買い続けている人」が高額当選者の中には多いとか。

 

やっぱり、何事もやるんならとことん続ける、というのが原則なんでしょうね。

 

で、「自己破産しても宝くじに当選したら、当選金額は受け取れるのか?」ですが、宝くじの購入時期によって違ってくるのだそうです。

 

自己破産手続き中でも破産開始決定前に購入した場合、宝くじが高額当選した場合、当選金を受け取る権利は破産財団にあるということ。

 

すなわち、1億円当選したら、例え借金総額が1,000万円でもすべて没収されるということなんですね。

 

それならば、「宝くじの当選日を待ってから自己破産の手続きをすれば、借金を返した後の金額はもらえるのに」と思いますが、あらかじめ高額当選するなんてわからないですから。

 

スポンサーリンク

 

 

多重債務で借金の返済もままならなくなって、トボトボと町をさまよっている時に、たまたま目にした「1等1億円当選者出ました!」という旗に、吸い寄せられるように立ち寄った宝くじ売り場。

 

そこで、ポケットをさぐって出てきた千円札に望みをかけて、「3枚ください。バラで」と購入した宝くじが、まさかの1等当選するなんて、小説の世界でもなかなか無いですよね。

 

それが現実に起こったとするなら、奇跡としか言いようがないですが、すべて取り上げられるとは。

 

身から出た錆とは言え、現実は厳しいのです。

 

まあ、「隠している財産は何もありません。今持っている資産では到底借金は返せないので自己破産させてください。」とお願いしたのですから、致し方ないのです。

 

ではどうすれば良いのか?

 

きちんと免責が下りた後に、宝くじを購入することです。

 

自己破産の免責がおりれば、その後に稼いで貯めたお金も、何かのくじで当たった賞金も、もちろん宝くじ当選金もすべて自分のものになるのですから。

 

その上で、債権者の方々に済まないと思えば、任意で返済すれば良いのです。

 

1億円も当選したら、数百万の借金なんて余裕で返せますよね。

 

借金をすべて返し終えて、迷惑をかけた方たちにはお礼をして、その残りで人生をやり直すとなれば、相当気分もすっきりしますから。

 

とは言え、宝くじ高額当選への道は、遠く険しいのですが・・・


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産したら公共料金も免除になる?NHKの受信料は?

自己破産したら公共料金も免除になる?NHKの受信料は?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産したら公共料金は支払わないで良い」と考えている方が意外と多いのでビックリしました。

自己破産をすれば、借金が帳消しになるので、その後の支払いはすべて「なし」になる、なんて思ってしまうのもわからないでもないですが、これは間違いです。

もしかしたら、「生活保護」と混同しているのかもしれませんね。

生活保護の場合は、確か公共料金も自分で支払わなくて良かったと思います。



自己破産で帳消しになるのは、あくまでも借金だけですので、電気・ガス・水道料金はもちろんのこと、税金もNHK受信料も支払わなくてはいけません。

まあ、公共料金は当たり前としても、NHK受信料に関しては、テレビもほとんど見ないのにどうして払うんだろう?と思ってましたけど。

 

あっ、唯一の抜け道として、自己破産申請時の債権者の中にNHKを入れておけば、支払いを免れるケースもあるそうですが、だいたいそんな時に思いつかないですよね。

多重債務から自己破産などという道を歩いていると、私もそうでしたが、思考回路が少しおかしくなってしまうのです。

それで、「もしかしたら、すべての支払いがタダになる?」なんて思ってしまうんでしょう。

だけど、そうだとしたら、あまりにも債権者が浮かばれないと思いませんか?

いつも書いているように、自己破産は最終手段です。

 

スポンサードリンク



多重債務で、借金を返せず、「明日生きるためのお金」もなく、食べるものも食べられずに、それでも働き詰めに働いて・・・

もう夜逃げか、自分で命を絶つしかないような、そんな状態にまで追い込まれてしまった場合。

また、そこまで行かなくても、「このまま借金を返し続けていても、利息の部分を支払うのみで、まったく減らない」というような状態になっている場合。

借金のためにうつ病になってしまったり、借金を買えさなければならないのに働けなくなり、自暴自棄になってしまった場合。

こんな状況で居るよりは、自己破産を選んだ方が、少しでも前に進める、ということなんです。

確かに、自己破産をすると、デメリットの部分が相当出てきますが、それでも、「生きている」ということを実感できれば、感謝することだってできます。

自己破産に限らず、債務整理をした後は生活の建て直しもうまくいかず、公共料金を支払うこともままならないような状態が続くことも多いです。

それでも、稼いでも稼いでも借金返済に消えてしまう状態よりも、数倍マシであると考えましょう。

 

追記:NHKの受信料が、若干ながらも安くなるという報道がありましたね。

 

もしかしたら、その分、支払いの催促も厳しくなったりして。

 

なんでも、派遣社員として働いている人のところにも、寮に入居して数日で、NHK受信料の集金人が来たそうですよ。

 

これからもっと厳しくなるとしたら、どうなるのでしょうね?

 

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 親が自己破産しても奨学金は借りられる?進学は諦めるしか無い?

親が自己破産しても奨学金は借りられる?進学は諦めるしか無い?

JUGEMテーマ:借金返済

 
自己破産すると、借金は無くなりますが、その代わりに無くすものもたくさんあります。

まあ、仕方がないことなので、自業自得と割り切りましょう。

社会的制裁と思えば「甘んじて受け入れる」こともできるというもの。

とにかく、借金を反故にしておいてその先も普通に暮らせるだけでも感謝しなくてはならないですから。

無くすものとしては、まずは個人の財産

これに関しては、自己破産に陥るほど借金が膨れ上がっていたのですから、財産なんてほとんど何も無いという方が多いでしょう。

それでも、どんなにボロ家であったとしても、持ち家なら没収されますし、どんなに年式の古い車でも少しでも価値があれば持って行かれます。

そして、一番困るのが今後5〜10年間はローンが組めないこと。

物品の購入もさることながら、子どもの将来に関わる教育ローンが組めないのは親として情けないです。

何とかして組めないだろうか?と思うのですが、官報や個人信用情報に事故記録が掲載されている間は、どこからも融資は受けられません。

例え教育ローンであっても。



国のローンである日本政策金融公庫なら大丈夫、という話も聞くのですが、審査は民間のローンより厳しいそうです。

自己破産の履歴があれば、まずは受からないだろうということ。

まあ、債務整理後でも受かったという方の体験談も少しはあることから、100%不可能ということは無いのかもしれませんが、難しいでしょうね。

スポンサードリンク

 


ただし、親の名義で申し込むものは限るわけで、子供名義ならOKなのです。

 

だから、子供名義で申し込む奨学金に関しては問題なく申し込めるということになります。

大学も、今や少子化の時代で学生の確保も困難なところもあるので、奨学金に関しても、そこまで優秀じゃなくても受けられる大学もあるようです。

結局、大事なのは子どものやる気を摘まないということですよね。

「勉強したい」という気持ちを尊重してあげたいところ。

民間の教育ローンが組めないからと言って、安易に諦めないことが大切なんだと思います。

もっとも、この奨学金制度。

金利は低いですし、民間の金融業者からの借り入れではないので、借金という感覚があまりないのですが、返済は必要ですし、滞納すれば督促はあります。

しかも、今は借入金回収にあたるのは民間の専門業者ということが多いので、容赦なく督促が来るという話も聞きます。

返済義務があるのは子供ですから、親としては滞納になった場合辛いですよね。

自己破産していたら、援助してあげたくてもあげられないというのが現状でしょうから。

 

奨学金や教育ローンだって、どうしても返済できない場合には債務整理することもできるのですが、「子どもにまでそんな経験はさせられない」というのが正直なところ。

 

とは言え、リスクをあまり考えすぎていては、何もできません。

中には、「将来返金する必要のない奨学金制度」を検討している教育機関もあるようですから(すでに実施している学校もある)、あらゆる手段を考えれば進学も夢では無いでしょう。

その前に、生活の立て直しをすることが一番大事なのは言うまでもありませんが、「子どもの教育」というのは、「後でなんとかできる」ものではありません。

 

大切な子どもの将来に関わることなので、「進学は諦めるしか無い」なんて思わずに、いろいろな方法を考えたいですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット