スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理したらすぐに銀行口座は使えなくなる?キャッシュカードは?
Page: 3/36  << >>

債務整理したらすぐに銀行口座は使えなくなる?キャッシュカードは?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理前に使っていた銀行口座は、債務整理した途端に使えなくなってしまうのでは?
と思われる方も多いでしょう。

だけど、通常はそのまま使えます。

ただし、その銀行のローンを組んでいたり、住宅ローンを組んでいた銀行だった場合、口座が凍結される場合があります。

まあ、普通はローンを組んでいた銀行でも、普通口座についてはそのまま使えるようですが、口座自体は生きていてもキャッシュカードが使えないとか。

キャッシュカード、ATM

そうなると、自分の口座に入金はできるけれど、出金はできないということになります。(キャッシュカード自体が使えない場合は入金もできません)

これは不便ですからね。

不便と言うより、もう使えないのと同じですから、その銀行との取引は諦めることになります。

私も、住宅ローンを組んでいた銀行の口座は凍結されてしまいました。

ただ、債務整理直後だけの一時的な措置であることも考えられますし、すべての銀行が口座を凍結するこということは考えられません。

現に、迷惑をかけた銀行でも、別の支店に行って新規に口座を開設することは、問題なくできましたから。

今まで口座を開いたことのない銀行や信用金庫に、新規に口座を開くことに関しては、なんら問題はないかと思います。

一部の大手銀行では、新規の口座を開くのに簡単な審査があったりなんていう噂は聞きますが、お金を借りるわけではないので、「債務整理中または債務整理後だから断られる」ということはあまり無いでしょう。

ローンを組んでいた銀行に関しては、多分、その後数年経って、信用情報機関でのブラックリストから消えたとしても、取引するのは難しいかもしれないですね。

銀行独自の「ブラックリスト」が存在するとかいう噂もありますし。

スポンサーリンク


とは言え、先程も書いたように、新規で口座を開く分には問題なく開設できるケースがほとんどです。

例えば、債務整理後に職探しを始め、いざ就職が決まり、入社手続きをする際に、給与支払いの銀行を指定された場合。

それが住宅ローンを組んでいて迷惑をかけた銀行だったら、「あーもうダメだ。口座を作ることなんて無理」と思ってしまいがちです。

場合によっては、「給与振込に指定銀行が使えない」と言う理由だけで、せっかく決まった就職がだめになるなんていうケースも。

 

実際、私も債務整理後の転職で、内定をもらうまで話は進んでいたのですが、「○○銀行に口座はありますか?」と聞かれ、債務整理した銀行だったので、「ありますが使えません」と正直に答えたところ、内定を取り消されたことがあります。

 

まあ、不信感を与えるようなことを言ってしまった私がいけないんですけどね。

確かに、住宅ローンを組んでいた銀行で、新たにクレジットカードを作ったり、ローンの申し込みをしたりするのは不可能だと思いますが、給与振込みのみに使うと割り切れば、なんら問題はないはずです。

もしかしたら、口座開設自体できないところもあるかもしれないですが、そういった銀行はほとんどないということです。

なんとなく後ろめたい気持ちはあると思いますが、とりあえず、何食わぬ顔で口座開設の申し込みに行っても、大丈夫だと思いますよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理相談にはじめて行く時必要なものは?

債務整理相談にはじめて行く時必要なものは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

私が、はじめて債務整理の相談に行った時の話です。

 

最初は、電話帳で調べて、市で行っている「合同相談会」という感じの「法律相談」に行きました。

 

借金の相談窓口

 

多重債務時代が長かったので、決心するには時間がかかりましたね。

 

きっかけは、「自己破産しても幸せに暮らしている人は居る」という言葉と、悪質な消費者金融にだまされかけたこと。

 

「もうお金を貸してくれるところはどこにもない。だけどどうしても今週中に10万円用意しないといけない」という切羽詰った時にたまたまみつけた消費者金融でした。

 

なんとなく会社名に聞き覚えがあったのですが、「よくある名前だからだろう」なんて気にもとめなかったのです。

 

というより、「ここしか頼るところがない」と思っていたので、信じるしか無かったんですよね。

 

多分、ネットでも悪評の高い消費者金融だったんだと思います。

 

表向きは普通の消費者金融でHPもあったのですが、「審査の結果当社ではご融資できないと判断しました」という電話をもらってからは、担当者も変わり、いきなり「ここなら貸してくれると思います」と他の金融業者を紹介されたのです。

 

しかも、保証金として10万円必要だとか、利息が10日ごとに付くとか。

 

もう滅茶苦茶な貸付条件ですよね。

 

「保証金は、借入金額を全額返済すれば戻ってきます」なんて言われましたが、怪しさしかありません。

 

ただ、その時は、怪しいと思いながらも「本当に貸してくれるのなら」と借りようとしていたのですから、今思うとどうかしていたとしか言いようがありません。

 

そのくらい、追い詰められて判断力が無くなっていたのです。

 

その時は、たまたま助けてくださる方が居て、なんとかなったのですが、このことがきっかけで債務整理を決心したと言っても、過言ではないでしょう。

 

で、その借金相談ですが、債務整理に限らず、弁護士さんが困っている問題について話を聞いてくれる相談会のようなものです。

 

30分5,000円ですが、低収入の方は免除されます。

 

結果は?

 

うーーん、額が額だけに任意整理は非常に難しいと言われました。

 

スポンサーリンク

 

 

でも、やっとスタートラインに立ったのだから、何とかやり遂げないという気持ちが強くなりました。

 

行く前から、それなりの覚悟は出来ていましたから。

 

相談の時に、借りている金融会社の名前と、いくら借りているか、いくら返しているかをもれなく伝えなければなりません。

 

表にして会社名と金額、それに最初に借り入れをした年月日を書いて持っていけば、一目瞭然でしょう、

 

多重債務もひどくなると、一体いくら借りているのかさえ、把握していないような状態になるので、すべてを書き出していると、とても恐ろしい気分になります。

 

まあ、「荒療治」というわけですね。

 

荒療治と言えば、債務整理を申請する際には、自分が持っているすべての金融機関の通帳を2年分記帳していかなければなりません。

 

これが結構やっかいですね。

 

2年分ともなれば、手元にないため、取り寄せてもらったり。

 

取り寄せるのには、お金も時間もかかるんですよ。

 

一枚数百円でも、10枚以上あれば、一万円以上かかることも。

 

過去のデータが必要なのはなぜか?ということを説明するのに、「債務整理の手続き」ということを言いたくないばかりに、相当手間取ったこともあります。

 

だけど、これを乗り越えないと始まらないですから、借金更生のリハビリ第一歩として、取り組んでくださいね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> リボ払いは危険?多重債務になる前に

リボ払いは危険?多重債務になる前に

JUGEMテーマ:借金返済

 

ついつい借りすぎてしまうローン。

月々数千円と言う言葉に安心して、次から次へと買い物した挙句のローン破綻

 

どうしてなると思いますか?

 

まあ、人それぞれで理由は様々ですが、「リボ払いの落とし穴」というものもありますよね。

 

リボ払いの落とし穴-債務整理体験談

 

例えば10万円もする商品って、なかなかポンッと現金では買えませんが、「リボ払いなら月々5,000円で返せますよ。」と言われたら、「買えるかも」と思ってしまいます。

 

ええ?思わない?

 

しっかりとお金の管理ができて、将来のことも考えられる方は、「眼の前の欲しいもの」よりも、「一体いくら利息を取られるのか?」というところに目が行くでしょう。

 

もともとお金の無い生活をしていると、意外とどんぶり勘定になってしまう、という話は書きましたが、結構そういうところはあるんですよね。

 

いつもお金が無くてケチケチしているから、少しでもまとまったお金が入ると、何かを買ってしまう、とか。

 

だけど、たとえ今現金が10万円以上あったとしても、一回に支払う金額が少ないリボ払いを選んでしまうのが、借金体質の始まりなのかも。

 

今は、売り場で一括払いでクレジットカード決算しても、カード会社にWeb会員登録さえしてあれば、パソコンやスマホで、後でリボ払いに変更できるところも多いです。

 

それも、賢く利用すれば良いのですが、たいていの場合は、「とりあえずすべてリボ払いにしておこう」となって、月々の支払金額のみを把握し、総支払い金額に関しては無頓着になってしまう、ということ。

 

「そんなこと言っても、悪徳業者じゃなく大手銀行のクレジットカードを利用しているのだから、利息って言ってもそんなには取られないでしょう?」と思いますよね。

 

私もそうでした。

 

だけど、例えば20万円の商品を買って、月々5,000円のリボ払いで返した場合、あるクレジットカード会社のシュミレーションによると、3年3ヶ月かかって、総額は約25万円にも上るそうです。

 

まず、3年もかかることに驚きですが、5万円も大きく支払うことになると、その分何か結構高価なものが買えてしまいます。

 

しかも、商品によっては、3年も経てばすでに壊れている、なんていうこともありますよね。

 

パソコンなんかだったら、スペックも古くなっているでしょうし・・・

 

スポンサーリンク

 

 

でもなぜリボ払いがダメなの?ということですが、「月々の支払額をなるべく安く抑えようとするから」というのが理由です。

 

リボ払いの手数料は残高にかかる、という性質を考えれば、月々の支払額を安くすればするほど、残高がなかなか減らずに手数料が増えてしまう、という悪循環になっていました。

 

確かに、月々1万円だと、「ちょっとキツイな」となってしまうのもわかりますが、そのくらいなら、支払う期間も短くて済み、総額も約半分になるんです。

 

考えてみたら、借金返済金額が増えて、手元にお金が無くなると、もう、こういったわかりやすい手数料や利息計算も、放棄してしまう傾向がありました。

 

普通に余裕のある生活をしていた時には、「夏のボーナスではこれを買う。」とか「金利が安い時に家電を買い換える」など、細かく計算をしてから買い物していたんですけど。

 

多重債務になりかかっていた頃には、家電が壊れた時など、「とりあえず、月々の支払金額が少ないローンを選ぼう」としていましたから。

 

そんな繰り返しが多重債務にまで追い込まれた理由のひとつなのかな?とも思います。

 

今支払う金額をケチればケチるほど損をする」という法則は、何もリボ払いだけに限らない、ということも言えますね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活