お金が無くてもう生きていくのが困難な時には?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金を貸してくれるところ」とか「ブラックでも融資可能な金融機関」などを探している方が、依然として増えています。

 

無理も無いですよね。

 

日本経済についての朗報はどこからも聞こえてこず、不況に加速度をかけるような震災や洪水などの影響もあり、新たに倒産する会社が急増しています。

 

今後も、このままの状態が続く、あるいは悪くなると思われる経済状況で、借金が無くても生きていくのが困難な中、いわゆる「ブラック」と言われる人達は、もっと困難な状況にあると言えるでしょう。

 

「借金をしたのは自分なんだから、自業自得でしょ」と言われても仕方の無いことですが・・・

 

それでも、自営の仕事が急にうまく行かなくなったり、働き先の会社が倒産したり、また家族が借金を背負ってしまい止む無くブラックになってしまうことも。

 

今はギャンブルや無駄遣いで借金をする人は、ほんの少数になってきていると思います。

 

買い物三昧で借金を抱える女性

 

そうなると、「ブラックでもお金を貸してくれるところ」という情報を求めている方の、切実な思いが聴こえて来るようで、なんとか情報を提供したい、と思うのですが・・・

 

今のところ、世間一般で言う「ブラックリスト」つまり個人信用情報に事故履歴が載ってしまった方に、責任を持ってご紹介できるような金融機関はほとんどないということです。

 

唯一、地方在住者向けに存在するNPO団体が立ち上げている貧困者救済制度があるのですが、公的なものに近いようなら信用できるのでは?と思います。

 

それでも、誰もが利用できるわけではないので、民間の金融機関のように利用するのは難しいと思います。

 

私自身も、ブラックになってもなお生活は苦しかったので、本当に貸してくれるところは無いのか?とあちこち探し回りました。

 

もちろんネットで検索も。

 

もしかしたら、毎日「ブラックでも借りられる金融機関」など検索していたかもしれません。

 

当時は、まだ「もしかしたらここは大丈夫かも」というような金融業者があったのですが、今ではそういった会社もほとんど無くなってしまったようです。

 

スポンサーリンク

 

 

結局残っている「ブラックでも貸します」とうたっている金融業者は、「闇金」か「ソフト闇金」と呼ばれるような会社ばかりでしょう。


私も、ひとつひとつくまなく当たってみたわけではないので、100%信用できないとは言えませんが、まず避けた方が良いですね。

 

すでに債務整理を終えた方でしたら、やはり「生活福祉資金」のような公的資金に頼るのが一番安心だと思います。

 

ただ、安心ではありますが、敷居は高いと認識した上で相談に行かれた方が良いですよ。

 

あとは「求職者支援制度」を利用して、給付金を受けながら職業訓練を無料で受講する、という方法もあります。

 

まあ、この方法もいろいろ賛否両論あるので、訓練校選びは慎重にされることをおすすめします。

 

実際に訓練を受けた方の体験談でも、「IT系なのに古い内容のテキストを使い、やる気の無さそうな講師の先生だった。」という意見もあれば、「ひとりひとりの進み具合を把握して、疑問に思ったところはすぐに質問すれば答えてくれるので、勉強のし甲斐があった。」という方も。

 

訓練を受ける側の態度も問題になるのでしょうが、最初からやる気の無い先生の授業は受けたくないですものね。

 

今後は、この制度自体が見直されるということもあるのかもしれません。

 

結局、何をするにも「自分次第」ということなのでしょうが、手っ取り早くお金を稼ぐ方法では、オークションなどで一時的にお金を作るということもあります。

 

以前も書きましたが、「こんなものが」というような一般の人にとってはガラクタのようなものが、高値で売れたりするのです。

 

とにかく何か行動を起こして、現状を打破するという気持ちが大切なんですよね。

公共料金の支払いを滞納したら、督促は?電気は止められる?

JUGEMテーマ:借金地獄


公共料金の支払いっていつまで待ってくれるんですか?という疑問がありますよね。

と言っても、生活に困ったことがないと実感してはわからないでしょう。

多重債務や債務整理後の生活が困難な時期には、よくあることなのです。

電気・ガス・水道とどれを取っても、ライフラインとして必要なもの。

どれを止められても困るのですが、やはり電気が一番でしょうか?

一時期、税金やその他の公共料金がなかなか支払えず、すべて1ヶ月遅れでなんとかお金を工面して支払っていたことがありました。

というのは、税金の場合、支払期限を10日過ぎるまでは、まだ金融機関でも支払いを受け付けてくれるのです。

それでも支払わなければ督促状が来て、その期日も守らなければ催告書が来るのですが、それでようやく青くなって払いに行くという感じでした。

水道代も市町村が管理していることが多く、税金に準ずる支払い方法のため、同じような感じで支払っていたのです。

ここで、普通に暮らしている方は疑問に思う点が「1ヶ月遅れで支払えているのなら、きちんと払えばいいのに」というこことでしょう。

そうなのですが、一度1ヶ月遅れで支払ってしまうと、正規の支払期間に支払おうとした場合、2ヶ月分を一度に支払うような形になってしまいます。

もともと生活に困っているわけですから、そんなことできるわけがないということで、ずーっと支払いが遅れたままになってしまうんですよ。

1ヶ月遅れの支払いだって、すんなり払えるわけではなく、消費者金融から借りたり、少しばかり残っている貯金を切り崩したりしてやっと支払う始末でした。

公共料金に関しても支払い方法は同じでしたが、何かで「電気代は少しでも遅れたらすぐに止められるよ」ということを聞いていたので、出来る限り最初の期限内に支払っていたのです。

それが、病気で仕事を休むことが多い月があって、電気代も支払えなくなったのです。



それでも、なんとなく支払期限が過ぎても1ヶ月くらいは大丈夫、なんていう気持ちがあったので、「もうすぐ1ヶ月」という時に、検針員さんが突然訪ねて来られた時にはびっくりしました。

調べてみたら、東京電力の場合、検針日の翌日から30日目を「早期検針日」と呼び、それ以降は遅収扱いになり延滞金が発生するそうです。

ただし、31日〜40日までに支払えば、延滞金は免除されるということ。

私の場合は、この40日を過ぎていたので、「◯◯日までに支払わないと、送電を停止します」というような勧告を受けたのでした。

つまり、支払期限を過ぎても60日目までは大丈夫と思っていたのが、そうではなかったということ。

まあ、これは当時多重債務生活でパニックになっていた私の、単純な思い込みなんですけどね。

スポンサーリンク

 


で、この60日を過ぎてもまだ滞納していると、一番恐れていた「送電停止の通知」が来ます。

この通知が来ると、だいたい5日で電気が止まるとのこと。

この5日の間に料金を支払えば、送電停止は免れます。

また、停止前に電力会社に連絡すれば、待ってくれるケースもあるということなので、まずは連絡してみることですね。

では、実際に電気が止められてしまったら?

慌てて支払いをしても、すぐには送電再開してくれないのでしょうか?

それはご安心ください。

東京電力に限らず、料金の支払いさえ済めば、各社だいたい数時間で電気は通るようです。

電気って1年を通して必要ですが、特に冬と夏は命に関わることがあるので、電気が止まるという事態だけは避けたいものです。

 

追記:西日本で起きた大雨被害で、今も断水しているところがたくさんあります。

 

ガス・水道・電気、どれを取っても命に関わると書きましたが、やはり命の源「水」が無ければ生きていけないでしょう。

 

そのため、水道に関しては、一番滞納に対する処分が遅いということも聞きます。

 

私達は滞納していたので止められても仕方がないですが、こういった不可抗力で止まることもあるんですよね。

 

そう考えると、「いつ止められる?」と考えていることすら、申し訳ない気持ちになります。

 

とにかく、「使えることだけでありがたい」という気持ちを忘れずに、滞納することの無いようにしていきたい、強く思いました。

無職でもお金を借りるための条件とは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

以前も書きましたが、債務整理後に無職になった経験があります。

 

多重債務とか借金が無くても、またブラックじゃなくても、無職になるってよっぽどのことですよね。

 

もちろん、「働きたくなくて」という理由で仕事に就かない方を除いて、ですよ。

 

働く意欲がない無職

 

お金の問題が一番なのですが、みなさんどうやって乗り切っているのでしょうか?

 

無職でお金を借りるなんて」という非難も受けるでしょうが、突然職をなくしてしまったら、頼れるものはお金なのです。

 

不動産担保ローンなら無職でもお金を貸してくれるのかも、という考えもあります。

 

これは、持っている物件によるのですが、確かに資産価値の高い不動産を持っていれば、貸してくれるかもしれません。

 

それでも、借りる金額が大きいですから、審査も厳しいですし、無職ということで、最初にはじかれてしまうかもしれないのです。

 

それに、万が一支払いが滞ったら、大事な土地や先祖代々住んでいた家を取られるかもしれない、と考えると、安易な気持ちでは借りられないですよね。


総量規制後は、お金が借りられない人が増えていますから、無職でお金を借りるのは至難の業でしょう。

 

王道の方法としては、「アルバイトや派遣の仕事に就く」ということでしょうか。

 

まあ、アルバイトした時点で無職では無くなるのは当たり前なのですが、派遣社員など、とりあえず登録した時点で、働く意志は認められるということ。

 

実際に働かなくては意味がないのですが、どうしてもお金が先に欲しい場合、登録してすぐに、キャッシングの審査に申込むという方法もあります。

 

スポンサードリンク

 

 

もちろん、いつ登録したのかはバレバレなので、審査に落ちる確率も高いわけですが、無職よりは当然有利です。

 

キャッシングのために登録だけする、というのは言語道断ですが、本格的に仕事にはいる前に、もしかしたらお金が借りられるかもしれません。

 

そして、借りてしまったからには、一生懸命働いて返すしか無いですから、仕事にも身が入るというわけです。

 

派遣社員って、ある程度の仕事内容は知らされていますが、行ってからどの部門に回されるのか?を簡単なテストを受けて決めることが多いのです。

 

だから、「座ったままできる仕事」だったはずが、「ほぼ一日中立ちっぱなし」なんていうこともあり得る、ということ。

 

なので、「1週間も経たないうちに辞めてしまう人もけっこう居る」んだそうです。

 

どんな仕事でも楽な仕事は無いですから。

 

借金返済のために何が何でも働かなければ」という気合があれば、数ヶ月間なら頑張れるかもしれませんから。

 

一時的に投資で儲ける」なんていう方法もありますが、そもそもお金が欲しい時に、ピンポイントでうまい具合に儲けられるのであれば、相当腕がある人ですよね。

 

それならば、お金を借りる必要は無く、投資家として稼げると思います。

 

そうそう、いつも書いている「ネットオークションで稼ぐ」という方法も、道を極めれば、長期的な収入になるのです。

 

不用品をうまく売れるようになれば、自分で仕入れた商品を売ってみる。

 

そこそこ利益が得られるようになれば個人事業主として登録できますから、これで無職では無くなります。

 

その上、少しばかりの資金も手に入っているでしょうから、その資金を元手に、少しづつ増やしていけば、借金を返すスピードも早くなるでしょう。

 

このように考えれば、無職になってもすぐにお金を借りることも可能だと思いませんか?

 

「返せるあて」ができてから借りる、というのが一番の条件ではありますが。