「ブラックでも借りられる」の甘いワナに引っかからないで!

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金が借りられる」なんていう言葉にはそうそう引っかからない、と思いませんか? 

 

だけど、実際に経験してみると、引っかかりそうになったことは数知れず、なんです。

 

多重債務や債務整理中の方じゃなくても「お金が足りない」となると「借りるしかない」と思ってしまう方が多いですよね。

まあ、一度も借金をしたことがない人の方が少なくなっている現代においては、しごく当たり前のことなのですが・・・

もうすでに生活費でいっぱいいっぱいの状態の人が「お金を借りる」という選択肢しか考えられなくなったら、まぎれもなく「借金依存症」と言えるでしょう。

ただそれは、他の依存症と同じように、じわじわと忍び寄ってくるので、本人はなかなか気が付かないんですね。

多分最初の借金は、「今月ピンチだから、少し借りよう」ということで借りる方がほとんどでしょう。

 

キャッシングをする-債務整理体験談

割合軽い気持ちで借りてしまうわけです。

 

たいていの人は、「お金ができた時点で返す」ことで、完結するのですが、常にお金が足りない状態だと、何度も借りてしまうことになります。

で、そのまま「借りる」ことに慣れてしまい、「お金が足りなくなったら借りる」ということが習慣化してしまうんですね。

これはある意味恐ろしいことかもしれません。

収入が安定している時は良いのですが、今の時代、急にお給料が半分位になってしまうとか、最悪の場合ある日突然失業してしまう、なんていうことがザラに起きます。

そうなると、今までの収入を見越して借りていた借金が返せなくなる、本来ならばもう借金を増やす場合ではないのだけれど、借金を返すためにまた借金を・・・の繰り返し。

そのうち「多重債務」になって「ブラックの烙印」を押されてしまうのです。

本当は、ここで目が覚めれば良いのですが、私もそうだったように、それでもなお「お金を借りようと」するのです。

だって、生活費すらないわけですから。

そして、よくある「ブラックでも貸します」という広告に、ついにたどり着き・・・という図式に。

「ブラックでも融資する」というところは、やはり「闇金融」である可能性がほとんどです。

 

スポンサーリンク

 


切羽詰って借りた金融業者がもし「闇金融」であったら、債務整理もままならないということが多いです。

なぜなら、「闇」というだけあって、取引履歴すらない場合が多く、法的な証拠がなかなか揃わないのです。

そうなると、弁護士や司法書士の方もお手上げですから、債務整理の相談に行っても断られるケースが目立つということ。

最終的には夜逃げとか、ということにもなりかねませんからね。

「夜逃げ」というのも、ドラマだけの世界のように思いますが、実際に夜逃げを経験した方も増えているようです。

実際、私の知人にも居ました。

 

「住民票も移せず、子どもを学校に行かせることもできなくて、働く場所を見つけるのも至難の業、という状況で、人間的な生活ができなかった」と後で聞きましたが、壮絶な体験だったようです。

「もうこうなったらどこでも貸してくれるところ」と思う気持はよくわかりますが、やはりくれぐれも「甘いワナ」に引っかからないようにしてください。

ブラックでもすぐにお金を作る方法はある?

こんな方法で、「お金を借りる」のではなく「お金を作る」という意識を植え付けるようにしないと、なかなか借金体質からは抜けられないでしょう。

ブラックでも家電量販店で分割払いはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

大手家電量販店のヤマダ電機が、住宅ローンの貸付を開始していたんですね。

 

住宅ローンって住宅金融公庫などしか知らなかったので、びっくりしました。

 

でも、オリンピック金メダリストでマラソンランナーの高橋尚子さんが、住宅部門のCMに出演されていたり、ヤマダ電機は以前から、住宅やリフォームも手がけていたんだ、と思うと、そんなに驚くことでも無いのかもしれません。

 

今は、電化製品も、「お店で確認して一番価格の安い通販で買う」という人も多いので、家電量販店も家電販売だけでは、なかなか経営が苦しいんだろうなーと思います。

 

かくゆう私も、この間電子レンジが欲しくて、わざわざ近所のヤマダ電機に見に行きましたが、店員さんにあれこれ質問までして、親切に教えてもらったので、「もう買ってしまってもいいかな?」と思いつつ保留。

 

家に帰って、通販で調べたら、やっぱりそちらの方がかなり安かったので、「ごめんなさい」と思いながらも買ってしまいました。

 

通販-債務整理体験談

 

だって、店舗を持たない分、人件費もあまりかからないし、通販の方が安く売れますものね。

 

とは言え、「実物を見ながら決められて、すぐに持って帰れる」という利点はありますが。 

 

それと、ヤマダ電機のような大きな家電量販店だと、独自のクレジットカードを発行していたり、低金利ローンが組めるのは魅力です。

 

あと、実店舗は無いけど、ジャパネットたかたとかね。

 

審査も結構柔軟だし、金利も安いとなると、「自社ローンなみに使える?」と思ってしまうのですが、それはちょっと違うようです。

 

スポンサーリンク

 

 

独自のローンとは言え、審査をするのは信販会社ですから、通常のローン審査に通らない人は、利用することは難しいということ。

 

ブラックではダメなのです。 なんとなく、「家電量販店とかホームセンターのクレジットカードは作りやすい」という風潮があるのですが、審査が甘いというのとはちょっと違うかな?

 

確かに、銀行系や信販系クレジットカードよりは敷居が低そうですけどね。

 

それに、ブラックになってしまうと、たとえ家電が壊れてしまってもすぐに買い換えることができないため、「分割払いができたらなー」と思っているところに、「月々3,000円でこの商品が手にはいります」というCMが流れてきたら、「もしかしたら買える?」なんて希望をいだいてしまいます。 

 

テレビを見ていると、「誰でも分割払いができる」なんて思い込んでしまいそうですが、しっかりと審査はありますから。

 

「ハッ、そうだ!私はブラックだから分割では買えないんだ」と我に返ったり。

 

そのせいか、ネットで検索していても、「ジャパネットたかたのローンはブラックでも利用できますか?」なんていう質問をよく見かけます。 「

 

使えれば良いんですけど、ダメなんですよ」としか答えられないですね。

 

ジャパネットたかたの場合、「セディナ」という信販会社がローンの審査をするので、他の信販系ローンと同じでそこそこ厳しいですから。

 

唯一利用できるのは、「自社ローンで対応」という小さな電気店などですが、中には悪徳業者も隠れているようですよ。

 

よーく吟味してたら利用するようにしてください。

 

近所でほそぼそと営んでいるような小さな電気店で、ダメ元で「分割で支払うことは可能ですか?」と交渉してみる、という方法もありますね。

 

何を隠そう、洗濯機が壊れた時に、一度、近所の電気店で、無理やり3回払いにしてもらった経験があります。

 

こういう時は、「近所のよしみだから」と言ってくださる店はありがたいです。

 

江崎グリコでも減給?夫の収入が大幅に減収されたら?

JUGEMテーマ:借金地獄


夫の収入が大幅に減収されたら?」というテーマで体験談を探していたら、「夫の年収が減ってしまい、生活費が足りなくなりました。今すぐには働けないのでお金を借りたいのですが、訳ありブラックで借りられません。どうしたら良いでしょうか?」という質問が。

 

ブラックでもお金を借りられるところ、という時点ですでにアウトなのですが、その上に専業主婦となると、ほとんどの人が「絶対借りられないでしょう」と答えると思います。

まあ、結論から言って借りられないんですけどね。

仮にこの主婦の方をC子さんとしましょう。

借金に悩む主婦

5年前に自己破産の免責がおりて、地道に現金のみでの生活を続けていたのですが、同居しているご主人のお母様が病気になりお金が必要に。

間が悪く、ご主人の会社が営業悪化で、リストラは免れたものの大幅減給は避けられなくなったのです。

お母様は緊急の手術が必要で、一刻を争います。

C子さんも、パートに出るつもりでは居るのですが、今はお母様がひとりで動けないため、家を空けるわけにはいきません。

親戚や知人など頼れるところもなく、途方に暮れての質問だったのですね。

慣れないパソコンでいろいろ調べてみると、「主婦でブラックでもお金を貸してくれるところはある」と書いてあったのだけど、そこから先は「電話で申し込み」ことになっている。

どうしてもお金を借りたいのだけれど、「ヤミ金融だったら」と思うと、怖くてそこから先には進めない。

だから、相談しているということなんです。

ここまで具体的な体験談を聞かされると、身につまされる部分はありますよね。

しかも、「夫には心配をかけたくないので、内緒でお金を借りたい」ということ。

ますます難しい問題になってきました。

ここで話を整理して、ブラックで無かった場合、旦那さんに内緒で専業主婦がお金を借りることはできるのか?を調べてみました。

アメックスやJCBなど銀行系でも夫の収入証明書が出せればカードローンやキャッシングは可能ということなのですが、それだと「内緒で」というのは難しいです。

となると、流通系のセゾンやイオン、楽天など主に女性をターゲットにしたクレジットカードを作りキャッシングするのが比較的可能性が高そうです。

中には「専業主婦OK」と明記してある会社もありますからね。

スポンサードリンク

 


あとは、消費者金融系のレディースローンとか。

50万円以下の借り入れなら収入証明書が不要ということが多いので、これなら「夫に内緒」ということもできます。

夫以外にも家族にも内緒でお金を借りたい、という主婦の方は多いので、原則として郵便物は送らず、連絡は携帯電話で。

固定電話にかける時には、会社名ではなく個人名でかけてくる、という金融業者も結構あります。

ただ、自分の収入が全く無い専業主婦の方が夫に内緒でお金を借りる場合、結局は返済できずに借金金額が膨れ上がり、家族に相談した時には取り返しのつかない状況になっていることも。

自分で自由に使えるお金が必要なのはわかりますが、後々の事を考えたら、最初から夫や家族に相談するのが一番ということになりますね。

C子さんの場合も、「心配をかけたくない」という気持ちは理解できますが、今後のこともあるので、相談して、生活福祉資金貸付制度など公的資金の借り入れができないか?検討するのがベストではないかと思います。

 

追記:このところ、旦那さんの給料が年収数十万ペースで減給された、という話をよく聞きます。

 

最近では、「江崎グリコでも、年収単位で100万円くらい減給になったケース」もあるとか。

 

なんでも、今までの年功序列方式から職能型と呼ばれる、能力重視のシステムに切り替えたからということ。

 

安定していると思われている大手企業に居ても、こういったことが行われるのですから、これからは、まさにサバイバルの時代になったのかもしれません。

 

ある意味、良いことなのかもしれませんが・・・

 

いずれにしても、「お金を稼ぐ力」を持っていないと、どんどん社会から取り残されることになるでしょうね。