ブラックでもカーリースの契約はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務で、もうこれ以上ローンが組めなかったり、ブラックでそもそもローン契約自体ができなくなった方が車を所有するのは至難の業ですね。

特に、自己破産だと、所有する車も取られると思ったほうが良いでしょう。

中古車で、10年落ちと言われるくらい年式が古い場合は、逃れられることもありますが、そういった自動車に長く乗り続けていると、結局買い換えなければ走らない、なんていうことにもなってしまいます。

ローンを組めなくなった人が、車のローンをいかにして組むか?というのは、結構深刻な問題なのです。

「車を持たなければ良い」というのは簡単に言えるのですが、交通事情が極端に悪い土地に住んでいる人にとって、車は足そのもので、無くなったら、仕事にも行けないし買い物にもお医者さんにもいけないのですから。

 

だから、高齢者の方も、なかなか免許の返納ができないんですよ。

ブラックでもカーリースはできる?

そこで、「ローンが組めなかったらカーリースはどうだろう?」という淡い期待を持ちつつ調べてみました。

  • カーリースなら、車を所有するわけではなく借りるだけですから、もしかしたら大丈夫なのでは?
  • カーリースの契約時に、個人信用情報を参照するの?
  • 結果、ブラックで申し込みしても、審査に受かるの?

というようなことですね。

まず、最初の「借りるだけだから大丈夫?」という件ですが、「リース」という名前であっても、実質契約内容はローンと変わらないということです。

2番目の「個人信用情報」についても、ローンと同じなので、しっかりと参照されるんですね。

ということは、自己破産だけでなく、任意整理や自己再生などで債務整理された場合も、個人信用情報に事故情報が載っている期間(今は5年ほどと言われています)は、リース契約もできない、ということになります。

スポンサードリンク

 


うーん、もう結論が出てしまいましたが、一般的な車のローンと同じように、「喪明け後」を待ってからでないと、契約ではないというわけです。

調べてみて相当落胆したのですが、まあ想定内かな?

カーリースに注目したのは、車検の時期が近づいてきたこともあって、「車って、車体価格も高いけど、諸費用もかなりかかるよね。」という悩みが大きくなってきたからなんです。

カーリースだと、車体代金、車検代や税金、自賠責保険代など、すべて込の価格を、月々支払うことで、車をリースできる仕組みですよね。

3年とか5年縛りという制約はあるけど、その後は買い取っても良いし、会社に返却しても良いということになるので、気は楽かな?と思ったんですよ。

まあ、考え方によっては、「お金を3年も5年も払い続けるのに、支払い後に所有権が残らない」ことに不安を持つ方もいらっしゃるでしょうが・・・

その分、「新車を安く乗れる」「月々の支払だけで、税金や車検、点検などの心配をしなくて済む」と考えるとやっぱりお得?ということなのですが、人それぞれですよね。

早い話が、多重債務やブラックになっている人にとっては、まとまったお金を用意するのが大変なんです。

だからって、もう懲りたはずの借金をまた抱えることになるのはいかがなものか?とは思うのですが、「背に腹は代えられない」ということで、月々の支払いができる方法を探すわけです。

となると、やっぱり自社ローンしか無いのかもしれないですね。

 

追記:カーリースでも、ほとんど審査が無いタイプの業者も増えてきているようです。

 

リース料金を前払い制にしている場合、とりはぐれが無いという理由で審査不要となっていることも。

 

まだまだ数は少ないですが、独自審査でカーリースできる会社もあるということなので、今後は期待できそうです。

 

要するに、借りる側のモラル次第で、借りやすくなることもある、ということではないでしょうか?

自動車税を滞納するとこんなに悲惨な結末が待っている

JUGEMテーマ:借金地獄


GWも終われば、そろそろ自動車税の納付書が送られてくる時期ですね。

毎年、この時期のまとまった出費には頭を痛めるのですが、多重債務時代や債務整理直後はもっと悲惨でした。

ブラックでも借りられる車のローンのところでも書いたのですが、債務整理後は車を持つこと自体厳しくなります。

「そんなこと、当たり前だろ、借金を踏み倒したんだから」と言われそうですが、車を持つことが生活の一部であったり無いと仕事にならないケースもあり得るのです。

私の場合だと、住んでいるところが鉄道やバスその他の交通機関がほとんど機能していないような場所なので、とこに行くのにも自動車やバイクは必需品。

近所のスーパーに買い物に行くのにも、片道車で1時間弱もかかかるのですから。



特に、職場に行くのに「車所有が条件」なんていうところもあったりします。

そんな場所で、車が使えなくなったら、生活することが困難になってしまうのです。

だけど、車を所有するということは、諸費用も結構かかるということ。

ガソリン代はなんとか勤め先から出してもらえても、任意保険代、車検費用、自動車税、修理費と、年間かかる費用はかなりの金額になってきます。

債務整理後の生活するのがやっと、という時期にはこういった出費もとにかく捻出するのが大変になってくるのです。

この中で一番お金がかかるのが、車検ですよね。

2年に一度とは言え、普通車だと10万円近くかかってしまいます。

普通にクレジットカードを所有していれば、分割払いにもできるのですが、車検ローンすら利用できません。

わかっていることなので、月々苦しい生活の中で、少しでも貯金をするのですが、生活費が足りない時に使ってしまう日々。

そんな時に、とどめを刺すように自動車税の納付書が送られてきました。

スポンサードリンク

 


さすがに、最近はきちんと支払えるようになったのですが、債務整理直後は滞納することも多かったですね。

普通車で3万5千円弱なのですが、すぐには支払えないもどかしさ。

最初の督促状が来た時に支払えればまだ良いのですが、そのまま滞納を続けていると、そのうち封筒自体が赤色のドキッとするような封書が送られてきます。

中身はそう変わらなくて、延滞金が付加されているだけなのですが、延滞金は、最終的に1ヶ月年利9,2〜14,6%で計算されますので、今だと消費者金融でお金を借りているくらいの金額が加算されるのです。(年利は各地方自治体によって違います。)

滞納したことがある私が言うのもなんですが、なるべく早く払ったほうがいいですよ。

役所に何も連絡しないで滞納を続けていると、延滞金が膨れ上がるだけでなく、最悪、車を差し押さえられてしまうのです。

もし差し押さえられたら、「無許可で車両を動かすことを禁ずる」というような文言が書かれた紙が貼られ、ミラーズロックされてしまいます。

自分の車なのに動かすこともできず、当然車検に出すこともできなくなるのです。

 

不便なだけでなく、駐車場でされても恥ずかしいのですが、家の庭でされたら、ご近所の方に丸わかりで、家から出るのもためらわれますよね。

こうなってからでは遅いので、その前に「支払う意思があること」「分納で支払えないか?」という相談に行くことをおすすめします。

債務整理後にオートローンを利用するには?自社ローンは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理をすると、ご存知のように、すべてのローンが組めなくなってしまいます。

 

借金で破綻したのに、またローンで何か買おうとするほうがおかしい、と思われるかもしれませんが、破綻した人の方がお金がないので、ローンを組まないと何も買えないという勝手な理屈もあります。

 

まあ、それでも、苦しい生活の中で、やり繰りして少しづつ貯金しておいて、そこから「まさかの時のお金を捻出する」というのが本来の姿ですよね。

 

貯金する-債務整理体験談

 

それで、たいていのことはまかなえるのですが・・・

 

車を購入する場合はやはり、ローンを組まないと買えないでしょう。

 

いわゆるオートローンというものですね。

 

ちなみにオートローンを利用する人の割合と利率については


◯車を購入するときローンを利用する人の割合は約70%で、半数以上の人が販売店が扱っている信販会社のローンを利用している。

 

◯一般的に、各種ローンの中では、オートローンは比較的手続きが簡単で審査にも通りやすい。

 

◯ディーラーで買うか、販売店で買うか?また、中古車店で買うかによって、金利に差がある。

 

◯例えば300万円を60回で返済する場合、金利が3.5%と8.5%では総支払額で約41万円も違う。

 

ということ。

 

利率が少しでも違えば、総額はこれだけ違ってくるんですね。

 

ただ、債務整理をしている人にとっては、総額がいくら高くなっても、「分割で支払えれば」と思うもの。

 

スポンサードリンク

 

 

だから、「自社ローンで分割払い可」という中古車店があると、金利が法定金利スレスレの高さでも、契約してしまいがちです。

 

特に、債務整理で車を手放したものの、やはり住んでいる場所によっては車なしでは生活できないという方にとっては、「一日も早く車を手に入れたい」と焦るもの。

 

だけど、冷静に考えてください。

 

場合によっては、数十万も損をして、しかも、返済が滞れば、車を取られてしまうこともあるのです。

 

自社ローンがいけないということではなく、契約内容をしっかりと把握してから購入しましょう、ということ。

 

「金利が多少高いけど、自分の今の条件にぴったりの車だし、他でローンは組めない。一括では到底買えないが、6分割くらいならなんとか払えそう」なんていうビジョンがはっきりしているのなら、利用しても良いかもしれません。

 

その場合でも、「きちんとした正規の販売店なのか?」ということは、しっかりと確かめる必要はあります。

 

まあ、6回払いくらいで、そんなに高価じゃない中古車だったら、近所の中古車店などで、任意の分割払いで対応してもらう、というのが、一番安心ではありますが・・・

 

債務整理後思うことは、住宅ローンは無理でも、せめてオートローンが難なく組めるようになりたい、なんですけどね。

 

追記:自社ローンで金利が高い場合を例に取りましたが、実際には貸金業の免許を持っていない中古車店の方が多く、その場合は「金利は実質ゼロ円」という契約になると思います。

 

だからって、「ヤッター、金利0円だ!」なんて喜んでいる場合ではないですよ。

その分

◯本体価格が相場より高い

◯分割はできても、最大で24回くらいまで

◯信販会社のローン契約審査に落ちている人が多いので、リスクを考えて保証人を立てることが必須の可能性が高い

 

ということ。

 

その他、「金利が無いのはいいけれど、他の中古車店では扱わないような、廃車寸前の車を売りつけようとする」とか「頭金や金利は無いものの、手数料がバカ高い」など、何かしらの問題があるケースが多いとのこと。

 

それでも、良心的なお店はあると思うので、契約内容や条件など、おかしいなと思ったら、とことん質問して納得してから契約することをおすすめします。