スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の借金 >> ブラックなのに100万円も借りられた?カードローンは?
Page: 3/6  << >>

ブラックなのに100万円も借りられた?カードローンは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでも100万円借りたい」という人って、そうそう居ないと思ったのですが、そうでもないんですね。

 

確かに、どういう経緯でブラックになったのか?にもよりますが、生活していく上でまとまったお金が必要になることは、よくあるのです。

 

「どうして100万円?」と思うでしょうが、例えば、長期入院して手術するなんてなると、100万円単位のお金が必要になることも。

 

高額医療費制度を使って限度額適用認定証を申請すれば、所得金額に応じて自己負担限度額以上は支払わなくても良いことになっているのですが、低所得者以外の区分になれば、ひと月10万円程度は負担しなくてはいけません。

 

何ヶ月も長引けば10万円かける月数だけかかりますし、医療費の他にも家族が入院していれば、お金はかかるものです。

 

入院費の心配をする男性-債務整理体験談

 

一家の大黒柱が入院なんていうことにでもなれば、その間の生活費とか。

 

下手したら、100万円でも足りないでしょう。

 

もちろん、まさかのために貯金をしていれば良いのですが、多重債務になったり債務整理後そんなに時間が経っていない場合、お金に余裕が無いというより、生活苦にあえいでいることがほとんどだと思います。

 

病気になった場合の他、自営業でどうしても必要になったとか、子どものためにかけていた学資保険を生活費を捻出するために解約してしまい、学費が払えなくなったというケースも考えられます。

 

借金と無縁で生活している方にとっては自業自得だと感じるでしょうが、当人にとってはとても深刻な問題なのです。

 

では、ブラックになっても100万円借りることは可能なのでしょうか?

 

「債務整理後3年でまだ信用情報にも事故情報は残っているにも関わらず、100万円借りることができました」という男性の体験談を見つけました。

 

スポンサーリンク

 

 

中小の消費者金融で借りたのか?と思ったのですが、総量規制以降消費者金融でお金を貸すことができる上限額は年収の1/3と定めていますから、単純に計算しても、100万円を借りるには300万円以上の収入が必要になるのです。

 

とは言え、初回からギリギリ年収の1/3である100万円を貸してくれるとは到底思えません。

 

一般的には、年収の1/10程度借りられれば良い方と言われていますので、そうなると1,000万円の年収

 

食べていくのがやっとという私には考えられません。

 

この男性の場合も、最初は中小の消費者金融をあたったそうですが、年収500万円にも関わらず、信用情報に事故情報が残っているブラック状態だったため、「お貸しできるのは10万円まで」と言われたそうです。

 

しかも、手数料と保証金が必要ということで、結局借りられるのは一桁の金額。

 

これではどうしようも無いと思い、不動産担保ローンを検討した結果・・・・

 

なんと、都心の一等地に両親が遺した土地があったため、すぐに100万円借りられたとか。

 

やはり、不動産担保ローンでは、担保になる不動産の価値が物を言うのですね。

 

と言っても、多分、この方の年収が500万円以上で、某有名企業に勤務されているという点も評価されたのでしょう。

 

無職でも不動産担保ローンでお金を借りられた」というケースもあるようですが、よっぽど資産価値が高い場合以外は、「契約者に返済能力があるのか?」という点も与信では重要視されるのです。

 

こう考えると、「恵まれた環境にいる人しか無理」と思うでしょうが、債務整理後5年以上経っていれば、収入が高い場合、銀行系カードローン審査に受かる可能性もあります。

 

さすがに、一度に100万円借りるのは難しいですが、カードローンなら最高1,000万円まで貸してくれる銀行もあるので、最初は30万円くらい借りて、徐々に増やしていく、という方法もできるのではないでしょうか?


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金
Home >> 債務整理後の借金 >> 債務整理中でもお金借りて大丈夫なのでしょうか?

債務整理中でもお金借りて大丈夫なのでしょうか?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理中でもお金借りても大丈夫なのでしょうか?」というご質問ですが、大丈夫だと思いますか?


もちろん、答えはNo.ですよね。

大丈夫というよりも、まずお金を貸してくれるところが無いでしょう。

債務整理中に融資が必要になること自体「間違っている」と言わざるを得ないのですが、債務整理中は、思ったよりも生活が苦しいです。

「思ったより」というのは、やはり「借金返済が無くなる」ということで、過度の期待をしているということです。

考えてみれば、「破綻」したのですから、生活が苦しいことに変わりは無いのです。

借金が無くなっても「食べていかなくてはならない」のですから。

債務整理を決めた時には、もう手元にはほとんど現金が残っていない状態でしたから、たとえ借金がなくなったとしても生活は楽にはなりません。



ましてや、債務整理直後には仕事さえ無い状態でしたから、まさにお手上げ。

どこかからの融資が無くては生きていけないのです。

幸い、ネットでの副業の収入が少しありましたので、必要最低限の生活はできていましたが・・・

債務整理中、または債務整理後でも融資をしてくれる消費者金融というのは少し前までは、結構存在していました。

名の知れた消費者金融の中にも、「事情を話して相談すれば融資してくれる」というところがあったのも確かです。

今でも融資してくれる金融会社は存在していると思います。

ただ・・・

審査が非常に厳しくなっていると思われます。

可能性があるとすれば、債務整理後でしょうね。

自己破産の場合でも、免責がおりた後なら、借金はゼロですから、「再スタートを応援します」という形で貸してくれるところもあるようです。

でも、現在はかなりハードルは高くなっているようです。

スポンサーリンク

 


プロミスなど有名な消費者金融でも一時は赤字になったことがあるわけですから、「できれば金融事故者」にお金は貸したくないというのが当たり前ですよね。

ただ、業者としても、「貸したお金が返ってくるのなら」借りてもらった方がいいわけですから、首の回らなくなった多重債務者よりは、借金をきれいにした状態の債務整理者の方が貸しやすい現状もあるかもしれません。

いずれにしても言えることは、多重債務者にとっても債務整理をした人にとっても、さらに厳しい時代になっているということです。

総量規制施行後は、「今まで借りられていたところからも断られた」なんていうことが多発しています。

もともと多重債務者をこれ以上増やさないための措置が、逆に多重債務者を苦しめることになっているのですね

結局は債務整理するしかない状況に追い込まれ、それでも生活していけなくて、また融資先を探すという悪循環になってしまう。

私も経験しているだけに、なんとかならないのかと思います。

 

自分で「お金を稼ぐ力」を身につけるしか無いのかもしれませんが、「働きたくても働けない」という人もいらっしゃいますからね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金
Home >> 債務整理後の借金 >> 借金さえ無くなれば楽になる?債務整理後も生活苦は続く?

借金さえ無くなれば楽になる?債務整理後も生活苦は続く?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後の生活について。

 

まあ、普通に考えて、債務整理をしたということは借金に追われる生活をしていたのですから、債務整理後も生活は苦しいのは当たり前。

多重債務時代は「この借金さえ無くなれば楽になれるのに」と思っていましたが、一度崩れてしまった砂の城は、なかなか建て直すことができません。

いや、砂の城だったからいけないんですよね。



しっかりと基礎から建てなおさないと。

そうやって考えると、生活が苦しいくらいは乗り越えないといけないな、と思います。

借金を抱えていた時に、債務整理をした後の生活をいろいろと想像していたのですが、それよりは大分良かったんですけどね。

多重債務生活時代は、とにかく債務整理なんてしたら、その後クレジットカードも持てないし、銀行口座も凍結してしまう。(入金はできても出金ができない場合が多い)

それに社会的制裁もあって、債権者の人とも話し合うようなことがあるのではないか?

話し合うというよりも、なじられるようなことがあっても仕方が無いとまで。

また、最悪の場合自己破産になったら、家の中にある物はすべて持っていかれるのでは、と思っていました。

まあ、すべてネットで調べて「それはないな」と言うことが多かったのですが・・・

社会的な制裁はやはりあるわけで、自分の心の葛藤と共にじわりじわりとやってきます。

これは、なんだかんだ言っても、結局は借金を踏み倒したわけだから、仕方のないことですね。

スポンサードリンク



ただ、実際に誰かから非難されるというようなことはありません。

クレジットカードは、まず最低でも5年は持てないでしょう。

だけど、今はデビットカードでVISA機能の付いたものがあるので、これで代用できますよね。

銀行口座についても、ローンを組んでいた口座については凍結することもありますが、普通に出し入れする分には大丈夫でしょう。

銀行口座を新たに作るのもOKです。

だから、表向きは、今までとそう変わらないんですね。

クレジットカードが使えないために、「現金のみ」の生活になりますが、この方が、お金のマネージメントはしやすいです。

困るのは、臨時の出費があった時。

そんなときの為に、月々貯めておく必要があるのですが、余裕の無い生活だと、少しくらい貯めても、足りない生活費に消えてしまいますからね。

そこのところをいかにやり繰りするか、で今後やり直せるかどうかが決まってくるということです。

もしどうしても分割で支払いたい場合には、独自(自社)ローンで購入するという方法もあります。

それと、単純に収入を少しでも増やす、ということも考えないといけないですよね。
 

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金