スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の借金 >> 生活福祉資金を借りても返せない人の割合は?
Page: 3/4  << >>

生活福祉資金を借りても返せない人の割合は?

JUGEMテーマ:借金返済


自己破産直後に「ブラックでも借りられる金融業者」などを探すというと、とても無謀なことに感じますよね。

実際、自己破産後免責が降りてから数年後、「個人信用情報」の「金融事故履歴」が消えてからでないと、クレジットカードを作ることもお金を借りることもできません。

お金が借りられないということは、ローンを組むこともできないのです。

ただ、自己破産直後もものすごくお金に困っている状態にはなると思います。

だって、生活が一度破綻しているのですから。

国で言えば、財政破綻。

ギリシャとかと同じですね。

日本も、借金大国でこれからどうなるかわかりませんが・・・

そんな大げさなことではなく個人レベルの話をしているのですが、それでも破産まで追い込まれる、というのは並大抵なことではないのです。

たいていは、私のように事業に失敗したとか、ギャンブルにはまってしまった、また買い物し過ぎてローン地獄に陥ってしまったなど、いわば自業自得とも言える状況での自己破産なのでしょうが・・・

ギャンブルで自己破産

中には、「知り合いの保証人になってしまった。」とか「会社が倒産して、個人でも破産せざるを得なくなった」「震災の被害で、もう破産するしか方法が無かった」なんていう身につまされる理由の方も少なくありません。

こういった場合には、国が多少は「破産者のための貸付」など行ってくれればと思うのですが、今はまったく頼れない状態ですよね。

そうなると、生活福祉資金の緊急貸付などに頼るしかないのかな、と思います。

その生活福祉資金貸付制度も、最近では借りている途中でお金を返せない人も増えていて、なんと回収率は30%程度だそうです。

各自治体によって多少は異なるでしょうが、場合によってはもっと返済率が低いところもあるでしょう。

それに、保証人が居なくても借りられるようになったため、本人が返せなければ、どこからも回収できないということになりますから。

スポンサードリンク

 


こういった理由からも、安易に貸出ができないとか、審査になかなか受からない、という敷居の高さが生まれるのではないでしょうか?

もうちょっと、「いつでもどこでもお金が借りられる」みたいなセーフティーネット的な制度があれば良いのですが、悪用されかねないことを考えると難しいでしょうね。

本当に、今現在お金に困っている方々はどうしているのか?不思議に思うことさえあります。

きっと、相当の数の方々が、ソフト闇金のような非正規金融業者のお世話になっていることでしょう。

自己破産後、クレジットカードに替わるものとして「VISAデビットカード」なら作ることは可能です。

お金は借りられないしローンも組めませんが、現金のみの生活よりもかなり便利になります。

分割払いはできませんが、買い物するごとにポイントが付くカードもあるので、かなり助かっています。

結局は、「自分の身は自分で守るべき時代」ということでしょうか。

となると、「個人信用情報」の「事故履歴」が消えるまでの数年間は、本当に自分のありとあらゆる知恵をしぼって、なんとか乗り切るしかありません。

だから、「ブラックとして生きる」ことを「地下生活」と言ったりするのでしょうね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金
Home >> 債務整理後の借金 >> 債務整理後、緊急でお金が必要になったら?

債務整理後、緊急でお金が必要になったら?

JUGEMテーマ:借金返済

あーーー、もうお金が無いーー」と叫びたくなるくらい、お金が出ていく時期ってありますよね。

しかも、もともとお金が無い時に限って、そうなるような気がします。

債務整理直後はもっとひどかったですね。

債務整理後と言いますか、申請中や直後の時ってなにかしらのトラブルがあったりするのです。

これって、本当に面白いように起こります。

例えば、仕事中に怪我したり突然車が動かなくなったり



自営業の場合は、取引先が急に倒産したり、発注した仕事がいきなりキャンセルになるとか。

実は、これ、ほとんど私が経験したことなんです。

弱り目に祟り目」とはよく言ったもので、今まで1年に一度あるかどうかのトラブルが、一度に押し寄せてきました。

他にも、債務整理後に突然思わぬ出費があることは、多々あります。

生きていれば、計画通りに進まないことがほとんどですし、病気になったり、家が壊れたり、場合によっては災害に見舞われることだってあるでしょう。

予期せぬ事態のために、日ごろからお金を蓄えておく、というのは先人の教えでもあるのですが・・・

債務整理直後というのは、まだ生活の建て直しも始めるかどうかの頃で、蓄えどころか、毎日の生活費だって事欠くことが多いのです。

私の場合は、夫が債務整理直後に失業状態だったこともあり、多重債務時代よりも生活が苦しいのではないか、と思うこともしばしばでした。

こんな時どうするか?ですが・・・

私も含めて、たいていの方は「ブラックでもお貸しします」というような金融業者を探すでしょう。

スポンサードリンク


現に、そういった不安定な人達をターゲットにした「ブラックでも融資OK」というようなDMが送られてきますから、なんとなくそちらに目が行ってしまうんですね。

冷静に考えれば、まっとうな金融業者ではないな、と見当がつくのですが。

生活が困難な状態が長く続くと、その辺の思考回路が壊れてしまったかのように、まさに「なんとかホイホイ」にかかってしまうがごとく、電話をかけてしまうということもよくあります。

私も寸でのところで思いとどまりましたので、よくわかります。

こういった「ブラックでも貸します」という金融業者の中には、正規の業者さんもあるようなのですが、見分けが難しく、しかも正規と言っても金利も高いことが考えられますので、本当によーく考えた方がいいですよ。

そう考えると、手放しでおすすめできるわけではないのですが、やはり生活福祉資金の緊急貸付を利用するしかないかと思います。

公的資金も、「いざという時にあてにならない」「なかなか貸してくれない」なんていう意見もでていますが、危険を冒して民間の業者から借りるよりはマシです。

通常、生活福祉資金が交付されるのは、審査を開始してから1ヶ月程度かかるのですが、緊急小口資金だと、申請日の翌々日(土日を除く)というところが多いようです。

これは、各自治体によって決まりが違ってきますので、市役所などで聞いてみてくださいね。

債務整理直後は、借金の支払いが少なくなったり無くなったりしますが、精神的にもまだまだ落ち着いたとは言えない状態です。

その上、お金の心配まであると、精神に異常をきたしそうになりますが、利用できる制度は利用して、少しでも前進するという気持ちを持ち続けることが大切です。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金
Home >> 債務整理後の借金 >> 債務整理後、緊急小口資金が借りられた例はある?

債務整理後、緊急小口資金が借りられた例はある?

JUGEMテーマ:借金返済
債務整理後の借入先として、生活福祉資金の緊急小口資金というものがあります。

生活福祉資金にはいろいろな種類の支援制度があるのですが、緊急小口資金が一番早く対処してくれるということで、あてにする方たちも多いです。

だけど、この資金のことを調べないで知っている人の方が少ないんじゃないかな?

ブラックになって、もうローンも組めないしお金も借りられないから現金のみの生活を頑張ろうと思うんです。

いや、お金が借りられなくなったからというよりも、「もう借金はコリゴリ」という気持ちのほうが強いかな?

とにかく、債務整理を決心した時にすでに「現金のみの生活」という覚悟はできているもの。

ただ、自分の意志通りに生活は回っていなかないもので、月々の収入が思うように確保できなかったり、病気などで予期せぬ出費が重なることも多いです。



人間って弱いもので、債務整理した人はその前の多重債務時代に、借金まみれになっていることがほとんどなので、お金を借りることに慣れてしまっています。

それに、債務整理直後の生活というのは、非常にバランスの悪い場所に家を建ててしまったように不安定で、いつ倒れるかもわいらない状態ですから、何か小さなトラブルがあれば、簡単に崩れてしまうのです。

言ってみれば、崖っぷちにやっとつかまれるくらいのところで生活しているようなものだから、いつ真っ逆さまに落ちるかわかりません。

そんな時にお金が無くなったら?

スポンサードリンク


また元の木阿弥と言われようと、「ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」を探すでしょう。

で、どこからも借りられなくて途方に暮れるんですよね。

そんな時には公的資金で、ということで浮上するのが生活福祉資金なのですが、対応が地方自治体に任されているため、窓口担当の方によってはかなり差が出てくるようです。

調べたところ、すんなりと短期間でお金を借りられたという方は少ないようです。

まず、どんな方が申し込めるのでしょうか?

市民税を支払っていること
○現住所に6ヶ月以上居住していること
○保険証を所有していること
○必要な書類を提出できること
○多重債務者でないこと


など、ハードルとしてはあまり高くないように思えます。
だからと言って、簡単にお金が借りられるか?と言えば、そうではないようです。

あまりに簡単だと悪用される危険性があるからでしょうが、申請時に緊急性が感じられないと申請自体認められないし、認められたとしても通常はお金がおりるまで1週間くらいかかるということ。

条件にあるように、多重債務者では借りられませんし、債務整理後でも審査に落ちることは十分に考えられます。

結果、「頼れない資金です」なんていう気はありませんが、簡単にお金が借りられるという気持ちで申請してしまうと、断られる可能性は大でしょう。

今切羽詰まった経済状況を説明するとともに、返済の意思をアピールするなど、強い気持ちで臨む必要がありそうです。

本当は、もう少しハードルが低い借り入れ制度があると良いのですが、現段階では難しいということでしょうか。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金