ブラックでも苗字や住所が変わればお金が借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「また性懲りもなくお金を借りようとしているのか?」と言われそうですが、債務整理をしても多重債務に陥っていても、お金が必要なことはあるのです。

お金って面白いもので、あるところに集まってくるものなんです。

寂しがり屋なんだということも聞いたことがあります。

だから、お金持ちってそんなに働かなくてもお金が入ってくることが多いんですよね。

なーんて、愚痴を言っていても始まりません。

お金がなければ何とかしないといけないのですから。

今日食べるものを買うお金が無い」ことの惨めさは、さんざん書いて来ましたが、そんな時は見栄もプライドもかなぐり捨てて、ただただお金が欲しいの一言なんです。

「どこかでお金が借りられないだろうか?」と思ってしまうのも仕方のないことかも。

今でこそ、「そんな時には借りるよりもお金を作ることを考えた方がいいですよ」と言えますが、多重債務時代や債務整理直後は、そんなことは全く考えられなかったのですから。

スポンサードリンク

 


それでも、多重債務になったり債務整理をしてブラックになってしまうと、本当にどこからもお金が借りられなくなってしまいます。

「きれいにそっぽ向かれる」という感じでしょうか?

まさに四面楚歌。

そうなると、どうにかして借りられる裏技情報はないものか?と探してしまいますよね。

そんな中「結婚して住所や苗字が変わると、お金が借りられる」という情報を見つけました。

個人信用情報機関に載せられている情報は、名前や住所から検索されるので、名前が変わった後にクレジットカードやローンの申し込みをすれば受かることが多い、というわけです。

「なるほど〜」と思ってしまうでしょ?

ただ、これもクレジットカード会社や信販会社によりますし、運良くクレジットカードが作れたとしても、何らかの理由でバレた時には、即刻カードの返還を求められるでしょう。


だいたい、住所や名前、勤務先が変わった時にはクレジットカード会社などに届出をすることが義務付けられていますから、それを怠ったということで二度と信用されないことも考えられます。

つまり、そのクレジットカード会社とは二度とお付き合い出来ないということ。

また、わざと届出をしなかったということで、悪質と見られた場合、最悪訴えられることもあり得ますので、やっぱりそんなことは考えない方がいいのかな?と思いますね。

たまたま名前や住所が変わった場合、「なんとかなるかも?」と思ってしまうお気持ちはわかりますが、止めておいた方が賢明でしょう。

今はすべて顧客情報はデータ化をしてる時代。

ということは、調べれば何でもわかってしまう時代とも言えます。

多重債務や債務整理という辛い時代を過ごしたからこそ、これ以上危ない橋は渡らない方が良いと思いますよ。

 

 

債務整理したら銀行では絶対お金は借りられない?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックは絶対銀行でお金借りれない?ということですが、どうでしょうか?

ブラックということは、債務整理をした後と考えて良いですよね。

となると、自己破産の場合は免責後ということになりますが、「お金を借りる」ということ自体タブーとなります。

ただし、一生借りられないのではなく、債務整理後5年から10年は借りられないということ。

何度か書いていますが、「個人信用情報機関」には、各個人別の信用情報が保管されています。

そこには、クレジットカードやローンの申し込みをした履歴、消費者金融でお金を借りた履歴、いつ借りていつ返したか?滞納した場合はその履歴、申し込みの履歴まで載っているのです。

私達がクレジットカードなどの申し込みをした場合、申し込みを受けたクレジットカード会社などに、この個人信用情報を参照することを許可しているはずなので、掲載されている内容がとても大切になってきます。

いや、こんなこと、許可した覚えはないぞ」と息巻いても、申込書をよーく見てください。

情報機関という名前で書いていなくても、情報を参照することについてはちゃんと記載されていますから。

ブラックと呼ばれる私達は、この個人信用情報に「事故履歴」があるので、事故歴がある間は、どんなに申し込んでも却下される、ということ。

スポンサードリンク


そりゃあそうですよね。

これからお金に関する信用取引をしようと思っている人が、「過去に信用を裏切ることをしていた」ということですから。

この事故歴もある程度の期間が経てば消えるのですが、それが5年から7年、自己破産の場合だと7年から10年くらいと言われているのです。

その間は、ローンは一切組めないしクレジットカードも持てない、ということは何度も書いていますよね。

で、銀行の場合はどうなんだろう?と考えた場合。



今は、銀行から直接お金を借りられる人は少ないでしょう。

たいていは、銀行と提携しているカード会社からお金を借りるということになりますよね。

だから、その場合は他のクレジットカードやローン会社と同じと考えて良いでしょう。

ただ、元となる銀行が新規に取引する銀行か、それとも住宅ローンなどを組んでいた銀行か?ということで大分変わってきます。

債務整理後新規に取引を始めた銀行なら、いわゆる喪明け後は、ローン審査に受かれば大丈夫である可能性が高いです。

だけど、住宅ローンやその他のローンを組んでいた銀行となると。

もろに迷惑をかけたわけですから、もしかしたら一生お金は借りられないばかりではなく、クレジットカードを作ったりという取引はできないのではないかと思います。

銀行内のブラックリストに入っているでしょうから。

それもこれも自分が悪いのですから、割り切って新規の銀行とお付き合いした方が良さそうです。

生活福祉資金を借りても返せない人の割合は?

JUGEMテーマ:借金返済


自己破産直後に「ブラックでも借りられる金融業者」などを探すというと、とても無謀なことに感じますよね。

実際、自己破産後免責が降りてから数年後、「個人信用情報」の「金融事故履歴」が消えてからでないと、クレジットカードを作ることもお金を借りることもできません。

お金が借りられないということは、ローンを組むこともできないのです。

ただ、自己破産直後もものすごくお金に困っている状態にはなると思います。

だって、生活が一度破綻しているのですから。

国で言えば、財政破綻。

ギリシャとかと同じですね。

日本も、借金大国でこれからどうなるかわかりませんが・・・

そんな大げさなことではなく個人レベルの話をしているのですが、それでも破産まで追い込まれる、というのは並大抵なことではないのです。

たいていは、私のように事業に失敗したとか、ギャンブルにはまってしまった、また買い物し過ぎてローン地獄に陥ってしまったなど、いわば自業自得とも言える状況での自己破産なのでしょうが・・・

ギャンブルで自己破産

中には、「知り合いの保証人になってしまった。」とか「会社が倒産して、個人でも破産せざるを得なくなった」「震災の被害で、もう破産するしか方法が無かった」なんていう身につまされる理由の方も少なくありません。

こういった場合には、国が多少は「破産者のための貸付」など行ってくれればと思うのですが、今はまったく頼れない状態ですよね。

そうなると、生活福祉資金の緊急貸付などに頼るしかないのかな、と思います。

その生活福祉資金貸付制度も、最近では借りている途中でお金を返せない人も増えていて、なんと回収率は30%程度だそうです。

各自治体によって多少は異なるでしょうが、場合によってはもっと返済率が低いところもあるでしょう。

それに、保証人が居なくても借りられるようになったため、本人が返せなければ、どこからも回収できないということになりますから。

スポンサードリンク

 


こういった理由からも、安易に貸出ができないとか、審査になかなか受からない、という敷居の高さが生まれるのではないでしょうか?

もうちょっと、「いつでもどこでもお金が借りられる」みたいなセーフティーネット的な制度があれば良いのですが、悪用されかねないことを考えると難しいでしょうね。

本当に、今現在お金に困っている方々はどうしているのか?不思議に思うことさえあります。

きっと、相当の数の方々が、ソフト闇金のような非正規金融業者のお世話になっていることでしょう。

自己破産後、クレジットカードに替わるものとして「VISAデビットカード」なら作ることは可能です。

お金は借りられないしローンも組めませんが、現金のみの生活よりもかなり便利になります。

分割払いはできませんが、買い物するごとにポイントが付くカードもあるので、かなり助かっています。

結局は、「自分の身は自分で守るべき時代」ということでしょうか。

となると、「個人信用情報」の「事故履歴」が消えるまでの数年間は、本当に自分のありとあらゆる知恵をしぼって、なんとか乗り切るしかありません。

だから、「ブラックとして生きる」ことを「地下生活」と言ったりするのでしょうね。