審査に通りやすいクレジットカードは多重債務者にもやさしい?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

クレジットカードの審査に通りたい!」というのは、多重債務者や債務整理後のブラックと呼ばれる人たちすべての叫びでもあります。

 

だけど・・・

 

ことごとく落とされますよね。

 

多重債務になると、すでに大手信販会社から発行されているクレジットカードの審査に受かることはまずありません。

 

不可能ではないですが、キャッシングの借入件数5件とかで、消費者金融からも借り入れがあると、針の穴に糸を通すほど難しいです。

 

債務整理後、自己破産の場合だと免責後5年から10年経って、晴れて個人信用情報から事故情報が削除されたとしても、クレジットカードの審査にはなかなか受かりません。

 

だからこそ、審査に通りやすいクレジットカードの情報は、常に探しているのです。

 

審査に通りやすいクレジットカードの情報を探す

 

ただし、いつも言っているように、審査については、各社で微妙に優先順位や審査基準が違うため、「あら、喪明け後3年で受かった人が居るの?なら私も受かるかも。申請してみよう」なんて、単純に申し込んではいけません。

 

同じような条件でも、現在の属性や滞納していないかどうか?、はたまた信用できる人かどうか?まで判断基準にされるため、一律に「こういった人は受かりやすい」とも言えないのが本当のところ。

 

申請する時期についても問題で、やはりカードが新しくなったり、開店直後の大型ショッピングセンターで使えるカードだと、発行されてすぐのタイミングやキャンペーン中が一番受かりやすいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

あとは、新入社員が多い時期だと、10代から20代の会社員が受かりやすいとかはあると思いますよ。

 

よく言われている

 

○会社員よりも公務員の方が受かりやすい

 

○年齢的に若い方が有利

 

○国民健康保険加入者より社会保険加入者

 

というようなことも、やはり当たっていることも多いようで、収入が安定している=信頼できる人となっているのは仕方が無いことかな?

 

若い人の方が有利というのは、クレジットカード会社の顧客となりうるかどうか?で決まってくるのかもしれませんが、「より長く使ってもらえる」という意味では、優良顧客とされることが多く、大手銀行が発行するクレジットカードでも、非正規雇用社員であっても20代なら審査に通りやすい、ということもあるようです。

 

では、具体的に、審査が通りやすいと巷で言われているクレジットカードはどこなのか?ですが、下記のカードはよく名前が挙がるので、例として載せておきます。

 

○ACマスターカード

 

消費者金融アコム発行のカードですが、カードにロゴや文字が一切無いので、気軽にマスターカードとして利用できます。

パートやアルバイトの人でも取得可能で、カードの受取も自動契約機でできるのが嬉しいですね。

 

○Yahoo!JAPANカード

 

年会費無料で100円利用に付き1ポイント付くのが魅力

Tポイントと提携しているので、ポイントが貯まりやすい

ヤフオクをしている人は、特にお得に利用できるカードと言えるでしょう

 

○ライフカード

 

ETCカードの年会費も無料なので、高速をよく利用する人には便利かも

お誕生月にポイント3倍サービスなどがあり、ポイント還元率も高いです。

今はどうかわかりませんが、私が申し込んだ時には、すでに多重債務の入り口に差し掛かっていましたが、難なく取得することができました。

 

○Dカード

 

ドコモユーザー向けのカードですが、ユーザー以外でもお得なカードとして知られています。

ローソンで買い物した場合、最大還元率が5%なのも嬉しいですね。

 

と、こんな感じでしょうか?

 

この他、外資系クレジットカードの方が、過去の信用履歴にこだわらない傾向があり、現在の収入や勤め先などを重視してくれる、という説は信憑性がありそうです。

 

自分の生活パターンあったクレジットカードを取得して、今度こそ支払いに振り回されることの無いようにしたいものです。

審査無しでも借りられるカードローンってあるの?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

審査無しで借りられるカードローンって?という質問が、ネットのQ&Aサイトでよく見かけます。

 

「どうしてだろう?カードローンを商品として出しているところは、主に都市銀行、地方銀行、大手消費者金融となっているのだから、審査が行われるのは当たり前なのに」と思ったのですが・・・

 

どうやら、

 

○即日融資

 

○郵送物なしWebで完結。簡単入力で申し込める

 

○カードレスで、どこでも利用できる

 

など、手軽さを全面に出しているところが、誤解を生んだのではないか?と思うんです。

 

特に、消費者金融系カードローンについては、「パートやアルバイト、専業主婦の方でも申し込めます。」なんて書いてあるし、なんだか敷居が低そうですから。

 

カードローンは専業主婦でも借りられる?

 

一部では、「クレジットカードの審査よりもカードローンの審査の方が通りやすい」という噂が定着していて、実際に「クレジットカードの審査に落ちたけど、カードローン審査には受かった」という人も居るくらいです。

 

とは言え、無審査で借りられるものはどこにもありません。

 

当たり前ですが、審査なしで借りられるのは、危ない金融業者すなわち、闇金融しか無いですよね。。

 

まあ、ブラック経験者としては、「無審査で借りられるキャッシングがあればなあ。」という気持ちはわかります。

 

だからこそ、「そんなところあるわけない」と思っていても、質問してしまうのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

では、カードローンの審査は厳しい?かと言われれば、特に銀行系の場合「普通に銀行からお金を借りるよりは、相当借りやすい」と言えるのでは無いでしょうか?

 

総量規制以降、「もう消費者金融で借りるしか無い」と思っていた人が、年収の1/3までしか借り入れできなくなり、キャッシングジプシーのようになっていました。

 

いや、ギリギリまで借りてしまっているのですから、本当は、もうどこからも借りてはいけないのですが、「お金を借りなくては生きていけない」シーンには、人生で何度もぶつかるのです。

 

そんな時に、銀行のカードローンであれば、総量規制外でしかも低金利で借りられると、人気になるのもわかります。

 

借入限度額も大きいので、おまとめローンとしても使えるのですから、こんな良いことは無い、と。

 

だけど、「債務整理予備軍を作っていることにならないか?」という声も上がり、今は審査が厳しくなっているみたいです。

 

特に、金利が安い銀行系カードローンは、「返してもらえないと商売にならない」という本音がありますから、確実に返済できる人を選ぶ、という傾向はますます高くなるでしょう。

 

○年収の下限金額が低くても、職業的により収入が安定している人

 

○パートやアルバイトOKとしていても、会社員や公務員の方が有利

 

○非正規雇用社員の場合、勤続年数がより長い方が有利 逆に短いと即落とされる

 

○専業主婦の場合は、夫の収入証明書が必要になるケースが増えている

 

など、少しづつ厳しくなっているようです。

 

逆に、消費者金融系のカードローンについては、今までとあまり変わらず、審査基準についても、キャッシングにおける審査に準ずるところが多いようです。

 

だけど、総量規制が・・・となるのが悩ましいところではあります。

 

どちらにしても、「審査に通りやすそうだから申し込む」のではなく、「金利やサービス、返済の仕方によっては総額が安くなる」など、自分に有利なのは?ということで選ぶことが大切です。

無職になってもクレジットカードは更新される?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

ブラックになってしまうと、クレジットカードは、もはや高嶺の花となってしまうのですが、それでも数年経てば持てるようになると思うだけで、希望は繋げられるものです。

 

喪明け後のクレジットカード取得は難しいのですが、審査に通っている方の体験談などを読むと、「債務整理後5年経って審査に通った」というものもちらほら見かけます。

 

ひところに比べたら、今は現在の収入や職業などのステータスを重要視する金融業者が増え、債務整理を経験している人にもクレジットカード取得の道は開かれているような気はします。

 

反面、「一度債務整理をした金融機関では、半永久的にクレジットカードはおろかローンなどを組むことは不可能」という事実も突き刺さってくるのは確か。

 

だから、喪明け後に取得できたクレジットカードは、本当に大事に使いたいものですね。

 

喪明け後にやっとクレジットカードの審査に受かった

 

とは言え、債務整理後に失業する人が多いように、せっかく生活を立て直しても、何度も壁にぶつかってしまうことはあります。

 

特に、今の世の中、突然解雇されたり、勤めている会社自体が潰れてしまうことも。

 

一時的にであっても、無職となってしまったら、クレジットカード会社に連絡しなければいけないのでしょうか?

 

なんとなく、「そんなことしたら、すぐにカードを取り上げられてしまうから怖くてできない」と思いますよね。

 

規約的に見れば、職場が変われば連絡しなければいけないことになってしますから、「連絡すべきである」ということなのですが・・・

 

だいたい、突然解雇になったりしたら、「これからどうしよう?」とか「早く次の仕事を見つけなければ」という気持ちが先で、クレジットカードのことまで頭が回らないのが現状でしょう。

 

それに、すぐに転職先が見つかった場合、無職である期間はわずかということもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

結果、「わざわざ知らせる人はほとんど居ないのでは?」という結論に達します。

 

もちろん、無職期間が長かったり、途中でクレジットカード利用金額の返済ができなかったりすれば問題になるので、「連絡しなくても問題が無い」とまでは言い切れないのですが。

 

その場合は、あらかじめ連絡して、「返済が少し遅くなるかもしれない」などの相談をした方が良いでしょう。

 

とは言え、クレジットカード会社側にしてみたら、たとえ貯金から返済に回していたとしても、月々の返済を怠らなければ問題視されることは無いでしょう。

 

転職先が決まって勤め先が変わったら、連絡すべきですけどね。

 

では、無職になってもクレジットカードの更新はされるのでしょうか?

 

更新についても与信を行うカード会社は多いので、「調べられたらバレるのでは?」と思いますが、更新時に在職確認までするところはほとんど無いそうです。

 

なので、滞納さえしていなければ、更新の審査に落ちることは無いでしょう。

 

逆に、無職などの事実が無くても、滞納していたり、利用履歴が少ないなどの理由で審査に落とされるケースはあるようです。

 

とにかく、債務整理後に取得したクレジットカードについては、無理しない程度に利用頻度を上げ、返済は決して怠らないということを心がけるようにする、というのが鉄則ですね。

 

まあ、債務整理後じゃなくても当たり前のことなのですが、「利用頻度を上げる」というのは、意外と知られていないことなので。