生活保護費から家賃をって・・・

JUGEMテーマ:借金返済
JUGEMテーマ:ニュース

これ、酷いですね。

生活保護費が入った銀行で、その場で回収するとは。

銀行側も注意したんですが、ということは知っているということですよね。

だって、自分の銀行内でのことなんだから、禁じることもできるはず。

多重債務者や債務整理者にとって、生活保護を受けるということは、ひとつの「止むを得ない」選択肢ですから、どうしても生活していけない場合の最後の手段なんでしょうね。

だから、仕方がなく業者に渡す。

だけど、こういったやり方が合法なんですかね。

いやいや、どこまで行くんだろう、この不況の行く先は、と言う感じです。

生活保護自体考え直さないといけないでしょう。

もっと金額が少なくてもいいから、困っている人が少しでも多く救われるような対策はできないものなのでしょうか。

生活保護費が入らないと、生きて行けない方にとっては、この業者も必要ということになりますからね。

うーーん、考えてしまいます。

 

借りやすい消費者金融は?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務で、もうすでに数社から借入れをしている方にとって、「借りやすい消費者金融」の存在はありがたいですね。

では、本当に借りやすい消費者金融というのはあるのでしょうか?

やはりご本人の職種によるでしょうね。

とは言え、一流企業にお勤めの方や、公務員の方々は、そもそもギャンブルにでもはまらない限り、多重債務に陥ることもないでしょうから、その他の職種ということになります。

とりあえず、一番借りやすいのは会社員の方、いわゆる正社員待遇の方で、社会保険適応の方は借り入れ件数が多少多くても借りやすいですよね。

一般的な消費者金融だったら、だいたい借りられるのではないでしょうか。

今社会問題にもなっている「派遣社員」はどうでしょう?

意外と、国民健康保険ではなく社会保険に加入していることが多いので、自営業の方よりは借りやすいと言われています。

まあ、職種だけではなく、今までの借り入れ履歴やちゃんと返しているかどうかなども判断材料になりますので、一概には言えませんが・・・

それと、携帯電話しか持っていない方よりは、固定電話を持っている方の方が信用されやすいともいわれています。

「あんまり電話を使わないから」という理由だけで、携帯電話のみの生活をするというのも、考え物かもしれませんよ。

ただ、今はどこでも審査が厳しくなっている傾向にあるので、あまり楽観的になるのもどうかというところ。

どうしても借りなければならなくなったら、いろいろ調べてから申し込むことをおすすめします。

消費者金融ではないですが、楽天やイオンのクレジットカードは、結構作りやすいといわれていますね。